私の父は2年前B型肝炎による肝硬変で亡くなりました。数年前から担当している主治医の先生に定期診断のとき夜、胸が痛いと言ったら「それは布団でも重たいんでしょう」と軽く答えられ、その一ヵ月後に胆管結石による黄疸がもとで肝不全になり亡くなりました。
また伯父も同じ頃、糖尿病で20年以上かかりつけの医者にかかっていましたが、どうも体調が悪いので総合病院で検査したらC型肝炎による肝臓ガンが8センチもあり、すでに末期で数ヵ月後に亡くなりました。先生の判断に間違いはなかったのでしょうか? 母も伯父の家族も納得していません。
よく医療ミスで、薬の間違い等は裁判になりますが医師の判断ミスは問うことはできないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

医師の判断ミスこそが今最も多い訴訟です。

ですから訴訟はもちろん出来ます。私は医師です。お父様、伯父様のこと心からお痛みします。その担当の医師の弁護をする気はありません。むしろ胸痛を訴えた時の返答は、あまりにも不用意であると思っております。しかし今回のことは情報量が少ないので推測でお話します。肝硬変という病気は、まさに癌以上に嫌な病気です。そもそも肝臓にはとても他の臓器には変えられない働きがあります。、食べたものを身体で利用するために再合成したり、血小板や白血球、リンパなど免疫の関係しているものの原料を作る。栄養分を保存する。そして食べ物を食べたり薬を飲んだりしたさいに必ず出来る毒性の物質を中和して無害化する。
ですから進行した肝硬変の場合は栄養障害、体力の著しい低下、抵抗力の低下、今の医学では計れない潜在的力の著しい低下、風邪からでも肝不全になってしまう可能性があるなど、いつ何が起こってもおかしくない病気なのです。たとえ他の病気で手術が必要な状況でもほとんど手術はできません。まず痲酔に耐えられません。次に出血が止まりません。手術そのもののストレスから肝不全になる可能性があるという理由があるからです。
お父様がどの程度の肝硬変だったかは存じませんが、今回の様に胆管結石が悪さをした場合、残念ながら肝硬変の患者にとっては最悪の状態です。でも胆管結石はよく見られる病気です。肝硬変のないかたなら、症状が出たばあいに直ぐに手術が出来ますが、進行した肝硬変がある場合は石が勝手に移動する事を願うしかないのが現状です。早く見つけていれば何か出来たのではとお考えだと思いますが、肝硬変の場合必ず超音波などで肝臓自体を診ます。多分以前から石があることは確認していたと思います。でも石が悪さをしていない限りは、肝硬変の方には予防的治療はできないと考えざるをえません。手術中に亡くなるもしくは手術で肝不全になる可能性があるからです。また亡くなられる1ヶ月前の胸痛がその初発症状であるということも判断できません。石が悪さを開始したのならその後も痛みは続きますから(記載がないので分かりませんが)どうも状況的にはその時の痛みは全くべつのもののと考えられます。手術はされたのでしょうか?黄疸は肝不全でほぼ必発です。手術していない状況では胆管結石でも黄疸は起こりますが、その黄疸自体が肝不全を起こすわけではないことをご理解ください。
訴訟の場合、肝硬変がどの程度であったのか
胸痛が、胆管結石の初発症状なのか?
肝臓の状態と胆管結石の治療上判断ミスはなかったのかと言うことが争点になりますが、肝硬変という病気は軽くても何が起こるか分からないというの性格上
ミスと判断できないと思います。
伯父様に関しても、今の医療制度が保険診療である限りにおいて糖尿病の治療中に肝臓疾患を疑って患者さんのために精査を行った場合、過剰医療、
過剰検査と弾劾される可能性が高いのです。残念ながら、8cmの腫瘍は肝癌としてはさほど大きくありません。場所にもよりますが、外から触れても分からない事が多いです。そして肝癌は症状はほとんどありません。ただ前もってB型肝炎と分かっていて、肝臓の状態の定期的チェックをしていないとすれば、怠慢ではありますが、最近の医療は細分化されて、糖尿病の治療だけ・・なんてケースは残念ながら多く見られるケースです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

医師の方から、貴重なご意見が頂けるとは思っていませんでした。御礼申し上げます。ご説明の中で尋ねられていたことですが、主治医の先生は以前から、父に胆石があることは知っていました、ただ胆道まで出ていなかったのであえて負担のかかる手術はしなかったのかもしれません。でも痛みの原因が胆管結石と解ってからすぐ手術をして成功し胆管はきれいになりましたが黄疸の数値が危険な状態のまま下がらなくなってしまったのです。確かに訴えても判断ミスと断定するのは難しいのかもしれません。家族でよく話し合ってみます。有難うございました。

お礼日時:2001/07/17 23:25

某大学医学図書館蔵書



ぎょうせい
病院・医院の法律相談
小海・高田著
5103864-00-000
ISBN4-324-03079-0 C3032 P5500E

なんていかがでしょうか。医師が被告となったときの対応がかかれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事有難うございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/07/16 19:46

う~ん、これは難しいんですよね。

医師も人の子ですから、ミスをしてはいけないのは分かっていても残念ですが軽く流したりすることもあるのは事実です。これは、これまでのその医師の経験からこのようなことがなかったから推測で今回も何ともないと思ったのでしょう。
(ただ、検診の1ヶ月後ですから・・・ご家族からすればどう考えても納得できませんでしょうけど)

もう一つの事例はさらに無理に近い可能性がありますね。たとえば、入院中や精密検査を前にしていてその結果見逃していたのなら別ですけど・・・医師の判断だけではガンは見つけられませんからね。本人が定期的にガン検診を受けるしかない。

もし訴えるとして、一番の問題は2年経っているってことでしょう。
時間が経てば、医師や病院に責任をとってもらう立証を上げるのが難しくなります。ここからは、弁護士の領域ですから(参考URL、日本弁護士会のホームです、法律相談の方法なども記載)浴後相談の上、あなた方家族の納得できる措置をしてください。

参考URL:http://www.nichibenren.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事有難うございます。参考にさせていただきます。
ただ、医師の発言はカルテに残っていないから難しいかもしれませんね・・・

お礼日時:2001/07/16 19:52

問えます。

医師の判断ミスならば確実に問えるはずです。
知り合いの子供は心臓に穴があく病気なのですが、詳しくは知らないですけど医師の判断ミスがあったらしいんです。そのときの医者は実習生か新米医師だったんですけど、知り合いはマスコミや警察に駆け込む代わりにその病院の医長か院長が毎回診察することを要求、(母は強し!)病院はOKしました。
確実に刑事責任を問われるから病院の医長か院長が毎回診察することを了承したのでしょう。
判断ミスで刑事責任は問えます!
ちなみに私は腎炎ですが、医療ミスで病気にかかったと言われています。
とても小さい頃のことなので、よく分かりませんが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事有難うございます。参考にさせていただきます。
聞いていただいて、少し気持ちが楽になりました。出来る限りの事はしてみようと思います。

お礼日時:2001/07/16 19:59

確かに、医療ミスは許し難いことです。



前者の場合、医者が患者の訴えを重視せず、簡単に流してしまった、という、医者としての責任感がないということで問う事はできると思います。後者の場合、かかりつけの病院に癌を調べる装置などがなかったのが原因であることが考えられます。癌には症状が現れません。つまり、大きな病院に定期検診にいくことを怠っていた事が原因となり、この場合は責任は自分にあるということで医療ミスにはなりません。

僕は法律家ではないので詳しいことは分かりません。もし、真剣に悩んでいるのであるならば弁護士に相談することをおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事有難うございます。参考にさせていただきます。
聞いていただいて、少し気持ちが楽になりました。出来る限りの事はしてみようと思います。

お礼日時:2001/07/16 20:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亡くなった父が払ってなかった介護保険の催告

父親が亡くなったのですが、介護保険料の催告書が届きました。
介護保険料を払ってなかったみたいです。
これからどうしたらいいのですか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.city.kagoshima.lg.jp/_1010/shimin/2kenko_hukushi/2-10kaigohoken/2-10-2tetsuduki/0001304.html
上のサイトは鹿児島の介護保険課のホームページです。抜粋すると、
「未納保険料がある場合は相続人にて納付していただき、納めすぎである場合は相続人へ還付することになります。」
と書かれています。
未納の場合は相続人が払うことになりますが、難しければ、
管轄の介護保険課で相談されるしかないです。

Q診断ミスと手術ミス?

昔のことで今更どうしようもないのは分っていますが、長年疑問に思っているのでお願いします。

姉妹の話ですが、
15年ぐらい前に夜中お腹が痛くなって救急病院に行きました。
そこで、盲腸との診断があり、病院を紹介されて即入院となりました。
その病院でも盲腸と診断され、翌日手術をしました。

麻酔をかけてすぐに、足を手術器具のようなもので叩かれ、「感覚ある?」と聞かれたのですが、まだ感覚があった為、「あります」と答えました。
するとすぐに「麻酔効いてないからもう1本」と言って麻酔を打ったようです。

その後医者と看護師が私語をしたり笑ったりしながら手術が進んでいきました。

そして、医者からは「盲腸ではなかったです、すみません」と言われました。「便秘が原因だったと思います」とのことでした。

その上、麻酔の効きすぎで体調がすぐれず、一週間の予定の入院が10日に延びて10kg近く痩せました。

病院からはなんの補償もなく、10日間の入院代と手術代を払いました。

現在でも手術の跡は大きく、窪んだようになっています。

これは医療ミスですか?こんなことってよくあるものでしょうか?

あの時は医療ミスとかあまり良く分らず、なにもしなかったのですが、
当時何をするべきだったのでしょうか?

今後の為に教えてください。宜しくお願いします。

昔のことで今更どうしようもないのは分っていますが、長年疑問に思っているのでお願いします。

姉妹の話ですが、
15年ぐらい前に夜中お腹が痛くなって救急病院に行きました。
そこで、盲腸との診断があり、病院を紹介されて即入院となりました。
その病院でも盲腸と診断され、翌日手術をしました。

麻酔をかけてすぐに、足を手術器具のようなもので叩かれ、「感覚ある?」と聞かれたのですが、まだ感覚があった為、「あります」と答えました。
するとすぐに「麻酔効いてないからもう1本」と言って麻酔...続きを読む

Aベストアンサー

> これは医療ミスですか?

当事者が「診断が間違っていた」と認めているのですから、
間違い=ミス、という語義に問題がなければ、疑う余地はありません。

ミスです。


> こんなことってよくあるものでしょうか?

医療ミスの発生率等の統計データを見ても、
全てのミスが報告されているとは限りませんので、
判断できないでしょうね。

よって、分かりません。


> 当時何をするべきだったのでしょうか?

どうしたかったのか次第です。
入院や手術の費用を支払いたくなかったのなら、
そう言うべきだったでしょうし、
それ以上の保障を望んでいたなら、
要求をすべきだったと考えられます。

すべき=しなければならない、の意ですが、
そういった立場の者に、特に義務等はありません。

こうしたいという目的に対し、
効率的な手を打つのが普通であり、

それは任意です。

Q医療ミス(手術ミス)で請求しておいたほうが良いもの。

手術ミスにより、補償金が支払われることになりましたが、相談できる機関(神戸在なので、神戸市の公共機関が好ましいのですが)をご存じでしたら、教えてください。補償金の額もそうですが、その他に何を病院側に請求できるのか分かりません。私としては「医療ミスとして、しかるべきところへの報告(つまり院内でうやむやにしない)」「この後の治療費は無償にて行う」と、請求したいのですが。。。今後、担当医や再手術をした医師がいなくなった場合などに、「こうゆう請求もしていたら良かった」と思うことがないようにしたいのです。

”しこり”の摘出手術で首あたりの神経を切断され、腕があげにくくなりました。マヒのように感覚がにぶい箇所もあります。病院側は手術ミスを認め、手術金額の返金、再手術(神経をつなぐ)、その後の治療費は無償となりましたが、腕のあがりにくさ、感覚のにぶさが残るため、補償金での解決となりました。

Aベストアンサー

神経走行の個体差を執刀医が判らなかったことによる後遺障害かと思いましたが…すごく強引なDr.に手術されてしまったのですね。重度過失による傷害ですね。「腕がピクピク動くのですが大丈夫でしょうか?」という問いを受けた時点から 医師には手術ミスの予見可能性が生じていた訳です。

麻酔に関しては、わざと意識を残しながらおこなう手法もありますし、本件後遺障害とも無関係ですので、全身麻酔でなかったことは気になさらなくて良いと思います。

「神経損傷の可能性を伝えられていなかった」のではなく「麻痺の可能性は伝えられていた」訳ですよね。その時の医師の「治りますよ」という回答に関しては、「患者さんを勇気付けるための言葉だ」と言われればそれ以上言及出来ません。(医療も患者との契約関係を明確化する方向に進んでいますので、いずれこの辺りも変わっていくでしょうけれど。)

とりあえず病院側で既にその非を認めており、話合いも進んでいらっしゃるようですので、後は補償金額が貴方の納得できる金額になるかどうかという点が問題になるのだと思います。
病院との話合いだけでは納得いく額の提示が無理なようでしたら、執刀医個人に対して請求をかける事も可能です。そこらへんは弁護士等に相談なさると宜しいと存じます。

最後に、腕が挙上し難い件についてです。その動作をおこなう或る筋肉が現在全く動かない場合は、その動かなくなってしまっている筋運動の改善は難しいです。でも、少しでも力が入るようでしたら、神経―筋促通の機能訓練(普通の筋トレのイメージとは違います)を行なうと改善がみられる場合が多いです。
徒手筋力検査や筋電図検査等を既に受けておられるか存じますので、どの筋肉に繋がっている神経の損傷だったのかは病院側で判っていると思います。もし可能性があれば諦めずに少しづつでも良くなるようにリハビリ頑張ってください!応援しております。

神経走行の個体差を執刀医が判らなかったことによる後遺障害かと思いましたが…すごく強引なDr.に手術されてしまったのですね。重度過失による傷害ですね。「腕がピクピク動くのですが大丈夫でしょうか?」という問いを受けた時点から 医師には手術ミスの予見可能性が生じていた訳です。

麻酔に関しては、わざと意識を残しながらおこなう手法もありますし、本件後遺障害とも無関係ですので、全身麻酔でなかったことは気になさらなくて良いと思います。

「神経損傷の可能性を伝えられていなかった」のではな...続きを読む

Q胆管閉塞の治療

胆管閉塞の治療として内視鏡下胆管バイパス処置をしたが数ヶ月ごとに繰り返すとの説明を受けた。この内視鏡処置は回数に限りがあり最終的には外科的に管を通すとの話であった。外科的処置の詳しい説明はまだなので教えて欲しい。難易度、患者への負担、入院期間、術後の生活状況などなど。サイトがあればそのURLもお願いしたい。

Aベストアンサー

なかなか回答をいただけないようですね。質問者さんご自身のご病気ですか? 心よりお見舞い申し上げます。

ご質問いただいた内容では、非常に回答が困難なようです。

胆管閉塞の原因、
閉塞の場所、
現在受けておられる治療の内容(胆管に金属製あるいはプラスチックのステントを1本または2本留置されておられるのかどうか)、
外科的処置というものが何を指しているのか(開腹手術なのか、それとも体表から管を差し込む処置なのか)、

ということがあいまいで、回答者の方々もご説明のしようがないのではと思います。

まずは主治医の先生に、再度ご説明の時間を取っていただくのがよいのではないでしょうか。一度の説明で判らないことや不安なことが出てくるのは当たり前です。この前のご説明をふまえて、今のお気持ちをお話しになられるのがよいかと思います。

また、処置の詳しい内容(正式名称)などについても、必要があればメモしていただき、再度ご質問なされば、もうすこし具体的な回答が得られるのではないかと思います。

お力になれず大変申し訳ありません。ご病気の方の体調が良好であることをお祈りしております。

なかなか回答をいただけないようですね。質問者さんご自身のご病気ですか? 心よりお見舞い申し上げます。

ご質問いただいた内容では、非常に回答が困難なようです。

胆管閉塞の原因、
閉塞の場所、
現在受けておられる治療の内容(胆管に金属製あるいはプラスチックのステントを1本または2本留置されておられるのかどうか)、
外科的処置というものが何を指しているのか(開腹手術なのか、それとも体表から管を差し込む処置なのか)、

ということがあいまいで、回答者の方々もご説明のしようがない...続きを読む

Q黄疸と徐脈について(頭蓋内圧亢進と徐脈について)

臨床医学の勉強をしていますが、どの本にも徐脈(脈拍が遅くなる)を呈する疾患として、甲状腺機能低下症、頭蓋内圧亢進、黄疸・・・・と書いてあります。頭蓋内圧亢進時には副交感神経(迷走神経)が刺激されて徐脈になる(?)かと思うのですが、黄疸になるとなぜ徐脈になるかの機序がネットで調べても分かりません。
黄疸になると副交感神経(迷走神経)が興奮するのでしょうか?もしそうならなぜその因果関係・機序は・・・?。
黄疸とか頭蓋内圧亢進がなぜ徐脈になるか簡単に機序をお教えいただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

ご質問のお答えになってるかどうか分かりませんが、確かに「内科診断学」(金芳堂)などにも徐脈を来す疾患として「黄疸のあるとき」が列挙されています。しかし臨床の現場で「黄疸」があるから徐脈だ!といったようなことは聞いたことがないですね。
 医中誌で「黄疸」「徐脈」で検索してみましたが0件でした。また、Pub Med でjaundiceとbradycardiaで検索すると27件ほど引っかかります。そのうちの一つに洞性徐脈と閉塞性黄疸について、胆汁酸の濃度を用いた研究が書かれていますが、結果として無関係だと記されています。
 黄疸→徐脈というよりは、黄疸が症状として出てくるほどの全身状態では経験上徐脈になる場合が多いといったようなことから「黄疸のあるとき」などの表現で記されてきたのではないでしょうか。
 後は専門家(循環器)のご意見をお待ちするしかないですね。答えになってなくてごめんなさい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報