地球温暖化について感心が高まっている今日このごろですが、なかなか決定的な対策はないように感じます。
さて、赤道の砂漠地帯に鏡を敷き詰めて太陽光を高い効率で反射させてはね返し、地球の外へ捨てるという考えは有効なのでしょうか?

理論的、技術的、実現性、コスト、などさまざまな観点からのご意見をいただければうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

おもしろいので再度です。



太陽光が海や地面を温めてその幅射熱が大気を温める、という御意見が出てますが、地面や水面に貯えられた熱の多くは地面や海面の水分の蒸発の為の気化熱として利用されると記憶しています。気化した水分は上空で冷やされて雲となり、それが雨を降らせて無限サイクルを作っているのではないでしょうか。
また、部分的に温められた海水は対流を起こし、上空の大気を温めながら暖流として各地に暖かさを運びます。また、先程の回答で書いたように大気も対流を起こします。与えられた熱が全てその場に留まる事はありません。直線的に上方向に向かうものではありません。

大気そのものが熱の伝導体ですから、大気中で遮蔽物(例えばカガミや反射物?など)を設けても空気の対流により遮蔽物の裏側へも熱は伝わる事になります。細かいものを敷き詰めるという事で地面を被っても、隙間の空気が伝導体となって地表はやはり温められてしまいます。仮に敷き詰めるものが熱の絶縁体であったとしてもです。
では鋪装のように密着した形で熱絶縁体で地面を覆ったらどうか、ということでは、その地の地表は冷えますが、大気の流れを生むだけで全体としては何の効果もないでしょう。風呂釜でお湯を湧かせば浴槽のお湯全体が温まる事によく似ています。熱を伝えない材質のコップを浴槽に沈めておいても、コップの中の水はいずれ浴槽の温度と同じになります。

大気がある事は太陽光の有無による温度差を小さくする事に貢献しています。地球のような大気のない星、例えば月や火星などでは昼夜の温度差が極端な事は御存知かと思います。

要するに、大気(空気)が蓄熱体である事が問題で、それが流動するものである以上、部分的な対策は全体としては無意味だという事です。極端な話、真空であれば熱伝導は起こりません。大気の質を改善する事、つまりは大気中の温暖化物質とよばれる二酸化炭素をはじめとする成分を減らす事でしか根本的解決は見られないだろうという事になります。比重の重い二酸化炭素の濃度が上がれば地表付近の保温効果が上がると同時に相対的に地表付近の酸素量が少なくなりますので、人の生活環境としても望ましくありませんので対策は急務でしょう。

砂漠の地面に、大気圏外まで届く長さの熱伝導体を突き立てれば、地表付近の熱を集めて取り込んで大気圏外に放射してくれるのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご意見どうもありがとうございます。
浴槽にコップのたとえ話が具体的でイメージがつかめました。
熱伝導体を突き立てるというのもアイデアとしては面白いです。
ただ、これもコストが掛かりそうですね。

お礼日時:2001/07/15 12:31

まあ、それなりに大規模に鏡を敷き詰めるのであれば、気温は下がると思いますよ。


昼間になると気温が高くなるっていうのは、地球に降り降り注ぐ太陽エネルギーの多くが地表や海水面で吸収され、その熱が大気に伝わるからです。

ですから、地面に鏡(あるいは、雪とか)を敷き詰めておけば、昼になっても気温が上がらず、夏場は快適になるかと思います。

…でもないか。眩しすぎるもんな。紫外線対策どうするんやろ。冬場のスキー場でも日焼けするのに…


温室効果について少し説明すると、まず地表に太陽光が当たり、地表が暖まり、そのエネルギーを熱や赤外線の形で放出します。
で、放出された赤外線の多くは通常は宇宙空間に逃げていくのですが、温室効果ガスが多いと、その赤外線を掴まえて、熱の形で放出してしまいます。その結果、気温が上がっちゃうわけです。
たしかに、地表に届く前にも太陽光の赤外線成分が温室効果を引き起こしますが、その量は地表が放出する量に比べると、わずかであったように記憶しています。

ですから、太陽光を地表があったまる前に反射してしまうってのは、まず、地表があったまらない。そのおかげで、赤外線もあまり放射しない、ってことで、ひょっとしたら温室効果対策としての効果があるかもしれませんね。

実際に実行するとすると、鏡を敷き詰めるのは論外です。割れるし、コストがかかるし。
やるとすれば、スチールウールのような繊維状の物質とか、粉砕したプラスチックとかの粉末状のものを撒くのが効果的かな。
とにかく光沢があって、大量生産できて、コストが安い物質を敷き詰めることでしょうね。

ただ、前述のようにデメリットが多すぎるような…
都市部に撒くと、まぶしいし紫外線で皮膚癌だらけ、になるかも。
森林部に撒くと多分、葉が焼けてしまって木が全部刈れちゃうでしょう。

水に浮く物質を作って、海洋に撒くと… うーん魚が喰っちゃうかも。
魚に喰われないようにある程度の大きさのプレートを敷き詰めるようにすると、今度はその下に住んでいる植物性プランクトンに影響が出るかもしれません。
環境に大規模に影響を与える設備を作ると、その先どうなってしまうのかが予測不可能なんで、ちょっと怖いですね。

砂漠に撒くのは…砂に埋もれてしまう可能性があります(笑)。仮に埋もれないように対策を立ててみたところで、そもそも砂漠の砂は白っぽく、元から反射率が高いと思うので、あまり効果は上がらないかも。

とまぁ、私が5分ほど考察してみた限りでは、こんな感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初の効果あるかもしれない 意見をどうもありがとうございます。
海洋に敷設するのはおもしろいかもしれませんね。
厚めの発泡スチロールの板の片面に薄いアルミ板を貼って酸化防止処理したものをどんどん海に流せば結構低コストでできるような気がします。

お礼日時:2001/07/15 04:25

この質問を見て、旧ソ連にベーリング海とシベリアとの間にダムを作ってシベリアを緑の大地に変えよう、と言う計画があったのを思い出しました。


…話を戻しますが、そのような事をすると地球に恐ろしい影響が出かねないって事なんです。
太陽から来た電磁波(紫外線から赤外線まで)を確かにはね返すだけの鏡を敷き詰めたとします。
紫外線以上のものはもう吸収されてしまってますね。
さて、地球温暖化にかかわってくる赤外線はどうかと言うと、最近分厚くなってしまった温室効果ガスの層で「スー」っと(音はしませんが)吸収されます。
つまり温暖化防止には効果ほぼゼロです。
さて、それ以外の事に目を向けてみるとどうなるか。
私も所詮人間なのでたいした事は考えられませんが、本来なら砂漠に吸収され、かぜを起こしたり生物の活動に使われるはずだった膨大な量のエネルギーが空に行って、全世界を暖めるのに使われてしまう。
果たしてどんな事が起こるか想像もつきません。
つまり、人間が良かれと思ってする事が本当に良いとは限らない、と言うことです。

以上、長くなってしまいましたが、お役に立てれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

副作用として、鏡で熱線を跳ね返されて以前よりも冷たくなった地表は温度が下がるため、下降気流が発生して海から雲を呼び寄せるとともに、冷却して雨でも降るようになれば砂漠を緑化できれラッキーなんて考えていました。
ご指摘の内容からするとおそろしいことになりそうですね。

お礼日時:2001/07/15 04:12

地球温暖化の原因は、主に炭酸ガスが大気圏の高い位置に増えて、地球から反射された熱が大気圏外に出て行けないためだったと思います。

これを温室効果といい、農家のビニルハウスの中のような状態です。
今話題になっている「京都会議」の二酸化炭素削減目標というのも、温室効果を防ぐために二酸化炭素を減らそうということです。
太陽の熱が地球の表面を暖めるために温暖化になるのではないので、鏡で反射しても大気圏をおおった炭酸ガスに阻まれてしまい、地球の外には出て行ってくれません。

夢があって面白いお話ですが、効果は期待薄ではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
温室効果の原理からすれば効果なしのようですね。
夢の話で書いたのですが、まぁ普段こんな話を会社とかですると変人扱いされかねないので、安心して匿名で投稿できるここで発言してみました。

お礼日時:2001/07/15 02:54

 地球温暖化の原因は大気中の炭酸ガスの増加ですから対症療法に過ぎないと思います。

また、光は反射されますが、熱は大気中を2回通過しますから大気の温度は上がるような感じがします。むしろ、鏡を敷き詰める労力とお金があるのでしたら、太陽電池を敷き詰めて、発電すれば、1平米1キロワット、変換効率20%、1日4時間で計算すれば、日本全国総発電量の1兆キロワット時は3400平方キロの面積(日本の100分の一以下)に敷き詰めればまかなえます。こちらの方がずっと有効だと思います。
(総発電量)
http://www.math.s.kobe-u.ac.jp/HOME/mhsaito/denk …
(参考)
http://www.jca.apc.org/~gen/solar.htm

参考URL:http://www.nikkei.co.jp/rcafe/today/0010/15.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
太陽電池は確かに有効だと思いますが、とにかく今はコストが高いのでそれが下がるまでの暫定対策として考えてみました。
でも、ご指摘の通り2回通過して空気をあたためてしまうので、有効性は乏しいようですね。
それにしても人間という動物は愚かなもので、核兵器とかアポロとかには本気になって国を挙げて取り組むのに、… この調子で太陽電池敷設に取り組めばとっくにエネルギー問題と温暖化問題を同時に解決できているような気がします。

お礼日時:2001/07/15 02:50

面白い御考えですね。


私は文系人間で科学的な事は門外漢ですが、素人考えとしてお聞き頂ければと思いまして。

鏡の効果ですが、たしかに可視光線を反射するから物が映るわけですが、赤外線や遠赤外線はどうなんでしょうかね。トラックなどのメッキバンパーなどは鏡のように物を映しますが夏場はやはり触れない程蓄熱しています。また、ハーフミラーではありますが、車の窓ガラスに貼るミラーフィルムでも熱の透過は完全には防げていないように思います。鏡面が熱を完全に反射できるのであれば、保温装置などは鏡で十分という事になりそうですが、実際には断熱材には発泡スチロールなどが使われてますし、保温ポットなどを覗くと鏡面にはなってますが、あれは実は中が真空になった二重構造になっています。

もし熱反射が期待できる程効果があったとして、それが大気圏外まで押し戻される可能性はどうでしょうか。赤道付近で温められた空気はある程度上昇しますが、地球の自転や各地の温度差により大気の対流という事が起こります。つまりは風ですね。ですから、熱が地球外に戻される事にはならないでしょう。そもそも雲というのは空気が冷やされて、そこに含まれていた水分が凍ったようなものですから、そこの気温は大変低い事が解ります。大気圏外に出る前に空気の熱は地球で消費されてしまうわけです。

コストについては、とんでもないことになるでしょうね。砂漠は毎日地形が変わるというほどですから、固定物を据え付けるのは大変です。また、表面が砂で被われては何の意味もありませんからかなり高い位置にセットするか、可動式である必要があるでしょう。
もしそれが広範囲になされたならば、鏡に被われた地表では日光を得る事が出来なくなりますので真っ暗で、そのうえ熱も遮られるのなら極寒の地となりますね。これほど環境を変える事ができるのなら、砂漠の地はとっくに人の住める環境に変えられていると思います。

まあ、どう考えても有効性は乏しいと思いますが、如何でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
確かに熱の主因となる赤外線はあまり効率よく反射できそうにないですね。
それから温室効果の主因である炭酸ガスで再び反射されて結局は地球の外に出て行ってくれない点もあると思います。
このあたり実験かシミュレーションをみてみたいのですが、話が大きすぎて私には無理です。
鏡の据付に関しては、太陽電池を動力として1日に1回転して砂を払う機構を考えていました。

お礼日時:2001/07/15 02:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今年の大雪は温暖化が原因なのですか?

今年の大雪は温暖化が原因だとラジオで言ってましたが本当でしょうか?
メディアはやたら温暖化温暖化と言ってて、何でも温暖化に結びつけたい気がしてるので気になって質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本海側の10都市、小浜、福井、・・・青森、札幌の過去50年ほどの最深積雪量の増減率を求めると、全体的に減少傾向にありますが、その減少率は北に行くほど(北緯にほぼ比例)小さくなり、札幌ではついに逆転して増加傾向になっています。
地球温暖化によって、北半球の積雪面積は減少傾向にあることは分かっていますが、日本も例外でなく減少しています。
大雪になるためには、寒すぎてもだめで、大雪になりやすい気象条件というのがあると思いますが、個人的な推測ですが、その条件の地域が北陸から東北や北海道へと北上しているような気がします。

大量消費を促す民放テレビのコマーシャル界は、少欲知足を促す地球温暖化情報は消費減退させかねない情報なので、温暖化を否定したり批判する情報を故意に放映する傾向にあるのではないでしょうか。
津波警報情報でも学習したように、都合の悪い情報はとかく小さく考えたくなるものです。大げさでもいけませんが、発信元のしっかりした温暖化情報は真摯に受け止めたいものです。

Q砂漠化と地球温暖化の因果関係とは?

