家族に悲しんで苦しんで欲しいですか?
死の原因を調べるために解剖して欲しいですか?

被害者の家族が訴訟を起こす行為は 本人の意思もないエゴの行為だと思うんですか
死んだあとに 自分についての裁判を家族に
やって欲しいですか?

A 回答 (6件)

家族には苦しむ事なく逝って欲しいと思います。



解剖については・・・ちょっと私にはまだ結論が見つかってません。

亡くなった後に、家族が自分について裁判を起したいと思うのであれば、起せば良いと思います。
エゴであろうばなかろうが家族の判断に任せます。
    • good
    • 0

uglyelさん、こんにちは。



>家族に悲しんで苦しんで欲しいですか?

悲しんでくれたらいいけど、苦しんでほしくはないです。

>死の原因を調べるために解剖して欲しいですか?

残された家族に任せます。

>死んだあとに 自分についての裁判を家族に
やって欲しいですか?

どちらかといえば、いやです。自分が殺されたことは
そってしておいてほしい。わすれてほしい。
    • good
    • 0

死にそこなって帰ってきた立場で体験を書きますと 私があの時死んでいたら


家族にははやく立ち直って欲しいと思いましたね。はやく忘れて欲しいです。
死ぬときはスーッと意識が遠のいてとても楽になるだけですから。
恨み、つらみ、憎悪、憎しみ それらを家族が引きずって生きていたら
家族が精神的に生涯不幸なのは明らかですからね、むしろ忘れられないと
死んだほうはきっと、死んでも死にきれないです。
裁判によって気が晴れるかどうかですが、僕は疑問ですね。
すくなからず被害者や家族が二重苦三重苦で苦しむのがこの国の裁判制度ですから。 加害者にしても、普通は根性ナシの腰抜け野郎というのが常です。
そんなヤツのことを引きずるだけ損ですね。いずれ加害者になる人には
ツキというものがモトモト無いですから恨む必要もないんですね。
被害者はそれでムキになるほど不幸になるし苦しむのですね。
金銭的に決着をつけたら、早期に次の人生をみつけて欲しいですね。
ただし、社会が被害者をいたぶるような"しくみ"を容認していたら、それは
許せないですね。 あんな思いは自分だけで充分だと思うんですね。
そういうことはあまり知られてないですね。
被害者というものは自分のことで精一杯で、心身ともに疲れ果てることが
多いですからね、被害者になったら、最悪を覚悟とて最善をつくす
タフな精神力が必要ですよね。どうかタフになって下さい。
ダレも恨まないでください。罪は憎んでも人は憎まないでください。
もと死者からのメッセージでした。爆
とりあえずまだピンピン生きてますけど 苦笑
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
そうですか 家族に苦しまれても嫌なんですね
裁判とかも 加害者の未来とかのほうが大事みたいだしね
社会が生きてるものと死んでるものの違いを分かってるからこそ
被害者家族にとってはしんどい制度だしね~

お礼日時:2001/07/16 15:32

苦しんで欲しくはありません。

現在私は家族の苦しみを望んでいないので。苦しめ、と思っていたら苦しんで欲しいと思うんでしょうが。
悲しむかどうかは、私の知った事ではないし、私にはどうしようもない事です(私が生きていようと死んでいようと)。結局本人の気の持ちようですから。
解剖も、されようがされまいが構いません。基本的に私は、自分が生きている間の安全、安楽、幸福というものが確保出来ればそれでいいので、死んだ後にたとい死体が野ざらしになろうが犬に食われようが構いません。(構えなくなる、ことを、死というのだろうと思っています)
>被害者の家族が訴訟を起こす行為は 本人の意思もないエゴの行為だと思うんですか
葬式というのは厳密には死者のためのものではなく生者のためのもの、かけがえなく愛しい相手に取り残された人々のためのものです。その死を認め、受け入れ、立ち直るための。復讐というのも、結局は残された人が、弔いのために行う儀式の一つであって、死者がそれらに左右される事はありません。上述の解剖に関する回答と同じ発想ですが、それらは全て、遺族の気のすむようにすればいいものだと思います。死人にはもう関係がない。

ただし、以上は「死に行くものとしての、残される家族に対して」の見地であり、「殺されいく者として、加害者へ」どう思うかという観点に立てば、家族に加害者殺害を依頼したくなるかもしれない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
そうですよね~ 神に拝むのって結局は自分に拝んでたり
お経も死んだ人というより家族にって感じしますもんね~

そうですか 被害者になると 復讐したくなるんですね~

お礼日時:2001/07/15 09:03

悲しむのは家族の選択なので、どちらでも良いです。


(でも、悲しまれないと寂しいですね。(^^ゞ)

司法解剖については、もし本人に「殺された」意識が無く、仮にその情報を
知ることが出来るのなら(オカルトっぽいですね)原因究明はして欲しいです。
事故でも、病気でも、第三者によるモノもです。
『何故、自分は生き延びることが出来なかったのか?』教えて欲しいです。

裁判についても、実際に訴訟を起こす人は
「何故、殺されたのか?」「何が動機なのか?」「その罪はどう償うのか?」
これらを知りたい人たちは訴訟を起こすのでしょう。
僕もその立場になったら、確実に訴訟を起こします。

もし、大切な家族の命を奪った相手を許すことが出来ますか??
『生きたい』と思う意志を勝手な理由で踏みにじられた故人の無念は例え、相手が極刑に処されても
晴れるものでは無いでしょう。

それに、仕方のない理由が無い限り、人の命を奪った者を社会に置くと同じ危険を
また他の人に与えてしまう可能性もあるでしょう。人々に恐怖を与えてしまうかもしれません。

「過激な思想」と思われても仕方ありませんが、僕は
『人命を故意に奪う者に弁明の余地は皆無』だと思います。
裁判で己のした事の重大さ、罪の重圧、制裁、これらは受けて当然と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
そうですよね 私的にどっちでもいいです
でも 苦しんで欲しくないですよね
私って言うものを使って勝手に

死んだら 私は無になるって感じな考えなんで分からないんですけど
宗教的な考えだと そうなるんですね 

社会ってやっぱり 次の のために その人を裁くんですね

お礼日時:2001/07/14 21:54

家族に喜ばれるよりは、多少悲しんで欲しいですね。


ですが、苦しんで欲しくはないですね。
でも、残された家族は苦しむと思います。
だから、その苦しみを和らげる為であれば、
また、それで苦しみが少しでも和らぐのであれば
裁判でもなんでも私はやって欲しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
そうですよね 苦しんで欲しくないですよね~

裁判をやって和らぐんですかね~
結局得るのは金と 加害者の不幸だし
その不幸も相手にとっては 中途半端だし
ま~ そんなことどうでもいいか

お礼日時:2001/07/14 21:47

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