献血センターは、いつもお菓子とかも出て、飲み物とかも出て、さらに成分献血をすると図書券までもらえます。また予約をして献血をするとスタンプがもらえ、10個あつめると、折り畳みがさや、文具セット、救急箱などもらえます。
そして、ホームページを開設しようとしてて、その費用も260万!!

どうして、そんなに献血センターってお金持ちなんですか?
輸血したことがある人は、「輸血代」とかいって、血って売られているものなんでしょうか?

献血センターってどんな財源なんでしょうね。

別に献血が嫌になるというわけでも、中傷でもないんですが、とっても疑問だったので。

輸血したことがある人、献血関係者さん、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

献血します


図書券はまだもらったことありません。
スタンプを貯めると区切り毎に物が貰えます。
血は売ったことはありませんが
もらった物をオークションには出しています。
間接的に売っていることになるのかな
    • good
    • 0

以前血液センター(私達は献血を主とする日赤の分野をこう呼んでいます。

)で働いていたことがあるnurseです。私も詳しいことはそんなに知りませんが、寄付というのが結構あるんだと思います。一般の人でも、会社であっても、寄付を(色々額は決まっているようですが)すると、バッチとか盾みたいのが贈られたりしているようです。後、血液は値段が決まっていて、そこからの資金もあると思います。血液というのは結構高いです。だけど、日赤の血液は海外のものと比べると、比較にならないくらい安全で、とても質がよいものだと思うので、献血はやはりとても必要なものだと思います。採取するのも結構大変で、値段が高くても、質を落とさないためには今の仕組みが私は必要だと思います。ちなみに献血をしても、その方にお金が渡されることは絶対にないです。血液が売られ始めると、とっても悪い状況が今までの日本でもあったようです。血液を売らなければならないような方(言い方が悪くてごめんなさい)の血液が増えると、健康状態の悪い黄色い血(血漿ばかり・・・血漿と言うのは黄色くて、結局は赤血球がとっても少なくて、あまり質のよくない血液のこと)が増えて、実際には使えないものばかりになってしまいます。昔は輸血をした人が血液を返したりしていたそうですが、輸血を受けなければならない方は、一時的な病気なら返せると思いますが、そうでなくて重症であれば出来ないですよね。だから今の献血の仕組みはとても大事だと私は思います。あんまり説明が上手でなくてごめんなさい。
    • good
    • 0

1.血液センタ-は日本赤十字社が運営していることはご存知ですね.


2.菓子とかは寄付もあるでしょうね。
3.血液でも病院に行く時には、それなりの費用(血液の維持、機械の維持)がかっているので、保険点数があるはずです.タダではないのです.不足分は外国からも入ります。 したがって「輸血代」もあります.ただし、献血の分は高くはできないでしようが.
4.献血でも輸血できないものは廃棄処分や薬剤になったりしますので、それが売れば.財源にもなるでしょう.
5.日赤の寄付集めが町内で時々ありませんか、赤い羽とか. これが回ることもあるでしょうね.http://www.kenketsu.org/
6.お知りになるならば.日赤のhpにも会計報告があると思います.

参考URL:http://www.jrc.or.jp/shain/a.html
    • good
    • 0

 輸血用血液や血漿分画製剤の供給における収入が財源となっているようです。



参考URL:http://www.jrc.or.jp/about/nisseki/c.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「岩国医療センター」と「岩国市医療センター」はまぎらわしいのですがやめてもらえませんか?

「岩国医療センター」と「岩国市医療センター」は全然別物です。どちらかが医療センターの名称をやめてもらえないものでしょうか?「医療センター」とだけ書かれている書類もあり、迷惑なことです。ニュースでも違う映像を放映してしまったこともあります。利用者のことをお考えいただいて改善していただけませんか?

Aベストアンサー

普通は紛らわしい名称は県の医事課が認めないのですが、岩国医療センターは国の施設だから口をはさめなかったのでしょうね。それに国立病院の名称は、どこも地域名+医療センターとなっていますから。
今は医師会病院と名前がついている医療施設は医師会の名前が外れるところがあるので、そっちが変更したほうがいいですね。

Q輸血を受けると献血できない

献血に行きましたら断られてしまいました。
過去に輸血を受けたことがある為です。
一通りの説明を受けて「ふむふむ」と半ば納得して帰ったのです。

輸血を受けた人はその輸血から未知のウィルス等検査しても見つけにくい
なんらかの感染をしている可能性がある。
その可能性の有無を血液センターでは判断できないから献血も受けられない。
というような説明だったと思うのですが・・・。

改めて思い直すと輸血を受けたその血液も元は血液センターで献血を受けた
血液からなっていると思うのです。
その血液が感染している可能性があるから、その血液を輸血された人は献血
できない。
なんだか、どこかひっかかり、しっくりと来ないのです。

検査には引っかからないけれどもなんらかに感染している可能性のあるAさん。
そのAさんの血液を輸血したBさん。
Bさんは献血が出来ない。
Aさんは未だ検査に引っかからない以上、献血は出来る。
と、いうことでしょうか?

Aベストアンサー

残念ですが、今の技術では完全に危険因子を取り除けないのが現状です。

現在の制度では自己申告に大半を頼っています。
例のAさんは感染の可能性があるので、正しい問診を受ければ採血は拒否されます。Bさんも輸血をしてないと言い張れば献血自体は出来てしまいます。
勿論嘘を吐くのは厳禁です。が、可能性として採血後の血液検査で問題が発見されなけば輸血される事はあり得るのです。

特にエイズなどでは血液で判断できるようになるまで、感染から一月以上掛かります。その間嘘を吐いて献血をし、さらにその人が輸血を受けた事実を隠して献血した場合、大変な事になります。

自己申告に頼るのはとても恐ろしいことです。けれど赤血球や血小板、血漿をを科学で作ることが出来ない以上、献血に頼るしかありません。
とても矛盾しているように思えるのでしょうけれど、親切を仇としてしまうより、危険を最初から排除するのが現在の所有力なのだと思います。

下のkanasiiさんも書かれていますが、実際に献血する事も大事ではありますが代わりにボランティアなどで貢献することも出来ます。実際、市街などでのキャンペーン時の呼びかけや、献血ルームでの簡単な手伝いをやっているのは高校生などの学生さんが多いです。
少し方向は変わりますが、骨髄バンクやアイバンクへの登録も大事なことです。

貢献の仕方は人によって変わります。周りに献血の必要と問診時の正確な記載の理由を広めるのでも十分だと思いますよ。

残念ですが、今の技術では完全に危険因子を取り除けないのが現状です。

現在の制度では自己申告に大半を頼っています。
例のAさんは感染の可能性があるので、正しい問診を受ければ採血は拒否されます。Bさんも輸血をしてないと言い張れば献血自体は出来てしまいます。
勿論嘘を吐くのは厳禁です。が、可能性として採血後の血液検査で問題が発見されなけば輸血される事はあり得るのです。

特にエイズなどでは血液で判断できるようになるまで、感染から一月以上掛かります。その間嘘を吐いて献血をし、さ...続きを読む

Q実の親から輸血を受けた子供でも献血はできませんか?

 輸血を受けた者は献血できないということは、このサイトでも何度か取り上げられていることを承知の上で、改めて質問させてください。
 高校生の娘が最近、自分も善意の献血をしてみたいと言い出したのですが、娘は1歳のときに先天性の病気の手術のため、父親から輸血を受けているので、難しいのではないかと思っています。
 念のため、手術を受けた病院で当時のカルテを確認してもらったところ、父親の血液約30ミリリットルを輸血した記録が残っていました。
 医師の話では、輸血に必要な血液を赤十字血液センターからの供給に頼っている現在と違い、当時は少量の血液なら近親者からの輸血で賄っており、このような場合は献血できるかもしれないので、センターに問い合わせてみるように、必要であれば証明書を発行するとのことでした。
 このように実の親から少量の輸血を受けたような場合であれば、献血できる可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>献血できる可能性はあるのでしょうか?


献血できないと思います。
あくまでも輸血の安全性を可能な限り高めるための措置ですから採血者に裁量の余地はないようです。(一律に「駄目」と言うこと)
輸血歴のある方が、現在何らかのウイルスに感染しているとか、あるいは病気であるからという訳ではないので。
15歳以下や70歳以上は健康であるとわかっていても駄目、と言うことと同じです。

参考URL:http://www.jrc.or.jp/sanka/blood/terms/index.html

Q輸血を受けた事がある人は献血できないのですか?

ずっとしてみたいなとは思っていたのですが今まで献血をした事がありませ

んでした。でも少し前にその機会があったので行きました。

問診票を書いて医師の面接を受けました。それで今まで輸血を受けた事が

あるかと聞かれました。

私は産まれてすぐ血液型不適合で黄疸がひどくて輸血を受けたらしいです。

もちろん私自身には記憶はないですが血液交換して大変だったって何回も親

から聞かされました。

父がB型で母がO型です、姉も私もB型です。医者が言うにはB型とO型は

血液型不適合の子供が産まれやすくて第二子、第三子になるほどその確率は

上がるそうです。本当なのでしょうか?BとOは相性は良いって聞いた事も

あるのですが。ちなみに姉の時は何もなかったそうです。

話はそれましたがその産まれてすぐ1回だけ輸血を受けたらしいと言ったら

あっさり「それでは献血できません、一度でも輸血を受けた事がある人は

献血できないんですよ」って言われてしまいましいた。

輸血を受けたのはもう30年以上も前です、それからは大病もせずに風邪もめ

ったにひかない健康な体です。それでも駄目なんでしょうか、もう私は一生

献血できないのでしょうか?もし輸血を受けた事がある人からの血を輸血

したら死んだりする事もあるのでしょうか?じゃあ白血病のドナー登録も

できないのでしょうか?

ずっとしてみたいなとは思っていたのですが今まで献血をした事がありませ

んでした。でも少し前にその機会があったので行きました。

問診票を書いて医師の面接を受けました。それで今まで輸血を受けた事が

あるかと聞かれました。

私は産まれてすぐ血液型不適合で黄疸がひどくて輸血を受けたらしいです。

もちろん私自身には記憶はないですが血液交換して大変だったって何回も親

から聞かされました。

父がB型で母がO型です、姉も私もB型です。医者が言うにはB型とO型は

血液型不適...続きを読む

Aベストアンサー

残念ですが、下記の日本赤十字社のHPによると、一度でも輸血を受けたことのある方の献血はご遠慮いただいているとのことです。いま現在、健康で病気もしない、ということとは無関係のようです。

参考URL:http://www.jrc.or.jp/katsudo/blood/f/2_1.html

Q一度しか輸血をできない病気?

血液型や病気が理由で
1度しか輸血ができないなどのものは
ないのでしょうか?

Aベストアンサー

バーディーバー(-D-)という特殊な血液型がそうですね。1度目の輸血では、その血液を攻撃する抗体がないから輸血できても、その人の中で血液中のC抗原とE抗原に対抗する抗体ができてしまい、2度目の輸血では、その抗体によって輸血の血液が溶血してしまいます。
従って、バーディーバーの人の2回目以降の輸血は、バーディーバーの血液しか輸血できないのです。
そういえば、ドラマの医龍2にそのような事例がありましたね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報