フリーの発明家をめざす自称発明家です。
この度、出願した特許の売込をかけたところ、僅かに反応があり、少し盛り上がっています。
さて、発明品は結構大掛かりな装置なのですが、実施料をいただく場合、特許装置の製作・納入メーカーと、その装置の使用者(エンドユーザー)の双方から実施料をもらうことはできるのでしょうか?。また、これは一般的なのでしょうか?
製作メーカーからは納入価格の●%、エンドユーザーからは年間●●円 というのが理想なのですが。 このあたりの実務における仮想例などを教えていただけるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 特許の「実施」には、製造・販売の両者を含みますので、特許権者(あなた)の意のままです。



 しかし、「幾ら売れてナンボ」の世界ですので、法外な特許実施料はライセンシーの数、販売意欲、販売数量、販売額を左右しますので非常に難しい問題です。


契約条件としては、

独占実施件権       (1社のみに許諾)
非独占          (複数社へ許諾)
サブライセンス権付き   (再実施権付き)
イニシャルペイメント   (特許実施時当初払い)
ダウンペイメント     (契約時一時払い)
ラムサムペイメント    (契約時一括払い)
ランニングロイヤルティー (売上高払い)
許諾地域         (日本/地域/世界)
許諾期間         (出願中/特許後の期間)
ノウハウ許諾

などの項目を組み合わせて、諸々の条件により変わります。ご自身の特許(出願)が、どの程度の価値が世界で有るかや、特許性を見極める事が肝要です。



 一般に多く採用される方法は、ランニングロイヤルティーですが、この方法でも、独占/非独占・地域・期間などのその他の条件を付けることも多く有ります。

 ごく一般的なロイヤルティーは、売上高(総売り上げ高)に対して3%(又は、ネット売り上げ高=粗利益=必要諸経費を除いた売り上げ)程度ですが、1~5%程度までは場合により考えても良いかも知れません。



 再実施権付きとは、装置メーカーへ(製造)実施権をライセンスして、そのメーカーがその任意の顧客に対して、その装置を使用してその技術を実施する権利を与える権利をも許諾する事です。

 装置そのものが特許の対象なのか、それとも、プロセス自体が技術の確信なのかによりますが、装置メーカーに再実施権付きでライセンスして、彼らの営業力で市場を開拓させるのが賢いやり方です。彼らもライセンスを受けた(買った)からには、その装置を幾つ売るかが利益を出す源ですから。

 再実施権者(エンドユーザー)からもロイアルティー
を徴収したい場合は、装置メーカーとの契約書中でそうした項目を設けることで、窓口が一本化されて煩雑になりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な解説をどうもありがとうございます。
やっぱり特許権者の意のままだけと欲張りすぎると失敗するようですね。
エンドユーザーからの徴収を販売者との契約時点で決めておくというのも参考になりました。

お礼日時:2001/07/15 12:53

 大きめの特許事務所なら、技術ライセンスに関してのアドバイスを受けることが出来ますし、(英文)契約書も作成してくれます。




 出来ることなら、海外特許出願もなるべく多くの国へ出しておくことが良いのですが(もう遅いかも知れませんが)...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
本当に売れそうになったら特許事務所に投げようと考えてます。
自分で書いた明細書なので、弁理士の補正も必要でしょうし、売れるとなるとパリ条約ルートで海外出願もしようと思ってます。
出願からまだ日が浅いので、これらは大丈夫なのですが、出願公開までの1.5のブランクに先行技術が無いかどうかがとても不安です。

お礼日時:2001/07/15 12:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q改良発明により満了特許の実施ができない?

ある特許Aの内容を利用しようと、その特許の満了を待っておりました。
ところが最近になって、この特許の改良特許Bが特許Aと同出願人から出願され、特許になってしまいました(改良特許Bには「今までAという方法が知られていたが、Bという方法は、より簡便にできる」と記載されています)。改良特許Bにおける優先権主張等はされていません。
改良特許Bのクレーム範囲をそのまま読むと、基礎特許であるAが包含されてしまっています。そうすると、基礎特許Aが満了したとしても、Aの方法を実施すると改良特許Bに抵触すると言うことになってしまいます。
基礎特許Aはもうすぐ満了になるのですが、満了後にAを実施することはできないのでしょうか?できないとなると実質的に特許Aの延長ということになってしまい、納得いきません。
できましたら、裁判判例や、HPなども挙げて頂けたらうれしいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 すみません。補足が遅れました。

(No.4のお礼欄より) 
>まさに、特許Aの実施例にはステップa+ステップb’+ステップcが記載されています。と言うことは、改良特許Bについては無効審判で争える可能性があるということでしょうか?

 間違いないですね?

 A、Bの2件の公報を読まなければこちらからは断言はできないのですが、
 特許庁には、審査経過(俗に「包袋」と言われます)が全て保存されています。それを取り寄せて検討なさって下さい。取り寄せの申し込み先は、「日本特許情報機構」、略称「JAPIO」です。

 http://www.japio.or.jp/

 基礎特許Aに本当にステップa+ステップb’+ステップcが開示されているのであれば、改良特許Bは、基礎特許Aの公開公報を理由として拒絶されているはずです。これに対し、出願人(特許権者)が意見書にてどのように主張しているのかをご確認下さい。

 ただ、「このように主張しているから、権利範囲はこう解釈されるべきだ」という判断は、弁理士にご一任下さい。貴社に顧問弁理士がおられるならば、話は早いのですが。

 Webでの相談に限界があるのは、私どもも苦悩するところなのですが、このカテゴリの性格上、問題点を根掘り葉掘り詳細に聞き出すことがどうしてもできません。この点を何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。
 

参考URL:http://www.japio.or.jp/

 すみません。補足が遅れました。

(No.4のお礼欄より) 
>まさに、特許Aの実施例にはステップa+ステップb’+ステップcが記載されています。と言うことは、改良特許Bについては無効審判で争える可能性があるということでしょうか?

 間違いないですね?

 A、Bの2件の公報を読まなければこちらからは断言はできないのですが、
 特許庁には、審査経過(俗に「包袋」と言われます)が全て保存されています。それを取り寄せて検討なさって下さい。取り寄せの申し込み先は、「日本特許情...続きを読む

Q自動発明装置があったら特許制度は崩壊する?

人工知能技術が進歩して、発明をするようなシステムが現われたら、発明者として特許を受ける権利を取得する者がマシンになってしまいます。これは、特許制度を崩壊させると思いますが、こんな心配はいらないでしょうか?

Aベストアンサー

>特許第3275311号
ほほ~う、おもしろいじゃないですか。

ニューラルネットワークは、オムロンばかりではなく、いろんな企業で研究されていますが、「自動発明」が出来るものはまだありません。
この特許も「創作」(=おそらく、限定範囲での新パターンの発生という意味で使っている)は、出来るが、工業的利用が可能な創作の中でも特に優れたもの(=発明)が出来るとは、書かれていません(権利化されていません)し、構成を見ても出来そうにはありません。

つまり、#4補足にお書きの
>特許庁は、特許第3275311号という自動発明装置の特許を認めています。
は、少々、過大評価・事実誤認ぎみですね。

では、この先「何らかの方法で」「自動発明装置」が発明されたなら・・・

「特許制度は、さらに強化される」と思います。

その理由は、守るべき発明者(=人間です)の権利が、より厳密に守られなくてはならなくなるからです。

ややこしいので音楽の世界での著作権の扱いを考えてみると、私の意見をご理解していただきやすいかもしれません。
自動作曲装置なるものが出来たとして、現在の(人間の)著作権がなくなるとは思えないですし、著作権の仕組み・制度もより整備・強化されて行くでしょう。

発明に対する特許も同じだと思います。

#余談ですが、医薬品の研究では似たような状況になりつつあります。
#研究者がコツコツと医薬品開発していたのでは、間に合わなくなって、いろんな化合や反応過程を自動装置を使って「総当り」で実験するのです。(正確には実験計画は、総当りではないですが・・)
#このようにして「開発」された医薬品は特許されますし、開発装置もすでに特許登録されています。
#かなり荒っぽい解釈としては、「自動発明装置が、特許されている」ということになりますね。

>特許第3275311号
ほほ~う、おもしろいじゃないですか。

ニューラルネットワークは、オムロンばかりではなく、いろんな企業で研究されていますが、「自動発明」が出来るものはまだありません。
この特許も「創作」(=おそらく、限定範囲での新パターンの発生という意味で使っている)は、出来るが、工業的利用が可能な創作の中でも特に優れたもの(=発明)が出来るとは、書かれていません(権利化されていません)し、構成を見ても出来そうにはありません。

つまり、#4補足にお書きの
>特...続きを読む

Q発明の実施の形態と実施例の違い

特許を書いているのですが、発明の実施の形態と実施例の違いがわからず、どういう風に書けばよいのか困っています。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

出願される分野がわかりませんので的はずれになるかもしれませんが、化学特許の場合を例にしますと、
「実施の形態」 
一般的に出願の内容を実施する場合の必要要件をいいます。
特許出願内容を必要要件全てを示す箇所です。 従って最も重要な箇所といえましょう。

「実施例」
具体的な数値、条件、順序、原料などを記述した例を示す箇所で、そのとうり実施すれば特許出願の内容が再現出来る例を示す箇所です。
従ってだれでも再現出来る必要があり、不明確な表現や解りつらい表現はゆるされません。
従って「実施の形態」で「高温に加熱」で許される表現でも「実施例」では数値で示さなければなりません。

Q特許権者と、専用実施権者と、通常実施権者の違いについて

最近、会社の知財部に配属され、勉強し始めた者です。

特許権者と、専用実施権者と、通常実施権者の違いが、よくわかりません。
移転、譲渡、質権の設定、専用実施権及び、通常実施権の設定、差し止め請求権、を誰が行使できるのか、ということがわからないので、どなたか教えてください。
また、上記のこと以外で、特許権者が有する権利がありましたら、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 特許を不動産に例えると、特許権者が土地を持っている大地主さんで、
その土地の上に家を建てて住んでいるのが専用実施権者なんです。

 共に、財産としての権利を持っているわけで、質権の設定
なんかできるわけです。

 建物がマンションだとすると、通常実施権者は、そこに
賃貸で住んでいる住居人で、自分の部屋として自由に使える
けど、財産としての権利を持っているわけじゃないので、
勝手に他人に譲渡したりできないわけです。

 それから大家さんも自分でマンション建てて、賃貸できるわけです。

Q発明の実施の形態

プラスチック製品を考案したので、実用新案登録しようと思い、他の人の特許を検索したところ、同じ系列の登録を見つけました。 発明の実施の形態の項に 「製品の素材として、公知の合成樹脂が使える」という表示がありました。これは、自分が登録しようとしている製品には、プラスチックはつかえないということですか? 登録とは関係のない事柄ですか?教えてください。

Aベストアンサー

弁理士です。

特許の範囲は、特許請求の範囲に記載されている内容で定まります。
発明の実施の形態の項に記載されている内容は、特許請求の範囲の文言の解釈に利用されることはありますが、原則として、権利範囲とは関係がありません。
従って、実施の形態に「製品の素材として、公知の合成樹脂が使える」と記載内容があることは何も意味しません。

重要なことは、特許請求の範囲の記載が、質問者様の製品をカバーしているかどうかです。カバーしていなければ、この特許は気にする必要がありません。カバーしているとすれば、特許権侵害の可能性がありますので、慎重な検討が必要です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報