7才の息子なのですが、以前より風邪をひき易く、熱をだし、鼻づまりがあったので耳鼻科へ行ったところアレルギー性鼻炎と診断され、症状が治まっていてもポララミンを朝晩欠かさず飲むように言われました。、子供に毎日薬を飲ませるのは心配だったのですが、先生の話では、月に1度高熱をだしたり、扁桃腺が腫れたりするのは、アレルギー性鼻炎で鼻が詰まり、口呼吸をしているせいで、喉に菌がつき、熱を出すのですよ。といわれて、まさに家の子に当てはまっていると思い、1年くらいその耳鼻科に通い365日ポララミンを処方されました。飲んでる時は、偶然かどうか分かりませんが,熱を出すことが無かったのですが、このままずっと薬を続けなければいけないといわれるので、さすがに不安になり、他の耳鼻科へ連れて行きました。確かにひどいアレルギーで検査の結果もアレルギーの数値がどれもこれも高いものでした。そこの先生にはかなりひどいアレルギーなので減感作療法をすすめられましたが、それも何年も注射を打って,効果は70%ということでためらっています。他の先生に見てもらったら、ポララミンを夜だけとか少しずつ減らして見ましょうといわれ、飲まなくなり、耳鼻科にも通わなくなってしまったのですが、そうしましたら、1年間なかった扁桃腺炎になったり、アレルギー性の結膜炎になったり、ヘルパンギーナにかかったり、1ヶ月間ずっと熱が出ているかのようになってしまいました。今まで薬で押さえていたのが、ひどくなって出てしまったのでしょうか?このままずーっとポララミンをのんでアレルギーを押さえた方がいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

鼻 種類」に関するQ&A: 「暗い人」には、やはり2種類ありますかね? ただ、鼻から怠け者でボーッとしているだけの人と、 超・文

A 回答 (3件)

アレルギー性鼻炎は、1型アレルギーといわれIgE抗体と肥満細胞により引き起こされる症状ですが、これは気管支喘息などと同じように慢性炎症というかたちで理解されるようになっており、炎症が慢性化すると難治化する傾向があります。


季節性のものはスギ花粉などに代表される花粉症ですが、小児の場合はハウスダストやダニを抗原とする、通年性のアレルギー性鼻炎であることが多いのです。

治療として最も大切なのは抗原を除去(生活環境からハウスダストやダニの温床となる絨毯やぬいぐるみなどを遠ざけたり、布団を乾燥させたり室内の湿度が上がらないようにするなど)することです。
次に薬物療法ですが、これには抗ヒスタミン作用を持った薬剤(ポララミンもこの系統のの薬です。)とヒスタミンなどのケミカルメディエーターの遊離を抑制する薬剤があります。鼻水タイプでは、抗ヒスタミン剤(多種類あります)、鼻づまりタイプでは遊離抑制剤(インタールとかリザベンなど)がよいといわれています。

減感作療法ですが、アレルギー性鼻炎の場合は、喘息に比べると効果が高く出ます。
1997年のWHOの見解では、適応は
1、有効性と安全性が明記されたアレルゲンに起因する鼻炎
2、抗原除去が完全にできない患者
3、薬物療法が比較的長期間毎日必要な患者
とされています。
減感作療法は、抗原が明らかであり、長期治療ができる場合には考えても良いと思いますが、あくまで抗原の除去、回避ということが基本であって、鼻アレルギー診療ガイドラインの中では、除去可能な抗原は基本的に対象にしないと述べられています。
抗原の回避が難しく、長期的に薬剤の減量ができないときは、減感作療法もお考えになったらいかがでしょうか。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございました。
 息子の場合、ダニ、ハウスダスト、杉花粉,ヒノキ花粉、犬・猫のふけ、がかなり高かったので抗原の回避は難しいといわれました。
 鼻炎の場合、減感作療法の効果が高いのは知りませんでした。薬物療法で小さいうちからずっと薬を飲ませたり、減感作療法をした場合、副作用の心配は無いのでしょうか?
 民間療法も良いと聞くといろいろと試したのですが効果はないようでした。薬に頼るしかないのでしょうか・・・・。
 時間があったらまた教えてください。

お礼日時:2001/07/18 20:26

子供の頃からアレルギーでそのまま大人になった人より。


素人ですが、書いてみます。
私も子供の頃は風邪、鼻水、鼻詰まり、中耳炎がひどく、夜寝ている時も、鼻詰まり対策のために、子供なりに、寝る時に体の向きをいろいろ変えてみたり工夫していました。
アレルギーには、命にかかわるものと、命に別状ないものがあり、全然性質が違うものです。
命にかかわるものは、そばアレルギーなどの食物アレルギーで、食べた瞬間にむせこんで窒息の危険があるものです。そういうものは、「直ちに」「明らかにアブナイ症状」が出るのでわかると思います。ぜんそくも、「見るからにアブナイくらいの発作」なら、薬が必要です。このアレルギーは、深刻です。アレルゲンを1滴、1粒でも体に入れないほうが良いので、学校や周りの人にも、気をつけてもらうように注意を徹底します。
以上のような劇的な症状がなければ、命に別状ないアレルギーです。
このアレルギーは、アレルゲンの量がある程度以上になって初めて、アレルギーを起こします。「ダニ、ハウスダスト、杉花粉,ヒノキ花粉、犬・猫のふけ」など、試験で反応があったとしても、普通の生活で、試験のエキス?のような高濃度に出会う確率は少なく、特に掃除を丁寧にしなくても、まず問題になりません。
あせらず様子を見てはいかがでしょう。もちろん、熱が出たりのどが腫れたら、病院に行って、その都度、対症療法をするということで。
アレルギー体質は遺伝的なもので、一生、治らないし、体質改善というのも、ほとんど期待できまん。
しかし子供のうちは過剰に反応していても、普通に生活していれば、大人になると、鈍感になることがあります。
アレルギー体質というのは、ほうっておくとどこか内臓が弱るとか、何かが悪化するとか、そういう病気ではないので、要は、子供さんが苦しかったりさえしなければ、一生アレルギー体質でもいいわけです。
逆に、体調がすぐにアレルギーの出方に影響するので、一病息災になって、胃腸などにストレスがいく前に、ストレスに気づくことができて、健康になれたりするかもしれません(私はそうです)。
私の経験では、子供が嫌がる素材や食べ物を無理じいしないのが理想な気がします。ウールの服を着させられてかゆみに耐えたのはつらかった。もしそこで、かゆいのはあなたのアレルギー体質が悪いのだから、かゆみ止めの薬を飲みなさい、なんて言われたらもっとつらかったかもしれません。格好つけてウールを着たりしなければ、全てOKですよね。よそのうちと多少違っても、子供中心の環境を作ってあげればいいです。私の幼少時はアレルギーが問題になる時代ではなかったので、単なる気難しくて風邪を引きやすい子、で済まされていました。
1年中、アレルギー体質をマイナスに考えて過ごすよりは、炎症がおこったらそのときに、さっさと病院にいって治す、という心構えで、良いように思います。

昔の子供はみな青っ鼻たらしていた、そういう子は丈夫だった、と言われたりします。もしかして、小さい時に鼻水がよく出た子のほうが、昔風の子供で、環境に対して強いかもしれず(免疫反応がよく出ているということですから)、丈夫に育つかもしれませんよ。私は鼻炎と中耳炎以外は病気知らずで、そういうタイプじゃないかと自負しています。

子供さんが熱を出しているときなど心配でつらいでしょうが、成長するほど軽くなっていくはずで、未来は明るいので、がんばってください。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございました。
 子供の頃からアレルギーで元気に生活されているというお話を聞いて,心強く思いました。
 息子の場合、アレルギーが原因といわれる病気に本当にかかりやすいので心配しているのですが、その度に学校も1週間くらい休むことになってしまいますし、1か月に1度くらいのペースなんものですから・・・。
 成長につれて、症状が軽くなるということもあるのですね。それまでは体を鍛えて、環境を整えるように頑張ります。
 

お礼日時:2001/07/21 20:07

補足いたします。


抗ヒスタミン剤の副作用として、眠気、胃腸障害、口渇、めまい、頭痛などがあります。第一世代、第二世代に分けられますが(ポララミンは第一世代)第二世代の薬剤(たくさんありますが、ザジテン、アレジオン、ダレン、ジルテックなど)のほうが副作用の発現は少なくなっています。
もちろん内服ステロイド薬に比べれば使用しやすいといえます。
抗ヒスタミン剤の副作用が気になるなら、全身性の副作用がほとんどない局所ステロイド(ベコナーゼ、シナクリンなど)を、症状増悪時に使用するという方法もあると思います。

減感作療法のほうは、ごくまれに全身性の強い副作用が出ることがあり、これが広く普及しない原因の一つともいわれています。ただ、実際の頻度からいえば適正な現感作療法の副作用は少ないといえます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

副作用についてご回答ありがとうございました。大変よく分かりました。ポララミンを飲んでいた時は、確かに眠気があったようで、夜飲むと朝起きれずにいたり、朝飲むとボーっとしたりしていました。ポララミンの分類のが副作用があるのですね。知りませんでした。一番副作用の少ない薬といわれていたのですが・・・。
 専門的なことを教えて頂いき勉強になりました。

お礼日時:2001/07/21 19:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供の口呼吸について

子供の口呼吸について 教えて下さい
小学1年 男の子なんですが 口で呼吸して ポカ~ンと
しています  どなたか 治し方教えて下さい
もう少し 学年が大きくなると 自分で意識するようになるとは 聞いていますが・・・  

Aベストアンサー

耳鼻科的に問題がなくただ口呼吸なら、大きくなっても治らないと思いますよ。意識をしているときは口を閉じても、1人のときや寝ているときは口呼吸になってしまうので治したほうがいいですよ。
口呼吸だと口腔内が常に乾燥し虫歯にもなりやすいですし口臭が出たりします。他にも直接菌が入り込みカゼをひきやすかったりという弊害が出ます。
簡単なのはガムをかませること。かんでいる間は口を閉じていますよね。これを根気よく続けるとだんだん鼻呼吸に慣れてきます。
他には鼻の下に紙を貼る方法。口で呼吸すると紙が口に入り自分で気付くことができます。
どちらの方法も1日中やるのではなく1日の中で時間を決めてコンスタントに毎日やることが大切です。
1年生なら体にいいこと悪いこと少しはわかります。口で息をすることでどうなるのか本人にわかってもらい、その上でだんだんと口呼吸から鼻呼吸に移行するのがいいですよ。

Q慢性鼻炎アレルギー。耳鼻科の点鼻薬と市販の点鼻薬どっちを使っていますか

慢性鼻炎アレルギー。耳鼻科の点鼻薬と市販の点鼻薬どっちを使っていますか?
私は生まれつきアレルギー体質です。アトピー、花粉は通年、果物はほとんど食べれません。
近くに耳鼻科がなかったのでずっと市販の点鼻薬と鼻炎薬を使用していました。
去年新しい耳鼻科ができたので、今はそこに通っていて毎日アレルギーの薬を飲んでいます。
でも最近、朝起きたら絶対鼻が詰まっていて苦しいです。昼間は鼻づまりはありません。
以前耳鼻科で処方された点鼻薬はもうなくなりました。
そこで耳鼻科で点鼻薬を処方してもらうか、市販の点鼻薬を買うか悩んでます。
耳鼻科で処方された点鼻薬はとても効きましたが、量が少なく点数も高いです。
この前飲み薬がなくなったので1か月分処方されたばかりです。
また再診料とか色々点数取られるかと思うと市販の点鼻薬でもいいかなーと思います。

Aベストアンサー

絶対に耳鼻科に行って処方して貰ってください。

市販の点鼻薬も効果はありますが、市販の点鼻薬には血管収縮剤が入っており、これで鼻詰まりが瞬間的に解消されます。
しかし、これを毎日定期的に使っていると効果が本当に一瞬しかしなくなったり、余計に酷くなったりする場合があります。

どうしてもの時は市販薬でも良いと思いますが、耳鼻科で処方して貰ってください。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/aresitumontenbiyaku.htm

Q口呼吸をしている子供に「口を閉じさせなさい」と言われたのですが…

 先日も質問させていただいたのですが、5歳になる男の子です。
 アデノイドで滲出性中耳炎になり2ヶ月ほど耳鼻科に通っていますが、ほとんど良くなっていません。耳鼻科の先生には「口呼吸をしているからです。何度でも叱って口呼吸を止めさせなさい。」と言われうなづきはしたものの、5歳の子供に言葉で言っても無理で、手で塞いで口を閉じさせると「苦しい」と言うんです。こんな状態でもやはり口呼吸を止めさせるべきなのでしょうか?
 アデノイドがあるから口呼吸になるのではないかと思うのですが、先生が言うには鼻呼吸になれば良くなる、と。
 でも、それは今の中耳炎が良くなるだけですよね。今までも風邪を引く度に耳の痛みと耳垂れを起こしています。熱が出れば39度を超えるが常です。夜のイビキもなんだか息苦しそうで、他の病気でお世話になっている小児科(総合病院)の先生にちょっとお話したら、は手術を考えた方が良いと言われたのですが、それを耳鼻科の先生にお話したところ「小児科では何もわかりませんよ。こんな小さなお子さんに手術させたいのですか」と…
 確かにできるならば手術はさせたくありません。でも…今の状況を考えるとこの子の為には手術をした方がいいのでは?とも思うのです。今の耳鼻科では手術はできないので、その場合には総合病院でお世話になると思います。
 2ヶ月通ってもほとんど良くなっていないし、治療費は高いし(2500円くらいです)、耳鼻科を変えた方がいいのかな?と思ってしまいます。
 耳鼻科の先生が言うようにアデノイドの場合、叱ってでも口呼吸を止めさせるべきなのでしょうか?また、その場合、何か良い方法があったら教えて欲しいです。よろしくお願いします。

 先日も質問させていただいたのですが、5歳になる男の子です。
 アデノイドで滲出性中耳炎になり2ヶ月ほど耳鼻科に通っていますが、ほとんど良くなっていません。耳鼻科の先生には「口呼吸をしているからです。何度でも叱って口呼吸を止めさせなさい。」と言われうなづきはしたものの、5歳の子供に言葉で言っても無理で、手で塞いで口を閉じさせると「苦しい」と言うんです。こんな状態でもやはり口呼吸を止めさせるべきなのでしょうか?
 アデノイドがあるから口呼吸になるのではないかと思うのですが、先生...続きを読む

Aベストアンサー

私は小さなころから耳鼻科系が弱かったようで、幼稚園のときに1泊入院をして、アデノイドの手術をしました。 その後、小学生になってからも耳鼻科へ通い続けましたが、自分の経験からいって、きちんとした病院であれば手術をされた方がいいのでは、と思います。
口呼吸は、鼻呼吸がきちんとできないので行なっているのだと思います。私も小さいころ、いつも鼻が詰まっていて苦しかったのを覚えていますので・・・。
私はその後、蓄膿症と言われましたが大人になって治ることもあるといわれ、段々気にならなくなったのでほっておいたのですが、去年、ひょんなことからまだ蓄膿があることがわかり、思い切って手術をしました。今ではすっきりです。

私が小さい頃は、おねしょをしたり色々と問題があって母も「鼻のせいでおねしょするのかしら」と心配していました。今思えば、色んなストレスがあったんだと思います。 口呼吸は根本を直さなければ治るものではないと思います。 お子さんにヘンなストレスを与えないよう、一度、ちゃんとした病院で見てもらった方がいいと思うのですが。
 

Qアレルギー性鼻炎の耳鼻科での吸引機について

アレルギー性鼻炎です。

耳鼻科に行くと、最後に吸引機のような物をするのですが、それは何っていう機械なのでしょうか?

よく、鼻に噴射するスプレーで、あまりやりすぎると粘膜が肥大し、よくないと聞くのですが、あの吸引機の薬は大丈夫なのでしょうか?

あの機械がどういうもので、副作用があるのか等を知りたいです。

吸引した後で、鼻の通りがよくなるので、
詳しく知りたいと思いました。
お願いします。

Aベストアンサー

蒸気化した薬を吸引するもののことをおっしゃっているのであれば、「ネブライザー」のことだと思います。

お薬自体の名前はわかりませんので、気になるのであれば、かかりつけの耳鼻科で聞かれたほうがいいと思いますよ。

Q子供が慢性蓄膿症みたいですけど、治るでしょうか   一年以上鼻がつまってて口呼吸です。半年前から耳鼻

子供が慢性蓄膿症みたいですけど、治るでしょうか
 
一年以上鼻がつまってて口呼吸です。半年前から耳鼻科にこまめに行くようにし、鼻洗浄してもらい抗生物質やらムコダインやらアレロックやらザジテンやらアレグラやら点鼻薬やらしても、多少はましになる程度です。

なにかアドバイス頂けないでしょうか、、おてあげです。

Aベストアンサー

アレルギー検査はしたと思うが なければ念のため確認を。

子供の副鼻腔は小さいから 大人に比べて僅かな炎症でも鼻づまりは起こりやすい。
かといって薬や鼻孔洗浄も そんなにすぐには効果が上がらない。
確かに手術は効果的だが 発達途中の粘膜を焼くので技術は必要だ。
むろん現在では極力肉体負担は減らす方向で行われるが その故か再発生率も高い。
鼻うがいをよく行って改善していくのが 家庭では最善だろう。
(水道水は使わないこと)
難しければ 油さしみたいなのに生理食塩水を温めて入れて「あ~」って言いながらチューとやるだけでも効く。
あと おそらくは大丈夫とは思うが ペニシリン系やセフェム系抗生剤の使用は出来るだけ控え マクロライド系抗菌薬等を使ったほうが良いと思う。

自分も子供の頃そうだった。
慢性化すると頭は重いし集中力は落ちるし 睡眠は浅いし気分は悪いし 目は厚ぼったくなるし耳は悪くなるしと うんざりする事が一杯になる。
医者に行くと花の中を「シュー」とやられるのが苦しくて苦しくて 3回位で行かないことに決めた。
おかげて高校までそんな調子だったが ある時鼻をかんだら大量の膿みたいのが出て それからはほとんど治ってしまった。
うまくするとそんな事もあるみたい。

アレルギー検査はしたと思うが なければ念のため確認を。

子供の副鼻腔は小さいから 大人に比べて僅かな炎症でも鼻づまりは起こりやすい。
かといって薬や鼻孔洗浄も そんなにすぐには効果が上がらない。
確かに手術は効果的だが 発達途中の粘膜を焼くので技術は必要だ。
むろん現在では極力肉体負担は減らす方向で行われるが その故か再発生率も高い。
鼻うがいをよく行って改善していくのが 家庭では最善だろう。
(水道水は使わないこと)
難しければ 油さしみたいなのに生理食塩水を温めて入れて「あ...続きを読む

Q子供はアレルギー性鼻炎があり、かかりつけの小児科に行ってアレルギーの薬を処方されました。 エバステ

子供はアレルギー性鼻炎があり、かかりつけの小児科に行ってアレルギーの薬を処方されました。

エバステルOD錠の10mgを1日1回飲むように言われましたが、私と同じ服用量で多いのでは?と思ってしまいました。
子供は140cm、30kgです。
この量でも問題ないのでしょうか。
お分かりの方いらしたら、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

年齢で計算する場合と体重で計算する場合があります

身長体重から推定すると、小学校5、6年とか中学1年という感じでしょうか?
一般的には、12歳で成人の2/3の用量とされています

エバステルの場合、5mgと10mgの製剤のようですね
で標準的な用量が5mg~10mgなので、製剤もその二種類なのかな

素人目には5mgでいい感じの様に思うけど・・・・
医師以外に、薬局で担当してくれた薬剤師も確認している筈だけど

調剤薬局の薬剤師に聞くのが一番かな

Qランニングでの鼻呼吸と口呼吸について

鼻呼吸と口呼吸がありますよね。

よくふだんは鼻呼吸の方がいいと聞いたので、
鼻呼吸なのですが、
ランニング中はどうしても口呼吸になります。

ランニング中や運動中は口呼吸になってふつうなのでしょうか?
それとも無理にでも鼻呼吸で肺を強くした方が良いのでしょうか?

また鼻呼吸と口呼吸ではどのように違うのでしょうか?
どちらも結局肺にいくので、同じなような気がして疑問に思っています。

どなたかご存知の方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

普段のトレーニングでは必ず鼻で呼吸するのが原則です。

人は、「会話」をするために呼吸をコントロールして、口から息を吐き、吸うことを獲得しましたが、口は本来、呼吸する出入り口としての防御機能を備えていません。

唾液が乾き、咽頭を乾燥することを「常態」とするのは
健康のための日々のトレーニングとしては「愚作」です。

競技会などでタイムを競う、あるいは選手としての身を削るような
スピード、酸素要求に応えるためには「口」を使いますが
日々の「呼吸」の延長としてのジョグの呼吸は
健康維持のためにも「鼻」が原則。

やたらに、口をあけてのジョグは免疫系を無駄に消耗することになります。
酔っ払いが口あけて寝て、風邪を引くのは「鼻」で呼吸をしていないからです。
同じことを走ることでするのは、健康のためには非常におろかです。

必ず、健康のためのトレーニングでは「鼻」呼吸。

Q鼻炎の薬「抗アレルギー剤」が効いたということは、「アレルギー性」鼻炎ということになるのでしょうか。

鼻づまりがひどいので耳鼻科へ行きました。
チョロと診察して「アレルギー性鼻炎ですね。」といわれました。

今まで一度も花粉症で苦しんだことありませんし、
2年ほど前に血液検査でアレルギーなしの結果を賜りましたので、
私はアレルギーない人なんだ、と思っていました。

で次の薬を処方してくださいました。

1●アレグラ錠60mg (抗アレルギー剤らしい)
2●オノンカプセル   (抗アレルギー剤らしい)
3●ナシビン液     (血管収縮剤らしい)


こんなの効くのかしらと疑問に思いつつ、
4日間試してみましたら・・・・

効きました、まあまあ。
3番のナシビン液使わなくても、鼻づまりほとんどしません。

ということは
【質問】私の鼻炎は「アレルギー性」のものということになるのでしょうか!
(どうも釈然としないんです(´・ω・`)

なお4年ほど前に、
「肥厚性鼻炎による粘膜除去レーザー手術」と
「鼻骨湾曲症の手術」を受けました。
(術後一年くらいは鼻づまりが解消してましたが、
その後徐々に再発しました。
ので、粘膜が再生して元の戻りつつあるのかなぁと
思ってましたが違うのかなぁ)

どなたかお詳しい方教えてください。
できれば専門知識のある方お願いいたします。m(._.)m

(少し締め切りが遅くなるかもしれません。
ご了承ください。)

鼻づまりがひどいので耳鼻科へ行きました。
チョロと診察して「アレルギー性鼻炎ですね。」といわれました。

今まで一度も花粉症で苦しんだことありませんし、
2年ほど前に血液検査でアレルギーなしの結果を賜りましたので、
私はアレルギーない人なんだ、と思っていました。

で次の薬を処方してくださいました。

1●アレグラ錠60mg (抗アレルギー剤らしい)
2●オノンカプセル   (抗アレルギー剤らしい)
3●ナシビン液     (血管収縮剤らしい)


こんなの効くのかしらと疑問に...続きを読む

Aベストアンサー

多分そうだと思います。アレルギー外来をもつ病院で医療事務をやっている者です。
よく、風邪のようなんだけれど熱はなくて咳がとまらない…なんていう患者さんにもDrはよく抗アレルギー剤を処方しているようです。(実際よく効くんですよ)
アレルギー=花粉症、と思われている方が多いですがアレルギー性疾患にはいろいろあって、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎、喘息もアレルギーの一種です。
アレルギーの原因は特定できる人もいるのですが、特定できない方も大勢いらっしゃいます。原因がハウスダストだったりすると完全にシャットアウトってできないので、結局はお薬に頼るよりほかないようです。

