私は法律がなくなれば
時間がたてば 今よりは 人は幸せになると
思うんですが
どう思いますか?
法律がなくなればどうなると思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

見当もつきません。

(ぉぃぉぃ

redbeanさんのお書きの通り、必ず「決まり事」は出てきます。
例えば
どんな未開の土地に行ってもそこに住む人々には「掟」があります。
これを守らない者はソコにはいられません。

仮にソコを迫害されたら、人は何処か居場所を求めるでしょう。
そうすれば、またそこには「掟」「暗黙の了解」が生まれるでしょう。
ならず者にも掟はあるのです。

拘束力の大小はあるでしょうが、生きていく上で必ず「掟」は生まれます。

それと、法律があるから人は安心して生活できる気がします。
(法律が無くなったら、真っ先に車に乗るのをやめますね。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
やっぱり不幸になるんですかね~
法律って どのくらいのものなんですか?
間違いなく 私が決めたんじゃないんです
私にも 友達との間に 暗黙の了解とかあるけど
それは自分を縛ってるんじゃなくて 自分がかかわってるからこそ
その誰かの決めた法律を 私は完璧にしらないし あやふやだし 
いきなり法律で訴えるぞ~ って言われても私しらないしって感じになるだろうし
やっぱり人口が多いと 効率化のために法律が必要なのかな
人口が少し減ったら 決まりごとで いきわたるんでしょうね

お礼日時:2001/07/14 21:33

たくさん回答が出ているようですが、uglyelさんにひとつお聞きしたいことがあります。


uglyelさんは、「法律に縛られている」という印象をお持ちのようですが、具体的に、なにかエピソードがあるのでしょうか?
私は、他の方がおっしゃるように、法律とは「国民を守るもの」、「世の中の不公正を是正するもの」と思っています。きれい事すぎかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
法律に縛られてるって感じはもってないです
あるがままの自然に流れてきたその一瞬だし
私的にどうでもいいことです
私は法律(他にもいろいろだけど)=人の業と感じて それがウザくて
それがなくなれば 個人の業が爆発して 人口が減り
その後には
混沌から抜け出したからこそ 人どうし助け合ったり
昔みたく自然に感謝したりで 良い感じで
私が幸せになれると思ったけど
みんなはどうなのかとか思ったからです

法律ってやっぱり人を守るものなんですね

お礼日時:2001/07/16 15:27

uglyelさん、こんにちは。



なるほど、しかし遅すぎます。

ぎりぎり1700年代位の農村だったりしたらuglyelさんの仰る通り幸せになれるかも?
ただし、本人が感じる幸せであって、他人が客観的に見た幸せでは無いですよ!
現代人はいろんな事を知り過ぎてしまってるので、現時点で法律を無くすと幸せにはなれません。法律で守られなければ維持できないんです。

「フランダースの犬」をイメージしてもらえば良いと思います。
ネロは貧乏ながらおじいさんと幸せに暮らしていましたよね。ネロやおじいさんは、アロアのお家との身分の差をわきまえていました。ネロが「人は生まれながらにしてみな平等である」などとアロアとの交際を求めて、彼女の家に乗り込んで行けば、たちまち村から追放されたでしょう。
現時点での境遇に満足し、決して欲を持たず生きる事のできる、田舎者の貧乏人になることができれば、法律は必要無くなるでしょう。
いや、むしろ法律の存在すら知らず現状で満足できる人といった方が良いかな?
とにかく何事も諦める事ができなければなりません。
現代人にはどうしても無理です。
「女は男に口出しするなっ!」って言っても無理でしょ?
アロアのお母さんは、お父さんの言う事がおかしいと思っていても最終的には諦めて従っていました。
「貧乏人が口答えするな!」って言っても無理でしょ?
ネロのおじいさんは、虐げられながらも文句一つ言わず貧しく暮らしていました。

私達がおかしいと思った事がおかしいと言えるのは、法律に守られているからです。
それが無くなれば、一部の力のある人に支配されても仕方がありません。
それでも幸せになろうとすれば、「諦めて忘れてしまう」しか無いでしょう。
それじゃあダメだろうって事で、「法律」が整備されその事が行き渡って、今の近代国家がある訳ですから…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
私もそれ思いました
それを壊すための 法律を壊すって感じですかね~
100年後の未来みたいな 500年後はまた同じだろうけど
やっぱり難しいんですかね~ 

お礼日時:2001/07/15 09:18

 確実に不幸になりますね。


 生物たるもの必ず欲望はありますし、それをセーブしなければどうなるか…

 秩序維持のために法律というものは必要だと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
そうですか~ 不幸になりますか~
しばらくすれば 人口も減り わざわざ同種間の争いなんて気持ち悪い事なくなると思うけど 甘いんだろうな~

お礼日時:2001/07/15 09:09

>法律がなくなればどうなると思いますか?



少なくとも人類は半分以下かそれ以下の数に減ると思います。
誰でも殺意のひとつやふたつあるものですし、みんながみんな
頭が良いわけじゃない。
(自分だけが助かるとか被害に遭わないとか、特別とか思ってるはず)

何百年単位では結果的に今より幸せな世界が訪れるのかもしれないけど
私は即ころされる自信ありです(笑)
法律の改正は必要ですが、無くすのは辞めてほしいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
そうですか~ 私は生き残る自信ありですよ(笑)
生命線手首まできてるし 車に5回あたっても かすり傷か無傷だし
死んだとしても 死ぬまで生きてるんだしどうでもいいしね

そうか~ 法律ってやっぱり必要なのかな~

お礼日時:2001/07/15 09:06

星新一さんのショートショート作品の中に(タイトル・・・失念)印象深い作品がありましてね



内容は、「その日一日だけあらゆる法律を停止する」ってモノなんですよ

みんな自分の家にこもって外の敵と戦ううちにその日が終わるんです
そして最後にボソって一言言うんですね
「ああ 法律って本当にありがたいもんなんだなぁ・・・あってよかったなぁ」

あなたのご意見は?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
一日だけでしょ 人はたぶん期間限定に弱いからな~
一日ならただしんどいだけだろうな~
私的には 一生もんですからね~ しばらくすれば落ち着くとおもうけどな~
わざわざひと殺さなくてもいいし
親も近所とかも 子供とか家族とか守ってとか
他にもいろいろで心のほうは
良い感じになりそうだと思うんですが甘いのかな~

お礼日時:2001/07/15 01:27

どうなんでしょうねぇ。


でも今よりは確実に不幸になると思いますよ。
動物たちでもそれぞれ掟がありますよね。
もし、掟がなくても生きようと思えば生きれますけど、人間は余計な知恵を持った
「動物」ですからね。
破壊活動ばかり繰り返す人とかでるんじゃ・・・。
お金で物を買っても、金額と物が釣り合っていないと思う人は、万引きでも何でもする。でも法がないのでお咎めなし。人を殺そうが何しようがその人の勝手。
そんなことは見過ごせない。だから法律があるのでは・・・?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
そうでね~ 知恵があるからめんどくさいですね~

法律は昔のものだし 今では その穴を見つけて いろんな事できるみたいで
社会的悪ならいくらでもできるしな~ 言うなれば殺人とかも見つからなければいいし
破壊活動する人は悪として 正義の鉄槌がみたいなのは
心的には良い感じな物っぽいんですが
しばらくの間の後には 良い感じになってるみたいな感じの考えなんですけど甘いんでしょうね しばらくの間が苦しいし

お礼日時:2001/07/15 01:23

あなたの質問は、毎回面白く、考えさせられます。


法律がなくなるとは、すなわち、今までタブーとされていたものが許されるということ。すなわち、すべての行為に対して、「それはいけない」と指摘することができなくなることですね。
すべての人が、勝手に振舞うことを許されます。
もう、原爆を地球を何度も絶滅させるほど投下しようが、地下鉄で思いついた毒薬を撒き散らそうが、一向に構わない。麻原某のような人物を、憎む必要もない。
もちろん私が、そんな世の中で生き残れるとは思いませんが。
しかし、「北斗の拳」のごとく、徹底的に荒廃した跡の地球上から、本当の「法の意識」をわきまえた人たちが、新たな秩序を作り出して、共に生きるすべを獲得していったとすれば、少なくともその人たちは、幸せを得るのではないかと考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
そうなんですよね 社会的に悪い事する人が出てくるんですよね
その反対も一緒に出てくるけど
それでまた良い感じの法が出てくる

でも また腐敗 ってな感じになるんでしょうね
やっぱり
繰り返すだけだし
同じで現状に満足するしかないんでしょうね

お礼日時:2001/07/15 01:17

世の中にはたくさんの人がいて皆考え方が違います。

ですから社会にはルールが必要になってきます。ルールを決めたらそのルールを守るための監視役が必要になります。監視役がいなければルールはルールとしての役をはたさなくなってしまいますから。世の中に一人しかいなければ法律は必要ないでしょう。でも二人以上の人が一緒に暮らすならきまりごと(法律)は必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
そうですよね 人が二人になれば決まり事とか出てきますよね
おなかが減った 横にパン(もう一人の)がある じゃ~ 食べようじゃ
とられたほうはしんどいですもんね

お礼日時:2001/07/14 21:44

 不幸になると思います。



 本当はuglyelさんのいうとおり無い方がいいんです。
 
 でも、人間が集団となり社会を形成している以上、絶対に必要なものですね。
 善良な人から見れば「規則で行動を縛られている」という意識は無いでしょうし、法律をなくすということは悪党のリミッターを解除してやるようなものです。

 もし一人として悪党のいない世の中だったとしても「過失処罰」や「手続きに関する法律」等が必要なはずですし・・・

 法律がなくなれば弱肉強食の世になるものと思います。
 悪事が肯定されていくなら、それに追随して悪事を働く人間が出てくるからです。

 法律が生きている今の世の中でさえ、警察力(法の執行力)の低下により、何でもありの状況が出てきていますので、法律がなければ不幸になっていくのは間違いないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
そうですか 不幸になりますか

社会的 善人も法律によって縛られるし
むかつくから殴りたいときも殴れない 社会的に正しい事を言うだけの機械なんてうざいだけだし
悪党は 利用しますからね~ 社会的悪だからこそにあなをかいくぐりいろいろと それがまたむかつくんですよね~ 

そうなんですよ 世の中弱肉強食なんですよ
犬も猫も虐待されて 強者の特権で 売り買いされて しまいめには 器物損害罪ですよ
こう考えると 身分制度とかで 迫害されてた人の人権
って言うのがでてくると 人権の得ようのない 動物にどんどんとみたいな
なら 人間の中も そうすれば良いんじゃないか
強く 社会的善人なら いいほうに持って行ってくれるし

お礼日時:2001/07/14 21:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q結婚は法律に縛られていると思いますか?それとも法律に守られていると思いますか? そもそも私たちは法律

結婚は法律に縛られていると思いますか?それとも法律に守られていると思いますか?
そもそも私たちは法律に縛られているのか守られているのか・・・

Aベストアンサー

結婚というものが法律によって縛られているかということですか?
結婚自体を法律で制限したりしませんし、誰とどのように暮らしても自由ですね。別居していても、罪に問われるわけではない。
仲が良い時には、法律だとか考えませんが、問題は離婚に至る時に、そのルールに沿って決めていくということです。皆が調和を取って結婚生活をしてきたのなら、法律も必要ありませんよね?届出さえ出せば、良いという事になります。
人は勝手に解釈、行動するし、お互いの利害もぶつかるので、結婚とはどういう状態なのか、という事を法律上に示しています。
同居や不要の義務など・・・
法律に縛られない関係もありますが、私たちは生まれた時から法律という網の中に住んでいます。道路を歩いていても規則、買い物をしても契約、何から何まで、法律に照らす事が出来ます。でも、意識していないだけ。
だから、全く法律の外での関係というのは、あり得ないのです。

Q【法律】日本の法律でこれはおかしいだろと思う法律を教えてください。

【法律】日本の法律でこれはおかしいだろと思う法律を教えてください。

Aベストアンサー

NHK

Q法律事務所より遺留分請求の知らせが来ましたが、どのように対処すれば宜し

法律事務所より遺留分請求の知らせが来ましたが、どのように対処すれば宜しいでしょうか?
 2人姉妹の長女の為、父母の老後を面倒(介護)をしてきました。
父が先に亡くなり、その5年後に母が亡くなりました。
この間妹はまったく、父母の面倒を見る事もなく、得に母とは喧嘩状態で口を聞く事も、ほとんどありませんでした。
其の為、母の遺言書にて遺産を全て相続する事になりました。
妹と遺産の話で電話中に、遺言書で遺産は全額私にと書いて有ると知ると、その後電話にでようともしません。
そして或る日突然法律事務所より、遺留分が有ると知らせが来ました。
これにどのように対処すれば良いか悩んでいます。
1.弁護士会館に有るよな、法律事務所に相談する。
2.知り合いの税理士(商売をしている為税理士とは20年来の付き合いがある。)を通して、弁護士を紹介してもらう。
3.インターネット等で弁護士をさがす。
1.2.3 その他どのようにすれば、良いか連絡頂ければ、幸いです。
宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

 私もあなたとまったく同じ経験をしたものです。

 私の場合は裁判まで行きましたが、もしあなたが妹さんの請求する遺留分の請求顎に納得して支払うことが出来るのなら、そのまま支払うことを伝えれば済むことです。

 請求に納得が出来ず、また財産といってもすぐに現金などに代えられるものではないのですから、その余裕が無いなどの理由で妹さんの請求に応じられないのでしたら、請求に対して不服を申し立てなければなりません。

 やはりここはあなたも弁護士を立てて正当な反論をすることから始めるべきでしょうね。とはいえ弁護士にしてみればそれほど難しい問題ではありません。それによほどのことがない限り(たとえ妹さんがどんなに親不孝であってもです)遺留分はある程度認められることが多いので、労多くして実り少ない、といったことになるかもしれません。

 しかしこれまであなた一人が苦労してご両親の面倒を見てきたのですから、第三者の立会いでその経過を主張し、かつ妹さんの自分の両親への無関心振りを第三者へ冷静に伝えることも、ある意味妹さんの親不孝を自覚させ、目を覚ますことも必要ではないでしょうか。

 弁護士の選択はそれほど神経質になる必要はありません。商売上お付き合いのある税理士に弁護士の知り合いがいれば(職業柄絶対その方面に強い弁護士の知り合いがいるはずです)、その紹介を受けることがベストだと思います。

 最初は調停から始まり、妹さんと必ず同席の上お互いの主張を出していくことになりますが、一つだけ心がけなければならないことがあります。それは絶対感情的にならないことです。遺留分を請求する妹さんはもしかしたら調停の場でとんでもない嘘をつくかもしれません。それは十分考えられることです。

 しかしそんなあからさまな嘘をつかれてどんなに腹が立っても、決して感情的にならないことです。声を荒げて自分の正当性を主張しても、感情的になればその主張も調停員側にしてみればなんとなく信憑性に欠けることになります。

 調停員は裁判官ではないので、どうしても感情に左右される可能性があります。感情的になっても何の得もありません。あなたが冷静な態度で終始していけば、逆に妹さんが逆上することもあるかもしれません。そうなればなっただけ、妹さんには有形無形の不利益を蒙るだけになります。

 とにかく調停や裁判になっても、常に冷静でいることを心がけることが肝心です。そうすればあなたのこれまでの苦労や正当性、そしてなんといってもご両親に対しての愛情はきっと理解されるはずです。

 調停や裁判は嫌なものです。しないで済むならだれでもしたくないものです。しなくともいい心労などだれもしたくはないはずです。でもこれで妹さんのわがままな主張が通ってしまえば、これまでのご両親のために費やしたあなたの人生の多くの時間が無駄なものになってしまいます。

 妹さんとあえて喧嘩をすべきだとは言いません。しかし妹さんに少しでもあなたのこれまでの苦労を理解させるためにも戦うべきです。

 頑張ってください!!

 

 私もあなたとまったく同じ経験をしたものです。

 私の場合は裁判まで行きましたが、もしあなたが妹さんの請求する遺留分の請求顎に納得して支払うことが出来るのなら、そのまま支払うことを伝えれば済むことです。

 請求に納得が出来ず、また財産といってもすぐに現金などに代えられるものではないのですから、その余裕が無いなどの理由で妹さんの請求に応じられないのでしたら、請求に対して不服を申し立てなければなりません。

 やはりここはあなたも弁護士を立てて正当な反論をすることから始めるべき...続きを読む

Q一般人は法律のことどのぐらいまで知っとけばいいと思いますか?

司法書士や弁護士などは法律を勉強しないとダメですが
一般人もある程度しといたほうがいいのでしょうか?

 って言うのは今まで生きてきた中で1,2回事件が起こりその時は法律をもっと知っとけば良かったなど思いますが、やはりそのときの感情的な気持ちがおさまり法律から頭が離れます。
 けど、事件なんていつ来るかわかりませんよね。
 そのときにとっさに対応できなければ損をするばかり。
 
 一般人はどのぐらいの法律を勉強しとけばいいと思いますか?

Aベストアンサー

「民法」をまず勉強することをお勧めします。民法と言うのは、要するに「権利関係」を定義した法律です。モノの売買、借金、近隣関係、相続など、民法の規定と考え方で世の中は動いています。

私は大学の授業で1年間民法の初歩を学び、とても賢くなった気がしました。書店で、一般人向きに分かりやすく書かれた民法解説書を一冊買ってその内容を頭に入れることをお勧めします。

たとえば、
「泣き寝入りしないための民法相談室 クイズと司法試験全82問 平凡社新書」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31171412

さらに、刑法の入門書を読んで、「何をすれば警察に捕まるのか/警察に捕まえて貰えるのか」を知ると、一般人としては十分な法律知識と思います。

たとえば
「この一冊で「刑法」がわかる!」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31444203

なお、「憲法」は一般人の生活とは関わりありませんので、勉強しても特に役に立ちません。せいぜい「そんなことを言うとは憲法何条の言論思想の自由に違反する」と口論の時に使える程度です。

「民法」をまず勉強することをお勧めします。民法と言うのは、要するに「権利関係」を定義した法律です。モノの売買、借金、近隣関係、相続など、民法の規定と考え方で世の中は動いています。

私は大学の授業で1年間民法の初歩を学び、とても賢くなった気がしました。書店で、一般人向きに分かりやすく書かれた民法解説書を一冊買ってその内容を頭に入れることをお勧めします。

たとえば、
「泣き寝入りしないための民法相談室 クイズと司法試験全82問 平凡社新書」
http://www.7andy.jp/books/detail...続きを読む

Q「アンタが生活できなくなるようにアンタの夫の職場に行って暴れてやる!」という人を法律で対処する方法

私は両親と仲が悪いです。タオルで首をしめられたときや、包丁をもって追いかけられたときがあったので、過去に3回、警察を呼んでいます。
今は一人暮らしをしているので、親と離れることができたのですが、このたび私が結婚することになったので、そのことを親に伝えました。
そうすると、親は「アンタの夫の会社に行って、職場まで行って暴れてやる!アンタなんか生活できなくなればいいんだ!」と言って脅かしてきます。
親は、婚約者の勤め先を知っています。
婚約者の勤め先は大企業で、会社の前に警備員が2人立っていて、その人たちにセキュリティーカードを見せないと、会社の中には入れないようになっています。
そのことを伝えると、「じゃあ、会社の外でもいいから、叫び狂ってやる!そうすれば、アンタの夫はクビになるよ!もしくは、職場に電話かけてやる!アンタの夫がクビになるまで意地悪してやる!」と言っています。
そのことにおびえています。
私は全く法律の知識はないのですが、こんな親を法律でやっつけることはできませんか?
それから、このことが婚約者の出世に影響して、出世できなくなるというようなことになったりしますか?
親は「これでアンタの夫は出世もムリだね!ハッハッハ!当たり前でしょ?大企業ってそういうところよ!」と言ってきます。

「親は冗談で言ってると思うんだけど・・・」というような回答は、しないでいただきたいです。
うちの親子関係は本当に崩壊しています。

せっかく婚約したのに、毎日不安でたまりません。寿命が縮まりそうです。

私は両親と仲が悪いです。タオルで首をしめられたときや、包丁をもって追いかけられたときがあったので、過去に3回、警察を呼んでいます。
今は一人暮らしをしているので、親と離れることができたのですが、このたび私が結婚することになったので、そのことを親に伝えました。
そうすると、親は「アンタの夫の会社に行って、職場まで行って暴れてやる!アンタなんか生活できなくなればいいんだ!」と言って脅かしてきます。
親は、婚約者の勤め先を知っています。
婚約者の勤め先は大企業で、会社の前に警備...続きを読む

Aベストアンサー

法律的な反撃といいう点では、質問者の方のお母様の行為は、一見脅迫罪が成立するよう
に思えます。

脅迫罪の成立要件は
1)「脅迫」とは人を恐怖させるに足りる害悪を告知する事をいう。
2)告知内容は、本人または親族の生命・身体・自由・名誉・財産に対する害悪である。
3)害悪の内容を告知者または第三者が発生させ得ると思わせるものである事を要する。
4)告知内容が通常人を畏怖させるに足りるものであればいい。
5)告知を受けたものが実際に畏怖心を生じる必要はない。
(他いくつかありますが本件に関係ないので省略)
となっています。

1)は成立していると思います。
4)も通常は一般人を想定して客観的に畏怖させるものであるかどうかを判断します。
しかし、お母様の過去の経緯がから「この母親ならやりかねない」と思わせるに足りる
状況で、それを承知で害悪の告知をしていると思われますのでこれも成立します。

しかし、微妙なところは、お母様が「婚約者」をターゲットに害悪を行なおうとしている
ことです。
2)の要件で、本人または親族となっていますが、婚約者はまだ親族ではありません。
従って、親族であるものに対する害悪の要件が成立しません。
また、将来的に結婚すれば、旦那様の収入で生活していく事になると思います。
その時点では、質問者の方すなわち本人の財産に対する害悪となりますが、今の段階では、
結婚前なので、本人の財産に対する害悪とも言えません。

>アンタなんか生活できなくなればいいんだ!
>アンタの夫がクビになるまで意地悪してやる!
>これでアンタの夫は出世もムリだね!

以上についても、3)の要件として、
「生活できなくなる」「婚約者がクビ」「婚約者が出世できない」という状況は、会社の
対応次第で、その状況を確実にお母様が作り出せる、左右できるかというと、不確定要素
が大きいため、この要件が成立しないと思われます。

結論としては、現状のお母様の発言では、脅迫罪の成立は難しいと思われます。

脅迫罪が、成立するとするなら、
○「結婚式に乱入して、メチャメチャにしてやる」⇒質問者の方本人の名誉への害悪
○「婚約者の親にケガをさせて破談にしてやる」⇒質問者の方本人の自由・名誉への害悪
○「婚約者の親にお前が不倫していると伝えてやる」⇒質問者の方本人の名誉への害悪
などでしょう。
この類の害悪の告知がお母様からされれば成立し得ます。


なお、実際にお母様が、会社のエントランス前で叫んだり、迷惑電話を繰返しかけた事に
よって、婚約者の方の出世に影響するかの件ですが、一般的で全うな会社ならほとんど影
響を受けないでしょう。
それ以前に、お母様自身がなんらかの犯罪で、逮捕されると思います。
・会社のエントランス前で叫ぶ⇒威力業務妨害罪、軽犯罪法の静穏妨害の罪
・迷惑電話をかける⇒威力業務妨害罪

ただ、逮捕を免れてあまりに長期に渡ってしまうと、会社も人間関係の世界ですから、
変な噂から、婚約者の方の社内的信用に影響を及ぼす可能性はないとはいえません。
もし、実際にお母様が行動を起こすようでしたら、早めに対処してしまうのが無難と思わ
れます。

法律的な反撃といいう点では、質問者の方のお母様の行為は、一見脅迫罪が成立するよう
に思えます。

脅迫罪の成立要件は
1)「脅迫」とは人を恐怖させるに足りる害悪を告知する事をいう。
2)告知内容は、本人または親族の生命・身体・自由・名誉・財産に対する害悪である。
3)害悪の内容を告知者または第三者が発生させ得ると思わせるものである事を要する。
4)告知内容が通常人を畏怖させるに足りるものであればいい。
5)告知を受けたものが実際に畏怖心を生じる必要はない。
(他いくつかありますが本...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報