タイトル通りです。
今、学校の課題で「地球環境と人間活動」についてのレポートを作成しているのですが、砂漠化と地球温暖化のどこかに接点があるのではないかと思い、それをまとめたいのです。
インターネットでいろいろと検索をかけましたが、どうもよくわかりません。
よろしければ参考になるホームページ等を紹介していただけたら、と思います。
ちなみに現在高1です。

Aベストアンサー

 地球温暖化は、工場や車から出される排気ガスなどが地球に温室効果ガスを作ります。温室効果ガスで、地球のある程度熱が地球外に出ないようになります。そうすると出されなかった熱が地球に大量に集まり熱で暖かくなります。その他にも昔の冷蔵庫などをちゃんと処理しないと冷蔵庫を冷ますために使われいたフロンが大気中に出され太陽の熱をある程度吸収するオゾン層が破壊され熱が地球に大量にはいってきます。   
          これが地球温暖化です!

砂漠化は、酸性雨によっておきます。酸性雨の原因は、さっきも出た排気ガスです。そうして酸性雨は、岩や木を溶かしていきます。すると土だけになり太陽の光が当たり土が乾燥して砂になり広範囲に広がり砂漠となります。日本は、酸性雨が降りやすくもしかしたら砂漠になってしまうかもしれません。
      これが砂漠化と地球温暖化の接点なのです。

Q温暖化の原因と対策について

温暖化の原因について検索したところ、海がCO2を排出していることが主な原因で明日から人類がCO2を排出ゼロにしても温暖化は止まらないという回答をしている方がいました。
これはどういうことでしょうか?
今日本はもちろん世界中でCO2を減らし、温暖化をくいとめましょうと活動しているのは無駄(もしくは無駄ではないけどたいした効果はない?)ということでしょうか?

Aベストアンサー

地球気候シュミレーターというのはまだSFの世界で、兆X億分の1の重さの人体のシュミレーション自体さえ実用化できているとはいえません。
ですから新薬のシュミレーションは、動物実験でしか出来ず、それでも時々問題が発生しています。

科学的な事実としては、1)二酸化炭素に温暖化効果がある2)大気中の二酸化炭素は増加しつつある3)人間の文明発達により二酸化炭素排出は増加している と言う事があり、3段論法でいくと「程度」の問題は措いて「温暖化の一翼に人間活動が寄与している」と言う事になります。

ちなみに水蒸気も温暖化ガスの側面がありますが、水の大循環における人類活動の寄与率が明らかに問題外な程度なので、排出削減が議論の対象にはなっていません。

そもそもCOP-3レベルの動きでは、人類の二酸化炭素排出さえ削減ではなく「伸びを若干抑える」程度ですから、本当の効果は今後の論議に拠る事になります。

ただ前述の三段論法に誤りがなければ、「何をやっても無駄」派か「小さな一歩でも行動」派かのどちらを採るかといえば、結論は自明と思います。

Q地球砂漠化

地球砂漠化について何か少しでも知っておられる方はご回答ください!!

Aベストアンサー

一つは、地球温暖化によって、降水量の減少が一部地域に発生して、それによって植物の生育が遅れて砂漠化する。
もう一つは、中国の北京市近郊のように、都市開発化などで砂漠をさえぎる樹木がなくなり、隣の砂漠が都市に近づいてきて砂漠が拡大化する。
昔、中国、ゴビ砂漠やクブチ沙漠はもともと草原だったそうです。これがモンゴル帝国の遊牧民の生活のために家畜に食い荒らされて、沙漠化したとか。
さばくには、沙漠と砂漠があって、異常気象で広がりつつあるのは、沙漠だそうです。水が少ないということですね。
一方、砂漠については、砂というのは岩が乾燥して砕けて出来るわけではないので、その発生メカニズムは良く分かっていない部分があるようです。
いずれ、今は沙漠化する土地への対策が必要です。
去年の暮れだったか、プロジェクトXで鳥取大学名誉教授の遠山正英先生の沙漠対策が放送になりました。
95歳くらいの方が日本と中国を往復して沙漠対策のための植樹に当たっていました。そのパワー、感動モノでした。
NO1さんにもあるように、情報絞った方が良いかもしれませんよ。

Q地球温暖化の原因がCO2でないなら、原因は?

地球温暖化の原因はCO2では無いと主張する科学者も相当いるようです。
CO2で無いなら原因として何が考えられるのでしょうか?
(地球温暖化は起っていないという主張は問題外なのでパスです。)

Aベストアンサー

 同様の疑問を持たれるかも多いのでしょうか、ウィキペディアにも「地球温暖化に対する懐疑論」として一項目となっています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E6%87%90%E7%96%91%E8%AB%96

 恐竜のいた時代、二酸化炭素濃度が今より高く、地球の平均気温がずっと高かったことを理由に、人為的な二酸化炭素について懐疑的な意見を聞いたこともあります。
 個人的には、せっかく人類が後知恵でなく動き始めたことを評価したいと考えています。

Q地球温暖化について質問です

温室効果ガスの5.5ガスって、なぜ5.5なんでしょうか?

Aベストアンサー

京都議定書で削減対象となっている温室効果ガスは
二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、亜酸化窒素(N2O)、ハイドロフルオロカーボン(HFC)、パーフルオロカーボン(PFC)、六フッ化硫黄(SF6)の6種類です。
5.5ガスとは、二酸化炭素をエネルギー由来と非エネルギー由来に分けて、0.5種類とかぞえると、非エネルギー由来温室効果ガスが5.5種類になるという意味です。

Q地球温暖化の原因

地球温暖化の原因は人の活動のせいってほんとうですか?
いろいろ調べると地球が温暖化しているのは太陽活動の活発化と地球の軌道が長い周期で変化していせいだというほうがずっと説得力があるのですが...
養老孟司さんも地球温暖化二酸化炭素説は科学ではなくて政治だと言ってるし...

Aベストアンサー

質問者様がお話しの通り、地球は気温上昇・下降を周期的に繰り返して来ました。今回の上昇はイレギュラーではなく上昇の時期に来ているからなのです。

ただし「ちょっと上昇のスピードが速過ぎるんじゃないか?人間の活動が拍車かけてるんじゃないのか?」というのが問題視されてます。色々と調査されました。名前を忘れましたが○○報告書の文面は「問題ないとは言えない」というもので、なんじゃこりゃと思ったことがあります。

どういうことかというと、全地球的規模の現象の調査なので明確な結果を得るのが非常に難しく、「そんなの誤差範囲だろー!!!」と言われると否定は出来ないのです。きっぱりとした科学的結果が得難い状況であるため、政治が介入する余地が大きくなります。

しかし#2の回答にもあるように、悪い方の可能性が正しいかも知れないならば、そちらを想定して手を打つのは仕方が無いことだと私も思います。政治は入ってるかもしれませんが。

Q地球の温暖化って

地球が温暖化していると言われてますが、温暖化してるってどうして分かるのでしょうか?

確かに、南極の氷が解けたり、、真夏の猛暑日も年々多くなっているし、暑いのは分かりますが
地球自体の問題ではなく、太陽の温度が上がってるとは考えられませんでしょうか?

Aベストアンサー

>温暖化してるってどうして分かるのでしょうか?
他の方も回答されていますが、地球の平均気温を測定しているからです。
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/effect_mats/chap1.pdf
地球温暖化の危険性が指摘され出したころ、本当に温暖化しているかどうかが国際的な議論になりました。それで、国連が中心になっていろいろなデータを収集し、世界各国の学者が集まってデータの検証を行いました。(これがIPCCです)その結果、地球が温暖化していることは「間違いない」と結論づけました。
今では、地球が温暖化していること自体を疑問視する専門家はいないと思います。

>地球自体の問題ではなく、太陽の温度が上がってるとは考えられませんでしょうか?
IPCCは地球温暖化の原因については、(CO2やフロンのような)人の活動によることに「ほぼ間違いない」とコメントしました。「ほぼ」と付けたのは、人の活動が原因ではない。あるいは人の活動以外の原因も否定できないからです。
したがって、ご指摘のとおり太陽の影響(黒点活動が弱まっている)や地球表面の雲の影響その他が地球温暖化の原因のひとつになっている可能性もあります。

ただ、CO2やフロンなどの温室効果ガスが地球の気候を変動させることは理論的あるいは実験的に確認されていますし、その濃度が近年、急激に上昇していることも事実です。逆に、人間活動が「全く地球温暖化に影響していない」かといえば、それも無理があると思います。

テレビのバラエティ番組などで、地球の気候は変動するのが当たり前で、地球温暖化も人間活動によるものではない主張する学者先生もいますが、自然な地球の気候変動は何万年に渡って少しずつ起こるものです。問題なのは、ここ100年ほどの間に数千年に相当する気候変化が起こっていることです。バラエティ番組に出演する学者先生は自分のギャラを上げたり、自分の本をたくさん売ったりするために、過激なことを言いますので、あまり本気にしない方がよいと思います。

