ライブレポ!コーネリアス独自の世界観をお届け!

表題の件、クルマはE11ノートです。
助手席のドアからの異音が気になり、内張りをはがすためにパワーウィンドウスイッチのユニットを完全離脱させました。昨夜11時くらいです。そのままの状態で放置。
そして一夜明けて朝6時ごろ、そのままの状態でエンジンを掛けようとしたところ、掛かりませんでした。
焦ってほかのクルマのバッテリーに繋げて始動を試みましたが、全く掛かりませんでした。セルは回っていました。

その後、1時間ほど放置してパワーウィンドウスイッチのユニットを取り付けたところ、エンジンは掛かりました。

これは偶然なのでしょうか。
それともパワーウィンドウスイッチのユニットを完全離脱させた事が関係しているのでしょうか。もし関係しているのであれば、なぜなのか知りたいです。

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    >これは偶然なのでしょうか。
    >それともパワーウィンドウスイッチのユニットを完全離脱させた事が関係しているのでしょうか。
    >もし関係しているのであれば、なぜなのか知りたいです。

    以上を掘り下げて回答してくださると、非常に助かります。

      補足日時:2018/04/16 22:54

A 回答 (2件)

防犯装置の関係でしょう


ドアロックの解錠時に手順を間違えるとアラームが鳴っちゃうことがあると思います。
このことからドアロックの現在位置は防犯装置につながっているのが普通です。

現在車の部品はモジュール化が進んでいますからパワーウインドウとドアロックの配線やコントロールユニットは1つにまとめられている傾向にありますが・・・・
ノートあたりだとセットになっている可能性が高いです。

なのでパワーウインドウのスイッチ「だけ」を外したつもりがドアロックその他まで外れていたんじゃないかと考えられます。
防犯装置的には 応答なし=異常事態 ということでエンジンを始動させなかった可能性が高いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり防犯上の機構なのでしょうか。当方もそんな気がしていました。
可能性としては非常に高いと思います。

おかげさまでドアからの異音は解決しました。

お礼日時:2018/04/17 07:32

ものによるでしょう

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング