『銀魂2 掟は破るためにこそある』がいよいよ公開!>>

プロテイン

最近よく筋トレをします
よく筋トレ後の30分はゴールデンタイムだからすぐにプロテインを飲むように言われるんですがそれについて気になってることがあります

例えば、極端な話ベンチプレスを1時間やって、その後スクワットを1時間した後にプロテインを飲んだ場合に、プロテイン成分はちゃんと胸筋に行ってくれるのでしょうか?
それともこの場合上半身と下半身でプロテイン成分の効き目は違うのでしょうか?

A 回答 (6件)

確かに30分以内にプロテインとると効果が更にある話は本当です。


鍛えた箇所に栄養が行き渡るそうですよ。
    • good
    • 0

プロテインが必要かどうかの判別からしましょう。



筋トレの有無に関係なくタンパク質は1日で体重×1g必要です。
その状態で筋トレをしてみて下さい。
筋トレ後1~2日様子を見て筋肉が引き裂かれような激痛がでなければ、追加でタンパク質を摂る必要はありません。
追加でタンパク質が必要なほどのトレーニング強度ではありません。

激痛が出るほどであれば体重×2gに増やして下さい。
激痛はなくなるでしょう。

ほとんどの人はプロテインを必要とするほどの強度でトレーニングをしていません。
無闇に摂取しても内臓に負担をかける上に無駄なカロリーです。

タンパク質はアミノ酸に分解され血液によって運ばれるので一部分だけに集中する事はありません。
    • good
    • 0

だいたいの所は他の皆さんが答えているので違う観点から。


確かにそうなんですが、ほとんどの人がプロテインを本当に必要とするほどのトレーニングんをしていません。筋トレとはトレーニングそのものはもちろん、ストレッチや食事、休養と言ったもの全部含めて初めて効果がでるものです。ある程度までは成長しても、その辺りきちんとしていないと成長は止まってしまうどころか焦りからオーバーワークで体を壊してしまう事になりかねません。
逆にそこいらをきちっと把握していればプロテインに頼らなくても充分な効果があります。
例えばの所を突っ込んで申し訳ないのですが、まずベンチからのスクワットと言うのは後のスクワットがあまり効果的ではありません。ベンチで疲労した体幹をでスクワットを行うと安定しないうえに危険です。トレーニングそのものも組み立てや頻度、強度をその時の体調に合わせて自分で考えていきます。
パーソナル付けますとある程度はトレーナーの経験や理論値から適切なトレーニングを組み立ててくれますが、自分の状態が分かるのは自分しかいません。
プロテインの過剰摂取も内臓に負担を掛けますので適量を守りましょう。
トレーニングのフォームは大丈夫ですか?
自分の体型に合ったフォームでしょうか。人のトレーニングも良い悪い含めて大変勉強になりますよ。間違ったフォームで危険な事をしている人がいたら何故危険なのかわかりますか?
効果的なトレーニングをしている人でも目的によってフォームも違いますから、この人はここに効かせたいんだなとかわかりますよ。
焦らず冷静に頭使いながら怪我に気をつけてトレーニングに励んでくださいね。
    • good
    • 0

筋トレ後の...そうです!


そのゴールデンタイムがあります。

ゴールデンタイムとは、言うなれば体力が元の自分以上に戻ろうとする活発な時間帯です。
そのゴールデンタイムの要素というのが、成長ホルモンです。

成長ホルモンが、そのゴールデンタイムに分泌が盛んです。
つまり①筋トレ後20~30分後
   ②筋トレ後2時間後
   ③その日の晩の夜寝ている時とが、最も分泌されていると言われています。
その時に適した栄養成分を摂取していれば、より強力で元気の成長ホルモンが分泌されるんですよね。

その成長ホルモンの働きは、体脂肪の分解と、筋トレで筋肉に付いたキズの治し屋さんをしてくれています。
そのキズを治して元の身体に戻ろうとする訳ですけど...
でも負けず嫌いの筋肉は、もぅひと回り強い筋肉に、成長ホルモンを使って変身しようとします。
ですので、その積み重ねでひと回り大きな強い筋肉が目にも見えて、生まれてくるんですよね(@_@。

その成長ホルモンは、どこから分泌されるかといいますと、中性脂肪にある内分泌器官という、さまざまなホルモンが分泌される所からです。
他には、副腎皮質ホルモンとか、性ホルモンとか、レプチンホルモンとか...いろいろです。
そして身体を守ってくれるんですよね。

それらのホルモン群は血液中を遊離しています。
足の指先から、脳天まで血液は通っています。カッターで切ってみれば血が出ます。
つまり全身に行き渡りますよ(^_-)-☆

ですので血液中にあるプロテインによって最強になっている成長ホルモンは、上半身でも下半身でも、全身に回っています。
そこで成長ホルモンは、筋肉に付いたキズを治してくれる訳ですので、よりキズがついたところ、つまり筋トレを頑張った筋肉に集中する訳です。
(やり過ぎるとオーバートレーニングですので気を付けて下さい)

だから、先にやったベンチプレスでも、後にやったスクワットでも、その成長ホルモンは全身に平等に行き渡っている訳なんですよね。
ですので胸筋でも、もしくは下半身でもプロテインでさらに強くなった成長ホルモンは平等に行ってます。

それからベンチプレスをやっている時にも、下半身の筋肉を使っていますし、スクワットをやっている時も上半身の筋肉も使っています。
ですので筋トレ後のゴールデンタイムに、栄養を摂って下さい。

それから成長ホルモンは分泌されてから、6時間はその効力を保っていると言われています。
ですので、その成長ホルモンのガソリン役に立つ3食は、イッパイ食べて下さい。
それも筋肉をつける要因なんですよねぇ(^。^)y-.。o○
    • good
    • 2

どうでしょう?

    • good
    • 0

例えば胸のトレーニングをした後にプロテインを摂ったからと言って、栄養素が胸だけに行くわけではありませんよ。


胃で消化し腸で吸収された成分は全身に行きます。
ですから全く気にする必要はありません。

トレーニングの時間が非常に長くなるとか、どうしても空腹期間にしかトレーニングができないと言った生活サイクルでカタボリックを心配するのであれば、BCAAを摂取しながらトレーニングを行う事をお勧めします。

プロテインはタンパク質であり、タンパク質から必須アミノ酸に分解してから吸収されます。
かたやBCAAはズバリ必須アミノ酸の事であり、分解の手間が省かれますので、吸収が早いと言ったメリットがあります。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング