家族に悲しんで苦しんで欲しいですか?
死の原因を調べるために解剖して欲しいですか?

被害者の家族が訴訟を起こす行為は 本人の意思もないエゴの行為だと思うんですか
死んだあとに 自分についての裁判を家族に
やって欲しいですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

司法解剖」に関するQ&A: 司法解剖の結果

A 回答 (6件)

家族に喜ばれるよりは、多少悲しんで欲しいですね。


ですが、苦しんで欲しくはないですね。
でも、残された家族は苦しむと思います。
だから、その苦しみを和らげる為であれば、
また、それで苦しみが少しでも和らぐのであれば
裁判でもなんでも私はやって欲しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
そうですよね 苦しんで欲しくないですよね~

裁判をやって和らぐんですかね~
結局得るのは金と 加害者の不幸だし
その不幸も相手にとっては 中途半端だし
ま~ そんなことどうでもいいか

お礼日時:2001/07/14 21:47

家族には苦しむ事なく逝って欲しいと思います。



解剖については・・・ちょっと私にはまだ結論が見つかってません。

亡くなった後に、家族が自分について裁判を起したいと思うのであれば、起せば良いと思います。
エゴであろうばなかろうが家族の判断に任せます。
    • good
    • 0

uglyelさん、こんにちは。



>家族に悲しんで苦しんで欲しいですか?

悲しんでくれたらいいけど、苦しんでほしくはないです。

>死の原因を調べるために解剖して欲しいですか?

残された家族に任せます。

>死んだあとに 自分についての裁判を家族に
やって欲しいですか?

どちらかといえば、いやです。自分が殺されたことは
そってしておいてほしい。わすれてほしい。
    • good
    • 0

死にそこなって帰ってきた立場で体験を書きますと 私があの時死んでいたら


家族にははやく立ち直って欲しいと思いましたね。はやく忘れて欲しいです。
死ぬときはスーッと意識が遠のいてとても楽になるだけですから。
恨み、つらみ、憎悪、憎しみ それらを家族が引きずって生きていたら
家族が精神的に生涯不幸なのは明らかですからね、むしろ忘れられないと
死んだほうはきっと、死んでも死にきれないです。
裁判によって気が晴れるかどうかですが、僕は疑問ですね。
すくなからず被害者や家族が二重苦三重苦で苦しむのがこの国の裁判制度ですから。 加害者にしても、普通は根性ナシの腰抜け野郎というのが常です。
そんなヤツのことを引きずるだけ損ですね。いずれ加害者になる人には
ツキというものがモトモト無いですから恨む必要もないんですね。
被害者はそれでムキになるほど不幸になるし苦しむのですね。
金銭的に決着をつけたら、早期に次の人生をみつけて欲しいですね。
ただし、社会が被害者をいたぶるような"しくみ"を容認していたら、それは
許せないですね。 あんな思いは自分だけで充分だと思うんですね。
そういうことはあまり知られてないですね。
被害者というものは自分のことで精一杯で、心身ともに疲れ果てることが
多いですからね、被害者になったら、最悪を覚悟とて最善をつくす
タフな精神力が必要ですよね。どうかタフになって下さい。
ダレも恨まないでください。罪は憎んでも人は憎まないでください。
もと死者からのメッセージでした。爆
とりあえずまだピンピン生きてますけど 苦笑
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
そうですか 家族に苦しまれても嫌なんですね
裁判とかも 加害者の未来とかのほうが大事みたいだしね
社会が生きてるものと死んでるものの違いを分かってるからこそ
被害者家族にとってはしんどい制度だしね~

お礼日時:2001/07/16 15:32

苦しんで欲しくはありません。

現在私は家族の苦しみを望んでいないので。苦しめ、と思っていたら苦しんで欲しいと思うんでしょうが。
悲しむかどうかは、私の知った事ではないし、私にはどうしようもない事です(私が生きていようと死んでいようと)。結局本人の気の持ちようですから。
解剖も、されようがされまいが構いません。基本的に私は、自分が生きている間の安全、安楽、幸福というものが確保出来ればそれでいいので、死んだ後にたとい死体が野ざらしになろうが犬に食われようが構いません。(構えなくなる、ことを、死というのだろうと思っています)
>被害者の家族が訴訟を起こす行為は 本人の意思もないエゴの行為だと思うんですか
葬式というのは厳密には死者のためのものではなく生者のためのもの、かけがえなく愛しい相手に取り残された人々のためのものです。その死を認め、受け入れ、立ち直るための。復讐というのも、結局は残された人が、弔いのために行う儀式の一つであって、死者がそれらに左右される事はありません。上述の解剖に関する回答と同じ発想ですが、それらは全て、遺族の気のすむようにすればいいものだと思います。死人にはもう関係がない。

