女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

人生の岐路での救いの言葉について…

皆さんは、今までの人生の中で何回かは、人生の岐路に立った事があると思いますが(^o^;

その中でも、最大の岐路で救ってくれた言葉は何でしょうか?

また、その方はどういう間柄でしょうか?

私の場合は、母の遺言です…
亡くなる1週間前に、もう死を覚悟して残してくれました…。

[◯◯子を一人、残して逝くのは心残りで心配ではあるけれど、あなたなら、一人でも生きていけるから、大丈夫よ!]

と言ってから逝きました…
半年程は、落ち込みましたが

今では、母のその言葉が
私は大丈夫なんだと、凄く心の支えになってます。

皆さんの岐路での救いの言葉と誰からだったのか、お聞かせ下さい(^_^)ノ

質問者からの補足コメント

  • 皆さま、素晴らしい、救われた言葉、たくさん聞かせて頂いてありがとうございます(*^▽^*)

    皆さまベストアンサーなのですが…

    一番、似たような言葉を頂いた方に、強く共感しましたので( ^_^)

    その方にと(^-^*)

    これからも、投稿の時(投稿も回答も開示してます(^-^))
    よろしくお願い致します\(^_^ )

      補足日時:2018/04/20 11:26

A 回答 (20件中1~10件)

父親が亡くなったのが39歳の時。



私が39歳になった時に母親が突然
「お前はお父さんの歳まで生きたんだから、もう大丈夫」と言いました。
何が大丈夫なのか今でも分からない(笑)んだけど、それでも
「もう大丈夫」は私の心の中で支えになっています。
取材で海外の危険な場所にもたくさん行っていますけど、大丈夫です。

なんだか似たような話になってしまいましたけど。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます(^^*)

なんか本当に似てますね(笑)

親の言葉は、ほんとうの事みたいですね!(^^)!

当たり前ですが、産まれた時から
子供のことを見てきたのだから…

重みが有りますし、心強い言葉ですね…(^-^)

お礼日時:2018/04/16 08:06

再再投稿です。


お礼ありがとうございました。
>…リハビリでした、外を先生と長い時間歩けましたよ…

そうでしたか…良かったです(^^。

一人で普通にはまだ少しかかるかも知れませんが、のんびりとやってください。

股関節も心配が無くなれば良いんですけども…

>また思い出話を聞かせてください
…有難うございます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ショウゴさん~またの回答ありがとうございます(*⌒▽⌒*)

はい(^-^) リハビリで歩けて良かったですし…
今後は、おっしゃる通り時間かけて、のんびりやっていきます(^^)v

股関節は、痛みが酷くなり歩けなくなったら

両方とも人工股関節に代える手術を受けるつもりです(*^^)v

気づかって頂いて感謝してます(*^▽^*)

まあ、なんとかなるさ…精神でのんびりと自分の体と向き合いながら生きていこうと思ってます( ^_^)

お礼日時:2018/04/20 11:17

再投稿です。


くれ子様お礼ありがとうございました。
改めて自分の回答を読んで、母親の言葉から勝手に飛躍した想像で気を悪くされてはいないかと心配に成りました^^;
長崎繋がりからか、本当に直感的に浮かんだのですが、そのまま書いてしまいました、。

若い頃、長崎の歴史や人物にに興味が湧いていた時期が有りましたから。

その後体調はどうですか…
そう言えば長崎市内出身でしたね。 母親との思い出の中に如己堂図書館に一緒に行った風景も有ると聞いて、微笑ましく感じました ^^。

私は如己堂図書館で資料を読んだりした覚えがあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ショウゴさん、私は一つも気を悪くしていませんよ(*^^*)

むしろ、懐かしさで胸が一杯になり、如己堂を思い出させて頂いて感謝してます(*⌒▽⌒*)

ショウゴさんは、優しい方ですね(^-^)

そしてあの回答を見てまたもやシンクロニシティーを感じました(^ー^*)

また思い出話を聞かせて下さい(^^)v

それから、くれ子さんで良いですよ(>_<)ゞくれ子様だなんて…(笑)

体調ですが、だいぶん良くなりました(^_^)ノ
体重も4㎏減り、股関節への負担が、軽減したこともありますし…

ショウゴさんが親身に相談に乗って下さったお陰です、ありがとうございます(*^-^*)

もう昨日になりましたが、リハビリでした、外を先生と長い時間歩けましたよ\(^_^ )

不安感は、まだ少しありますが、
あの時に比べたら雲泥の差です!(^^)!

体調まで、気づかって頂いて感謝します(^ー^*)

お礼日時:2018/04/19 02:19

おはよう、そうちゃん✌︎('ω')✌︎←バルタン星人みたいだね、この顔文字(^^)



私は一人っ子で、小3から母との母子家庭生活が長かったのね。
まあ、大人になるまでには、母に恋人(一時期の義父みたいな存在)が居たりだった事もあるけど。(^^;;

肉親縁や、家族団欒みたいなものには縁遠かったし、母は62歳にして(今の私の年)サッサと他界してしまったのだけれど……。

その分なのか、私がエンパス体質だからなのかはわからないけど、出会う人々にスピリチュアル的な不思議さを感じる方も多く、出逢いにはとても恵まれて来た気がします。(笑)

私は職業柄(店の経営者ゆえ)多くの人々と接してきた中で、必ず男女、年代を問わず、重要な時期にその場その場でソウルメイト的でスピリチュアル的な存在の人が交代交代で現れてくれ(私は無宗教者だけど神様好きなので、その架空の神様が派遣してくれる、生き神様たちだと思ってるww)沢山の窮地を救われてきた気がするの。(^^)

