電子書籍の厳選無料作品が豊富!

関西に何故韓国人が多いのか。密航か?

A 回答 (4件)

現在日本に住み着いている朝鮮人は、殆ど第二次大戦後に密入国してきた人々のようです。

日本の敗戦後、共に戦ったことを忘れ戦勝国と詐称し、一旦殆ど国に帰ったのです。しかし李承晩大統領の手腕は話にならず、職が無く已むをえす、焼け野原から闇市が立ち上がりつつあった日本に密入国して戦勝国民として、暴力をも使い、地歩を築いたのです。

それでも少数の朝鮮人しか密航してこなかったのですが、朝鮮戦争と同時に飛躍的に密航者が増えたのです。李承晩大統領は、反対派の多い済州島民を開戦と同時期に虐殺始め、戦争の最初の難民は済州島民と言われています。

独立を未だ果たしていない日本は、事情を知って、それを受け入れ、大阪の鶴橋付近に居住させ、保護したと伝わっています。こんな訳でその後増え続ける難民は、少しでも関係のある人間のいる関西を頼りに生活を始めたのです。難民は、山口県への上陸が最も多かったと聞いています。
    • good
    • 0

コピペ




関西に在日朝鮮人・韓国人が多い理由は3つです。

第一に古代の渡来人が定住した土地が
近畿地方です。奈良の飛鳥地域を中心に
栄えた大和朝廷の豪族たちの3~4割が
渡来人でした。

 第二に戦前・戦中・戦後と日本で最大の
経済地域は東京ではなくて大阪だったこと。
つまり朝鮮半島から仕事を求めてくる人は
必然的に大阪とその近辺に来ます。
(僕の住む地域で2カ所朝鮮人の集住地域が
あります。1つは軍の秘密基地建設に1つは
河川工事にかり出された人たちの場所)

 第三に当然ですが移住する人たちの多くは
親戚などのツテを頼りに来ますのでますます
近畿地方に集まることになりました。
    • good
    • 0

戦前は、朝鮮は日本の一つの県みたいな扱いだったので、自由に出入り。

日本本土の方が稼げるとなれば、そこに向けて移動です。最初は、距離的に近い北九州。そこで、関西の方が人口も多い、活気もある、稼げそうで、大阪に移住です。

そして、朝鮮戦争。すでに日本に移住している親戚をたより、半島より逃げてきて、そのまま居座りも。
    • good
    • 0

どこも何か割りといるかもふんむかっ


やーよねえふんむかっ
じゃぱんしっかりしろやふんむかっ
鎖国してふんぶはふんむかっ
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!