ただし、以上は「死に行くものとしての、残される家族に対して」の見地であり、「殺されいく者として、加害者へ」どう思うかという観点に立てば、家族に加害者殺害を依頼したくなるかもしれない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
そうですよね~ 神に拝むのって結局は自分に拝んでたり
お経も死んだ人というより家族にって感じしますもんね~

そうですか 被害者になると 復讐したくなるんですね~

お礼日時:2001/07/15 09:03

悲しむのは家族の選択なので、どちらでも良いです。


(でも、悲しまれないと寂しいですね。(^^ゞ)

司法解剖については、もし本人に「殺された」意識が無く、仮にその情報を
知ることが出来るのなら(オカルトっぽいですね)原因究明はして欲しいです。
事故でも、病気でも、第三者によるモノもです。
『何故、自分は生き延びることが出来なかったのか?』教えて欲しいです。

裁判についても、実際に訴訟を起こす人は
「何故、殺されたのか?」「何が動機なのか?」「その罪はどう償うのか?」
これらを知りたい人たちは訴訟を起こすのでしょう。
僕もその立場になったら、確実に訴訟を起こします。

もし、大切な家族の命を奪った相手を許すことが出来ますか??
『生きたい』と思う意志を勝手な理由で踏みにじられた故人の無念は例え、相手が極刑に処されても
晴れるものでは無いでしょう。

それに、仕方のない理由が無い限り、人の命を奪った者を社会に置くと同じ危険を
また他の人に与えてしまう可能性もあるでしょう。人々に恐怖を与えてしまうかもしれません。

「過激な思想」と思われても仕方ありませんが、僕は
『人命を故意に奪う者に弁明の余地は皆無』だと思います。
裁判で己のした事の重大さ、罪の重圧、制裁、これらは受けて当然と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
そうですよね 私的にどっちでもいいです
でも 苦しんで欲しくないですよね
私って言うものを使って勝手に

死んだら 私は無になるって感じな考えなんで分からないんですけど
宗教的な考えだと そうなるんですね 

社会ってやっぱり 次の のために その人を裁くんですね

お礼日時:2001/07/14 21:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q善をなさんと欲し悪をなす

高名な僧侶の言葉だと記憶していますが誰だったかな(笑)

あなた自身の身の回りで、このようなことがあった方、具体的かつ簡単に聞かせてくださいませんか
哲学や宗教の本に載っているエピソードはどうにも深刻、高邁すぎて、拙には理解し難いことばかりです。
「ア~、ある ある」とか、「このあいだね、飲み屋でね・・・」とか、そのあたりの話で・・・・・

ほんっとに暇なときにでも回答を登校していただければ嬉しいです

Aベストアンサー

正しさを振りかざし攻撃することで、まるで鬼の首を取ったように振舞うこと。

何か事件が起きると、正しさ論調で誰が悪いかを言い当てて攻撃をするのは
ネット上のSNSなどでよく見かける風景です。

例えば、いじめで自殺が起きた場合。
いじめたほうが悪い・いじめられたほうに問題がある。
どちらにも言い分があり、確かに正しさはそれなりにある。

しかし、正しさを求め攻撃をやってる自分が、その行為で誰かをいじめているとうことに気がついていない。
いじめという行為は悪いといいながら、自らがいじめを披露している実態に気がついてない。

そんな感じで家庭でも会社でも学校でも、あらゆるとこで日常的に繰り広げられています。

誰が悪いかを問うより、問題がおきる元は何か。
それをどう解決するのかが必要です。

書いてて「正しさで人を裁くのを誰もが辞めたらいいんじゃね?」みたいになってしまいました。
教育現場で「善をなさんと欲し悪をなす」を教えられたら、それだけで社会のいじめが減るでしょうね。

無知が一番の害悪かもしれませんね。

Q「エゴ」って何?

「エゴ」って何?

たとえば善意が動機、結果も相手が喜んでいる、という明らかに幸福な図が許せない人たちがいます。
古い言い方ですが「ちゃちゃを入れてくる」という感じで「それは人間のエゴだ」と第三者が主張する現象があります(特にネットの世界ではそれが顕著です)。

例をあげますと、お年寄りの介護施設などに訪問し歌や演奏をする。お年よりは孫の姿や昔懐かしい歌などを思い出し、1日とてもよい気持ちになった。ボランティアという形式をとることもありますしそんなそれ以前の小さな善意からでも「エゴ」「自己満足」「自慰行為」などと言う人の出現です。