なので、その都度、もの凄く心に染みる重要な言葉を貰ってきたので、数えきれないんだけど……。

印象的だったのは、その中の一人が言ってくれた、この言葉。

物事や人間を見るときは顔に付いてる目だけで見ずに、心の目で視るんだよ。ミナは、心の目をちゃんと持っている人間から大丈夫!!と言われた事です。

母が亡くなる時も、アンタは自分がコレだ!と思った通りに生きれば良いよ。〝先見の明〟や第六感はある子なんだから。と言ってくれてたなぁ。

もう一人から聴いた、この言葉も、いつもしっかり心の中に残っていて、戒めの言葉として常に……。

【ズルは嫌だ!自分が自分を視てるから。】

何か、この言葉、ドキッ‼️としない?(・・;)(^^;;
心が邪な方向に流れそうになるたび(笑)、この言葉を言い聞かせて来た。(=^x^=)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ミナさん~~こちらにも回答ありがとうございます(*⌒▽⌒*)

ミナさんは、人を惹きつける魅力があるから、そんなにたくさんの方達から、素敵な言葉を頂けたのでしょうね(*^▽^*)

まさに生き神様達ですね☆彡

どれも素敵な言葉…

心の目、先見の明、大切ですよね
魂と魂で、ぶつかり合ったり、会話したり、したいと思います!(^^)!

[ズルは嫌いだ!自分が自分を視てるから。]は、ズシッときますね!

素敵な言葉をありがとうございます(´▽`)

お礼日時:2018/04/18 15:11

私はこれですね

「人生の岐路での救いの言葉について… 皆さ」の回答画像17
    • good
    • 2
この回答へのお礼

初めましてでしょうか…
回答ありがとうございます(*⌒▽⌒*)

辛いと幸せ本当ですね!

素敵な言葉です(*^-^*)

辛い事を乗り越えたら、強くなれるし、達成感で幸せな気分にもなれますからね…(*^-^*)

お礼日時:2018/04/18 14:56

あなたは あなたらしくね…♡



元上司です〜とっても勉強熱心で 賢い方でした…
且つ
みんなの為に 家庭よりも組合活動を優先されてました
教えて頂いた事も多くて〜旅行や音楽 美術等の芸術もたくさん好きになりました♡
    • good
    • 2
この回答へのお礼

はちみつプーさん~いつも回答ありがとうございます(*⌒▽⌒*)

>あなたはあなたらしくね…
良い言葉ですね(^-^)

貴女のことを認めてたのでしょうね~☆彡

やはり素敵な人との巡り合いが、いかに大切か!と思ってしまいますね(^∇^)

お礼日時:2018/04/18 14:50

私がとんでもないことをした時母が、


この世でおきたかとは
この世でなんとかなる!
です!

この言葉に救われました!
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます(^ー^*)

お母様、素晴らしいです、肝っ玉が据わってらっしゃいますね(*^^)v
そんなお母様で良かったですね(^_^)ノ

まさに、なんとかなるさ~精神ですよね…

この精神で生活すると本当に何とかなるんです\(^_^ )

お礼日時:2018/04/18 14:44

恩師の娘さんからです。

命あってのものだねでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます( ^_^)

命に関わる事があったのでしょうね…(推測ですが…)

何事も命あってできることで、死んでは何にもならないですからね

お礼日時:2018/04/17 14:56

頑張らなくていいんですよ

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます(^^*)

>頑張らなくていいんですよ

それは、救われて、肩の力が抜けてホッとさせる言葉ですね(*^^*)

頑張っている人に頑張ってと言うのは、追い詰めてしまいますから

お礼日時:2018/04/17 12:28

人間は何歳からでも、何回でもやり直しはきくもんだ‼



十数年前、自分が大失敗したときの父親の言葉…。

>○○子を一人、残して

…この言葉で連想的に昔読んだ永井隆博士の「この子を残して」を思い出しました
(^ ^);。
畳、二畳ほどの当時住んでいた如己堂も行った事有ります。
自分の父親も被爆しており2級の手帳を持っていました。
次の日だか2日後だかに佐世保海軍基地から救援で駆けつけ爆心地付近にいた様です。
難しい名前の腰の病気を持っておりました、時折痛むようでしたが働いては居ました。
横浜に来てから医師の診断書で放射線の影響と認められた様です、手帳を申請するにあたり、当時の一緒にいて手帳を持っている仲間 、何人か 被爆の証言してくれたそうです。
終戦時、まだ訓練兵の16歳、あと少し戦争が長引いていたら戦地に行っていただろうと回想していました。
父親も色んな人生経験をしていたようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ショウゴさん~お久しぶりです。
回答ありがとうございます(^_^)ノ

良いお父様ですね!
子供に希望を持たせてくれる言葉ですね(^^*)

私は、祖母の家が如己堂の近くだったので、母と如己堂図書館に行ってた記憶があります…

それはそれは、狭い所でしたが、とても落ち着く場所でした…

そして、母の年の離れた姉(叔母)が、永井博士の娘さんのカヤノさんとお友達で、よく遊んでいたと

生前、自慢気に話してました(笑)

私の父も幼い時、被曝し被爆者手帳を持ってましたよ…

戦前生まれの方は、苦労されてる方、多いですね…(‥;)
いろんな人生経験があるから、言葉にも、重みが有りますし…

しかし、お父様 戦争に行かなくて良かったですね…ショウゴさんも生まれてないわけだから(^^*)

⭐ご報告ですが、リハビリの先生、4月の初めに元気に戻って来ました…単なる鼻の病気で、命に関わることなく、ホッとしました(^_^)ノありがとうございました( ^_^)

お礼日時:2018/04/17 12:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング