あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

「〜使役動詞させてくれる」というのは話し手がやるっていうことですか?それは「〜使役動詞させてもらう」との違いは何ですか?
例えば、「作らせてくれる」「作らせてもらう」

A 回答 (4件)

「くれる」や「もらう」は補助動詞で、文法的には、それぞれ以下のような構図になっています。



1.「(彼が)作らせてくれる」⇒「(彼が)わたしに作らせる」という状況を「(彼がわたしに)くれる」

2.「(わたしが)作らせてもらう」⇒「(彼が)わたしに作らせる」という状況を「(わたしが彼から)もらう」

(他の例)
「彼が(わたしに)本をくれる」=「わたしが(彼から)本をもらう」
「あなたが(わたしに)歌を歌ってくれる」=「わたしが(あなたから)歌を歌ってもらう」
    • good
    • 0

「くれる」と「もらう」の差です。

「くれる」のは相手の動作で、「もらう」のは「話し手側」の動作です。ところが、「させてくれる」と「させてもらう」という形になると、結果は「する」は話し手であり「させる」のが相手側なんです。なんだか狐につままれたような話になるのですが、根本的に考えると、授受動詞の「くれる」「もらう」の補助動詞としての使用法になるのですが、少し説明しましょう。「授受動詞」には「やる・もらう・くれる」の3種があります。授受動詞の別名が「やりもらい」動詞で、「やる」と「もらう」とは明らかに反対の意味です。

 Aさんにお土産をやりました。(私の動作)  お土産は→Aさんへ行く
 Aさんに(から)お土産をもらいました。(私の動作)お土産は→わたしに来る

この二つだけなら話は単純です。やったり、もらったりするだけです。
 ところが、日本語の場合、「くれる」という動作が入ってきます。

 Aさんがお土産をくれました。(相手の動作) お土産は→わたしに来る

 ここで、何か複雑になりそうな予感がします。

 今度は「くれる」と「もらう」を比較します。
 Aさんがお土産をくれました。(相手の動作) お土産は→わたしに来る
 Aさんに(から)お土産をもらいました。(私の動作)お土産は→わたしに来る
誰の動作かは違いますが、結果的にお土産は私のところにくるわけです。(これは別の日の話ではありません。)
 ここのところが大切なんですが、お土産は一つであり、同じ日に私のところに来たのですから、「くれる」と「もらう」は同じ事を、別の言い方で表しているのです。一つのお土産を「くれた」のと「もらった」の同一の状態を別の言い方で表したことになります。ちがうのは「くれた」という相手の側から言い方か、「もらった」という私の側の言い方かの違い、「くれる」と「もらう」とは、同じことの二つの側面から言ったということです。
 「させてくれる」と「させてもら」とは、動作主の違いはあるが同じことなんです。
させるのは「あなた」、するのは「わたし」です。このことは敬語の「くださる」と「いただく」の違いにもなるので、よく理解してください。「授受動詞」の中の一番大切な部分です。
    • good
    • 0

どちらも同じことを言っていて、主語が違うだけです。



「あなたが私に作らせてくれる」
「私があなたに作らせてもらう」

どちらも作るのは「私」で、私に作る許可を与えたのは「あなた」です。
    • good
    • 1

いずれも主語は誰か別の人で、「作る」の動作主体が話者です。

どちらも意味は同じです。あえてニュアンスの違いを言うならば、前者は別の人の好意や許可をより表現していて、後者は話者が許可を取り付けた点をより表現していると思います。
幸運をお祈りします。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「使役+もらう」、「使役+てもらう」、「使役+てほしい」のような構造で困っております……

 日本語を勉強中の中国人です。回答文に理解できない文法がありましたのでご解釈をお願い致します。

「『別のカテで意味が分からない発言が目に止まりましたので、お聞かせください』では何を聞かせて欲しいのかが不明確です。」

「解説をお聞かせ頂きたいのか、ご意見をお聞かせいただきたいのか、感想をお聞かせいただきたいのかはっきりしないのです。」

1.「聞かせて欲しい」

「聞かせて欲しい」とはどういう意味でしょうか。「使役+て欲しい」のような構造がとても苦手です。「誰が誰に」のように、対象の省略なしの完備した構造で教えていただければ非常に助かります。

2.「解説をお聞かせ頂きたいのか、ご意見をお聞かせいただきたいのか、感想をお聞かせいただきたいのか」

「解説をお聞かせ頂きたい」、「ご意見をお聞かせいただきたい」、「感想をお聞かせいただきたい」は尊敬語でしょうか。それとも謙譲語でしょうか。

「解説」と「感想」の前は、「ご」が抜けているのでしょうか。

 敬語を使わないで、質問2の元の文はどのような文でしょうか。「解説を聞かせもらいたいのか、意見を聞かせもらいたいのか、感想を聞かせもらいたいのか」になるのでしょうか。「誰が誰に」のように、対象も補足していただければ有り難く思います。また、「使役+もらう」と「使役+てもらう」とは違う構造なのでしょうか。

 重箱の隅をつつくような質問で本当に申し訳ありません。「使役+もらう」、「使役+てもらう」、「使役+てほしい」は外国人の私にとってはとても難しいです。日本語勉強の難関です。

 また、自然な日本語の文章を書きたいと思っていますので、よろしければ質問文の添削もしていただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

 日本語を勉強中の中国人です。回答文に理解できない文法がありましたのでご解釈をお願い致します。

「『別のカテで意味が分からない発言が目に止まりましたので、お聞かせください』では何を聞かせて欲しいのかが不明確です。」

「解説をお聞かせ頂きたいのか、ご意見をお聞かせいただきたいのか、感想をお聞かせいただきたいのかはっきりしないのです。」

1.「聞かせて欲しい」

「聞かせて欲しい」とはどういう意味でしょうか。「使役+て欲しい」のような構造がとても苦手です。「誰が誰に」の...続きを読む

Aベストアンサー


まず、「『別のカテで意味が分からない発言が目に止まりましたので、お聞かせください』
という文は間違いとは言えないと思います。

何を聞かせて欲しいのかと言えば、この発言に関する「解説・意見・感想」などであることは明白で、この3つはこの場合全て似たような意味を持っているからです。
また、この3つのどれでも良いので聞かせて欲しいという意味であってもおかしくはありません。
通常は「お聞かせ下さい」の前に【そのことに関する事を】という語句が省略されていると判断するように思います。
その前に「意味がわからない発言」と述べているわけですから、「聞きたい内容」は自ずと決まっているということでしょう。
このように明白な事柄に関しては省略して表現することが、日本語では割合多いように思われます。

ただ、この回答者さんは、awayuki_chさんが【省略】に気付かないままこのような表現を使ったかもしれないと懸念したわけでしょう。
正式な目的語を明確にしないと意味が通じない場合も実際あるわけですから、その点を指摘されたのだろうと思います。
ですから、この回答者さんが間違っているわけでもありません。


<1.「聞かせて欲しい」>
「あなたが」「私に」「(あなたの意見を)聞かせる」「ことを(私は)望む」ということです。
「あなたが私に(自分の意見を)聞かせる」という【状況】を「(私は)欲しい」というように考えても良いでしょう。

ストレートに言えば『(あなたの意見を)聞きたい』ということになります。
では、なぜわざわざ使役表現を使うのか。
「聞きたい」動作の主体は「私」で、
「聞かせる」動作の主体は「あなた(相手)」です。
主体を「あなた」にすることで、「あなたの」「(私に)聞かせる」という【行為】が是非必要だ。
ということを強調しているわけです。
(個人的にはそのように解釈しているということですが)

<2.「解説をお聞かせ頂きたいのか、ご意見をお聞かせいただきたいのか、感想をお聞かせいただきたいのか」>
・「聞かせる」動作の主体は回答者ですから、尊敬語と考えて良いと思います。
・「ご意見」「ご感想」は自然ですが、「ご解説」はあまり使わないような気がします。
・敬語を使わなければawayuki_chさんの例文のとおりで間違いありません。
ただし、どのような場合でも【聞かせもらいたい】という表現はありません。
『聞かせてもらいたい』です。
「awayuki_chさんが」「回答者に」『解説を聞かせてもらいたいのか、意見を聞かせてもらいたいのか、感想を聞かせてもらいたいのか』ということです。


<ご質問文の添削>
1、<回答文に理解できない文法がありましたのでご解釈をお願い致します。>
やや硬すぎる(丁寧すぎる)印象があります。
『回答文に理解できない文法がありましたのでお聞かせ下さい。』(○)
『回答文に理解できない文法がありましたので解説していただけないでしょうか。』(○)
などの方が自然でしょう。

2、<敬語を使わないで、質問2の元の文はどのような文でしょうか。>
仮定法を使うとすっきりします。
『(もしも)質問2の文を敬語を使わずに表現するとすれば、どのような文になるでしょうか。』(◎)


<復習・補足>
・私の勘違いであれば申し訳ないのですが、「使役+もらう」という形は無かったように思います。

・このような形での使役表現は本来、【主体を相手に置く】という意図があるように思います。
良く言えば「相手を立てる」。
悪く言えば「責任を避ける」。
といったところでしょうか。
ただ、あくまで本来的意図であって、ネイティブがこの表現を使う場合に殊更それを意識しているというわけではありません。

・「使役+てもらう」
「考えさせてもらう」というのは、【あなたが私に考えさせる、という状況】を【(私が)もらう】ということです。
「考えてみる(考える)」と言っても同じことです。
ただ、その場合は主体が自分自身になるので、それを回避した表現と言えるでしょう。
・「使役+てもらいたい」=「使役+てほしい」ということになりますが、「~てもらいたい」のほうが強い要望のニュアンスを含んだ表現になると思います。


まず、「『別のカテで意味が分からない発言が目に止まりましたので、お聞かせください』
という文は間違いとは言えないと思います。

何を聞かせて欲しいのかと言えば、この発言に関する「解説・意見・感想」などであることは明白で、この3つはこの場合全て似たような意味を持っているからです。
また、この3つのどれでも良いので聞かせて欲しいという意味であってもおかしくはありません。
通常は「お聞かせ下さい」の前に【そのことに関する事を】という語句が省略されていると判断するように思います...続きを読む

Q目的「ために」と「のに」の違いを外国人にどう教えたらいいでしょうか

こんにちは。

今度日本語学校で、模擬授業があります。
初級の生徒に
「~ために」と「~のに」の導入をするのですが、この2つの厳密な違いの説明がうまく思いつきません。

例えば


フランスへ行くために、お金を貯めます
健康のために、ジョギングをします

これは、ワインを開けるのに 使います
ここは、学校へ通うのに 便利です


「フランスへ行くのに」にしたらおかしいし、「ワインを開けるために」は、絶対不可能とは言えないけれど、やっぱり「のに」を使うべきですよね。


特に心配なのは、「ために」を導入したあと(この導入の仕方も模索中なのですが)、「のに」を新たに加えた時に、

「ために」との違いは何ですか?
「ために」を使ってはいけないのですか?

と質問されることです。


「ために」は目的の理由?
「のに」は説明?

・・・曖昧です。


初級の生徒にもわかるような説明の仕方はありませんか?
また、生徒への説明の仕方以外でも、学問的な意味の違いを教えて頂くだけでも結構です。

皆様のご意見をお待ちしております。


ちなみに教える相手はフランス人4~5人、
教え方は直説法(日本語で日本語を教える)です。

こんにちは。

今度日本語学校で、模擬授業があります。
初級の生徒に
「~ために」と「~のに」の導入をするのですが、この2つの厳密な違いの説明がうまく思いつきません。

例えば


フランスへ行くために、お金を貯めます
健康のために、ジョギングをします

これは、ワインを開けるのに 使います
ここは、学校へ通うのに 便利です


「フランスへ行くのに」にしたらおかしいし、「ワインを開けるために」は、絶対不可能とは言えないけれど、やっぱり「のに」を使うべきですよね。

...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

私が考えた例文も足してみます。

○フランスへ行くために、(私は)お金を貯めます
○大学に合格するために、(私は)勉強する
○健康のために、(私は)ジョギングをします
○これは、(一般に誰かが)ワインを開けるために使います

○フランスへ行くために、(私は)お金が必要だ
×ここは、(一般に誰かが)学校へ通うために便利です
△ここは、(一般に誰かが)学校へ通うためには便利です
×この家は、偉い人が住むためにふさわしい
×ここの気候は、僕が住むためには暑すぎる


×フランスへ行くのに、(私は)お金を貯めます
×大学に合格するのに、(私は)勉強する
×(健康のに、(私は)ジョギングをします)
○これは、(一般に誰かが)ワインを開けるのに使います

○フランスへ行くのに、(私は)お金が必要だ
○ここは、(一般に誰かが)学校へ通うのに便利です
○ここは、(一般に誰かが)学校へ通うのには便利です
○この家は、偉い人が住むのにふさわしい
○ここの気候は、僕が住むのには暑すぎる


以上のことから、

1.
形容詞(ふさわしい、暑い)、形容動詞(便利だ、必要だ)を修飾するときは、
「~のに」が正解となる。
(たまに、「~ために」も正解になるケースもある。)

2.
動詞(貯めます、勉強する、使う)を修飾するときは、
「~ために」が正解となる。
(たまに、「~のに」も正解になるケースもある。)

ということが言えると思います。


ご参考になりましたら幸いです。

こんばんは。

私が考えた例文も足してみます。

○フランスへ行くために、(私は)お金を貯めます
○大学に合格するために、(私は)勉強する
○健康のために、(私は)ジョギングをします
○これは、(一般に誰かが)ワインを開けるために使います

○フランスへ行くために、(私は)お金が必要だ
×ここは、(一般に誰かが)学校へ通うために便利です
△ここは、(一般に誰かが)学校へ通うためには便利です
×この家は、偉い人が住むためにふさわしい
×ここの気候は、僕が住むためには暑すぎる


×...続きを読む

Qさせてあげる、させてもらうの区別は?

授受動詞「させてあげる」、「させてくれる」、「させてもらう」はいつも見つかれます、でも、この三つの区別は困っています。使う場合を詳細にご説明お願いします。
ありがとうございます。

Aベストアンサー

No.2の回答者です。お礼のお言葉をありがとうございました。

>>>
この質問について、再質問いたします。
これは2000年能力試験の過去問題です:
A:誰かポスターを書いてくれる人を知りませんか。来月、会社オーケストラのコンサートを開くんです。
B:ああ、それなら弟に書かせてやってくださいませんか。美術学校の学生なんです。
ここで「させてやる」と「くださる」がすべてありそうです。これはパターン1(させてやる)ですか、パターン2(させてくれる)ですか。
ちょっと分析していただけませんか。



「誰かポスターを書いてくれる人を知りませんか」
から
「ポスターを書いてくれる人」
の部分だけ取り出します。
これを、「人」を「鈴木さん」に取り替えて、「佐藤さんは」を主語とした文に書き換えると、
「鈴木さんはポスターを書いてくれる」(2のパターン)
となります。



まず、
・「~せてやって」は、「~せてあげて」と同じ意味・用法です。
・「くださいませんか」は「くれないか」の丁寧語です。

ですから、
「弟に(ポスターを)書かせてやってくださいませんか。」
  = 「弟に(ポスターを)書かせてあげてくれないか。」
となります。
肯定文にすれば、
「弟に(ポスターを)書かせてあげてくれる。」
です。

話す相手の名前が佐藤さんだとすれば、
「佐藤さんが弟にポスターを書かせてあげてくれる。」
となります。

ここで注意しなくてはいけないのが、
文末にある「くれる」は、「~せてくれる」の用法ではないということです。
「~せてくれる」の用法ならば、「書かせてあげさせてくれる」になります(かなり不自然な日本語ですが)。
(たぶん、このことについては、日本人でも、ちゃんと分析できる人は少ないと思います。)

書くことを許可する人は佐藤さんです。
書くことを許可される人は弟です。

そういうわけで、
「佐藤さんが弟にポスターを書かせてあげてくれる。」
から「くれる」を取り去って、
「佐藤さんが弟にポスターを書かせてあげる。」
という文として考えることができます。

ですから、
「弟に書かせてやってくださいませんか。」
は、1のパターンです。


なお、
>>>「~せてやって」は、「~せてあげて」と同じ意味・用法です。
と書きましたが、
「やる」は「あげる」よりもぞんざいな表現です。

「金はやるから、秘密はばらすな。」 ・・・ぞんざい
「お金はあげるから、秘密は守ってくれ。」 ・・・普通
「お金は差し上げますから、秘密は守ってください。」 ・・・丁寧

「今年は自由にやらせてやるから、来年はちゃんと勉強しろ。」 ・・・ぞんざい
「今年は自由にさせてあげるから、来年はちゃんと勉強してね。」 ・・・普通
「今年は自由にさせてあげますから、来年はちゃんと勉強してください。」 ・・・丁寧


以上、ご参考になりましたら。

No.2の回答者です。お礼のお言葉をありがとうございました。

>>>
この質問について、再質問いたします。
これは2000年能力試験の過去問題です:
A:誰かポスターを書いてくれる人を知りませんか。来月、会社オーケストラのコンサートを開くんです。
B:ああ、それなら弟に書かせてやってくださいませんか。美術学校の学生なんです。
ここで「させてやる」と「くださる」がすべてありそうです。これはパターン1(させてやる)ですか、パターン2(させてくれる)ですか。
ちょっと分析していただけ...続きを読む


人気Q&Aランキング