精神的なストレスからアレルギーになる人もいるそうです。薬で改善する人もいます。でも薬を飲んでもなかなか治らずに苦しんでいる人もたくさんいます。時期的に季節の変わり目にひどくなる人、疲れるとなる人、アレルギー性の疾患は本当に人それぞれのようです。
アレルギー疾患は国民の3人に1人といわれています。釈然としないかもしれませんが実際、病院にかかるまでもない、軽いアレルギー性疾患の方は大勢いるそうですよ。
たいした回答ではありませんが参考までに…と思い、投稿してみました。

多分そうだと思います。アレルギー外来をもつ病院で医療事務をやっている者です。
よく、風邪のようなんだけれど熱はなくて咳がとまらない…なんていう患者さんにもDrはよく抗アレルギー剤を処方しているようです。(実際よく効くんですよ)
アレルギー=花粉症、と思われている方が多いですがアレルギー性疾患にはいろいろあって、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎、喘息もアレルギーの一種です。
アレルギーの原因は特定できる人もいるのですが、特定できない方も大勢いらっしゃいま...続きを読む

Q口呼吸防止のテープって

効果ありますか?
確かに口呼吸防止にはなると思いますが、

口呼吸すると口周りの筋肉衰えるみたいな話を聞いたので
筋肉を元に戻すために口呼吸を治そうと思っているので
それにも効果ありますか?

Aベストアンサー

テープでは無理でしょう。筋肉は使わないと鍛えられませんし発達しません。しっかり筋肉を動かすトレーニングが必要ではないでしょうか。
筋肉は連動しておりそれぞれ独立して機能してるわけではありません。例えば口の周りの筋肉を鍛えようとするならば少なくとも表情筋も巻き込んでトレーニングすることが大事だと思います。
口呼吸は筋肉云々というよりも口腔内を乾燥させて免疫力を低下させますし、扁桃を刺激することが多くなるので鼻呼吸にシフトすべきです。そのためのテープだと思います。
もちろん鼻にトラブルがあるとどうしても口呼吸になってしまいますのでその場合は鼻の治療が先になります。

Q鼻炎で耳鼻科に行きましたが・・

もともと鼻の通りが悪く、
毎年春から夏にかけて花粉症に悩まされます。

いつもは梅雨明けくらいに症状が治まるのですが、
今年はこの時期になっても治らず、ずっと鼻が詰まる状態です。
いつも市販の飲み薬と点鼻薬でしのいでいるのですが
さすがに苦しさに耐えかねて、今日耳鼻科に行って診察を受けました。

結果は軽い蓄膿症と鼻炎ということで、抗生物質と鼻水を出やすくする薬、
アレルギーに対する薬と点鼻薬をもらいましたが、
これらを飲んでも症状の改善が見られなくて苦しいままです。
点鼻薬も今まで使っていた市販の薬の方がよく効きます。

ここで質問ですが、病院でもらった点鼻薬は効果が出ないので
市販の薬の方を使いたいのですが、やめたほうがいいでしょうか。
また、薬を飲み続けても治らない場合、
かかる病院を変えた方がいいでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

点鼻薬の件に関しては、市販のものは今はやめた方が良いです。
市販のモノは即効性、病院で処方されてるものは徐々に効くものだからです。
なので、市販の方がよく効くと思うのですが、
それを使用し続けると、逆に鼻の粘膜がやられて蓄膿になるんです。私の旦那がそうでした。
病院処方のものも使いつづければちゃんと効果が出ます。
今日行ったところとのことですので、
いきなり改善するわけではありません。
少なくとも、今処方されている薬はしっかり飲んで(使って)、それでも改善しなければ病院を変える、と言う順序で良いはずです。遅くはないです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報