平成2年式のデリカに乗っています。
空気圧を調整したいのですが、数値表示がはがれていて分かりません。
どなたかご存じの方、教えて下さい。同年式のパジェロでも構いません。
タイヤホイール共に純正です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私はつい最近まで平成2年式のデリカワゴン(4WD)に乗っていました。



空気圧は前輪、後輪とも2.0でした。
    • good
    • 0

取扱説明書に記載されているはずです。


取扱説明書の後ろの方にサービスデータがありませんか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日産純正カーナビを三菱デリカに取付け方法

お世話になります。
日産((株)ザナビィ・インフォマティクス) 
XF-780A(N)のカーナビゲーションを
三菱のデリカに取付けたいのですが、ハーネスとか
どのようにすればよいかアドバイスいただけません
でしょうか。
取付けは、相当に難しいのでしょうか。

Aベストアンサー

次のホームページが参考になりそうなので、見てみてください。 他にもデリカの改造についていろいろ書いてあります。

http://akake.com/delidiy/navi/navi.htm

参考URL:http://akake.com/delidiy/navi/navi.htm

Q空気圧について

空気圧を計る時ってタイヤを車から外してから計るのですか?それとも車の重量がかかっている、装着状態の時に計るのですか?

Aベストアンサー

どちらでも、同じです(誤差の内です)。
重要な事は、
1.冷間時に。(どうしてもなら暖かい時は15%増し・かなりいい加減ですが)
2.月1ぐらいは必ず。
3.スペアタイヤも忘れず。
4.計測器もあまり信用しない(時々は複数で調べる)
5.釘ささり等も目視点検するべき。(可能ならね)
グッド・ラック

Q自転車の空気圧

初めてエアコンプレッサーを買いました。ホームセンターで千円を切るようなものですが、自動車のタイヤにはちゃんと空気を入れる事が出来ました。ですが、自転車には付属のアダプターを付けても何故がメーターの針が振り切ってしまい空気圧がわからず怖くて途中でやめてしまいました。何故このようなことになったのか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

一般的な自転車の空気の入れ口(バルブの構造)は、自動車と違うんです。

ですので、自動車のもので入れる場合にも、正しい圧力は測れませんし、入れる時は振り切るくらいになるのは普通です。

自動車のバルブは、中央のピンを押すことで、バルブが開きますので、タイヤの空気圧と同じかちょっとの差で入れる事が出来ます。

しかし、一般的な自転車のバルブと言うのは、自動車の様に中央のピンがありません。
なぜなら、ばらしてみればわかりますが、空気入れの金具はパイプ状になって居て、タイヤの側の先端がふさがれており、その手前に、横に穴が開いています。
そして、そのパイプに、虫ゴムと言うゴムのチューブをかぶせてあります。

空気は、空気入れ口の金具からそのパイプの中を通り、パイプ途中の横穴から、虫ゴムを押し広げてタイヤの中に入ります。
この虫ゴムを押し広げるのに結構高い圧力が必要になります。
また、ゴムですので、空気の入口からの圧力が亡くなれば、ゴムの力で、パイプの途中の穴が閉じで空気が出ない構造になって居ます。

なので、そのタイプのタイヤは、ゲージなどで空気圧を測る事は出来ませんし、自動車の空気圧以上の高圧が必要になります。
なので、メーターが振り切ってしまったりします。

コンプレッサーが、メーターが振り切っても、空気が入る様であれば、空気を入れることは可能です。
ただ、場合によって、空気圧メーターが壊れてしまう事がありますけどね。

バルブの構造が違うために、その様になってしまうんです。

一般的な自転車の空気の入れ口(バルブの構造)は、自動車と違うんです。

ですので、自動車のもので入れる場合にも、正しい圧力は測れませんし、入れる時は振り切るくらいになるのは普通です。

自動車のバルブは、中央のピンを押すことで、バルブが開きますので、タイヤの空気圧と同じかちょっとの差で入れる事が出来ます。

しかし、一般的な自転車のバルブと言うのは、自動車の様に中央のピンがありません。
なぜなら、ばらしてみればわかりますが、空気入れの金具はパイプ状になって居て、タイヤの側の先端が...続きを読む

Qタイヤの空気圧

質問です。適正なタイヤの空気圧はタイヤの種類によって変わるんですか?
車両の運転席側にタイヤの空気圧が書いてありますが、これはどのタイヤにも当てはまることなんでしょうか?
以前ヨコハマのネオバを装着していて、今はヨコハマのDNAのs.driveを装着しています。乗っていて前よりだいぶタイヤが柔らかいな~と感じるんですが、空気圧は車両にかいてある圧をいれています。
これはタイヤ自体が柔らかいのか、空気圧が低いのか?少し疑問に感じています。分かる人がいれば、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

>適正なタイヤの空気圧はタイヤの種類によって変わるんですか?
何を適正とするか? 乗る人の考え方によって決まると思います。 メーカーの指定値が適正と考えれば、それが適正値です。

>これはどのタイヤにも当てはまることなんでしょうか?
タイヤの強度=ロードインデックスが同じなら当てはまります。 ロードインデックスは、例えば「205/55R16 91W」の場合、最後の数字:91です。 これが異なる場合は空気圧で調整します。 (メーカー指定の強度より落とす場合は注意してください。 原則はメーカー指定以上としましょう) 御参考に:http://kakaku.com/kuruma/taiyaya/sign.htm

>これはタイヤ自体が柔らかいのか、空気圧が低いのか?
両方とも影響します。 先のご回答にある通り、タイヤ自体もネオバに比べるとだいぶ柔らかい特性のタイヤです。

空気圧は、いろいろ変えてみて自分に最適な圧を探すと良いかと思います。 (メーカー指定圧より少なくする場合は注意してください。 メーカー指定圧は、それ以上少なくすると危険な「最低値」近くが多い様です) 柔らかいと感じた時は、圧を高くしてみると良いでしょう。

まぁ、あまり気にせず、基本のメーカー指定圧でOKすが、意外と自然に減っていくので、空気圧はマメに(月に1度くらいは)チェックしましょう。

参考URL:http://kakaku.com/kuruma/taiyaya/sign.htm

>適正なタイヤの空気圧はタイヤの種類によって変わるんですか?
何を適正とするか? 乗る人の考え方によって決まると思います。 メーカーの指定値が適正と考えれば、それが適正値です。

>これはどのタイヤにも当てはまることなんでしょうか?
タイヤの強度=ロードインデックスが同じなら当てはまります。 ロードインデックスは、例えば「205/55R16 91W」の場合、最後の数字:91です。 これが異なる場合は空気圧で調整します。 (メーカー指定の強度より落とす場合は注意してください。 原...続きを読む

Qインチアップ時の空気圧について

私事で大変申し訳ないのですが、タイヤの空気圧の質問です。205/50R15 から 205/40R17に変更した場合、変更後の空気圧はどのくらいが最適でしょうか?FF車になります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

タイヤの空気圧は、インチアップしたから、とかいう理由で変更するものではありません。

タイヤには、計算上、支える事が出来る荷重がロードインデックス値(LI値)として決まっています。

タイヤの空気を入れれば入れるほど、耐加重も高くなるのですが、入れれる空気の上限も決まっています。

そのLI値はスタンダード規格と、レインフォースド規格の2種類があり、ほとんどの場合は、スタンダード規格で、入れれる空気の量(それ以上空気をいれても耐加重が増えない値)は2.4kgです。

おそらく、ノーマルタイヤの時の空気圧が2.0kg~2.2kg位だと思いますので、
ノーマルタイヤ205/50R15=LI値85の2.2kgの耐加重は490kgとなっています。
指定空気圧が2.0kgなら、465kgです。

新しいタイヤ205/40R17=LI値80は、空気圧を上限の2.4入れても450kgのが上限となります。

よって。。。
実際には、このタイヤは「履いてはいけない」タイヤです。

といっても履いてしまっているので。。。
応急処置として、上限の2.4kg以上空気を入れるという事をします。。。。(少しでも多く入れれば耐加重も増すだろうという希望的観測)


純正の指定空気圧が2.0kgの場合は、新しいタイヤの空気圧2.5kg
純正の指定空気圧が2.2kgの場合は、新しいタイヤの空気圧2.7kg~2.8kg

タイヤの空気圧は、インチアップしたから、とかいう理由で変更するものではありません。

タイヤには、計算上、支える事が出来る荷重がロードインデックス値(LI値)として決まっています。

タイヤの空気を入れれば入れるほど、耐加重も高くなるのですが、入れれる空気の上限も決まっています。

そのLI値はスタンダード規格と、レインフォースド規格の2種類があり、ほとんどの場合は、スタンダード規格で、入れれる空気の量(それ以上空気をいれても耐加重が増えない値)は2.4kgです。

おそらく、ノー...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報