プロが教えるわが家の防犯対策術!

大至急です。
…(の)わりに
せわしい
むやみに の短文を考えてほしいです!

A 回答 (3件)

梅雨のわりに、雨の日が少ない。


新年度で、せわしい毎日を過ごしている。
強い相手に、むやみに挑んでも勝てない。
    • good
    • 10

中学生のわりに、辞書を引くことを知らない。


質問の回答に追われ、せわしい日々だ。
むやみに宿題を代行してもらってはいけない。
    • good
    • 32

「素人のボクシングは見ていられない。

素人のわりに筋肉隆々で応援してたけど、せわしい攻撃はなんとも稚拙で、むやみに振り回すパンチは全く敵に当たらない。」
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q|短文|そもそも「状態」とは何ですか|

|短文|そもそも「状態」とは何ですか|

|時間と空間と時空間および、時間でも空間でもない、というような観点から思考錯誤してください|

|とくに、回答しづらいな、と感じになった方は、思考過程をそのまま文字記号に落とし込んでください。|

|最適化された洗練されたクリアな味だけが勝負玉|じゃぁありあせんと思いませんかねぇ|

|哲学の識者だけが分かる言葉でも回答okです|

|なお返品|苦情|ご意見ご要望なども歓迎します|アーメン|Ξ

Aベストアンサー

「状態」とは、自我仮説と時空仮説の相補分化における、自我成立の成立の前提としての環境を、その原理的本質を把握しない事により、自己矛盾=対立的存在性として認識する事です。

全ての感受は、感受表面における量子相互作用に還元されます。
時空的広がりは、その「相互作用パターン」における情報的作用に対して、生理的作用を(過去の五感の相関した経験の蓄積により)予測することによって生じます(「そこ」で何が起きるか)。

そこにおいて、その「感受表面」そのものが、その“空想的時空的広がり”に有限な広がりを持っていることによって、それは確定的な先入条件から、「自我仮説」になります。
そこにおいて、そうした時空的広がり=有限的存在性が、相補的不確定性(不確定性原理)に基づいていることによって、その「自我仮説(経験=時間)」と「時空仮説(予測=空間)」は相補分化している、と言えるのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング