12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

生物を苦しめることを善しとせず、というのがそもそもな話。

1.原始人より人類はマンモス等の生物を糧としていたのが通説ですが、どう思われますか?
また、その子孫であるあなたについてどう思われますか?

2.私の祖父は農家です。
田畑のために牛などに鞭を入れ、現代では動物愛護という観点から大幅にかけはなれた扱いをし、使えなくなったら食用だろうがなんだろうが処分し金や別の食料にした。
と聞きましたが、そういうことをして成立してきた野菜類を食べることには何とも思いませんか?

3.植物とてストレスを感じ、人類と同じように子孫繁栄を願い、近年では音楽といった芸術を楽しむ可能性さえ研究されていると聞きましたが、牛や豚などより無作為に引きちぎることに何か思われますか?

4.ある理由からあなたは無人島と思われるところに遭難し、一週間近く水しか飲まない状況にいました。
そこへこんがり焼けた肉を楽しんでいる原住民の集落がありました。
原住民があなたを発見し、「この島には今これしかないよ」と言われ肉を差し出されました。
もちろん食べずに餓死を選びますよね?

ちなみ私は犬も食したことありますし、美味だと思いました。

できれば「そんなこと言ったら食べるものがないでしょう」といったような回答は控えていただきたいです。

A 回答 (3件)

1.通過点であるので、歴史としか思いません。


2.そういう歴史に感謝して今があるという思います。
3.基準としては、心臓があるかどうかだと思います。
4.そのような事態にならないと想像もつきません。
    • good
    • 0

祖先が植物優先の食生活を送っていた場合、消化器官がそれに適応しようと進化するため、子孫にも当然その名残というものがあります。



私たち日本人は、植物の消化に有利な腸を持っているため、肉や乳製品の摂取をすると消化しきれずお腹を下しやすい人が多くいます。

日本のベジタリアンやヴィーガンという人は、肉が自分の体に合わないから食べていない。又は肉全てが体に悪いという情報を鵜呑みにして食べないという方がほとんどだと思います。欧米とは違い動物愛護から肉食をやめたという人は少数だと思われます。

しかし、自分の体に対して悪影響を及ぼすからといって、他人にも同じような影響を及ぼすかといったら、違います。これは人の体質によるもので、日本人でも肉類の消化に十分適応できる人も多数います。ですので、『肉を食べると病気になる』という説は、ある人には正しくもあり、ある人には正しくないというのが事実です。

これは全ての人に共通して言えることですが、どんなものでも食べすぎは体に毒です。ベジタリアンやヴィーガンになることで、従来の食事法より『栄養が偏らないか』が議論すべき問題ではないでしょうか?
    • good
    • 0

原始人というと年代別にたくさんの種族に分かれるのですが、ネアンデルタール人などの原始人がいた時代には、食べ物を自ら獲らなくては生きていけない状態でした。



野菜に関しては、畑を作り栽培する技術はまだ誕生していないため、自然にある木ノ実を拾って食べていたと思われます。重要なタンパク源は、動物などから補ったのでしょう。

そういうことを当時の原始人が考えていたかどうかは本人ではないため答えられませんが、生命を維持するためにほとんどの時間を狩に費やしていたと思います。そこに現代の論理や動物愛護が介入してくる隙はありません。とにかく何かを食べなければ死活問題ですからね。

実をいうと、当時暮らしていた場所や季節によって摂取できる食べ物が変わるため、原始人でも何を食べていたかそれぞれ変わるので、私たちの祖先の全てが肉を好んで食べていたとは言い切れません。祖先が何をよく食べていたかを知るには、腸内にいる善玉菌の量や、腸の長さから、消化にかかった時間を計測することで、食べていたものが肉か植物系か大凡の推測をすることができます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報