地球温暖化が間違いであれば、本当に良いことなのですが、実際はそうではなさそうです。それを確認するためにIPCCが大規模な調査を行ったのですから、それを信じないというのなら、もう信じるものはありません。
IPCC自身が認めるように未確定の要素はありますし、世界中の専門家は馬鹿じゃないのですから、そんなことは知っています。ですが、その確認を待っていたのでは、手遅れになる可能性が強いというのが国際的な認識ですし、実際にそういう方向で動いているわけです。

>温暖化してるってどうして分かるのでしょうか?
他の方も回答されていますが、地球の平均気温を測定しているからです。
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/effect_mats/chap1.pdf
地球温暖化の危険性が指摘され出したころ、本当に温暖化しているかどうかが国際的な議論になりました。それで、国連が中心になっていろいろなデータを収集し、世界各国の学者が集まってデータの検証を行いました。(これがIPCCです)その結果、地球が温暖化していることは「間違いない」と結論づけました。
今では、地球が温暖化...続きを読む

Q地球温暖化の原因は、主に何?

私は地球温暖化のことについてよく調べてるんですが、
主になんの原因で、温暖化になっているのですか?
今まで私は、二酸化炭素が絶対と思ってたんですが
意外とほかのもあると聞きましたので、それについて詳しく
教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

地球温暖化の主な原因は、私も化石燃料の消費が大きいと思います。
温暖化が続くと、永久凍土も溶けていますので、そこに含まれるメタンガスの放出が始まり、温暖化も加速されます。
仮に、今現在に化石燃料の使用を完全に停止できたとしても、今後数年は温暖化は進むと予測されています。
あと10年温暖化が進むと、海中に沈没する島、シベリアより北にある
永久凍土が消失、北極海の氷が消えるかも???

私自身も、自分の会社で出たCO2を少しでも減らす為に、ドライアイスに
して圧縮してますが、私一人だけで実験にドライアイスを年間2トン、
大気中に放出してます。(小規模な研究所で何10トンも使っている現状では大工場は膨大) ボイラーの燃焼にも大量の重油を使いますので、CO2の発生は膨大です。
しかしながら、世の中から化石燃料を使うのを止めるのは無理と
考えます。アルミ缶、ペットボトル作るのに、化石燃料は必要です。
日本が100年前の生活に戻せるなら、温暖化は阻止出来るかも
知れません?? 国民が使い捨ての時代を脱却できないでは、
ストップは無理と考えます。

地球温暖化の主な原因は、私も化石燃料の消費が大きいと思います。
温暖化が続くと、永久凍土も溶けていますので、そこに含まれるメタンガスの放出が始まり、温暖化も加速されます。
仮に、今現在に化石燃料の使用を完全に停止できたとしても、今後数年は温暖化は進むと予測されています。
あと10年温暖化が進むと、海中に沈没する島、シベリアより北にある
永久凍土が消失、北極海の氷が消えるかも???

私自身も、自分の会社で出たCO2を少しでも減らす為に、ドライアイスに
して圧縮してますが、...続きを読む

Q地球温暖化と日差しの強さについて

最近、日差しが強くなっていると感じてます。この日差しの強さって実際のところ、どう変化しているのですか?過去からのデータってないんですかね。原因はやはりオゾン層破壊ですか?また、ipccの第4次報告書では地球温暖化に対する寄与度はco2が圧倒的となっており、日差しの強さの評価が低いんじゃないかと思ってます。そこらへんを誰か解説してください。

Aベストアンサー

2度回目で申し訳ありませんが、あなたのNo.2の回答への下のコメントについて
>近年紫外線は増加していますがオゾン量は変わらないか増加傾向だそうです。
これが本当なら温暖化の原因が「太陽の活動活発化」である可能性が高まると思います。
太陽の活動が活発になれば日差しは強くなり紫外線も増えます。
そして、オゾン層を形成するオゾンは主に紫外線によって酸素から生成されるので、オゾン量の増加も同時に起きるはずです。
オゾン層で軽減されるはずの紫外線がオゾンが増えたにも関わらず増えているということを「日差しそのものが強くなった」以外で説明をするのは難しいと思います。

話は変りますが、たしか、youtubeに外国の温暖化のウソを検証する番組の動画(日本語字幕つき)があったと思いますので、いろいろ探してみるといいかもしれませんよ。
ちなみに、その番組は主にグラフを比べて検証してたと思います。


人気Q&Aランキング