「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

シマトネリコノの木が 枯れだしたので 枯れたところを 剪定しました( 葉が落ち

カラカラの様になって、風が吹いておれそうになっていたので)その後から 木の皮が むけだして 木が 丸出しに なってきています。 もう 復活は無理でしょうか? 枝も 所々 むき出しになってる部分があります。

質問者からの補足コメント

  • このように 木の皮が剥げていっています。 どうにか ならないか 教えてください。

    「シマトネリコノの木が 枯れだしたので 枯」の補足画像1
      補足日時:2018/04/23 10:11

A 回答 (6件)

肝心な回答が出ていないようなので。


住んでいる地域がわからないが、シマトネリコは温暖な気候を好むので、温暖地以外での栽培は困難です。
そのため、今年はこのようになるケースが続出。
で、シマトネリコの場合はほとんど復活はできないと思うよ。
    • good
    • 0

ありがとうございます。


実は 牡丹は見て通りの
濃いローズピンク、
芍薬は 薄い 桜ピンクなんです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなんですね。 なら 滅茶苦茶良いですね。 一石二鳥やね。

お礼日時:2018/04/24 14:15

芍薬はピンクです。


牡丹は今年は3輪でした。
下の芍薬のツボミは 今までの最多の 7輪ですね。
いつも虐待の様に放ってるので 今 写真とりに行くと
去年の種から 牡丹の芽が 近くに 出てました。
ラッキーです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホンマですかっ いいですね。 お二つとも おなじ色ですかっ! 微妙に 薄いピンクやったら なお良かったのに❗️ 貴重なお写真 有難うございました❗️

お礼日時:2018/04/24 13:58

ジャカランタ

「シマトネリコノの木が 枯れだしたので 枯」の回答画像3
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あらっ ホントだ 素晴らしい生命力ですね❗️私も期待して待ってみます。

お礼日時:2018/04/24 13:46

お礼 ありがとうございます


証拠写真です。
「シマトネリコノの木が 枯れだしたので 枯」の回答画像2
    • good
    • 1
この回答へのお礼

面白いですね。 ちなみに 芍薬は 何色の花が咲くんですか?

お礼日時:2018/04/24 13:47

諦めずに しばらく 切らずに置いておいて下さい。


ウチのジャカランタ、
もうダメと いわれ 〔購入先〕ほっておいたら
芽が 出てきました。

触らずにいたら 復活するかも…

ボタンも 復活。
このボタンは 芍薬に接木してあり 枯れ2年して 下の芍薬から芽が出て 芍薬が咲き、
次の年に 牡丹が 伸び 咲き
牡丹と芍薬と両方 楽しめてます。
牡丹が先に咲き、後から芍薬が咲きます。
〔笑〕 同じ根っこから…
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなんですかっ 芍薬と牡丹と 凄いですね‼️ 復活するのを期待して水やりはして 様子みてみます。有難うございました。

お礼日時:2018/04/24 13:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシマトネリコが枯れてきてしまいました!

前回もこちらにおジャマしました。
その時のアドバイスで土壌改良をして、しばらく元気だったのに、ここ数日でいきなり木の半分くらいが茶色になり枯れてきてしまいました(元気な木もいます)
ずっと16℃くらいだったのが、突然寒くなり2~3℃になることがあったのですが、そのせいでしょうか。
(防寒対策をするのを忘れていたんです、涙)

このまま枯れていくのでしょうか。
それとも何もしなくても元気に復活するのでしょうか(そのためにすべきことはありますか?)
ちなみにこの寒さも今日までのようです。

本当に一気に枯れてしまったのでびっくりしています。

Aベストアンサー

結論から言うとそのままで大丈夫です。
シマトネリコの落葉には2通りあります。
1つめは自然の落葉です。
シマトネリコは半落葉樹なので秋になって気温が下がってくれば自然と落葉しますがこれは問題ありません。
半落葉と言うのは自生地では常緑だけれどもその他の環境の異なる地域において気温の低い冬期にはある程度葉を落す樹木ということです。
要するに気候風土によって順応する植物です。
2つめは今まで栽培されていたところと現在の環境が異なることによるストレスなど色々な生理的な問題で落葉するケースです。
栽培農家は最も良い状態の物を出荷しますし、その状態を作る為に色々な薬を使っていますので店から買って帰ってきた植物は大なり小なりそのような症状が出ますが、同様に土壌改良をされたそうなので暫くして新しい生育環境に慣れてくると落ち着いてきて成長を始めますので幹や枝がしっかりしていれば大丈夫です。
シマトネリコは日当たりを好み過湿を嫌いますので表土が乾いたらたっぷり水を遣りましょう。
葉水を併用すると効果的です。
日当たりを好むといっても夏だけは直射光を避けましょう。
耐陰性が強い植物なので室内でも大丈夫ですが室内で育てるときは時々日光に当てるか日当りの良い処に置く必要があります。
冬は室内越冬の場合0℃前後までは耐えますが5~10℃は欲しいですね。
花は6月から7月頃に咲きます。

結論から言うとそのままで大丈夫です。
シマトネリコの落葉には2通りあります。
1つめは自然の落葉です。
シマトネリコは半落葉樹なので秋になって気温が下がってくれば自然と落葉しますがこれは問題ありません。
半落葉と言うのは自生地では常緑だけれどもその他の環境の異なる地域において気温の低い冬期にはある程度葉を落す樹木ということです。
要するに気候風土によって順応する植物です。
2つめは今まで栽培されていたところと現在の環境が異なることによるストレスなど色々な生理的な問題で落葉...続きを読む


人気Q&Aランキング