「エゴ」の定義、またこの程度のことに「エゴだ」といって批判する人の心理や理屈、また遭遇した場合の理論武装など知りたいと思います。

Aベストアンサー

ここで言っておられる「エゴ」とは、私見によればいわゆる「いーごー・せんちゅりっく」といわれている観念のことではないかと思われます。日本語で「利己主義者」、自分のことを(常に)思考の中心に据えて考える種類の人間(エゴイスト)のことで、そういったひとたちの集団の思考形式を「民主主義」ともいいますね(笑)。つまり、大多数の人間がこのカテに属するものだということです。

さて、ご質問で「小さな善意」を行っているひとのことと、それらのひとの行動を「エゴ」と決め付け(て批判す)るひとのことが出ましたが、私見ではそれらのどれも「エゴ」とは無関係ではないかと思われます。一般的に自発的善行者(いわゆるボランテア)たちの行動はいわゆる「利己主義者」とは反対の性格を帯びたものだと考えられており、世間的には少数者で、それゆえに世間からは一定の賛仰と尊敬を受けているようです。
それをとりまく他人たちのなかで、そういったひとにはとてもなれないと悟ったひとがいて、しかし尊敬を受ける人の存在が妬ましくてしかたがない、なんとかして彼らも自分達と変らない人間であると決め付け、引きずり降ろして自分を慰めたい、そういう歪んだ精神が見つけた方便のひとつとして発明された非難の形式が「彼らは自己満足の手段として結果的にそういった善行をしているのであり、彼らを褒め称える理由は何もないのだ」という理論なのです。一見整っているようであり、しかし八方やぶれの取るに足りないいいがかりだといえましょう。
小汚い精神の保持者である彼らに耳を傾けることはないと思います。理屈で反論などすれば、彼らの思う壺です。
ご参考まで。

ここで言っておられる「エゴ」とは、私見によればいわゆる「いーごー・せんちゅりっく」といわれている観念のことではないかと思われます。日本語で「利己主義者」、自分のことを(常に)思考の中心に据えて考える種類の人間(エゴイスト)のことで、そういったひとたちの集団の思考形式を「民主主義」ともいいますね(笑)。つまり、大多数の人間がこのカテに属するものだということです。

さて、ご質問で「小さな善意」を行っているひとのことと、それらのひとの行動を「エゴ」と決め付け(て批判す)るひとの...続きを読む

Q世界中が平和であって欲しいと願う気持ちはエゴか

世界中が平和であって欲しいと願う気持ちはエゴでしょうか?

僕は、人間に欲と想像力がある以上、世界平和は現実的に実現不可能な理想論、
つまり、間接的に自分の心の痛みを和らげようとするだけの、自己中心的な考え(エゴ)だと思います。
仮に200年先に自分の子孫がいなくても、200年先の世界平和を願えますか?結局は子孫への愛ですか?

みなさん、どちらだと思うかと、その理由も教えてください。

Aベストアンサー

No7のshoujin24tです。書き方が悪かったですね。申し訳ありません。

>例えば依存症で、熱心な宗教活動をしている人に対して、宗教に頼らない宗教のない世界にいけるよう努力させることも、強要であり、押し付けでしょうか?
(その人の熱心な活動が原因でその家族と親戚に不協和押し付けだと思います。音が発生しているとして)

私は、どんなことであれ、人に命令し、その通りに行動しろというのは、強要であり、押し付けだと思います。

以下の内容があいまいでした。
 人は、みんな自由に生きていますが、自由故に周りが苦しんだり、迷惑を感じることはあります。
 自由というものは、素晴らしいものかもしれませんが、自由とは、自分の意志、判断で決定し、行動するものです。自分の判断が悪ければ人を苦しめる結果に繋がるかもしれません。
 そういった時に、ベストな考えを強要することによって人を苦しめる結果にならなくなるかもしれません。もし、人を苦しめる結果にならないとすれば頭が良くて良心を持つ人なら、感謝すると思います。
 ですが、もたない人なら、文句を垂れるでしょう。そういう人から見れば、「自分の考えを押し付けやがって、自己中心的なやつだ」と思うと思います。
 これが人間です。人間の中にはこういうやつもいます。

人間の中にこういうやつもいるから、世の中、平和も、みんなが気持ちよく暮らせる社会も実現しません。(もちろん、人間だけが問題ではありません)

そういった人間にはそれは駄目、こうしないと言いたくなるのが人間の本心だと思います。(言っても無駄だとか、自分は言うのが嫌だから言わないとかありますけど)
 もし、それは駄目、こうしなさいと言って、本当にしたら、その人のためにもなり、平和実現の1歩となるのでしたら、押し付ける、強要する行為はエゴ(自己中心的)かもしれないけど、結果的には、愛になると思います。

書いていて自分の中ではっきりしてきました。
結果、気持ちあっての自己中心的か、愛かということだと思います。

強要して

結果が上手く行けば愛、結果が失敗すれば思い込みによる過ち

人のことを思ってすれば愛、自分のことだけ考えればエゴ

人のことを思ってしても、失敗すれば傲慢。

書いていてこっちが勉強になりました。たぶん、この考えもあいまいな気がします。最後の結論は________syu
さんにお願いします。
参考になるか解りませんが、以上です。

No7のshoujin24tです。書き方が悪かったですね。申し訳ありません。

>例えば依存症で、熱心な宗教活動をしている人に対して、宗教に頼らない宗教のない世界にいけるよう努力させることも、強要であり、押し付けでしょうか?
(その人の熱心な活動が原因でその家族と親戚に不協和押し付けだと思います。音が発生しているとして)

私は、どんなことであれ、人に命令し、その通りに行動しろというのは、強要であり、押し付けだと思います。

以下の内容があいまいでした。
 人は、みんな自由に生きて...続きを読む

Q客観的に見て悪い行為と被害者にとって悪い行為

相手に「バカ」と言うのと、相手の顔を殴るのとでは
客観的に見て後者の行為の方が悪いですが、
もし、顔を殴られのは平気だが「バカ」と言われるのはものすごく苦痛
という人がいた場合、哲学的にはどちらの行為が悪になりますか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 哲学的には 当事者たちが置かれている文脈(情況)と 当事者たちそれぞれの人となり さらにあるいは互いの関係――信頼関係とかです――によって 答えは違って来ます。

 文脈を無視して考えることは 哲学的ではありません。

 文脈におけるひとつあるいはいくつかの条件がよければ よい結果が得られることでしょう。

 ★ 客観的に見る
 ☆ ことすら 当事者それぞれの主観の中に まづ おさまると見るのが 哲学的です。
 そうしてその双方のあいだのマ(間合い)についても考え合わせます。
 というより 当事者どうしがすでにそういうことは互いに努力して折り合いをつける方向にすすめ合うことでしょう。

 これが 人間であり この人間であることに基づこうとするのが 哲学です。善悪の物指しを当てはめることが 哲学なのではありません。どうでしょう?

Q死んだ後の運命

人間の死後については色々な説があります。でも、どの説にも賛成する人がいます。しかし、反対に完全否定する人もいます。なので、現在は「死後」にどうなるのかは解明されていません。私は死後、全く無になると言う考えは1番現実的で科学的な仮説のような気がしますが、それでは説明のつかない現象が沢山あります。その内の何割かが嘘や迷信だとしても全てがそうとは考えにくいです。そして、偶然だという事も考えにくいです。次に、「死後の世界(天国など)」があると言う説は科学的には信用しにくいですが、「死後の世界」があることによって証明できる現象もあります。「生まれ変わり」という説もありますが、これも同じだと思います。「魂」がある、とよく言われています。たしかに、「魂」=「脳」であるという考えもあります。でも、「脳」だけでは説明ができない物があります。この決定的な答えは死んだ人にしか判らないと思います。

皆さんはどう思いますか?皆さんなりの証明を聞かせてください。できれば、当てずっぽや理想ではなく何らかの根拠を付けて答えてください。

死んだら全てが「無」になるというのは中々考えにくいような気がします。

天国で先に死んだ家族、親戚、友だちには会えるのでしょうか?「ご臨終」となった瞬間に全てが「無」になるのでしょうか?

人間の死後については色々な説があります。でも、どの説にも賛成する人がいます。しかし、反対に完全否定する人もいます。なので、現在は「死後」にどうなるのかは解明されていません。私は死後、全く無になると言う考えは1番現実的で科学的な仮説のような気がしますが、それでは説明のつかない現象が沢山あります。その内の何割かが嘘や迷信だとしても全てがそうとは考えにくいです。そして、偶然だという事も考えにくいです。次に、「死後の世界(天国など)」があると言う説は科学的には信用しにくいですが、...続きを読む

Aベストアンサー

私はこの現世は、別界の念意による想像の世界と思っています。

よって宇宙の果てはありません。

太陽と地球の関係は偶然と思いますか?

この世が三次元構成であっても、別界は多次元である筈です。現世は科学が成立しても

別界は大らかな念意に包まれていて、科学は存在しません。

また、それは我々が生を営むこの世の次元に交差しているかも知れません。

それで、時折科学では証明できない現象が現れることもあるでしょう。

生き物が死を迎えた時は、この別界に召されてゆくのではないしょうか?

 それは偉大なる創造主が存する場です。

宇宙の謎を謎として人生の終焉を迎えるよりも、己が信ずる斯かる別界があれば

創造主の子として安らかに死後を迎えれる筈です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報