どなたかお願いします!この本の要約と考察のレポート提出が迫っているのですが読んでも何を書いてるのか全然理解できません。要約なんてとても無理で困っています・・
どなたか教えてください!よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

レポート枚数が分かりませんが・・



本文は第一章から第六章まであります。
先ず「はじめに」で本書の目的が述べられています。即ち本書は文化人類学とはどのような学問で何を明らかにする学問なのかを六章に分けて解説しています。そのさい、今日の文化人類学の基礎を築いたポーランド生まれの人類学者マリノフスキーを中心に、人類学の発展史を概説し、彼が調査した西太平洋のトロブリアンド諸島(現在のパプア・ニューギニア共和国)や著者が調査したインドネシアのフローレス島で行われている交換の問題を考察しています。マリノフスキーの提起した交換というテーマは、現代の文化人類学が取り上げているさまざまなの問題が深くかかわっているという。

先ず第一章「文化人類学とポーランド」ではxxxを通じ○○と●●について詳細に述べた後、人類学は何を明らかにする学問かをといている・・
第二章「交換の経済人類学」では

以下同じ要領で各章の概説をあなたが理解したとおり本書からまとめていく。
最後に「考察」として難しい文化人類学を市民講座という形で予備知識のない一般人に説明した著者の努力を称え、本書を通じ我々の身近にある社会生活のルールや習慣、交換という考え方で結婚を考える新鮮な驚きなど、大江健三郎の感想文も参考にしながら感想を纏める。文化人類学が我々の日常生活にどのように役立つ学問であるか(あなたの言葉で)自分はこのように理解したと締めればよいと思います。教授の好み、くせなどが分かればそれも考慮して書くべきでしょう。(自分の言葉を多用することを嫌う教授の場合、本文の丸写しでも問題ないでしょう)要は
あなたが本書に確かに目を通していることが伝わればいいのではないかと思います。(一般教養科目としては)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御丁寧にありがとうございます!
とてもとても助かります。もう一度本に目を通して頑張って書き上げたいと思います。

お礼日時:2001/07/16 00:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学の課題で本を読んで3200文字以上のレポートを書けと言われたのですが、今までレポートなど書いたこ

大学の課題で本を読んで3200文字以上のレポートを書けと言われたのですが、今までレポートなど書いたこともないし字数が多すぎてどのように書いていけばいいかわからないのですがアドバイスなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

参考までに。http://www.report.gusoku.net/kihon/whatsreport.html

Q実験レポートの考察

機械工学実験のレポートの考察が書けません。どんな感じに書いていけばいいでしょうか?



実験内容は硬さ試験です。方法はブリネル硬さ試験とビッカース硬さ試験です。材料は鉄、銅、アルミニウムの3つです。

Aベストアンサー

>機械工学実験のレポートの考察が書けません。どんな感じに書いていけばいいでしょうか?
丸投げ質問や宿題の質問はNGではなかったでしょうか?


>方法はブリネル硬さ試験とビッカース硬さ試験です。材料は鉄、銅、アルミニウムの3つです。
まずは、硬さ試験機の原理を理解して、異なる材料で測定した値が、どのような値になって、何故、そのような傾向になるのを自分なりに考えて意見( 考察 )を書きます。

例えば、
 ブリネル硬さ試験の結果として鉄が100、銅が50、アルミニウムが20となり、
 ビッカース硬さ試験の結果として鉄が15、銅が10、アルミニウムが2となった。

 比率を計算すると、ブリネル硬さとビッカース硬さで違います。 何故?同じ材料なのに違うかを、考えて書くことが考察になります。

 なお、材料系の学生なら・・・「鉄」ではなく、鋼、純鉄、鋳物などの表現が良いと思いますが・・・そこまで習っていない?

Q私はレポートを書いたり、文章を要約が苦手。

私はレポートを書いたり、文章を要約したりするのがすごく苦手です。
どんなトレーニング(勉強)をすればうまくなりますか?

Aベストアンサー

 そのレポートというのが論文や報告書の類である場合の回答です。

 一度、言いたいことをすべて文章に書いてみて、その後内容を変えず(意味が通じるように)に文章の長さを短くする。
 短くするにあたっては以下の点に気を付ける。

1.文体の統一を維持する(通常は「である」体)。
2.送り仮名の付け方は統一する。
3.名詞以外では常用漢字だけを用いる(文章を短くするために本来使われないような漢字を使ったりしない)。
4.比喩、修飾等余計な表現は省く。
5.倒置法等の特殊な文法は用いない。
6.感情を表現する要素は思い切って捨てる。
7.「○○の」や「○○で」は一つの文で3つ以下にする。
8.一つの文は2行以下にまとめる。
9.一つの事は2文以下で説明する。

 あとはとにかく数をこなす事です。「習うより慣れろ」

Qレポートの考察

昨日提出した実験報告書に下記の文章を考察として書きました。

(考察) 製品は、規格内に適合した。

『規格内に適合』という表現は、不適切なのでしょうか?
大事な報告書なので、気になります。詳しい方、アドバイス宜しく
お願い致します。

Aベストアンサー

「規格に適合した」が正しいでしょう。
規格内に入ることを適合というので、「規格内に適合」は二重表現になり、それ相当の人が見たら違和感を抱きます。

Qレポート 考察の書き方

実験のレポートを書いているんですが、考察のところで詰まっています。
実験レポートは初めてで、書くべき内容が思いつかず、とくに考察は7~8行(スペース、改行含む)ぐらいしか書けません。
グラフや表から読み取るのは苦手で、読み取れたとしてもそれをうまく表現できません。

考察で、「~ということがわかる/わかった」などと書くと、その後のまとめの部分と内容がかぶってしまうのではないかと思うのですが、書かない方がいいのでしょうか?

そもそも、自分の書いていることが考察に相応しいのかどうかがわかりません。

考察にはどのようなことをどのくらい書けばいいのですか?
また、考察に相応しい文章、考察の締めくくり方などについても教えてください。

Aベストアンサー

実験はある理論を実際に検証するのが目的です。

学生実験の場合は理論が確立している現象を実際に試して確認するわけですから、実験で得られた結果から理論(数式)に当てはめ、一致すれば「理論どおり」、一致していなければ相違が生じた原因を考えて書きます。

社会に出てからは自分で仮説を立て、その仮説を検証するために実験します。実験の結果が仮説どおりかどうかを検討するのが「考察」になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報