gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

こんにちわ。

印刷物の名称について教えてください。
私自身、フリーでWEBデザインとアパレルデザインを中心にやっており、印刷系は暗いのですが
趣味でグラフィックを始めたところ
ちょこちょことその手の仕事が入るようになりました。
現在、化粧品メーカーの販売促進関係の
デザインなども受けるのですが
各印刷物の名称の種類の多さに少々戸惑うことがあります。

店頭に置いて、自由にお客様が持っていけるサイズの広告を、私はたとえば「B5販促チラシ」またはフライヤーなどと
呼んでおりましたが
クライアントは「ポップ」と呼んでおります。
私の中でポップというのは値段を表示するモノだと思っていました。
また、3つ折などになった商品カタログなど
私はそのまま「カタログ3つ折」と言っていますが
クライアントは「リーフレット」と言います。
ちんぷんかんぷんです。
どのような言い方が正しいのでしょうか。
アドバイスお願い致します。

●お客様が店頭から自由に持ってゆくモノは?
●店員がお買いあげのお客様にわたすようなモノは?
●キャンペーンなどで、店員が店頭に立って渡すモノは?
●紙質のよいカタログのようなモノは?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

呼び方に正確な定義づけはないですね。


みんなが好き勝手に呼んでいるだけです。
ま、それでもポスターを指してチラシと呼ぶ人はいないでしょうから
大まかな分類はされているようですが、「どれが正しい」はありませんから、
やはり当事者間での確認が必要かと思います。
くれぐれも「当事者間」です。第3者の見地は通用しません。

昔は、同じサイズのデザインでもリーフレットとパンフレットではデザイン料が違いましたから
発注者は安く依頼したくて「リーフレット」と呼んで
受注者は高く売りたくて「パンフレット」と呼ぶなんて事もありましたけど。

一般的な解釈では
ご質問の中の「カタログ3つ折り」は「リーフレット」と呼ばれます。
用途としては店頭において自由に持って行けるようなものです。
つまり、需要を喚起するために使われるものと思っていいです。
それに対して「カタログ」は、既に購入意思に近いものがある人に対して
製品のより詳しい情報を伝えるためのものですから
リーフレットとは用途が微妙に違います。

「B5販促チラシ」については「POP」の種類に含まれます。
POPにはいくつかの役割があって
値段を知らせるもの(プライスカード)
商品や店鋪の情報を知らせるもの(インフォメーションカード)
需要を喚起するもの(セールポップ)などに分けられますから
値段を知らせるだけがPOPの役目ではありません。

POPとは「購買時点広告」という意味から
店頭で見て、そのまま購入に繋げるための広告を指します。
リーフレットとの違いは、持ち帰るようなものではないという部分です。
つまり、その場で購入の動機づけをするための広告です。



そんなふうに、呼び名が変われば用途も変わってくるのですが
それをクライアントに求めるのも無理です。
ですので、クリエーターの側がクライアントの意思を正確に理解して
用途に合わせたものを作る必要が出てきます。
分類の仕方は「仕上がり」ではなく「用途」でしたほうがいいでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

うわ~めちゃくちゃわかりやすかったです!
ありがとうございます。
定義はないのですね。
ポップに数種類あるというのは勉強になりました。
これからもっと勉強します
ありがとうございます

お礼日時:2004/10/15 18:09

下記参照。

少しは参考になると思います。
>どのような言い方が正しいのでしょうか。
相手に合わせておけば良いでしょう。
仮に自分の呼び方が正しくても、相手と認識が違うとトラブルの元ですから、よく確認をする必要がありますね。
特に普通はチラシもカタログもパンフレットも味噌糞一緒ですからね。

参考URL:http://www.insatsu-plaza.net/02syurui/0201syurui …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解りやすいサイトですね
ありがとうございます!

>相手に合わせておけば良いでしょう。

確かにそうですよね
ただ、自分自身の混乱の元だなぁ、、と。

これからもっと勉強します
ありがとうございました

お礼日時:2004/10/15 15:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q至急お願いします!!「代理でメールを送る場合の上司の書き方」

上司の代理でメールを送ることになりました。
その際は、上司の名前を呼び捨てにし、●●の代理で送らせていただきます。と記載していいのでしょうか。
CCに上司も入れるのですが、やはり肩書き「部長」などを付けるのは、間違いでしょうか。
自信が持てませんでしたので、質問させていただきました。
申し訳ありませんが、早速のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

社外に送られるんですよね?
身内以外に送るのでしたら呼び捨てで大丈夫です。
メールだけでなく電話などの場合でも同様です。

Q(Excel)あるセルに文字を入力しただけで、同じブック内のほかのワークシートにも、同じ文字が自動的に入るようにするには?

こんにちは。
質問内容はタイトルのとおりです。

あるワークシートのあるセルに文字を入力すると、ほかのワークシートのセルにも同じ文字が自動的に書き込まれる方法を知りたいです(ブックは同じ)。複数のワークシートを制御するには、やはりマクロを使うのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

clam_chowderさん、こんにちは。

Sheet1のA1にたとえば「100」と入力しますね。
Sheet2のA1に、これと同じ数値を表示するには、
 =Sheet1!A1
でOKです。

数式をいれるのが苦手なら、
Sheet2のA1セルで「=」を入力すると、数式入力状態に入りますから、
ここでSheet1のシートタブをクリックし、
リンクしたいA1セルをクリックしてEnterすると、
自動的にさきほどと同じ式が入ります。

Q「急で申し訳ない」というお詫びで失礼のない文章の書き方は?

こんにちは。

現在、自社の行事で他社の方に応援(要は手伝いです)を依頼する文章を書いているのですが、その行事が実は今週末です。
当然「急で申し訳ない」という文章を付け加えないといけないと思っているのですが、その文章がうまく思いつきません・・・(>_<)

前任者の残している依頼文には文末に「ご多用中誠に恐縮ですが、ご協力の方よろしくお願い致します」とあるのですが、これとうまくつながるように「急で申し訳ない」という文意の文章をうまく付け加えるにはどう書いたらよいでしょうか?

教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

・文中に入れる
「ご多用中(急な御願いで)誠に恐縮ですが、ご協力の方よろしくお願い致します」

・文の後
尚、ご連絡が遅くなって大変申し訳ございません。

Q「御社」のように「団体」を丁寧に呼ぶには?

会社だと、「御社」や「貴社」など、丁寧な表現がありますよね?
(その違いも詳しく分かっていない若輩者ですが・・・)

では、社団法人やNPO団体、~クラブ(ロータリークラブなど)については、
どのように記したらよいのでしょうか?

それから、これは別の質問なのですが、
「いたします」や「いただきます」の漢字とひらがな表記は、
それぞれどのような状況で使い分けるのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たとえば次のような形でOKです。
~連合  → 貴連合
~協会  → 貴協会
~連盟  → 貴連盟
~公団  → 貴公団
~事業団 → 貴事業団
~会   → 貴会
~基金  → 貴基金
~クラブ → 貴クラブ、貴団体

「貴」を「御」に変えても可ですが、私の知る範囲ではこういう法人の間では互いに書類上「貴~」で呼び合っていることが多いと思います。

「致します」と「いたします」、「いただきます」と「頂きます」は、どちらも違いはなく、使い分けのルールもありません。
職場でわざわざ方針を統一している場合を除き、書き手の好みの問題になります。丁寧さの違いもありません。

Q求人応募してきた方への断り方

会社で事務職の募集をかけていて何名か応募はあったのですが、中に募集している年齢層より20歳くらい上の方からの応募がありました。上に相談したところ即ダメだと言われお断りすることになったのですが、どういう風な文面で断ればいいのか思いつきません(返事はメールです)。
周りは年齢オーバーなんだからそのまま言えばいいじゃんと軽く言いますがそれは相手の方に対して失礼ですし、なにか別の言い回しがありましたらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、先日は弊社の募集に際し、ご応募頂きましてありがとうございました。
 さっそく慎重に選考を重ねました結果、遺憾ながら今回は面談を見送らせて 
 頂くことになりました。
 誠に不本意な結論かと存じますが、あしからずご了承下さいますようお願い 
 申し上げます。
 末筆ながら、今後のご健勝をお祈り申し上げます。
                                  敬具

上記のような内容で良いと思います。

Q代理でメールを送信する場合

営業のアシスタント業務を行っています。
代理でメールを送信する場合について教えてください。
通常 代理でメールを送る際は、始めに「●●の代理で・・・」と記しているのですが、「担当営業が既に作成した文章」を代理で送信する場合はどうすれば良いのでしょうか?
担当営業からは「担当営業の名前」で始まっている文章を渡されています。
添付する見積書に 外出中の上司の承認をもらってから送信するのですが、上司が帰社する前に 担当営業が外出してしまうため、代理でメール送信することになりました。
今回は急いでいたため 自己判断で文章に加筆して送信してしまったのですが、今後のこともあるのでご教示いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お世話になっております。
○○より以下のメールを送信するようにとのことですので
(指示がございましたので)、メール文をそのまま貼りつけて
送らせていただきます。
===========================
(何か線など引いて原文貼り付け)
 ・・・・・・
 ・・・・・・
===========================
以上、よろしくお願い致します。

自分の署名


とこんな感じですかね。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q知っていてほしい、というのを丁寧に言いたいとき

かなり格式ばったビジネスレターで、「詳細は決まってないが、とりあえず、こういうことがあるということを知っていて欲しい」ということを書きたいときに、「知っていてください」という部分を適切な言葉にできず悩んでいます。
「お見知り置きください」より、もっと丁寧で、適切
な言葉があったような気がするのですが、思い出せません。

カテゴリー違いかもしれませんが、何か心当たりのある方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは
承知という言葉は、自分が主体でないときは使いません。(わたしの場合)

あらかじめ未定ながらも知っておいて欲しいことを相手伝えるときは、
「なお、未定ですが ~ の(となる)可能性もありますので、あらかじめご留意ください。」
というような書き方をします。

Q大学のことは「御学」というでしょうか?

会社に対して「貴社」「御社」という言葉を使いますが、
相手が大学の場合はどうなるのでしょうか。
以前のいくつかの質問や、他のページで検索したところ、
大学に対して文書では「貴学」と書くようですが、
口頭では、「御学」と使っている例もあれば、
そう言うのは聞いたことが無いというご意見もあるようです。
この件について、ご存知の方、あるいはこうしている、
ということがある方、教えていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

文書で「貴学、貴校」は使いますが、口頭では使いません。「御校(おんこう)」を他人が口頭で使ったのを聞いたことはあります。「御学(おんがく)」はちょっと使えません。

私は、少し長くなりますが「あなたの大学では」です。「そちらの大学では」はよそよそしい感じがして使えません。

「早稲田大学さんでは」という使い方、良く聞きますが私は嫌いです。たとえ早稲田の人が相手でも「早稲田大学では」と言います(会社の場合でも同じです)。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング