『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

煙草の火は700℃前後だと聞きました。
ところで、煙草に火をつけても、
炎が上がらないのはなぜでしょうか?

煙をスーと吸引しても
(つまり酸素を導きいれても?)
じわじわと燃えるだけです。

同じような現象は、
中学校の理科の実験などでやった、
鉄の燃焼実験でもそうだったように思います。
最初は炎が上がったかもしれませんが、
そのうち美しくジワジワと火が広がっていったように記憶していますが、
よくはおぼえていません。

紙を燃やすと炎が上がるのに、
煙草はなぜ炎が上がらないのですか?

なお、この質問は宿題とかではありませんので、
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

そもそも炎というのは、燃料が分解して気化ガスが燃焼し、炭素粒子が赤熱している状態のことです。



まずタバコの葉が燃焼する際に、炎が外部に広がるほどの気化ガスが発生していないのでしょう。

炎をよく上げる燃料に揮発油があります。これの蒸気圧は高く、なおかつ引火点が低いので簡単に着火し大きな炎を上げます。灯油や軽油は蒸気圧が低く、芯となるものを入れてやらないと気化が十分に行われません。重油ともなると点火することが難しくなります。

木炭を思い出してください。木炭は自身が赤熱しますが、あまり外部に炎を上げません。

ひとつに燃料中の水素の含有率が影響しているのでしょう。木炭はほぼ全体が炭素になりますが、先に述べた石油類などは水素が多くなります。

タバコの葉はその中間なのではないでしょうか。したがって熱によりタバコの葉からいろいろな成分が乾留されます。その中には水素を含む成分もありますが、それは少ないか、酸化しているのでしょう。

さらにタバコの場合は内部に吸い込みますから、酸素の量も不十分で不完全燃焼となります。外部に噴出すときは赤く燃えますね。

つまり気化しにくい燃料が、酸素不足で燃焼している状態です。おそらく吸い込んだ煙に酸素を加えれば再点火するでしょう。

昔、いたずらでタバコの中に、マッチの粉を入れたものです。マッチの粉には硝酸カリウムが含まれ熱で酸素が分解します。その酸素でタバコが燃え上がり、吸った人がびっくりする仕組みです。

つまり酸素が再供給されれば燃える状態ともいえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。よく分かりました。
詳細なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/16 19:24

煙草の場合炎が出る前に燃え尽きてしまっているような気がしますが・・・。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/16 19:23

紙巻タバコは紙があるおかげで燃え広がるのを防げるときいた事があります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/16 19:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qたばこの不始末による火災

よろしくお願いします。

まれにですが、火のついたままのたばこを、炉端に捨てる人がありますよね。

一方、たばこの火の不始末は、火事の原因でもかなり上位に来ていたと思います。でも、この場合の不始末は、寝床で吸っていて、布団や座布団・畳に引火したのようなものがほとんどだと思います。

道路に捨てたたばこの火が、どこかに引火して火災にになったという具体的な事件はあるのでしょうか?
憶測ではなくて、できましたら、具体的な事件を教えてください。

なお、たばこの件が絡むと、吸わない人吸う人、双方にひどく感情的なことをかいてくる人がおりますが、これはご遠慮ください。
ポイ捨てたばこが良くないことは周知のことですのです。たばこの是非や喫煙者への批判などに結びつけての投稿はご遠慮くださいますようにお願いします。
なお、私自身はたばこは吸いませんが(吸えません)、ポイ捨てたばこを見ると火事が心配なので、一応消してはいますし、今後もそうはしますが具体的にあるのかどうか知りたいわけです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

火のついたタバコを紙くずの入ったゴミ箱などに捨てても必ず火事になるとは限りませんし、道端に捨てても必ず火事になるとは限りません。
実際に実験をしても100%の確立で火災にはなりません。
しかし一定の条件下では火災になります。
かなり厳しい条件になりますが火災になります。
道端に捨てるだけじゃなくて道端の草がたまたま枯れていた。
そして風が拭いていて火がいこる状態になった。
湿度が低くて空気が乾燥している。
着火した火が風で周りの草に延焼した~
という具合です。
事案的に道端の火災の場合は火源として放火かタバコしか考えられないことがあります。
タバコを捨てた本人が供述しない限りわからないものですからね。
調査の段階で電気・放火・タバコから消去していくと「タバコ」に行き着く訳です。
普通は山の中で放火はないですし、電気の短絡は関係ない、車のエンジンや作業していなかったら油も関係ない、野焼きしていなかったら・・・・
そうすると通行中の誰かのタバコしか考えられない~となります。
変わった事案では高速道路で道路作業中に発炎筒を焚きますが後続の車がその発炎筒をタイヤではねて飛ばしてしまってアスファルトから山の斜面に~そこから火事になったことがあります。
同じように高速のポイ捨てで車に飛ばされて斜面の草へ~
高速道路の山の斜面は整備がされていて草刈も頻繁にされますので枯れたまま置いてある場合がありますので可能性は高いですよ。

私の仕事上事案処理したことからですが参考にしてください。

火のついたタバコを紙くずの入ったゴミ箱などに捨てても必ず火事になるとは限りませんし、道端に捨てても必ず火事になるとは限りません。
実際に実験をしても100%の確立で火災にはなりません。
しかし一定の条件下では火災になります。
かなり厳しい条件になりますが火災になります。
道端に捨てるだけじゃなくて道端の草がたまたま枯れていた。
そして風が拭いていて火がいこる状態になった。
湿度が低くて空気が乾燥している。
着火した火が風で周りの草に延焼した~
という具合です。
事案的に道...続きを読む

Qタバコに火をつける時…

ここに書き込んでいいのか自信がないのですが…

タバコを吸うたびに思います。
私は火をつける時3秒ほど火をともしているのですが、
私の周りの人はほぼ一瞬(一秒くらい?)なのです。
自分も真似して1秒ほどで火をともしてみるのですが、
火がつきません。

もしかして喫煙者のみなさんは火をともしながら
すでに息を吸い込んでいるのでしょうか?
そうすると早くつくのですが、自分にはどうも体によくない
ライターのガスを吸っているようでなりません。

みなさんはどうしていますか?
つまらない質問かもしれませんが、いつも疑問に思っています。

Aベストアンサー

5年前まで喫煙していました。

火をつけるときは息を吸いますよ。
吸わないと付かないと思っていました。

このときは、肺に入れない「ふかす」でもOKです。

ガスも煙も一緒です。
タバコの煙は良くて、ガスはダメと言うのが理解できませんが・・・。

Qどうして火は燃えるのか?

どうして火は燃えるのか?つまらない質問ですが、子供に聞かれ、うまく模範解答できません。よろしければどなたか、小学生1・3年生にわかるような説明を教えて下さい。(石油は何でできているかというのも父親に聞いていました。いろいろと気になりだしたようです。)

Aベストアンサー

モノが燃えるには三つの要素があればよいだけです。(いわゆる一般に火がつくというものです。)
 (1)燃えるもの(紙、木など)
 (2)酸素(空気)
 (3)熱(かなりの高温)
この三つの全てが揃った時にモノが燃えます。どれか一つが欠けると燃えていた(火が出ていた)ものは消えてしまいます。
 あとは、子供にもわかるように噛み砕いて説明してあげましょう。例えば、紙や木のような燃えるものがあって、そこにライタ-やマッチの火のような熱いものがあると、燃えるものと空気(酸素)がくっついてモノが燃えてしまう。いったん燃え出すと燃えた熱で、燃えるものと空気(酸素)がくっついてまた燃えるという繰り返しになる・・・こんな感じでしょうか。(ちょっと難しいかも)
 モノが燃える説明をすると、今度は「燃えているもの(火)を消すのにどうしたらいいの。」と聞くかもしれません。そうしたら前にいった三つの要素のうち、どれか一つを取り除けば良いと教えてあげましょう。(燃えているものに水をかけるのは熱を奪うこと、濡れ布巾や砂をかけて消すのは空気(酸素)の遮断、山火事のときに燃えている周りの木を切るのは燃えるものをなくすためです。)

モノが燃えるには三つの要素があればよいだけです。(いわゆる一般に火がつくというものです。)
 (1)燃えるもの(紙、木など)
 (2)酸素(空気)
 (3)熱(かなりの高温)
この三つの全てが揃った時にモノが燃えます。どれか一つが欠けると燃えていた(火が出ていた)ものは消えてしまいます。
 あとは、子供にもわかるように噛み砕いて説明してあげましょう。例えば、紙や木のような燃えるものがあって、そこにライタ-やマッチの火のような熱いものがあると、燃えるものと空気(酸素)がくっついてモノ...続きを読む

Qタバコの火消しについて

単純な質問かもしれませんが、わからないので教えて下さい。

よくタバコの火種のほうを差し込むと5、6秒で火が消える器具があります
が、あれはどういう原理で火が消えるようになっているのでしょうか。

Aベストアンサー

そのものを見ていないので推定ですが、少なくとも2通りの原理が考えられます。
(1)密閉状態にして、燃焼時に消費される酸素の供給を絶つ。
(2)火種の部分を熱容量が大きく、燃焼し難い物(例えば金属の塊)に接触させて火種の熱を奪い取る。
物が燃える(燃焼する)には、(1)酸素、(2)熱、(3)燃えるものが必要です。
よってこれらの少なくとも一つを欠如させれば消火できるはずです。

Q火の温度・・・

(ライター等の)火の温度は外の赤いところよりも中の方の青い部分の方が温度が高いといいますが、紙や煙草等に火を付ける時には、中の青い部分よりも外の赤い部分、特にその先っぽの辺りがよく火が付き易い気がします。
これはただの気のせいなのでしょうか。それとも実際そうで、何か理由があるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

炎ができるのは、いうまでもなく燃焼(化学的にいえば酸化反応)によるものですが、この炎の生成には、ろうそくやライターなどのような「拡散燃焼」によるものと、化学実験でつかうブンゼンバーナーのような「予混合燃焼」の二通りがあります。

拡散燃焼では、物質が着火源によって加熱、気化された状態のところに、空気中の酸素が(自力で)拡散してきて混合し燃焼が始まりますので、酸素混合の度合い(濃淡)によって燃焼条件が変わります。
(ちなみに物質が燃えるには必ず「気化」するという条件が必要です。固体や液体が燃えるのも必ず気化した後に燃えるものです)

温度だけ高くて酸素が供給されない状態だと、物質を「還元」します。
(燃焼(酸化)の逆)
内炎の部分が赤く光るのは還元された炭素が光るためです。
それでこの内炎の部分を「還元炎」ともいいます。

外炎は拡散によって酸素が供給されている箇所で、これを「酸化炎」とも呼びます。
しかし酸素が多すぎると、炎は冷却されるので温度は下がります。
炎の縁の部分で色が薄いのは、冷却されて温度が下がっているためです。

最も温度が高いのは内炎(還元炎)と外炎(酸化炎)の境目です。
しかしこの部分は自分が燃えるのに一生懸命になっている箇所なので、
他のものを燃やす能力はあまりないと思われます。
(他の物が入ってくるとすぐに温度が下がって還元炎になってしまう)

一番着火しやすい操作は、やはり外炎の内側で昇温し、すぐに外炎の外側部分で
十分な酸素を供給してやる、という操作ではないでしょうか?
「温度が高いだけでは物は燃えない」ということをしっかり認識してください。
(あなたの観察は正しいです)

蛇足ですが、ANo.4さんの貼られたURLの炎の説明図で一番下の300℃
以下の箇所は「炎心」といいます。
ここは炎の熱によって物質が気化し、燃焼するための酸素の補給を
待っている状態の箇所です。

下記URLも参考にしてください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%8E
http://www.candlesiki.jp/sub1.htm

炎ができるのは、いうまでもなく燃焼(化学的にいえば酸化反応)によるものですが、この炎の生成には、ろうそくやライターなどのような「拡散燃焼」によるものと、化学実験でつかうブンゼンバーナーのような「予混合燃焼」の二通りがあります。

拡散燃焼では、物質が着火源によって加熱、気化された状態のところに、空気中の酸素が(自力で)拡散してきて混合し燃焼が始まりますので、酸素混合の度合い(濃淡)によって燃焼条件が変わります。
(ちなみに物質が燃えるには必ず「気化」するという条件が必要で...続きを読む

Qタバコのフィルターの性能

タバコのフィルターの役割はどういったものでしょうか?

・耐熱性が高い燃えにくい素材でできている
・タバコから発生する有害成分を除去できるようになっている

という役割はあるのかなと考えています。
他にはどんな機能があるのでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

> ・タバコから発生する有害成分を除去できるようになっている

この機能はそう明示している煙草以外はないのでは? (明示している煙草も最近は増えています)
煙草の害はニコチンとタールによるモノが主ですが、これを求めて吸っているわけですから。

最大の機能は、煙の味を整えることでは? ご質問者が成人なら、実際にフィルターを外した状態で吸ってみると分かります。かなりキツイモノに感じる上に、箱によっても差があると感じるかも。

Qタールの可燃性

コールタールや木タールといったものは、一応の可燃性を持っていると聞きました。
しかしその可燃性というのはどの程度のものなのでしょう?
燃料とかに使えるレベルのものなんですか?
知っていれば教えて下さい。

Aベストアンサー

タールは炭化水素であり、重油よりも炭素比率が高いので、
燃やした時の熱量は重油よりも大きいです。

しかし、燃える物が全て燃料になる訳ではありません。
気化しにくいので、燃焼にはかなりの高温が必要となります。
プラント以外で単独で燃焼させることは困難で、重油や軽油との混合が
必要となります。

昨年話題になった、前理科のオイルシェールですが、ほとんどタールのようなものです。
これは今まで発見されていなかった訳でなく、発見されても使用法(燃焼法)が無かった
のです。今年になってやっと使用のメドがついたので、騒がれるようになりました。


人気Q&Aランキング