川原でズッコケた時に、大切なフライロッド(ユーフレックス・XF833)が折れてしまいました。
折れたのは二本つなぎの太い方で、グリップ上30センチくらいの所。今は表面の塗装層3mmくらいでつながっている状態です。
もし修理することが可能なら、何処へ頼めば良いのか教えてもらえませんか。

あと、アングラーズハウスのウェーダーが欲しいと思ってます。通販などで安く買える店があれば教えてください。

A 回答 (2件)

初めまして。



自分もルアーをやりますが、何やら大変な目に遭われたご様子ですね
怪我とかはしませんでしたか?

こうなるとやはり、購入した所に持込むか、直にメーカーの方へ聞くのが1番だと思います。

私的に色々と写真等で見たり、経験上から見ても、状況から考えても、残念ながら
「不可では無かろうか」と、思います。

もう少し詳しい方、居られましたらフォローをお願いします。

>アングラーズハウス
の方なら、下記アドレス辺りでは如何でしょうか?。

参考URL:http://proshop-sansui.com/sale.html
    • good
    • 0

これはまた、体も痛いけれどロッドはもっと痛かったですね。



先に答えられた様に、ショップ持っていってメーカーで交換がベストですね。
私の場合、既に修理が利かない古いロッドを持っていますので、自分で修理しています。
後、何かの場合の備え、レジャー保険か、釣り保険に入っていれば安心ですよ。

通販のお店はnaturumが個人的に好きです。
釣具メーカーのナカジマでやってるお店です。

参考URL:http://st7.yahoo.co.jp/naturum-fishing/index.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QロッドのEVAグリップ部の修復について

先日、釣りに行った際に地磯で転んでしまい、ロッドのグリップ部のEVAが削れてしまいました。

そのロッドの販売元がとんだ拝金主義メーカーなもので、メーカー修理に出すと25000円ほどかかるとの事でした。

そこで質問なのですが、EVAグリップの削れを自分で修復する事は出来るのでしょうか?

さすがにEVAグリップの修理ごときに、おちおち25000円も出す訳にもいかないので、自分で修復出来るものならそうしたいと考えております。

素直に新しいロッド買いなよ、というご意見は無しでお願い致します(苦笑)。
お時間ありましたらご回答の程をお願い致します。

Aベストアンサー

磯でこけたんですよね。怪我はなかったですか?骨折でもしたら大変ですので足元は固めないといけません。実は、私も斜面でずっこけでひどい目にあいました。ロッドが折れて数万円飛んだこともあります。

グリップだけなら、ラバーグリップにグリップを差し込んでドライヤーで温めるのがお手軽では? youtubeなどにやり方が出ています。

私は、いままで、保護のためにラバーグリップを磯竿・鮎竿に使いましたが非常に使い心地は良いと思います。もちろん、ルアーロッドでも使われているようです。

Qブーツ付きのウェーダーと長靴タイプのウェーダーの違い。。。

タイトルの通りですが、どう違うのでしょうか?
長靴タイプを渓流やバスで使っていますが、あまり支障はないような気がしますが。。。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

シューズタイプは主に渓流で使用しますね…というのもメリットはシューズ底をフェルトオンリー・フェルト+スパイク・ラバー・ラバー&スパイクと、靴を替えるだけで様々な川底に対応できることです。近年ではシマノのマジロックなどの靴底だけ変えるという優れものもありますが、山岳渓流では靴底が硬くて不向きです(マジロック回収騒ぎがあったので少し様子見、か)。
それより何より一番のメリットは<かかとが固定する>ということです。踏ん張りが欲しい時靴のかかとがブカブカだと安定感に欠けてしまいます。そこでシューズタイプで足首とかかとをしっかりと固定しておけば歩きやすいし踏ん張りも利く…と。特に春先の雪代(ゆきしろ=雪解け水)のシーズンにはこの差が顕著に現れて、渓流でこける人の大半はブーツフットです…そりゃそうでしょう、あのブカブカの所に雪代のトンデモナイ水圧が掛かるのですから、足にパラシュートつけて歩いているようなものです(山岳渓流で経験済み…こけてはいないよ、ただ動けなくなって引っ張ってもらっただけ♪)。特に今シーズンは雪が多かったので雪代の勢いも半端ではないでしょう。

シューズタイプの欠点は<脱げる>ということ。これが渓流だったら問題ありませんが、湖沼で泥底の所にハマってしまったら…靴は脱げるわ身動きは取れないわで大騒ぎです。ブーツタイプならチェストハイなら胸の所まで靴、な訳ですから安心して回避行動が取れます(これまた実体験で経験済み…アシ際のヘドロにハマって死ぬかと思った)。

渓流とバスをやられるのであればシューズタイプも追加で買っておくといいでしょう。渓流で軽やかに歩ける(ブーツタイプだと河原でスキップ踏めないでしょ?…踏む必要もありませんが)しフローターに乗っても足首が自由に動くので楽チンこの上ありませんよ。ブーツとシューズを使い分けて釣りができたらあなたの釣り人生はバラ色です。

どうも、釣りバカです。

シューズタイプは主に渓流で使用しますね…というのもメリットはシューズ底をフェルトオンリー・フェルト+スパイク・ラバー・ラバー&スパイクと、靴を替えるだけで様々な川底に対応できることです。近年ではシマノのマジロックなどの靴底だけ変えるという優れものもありますが、山岳渓流では靴底が硬くて不向きです(マジロック回収騒ぎがあったので少し様子見、か)。
それより何より一番のメリットは<かかとが固定する>ということです。踏ん張りが欲しい時靴のかかとがブカブカだ...続きを読む

Qロッドのグリップ

 この度ロッドを買ってみようと思いますがロッドのグリップはコルクとスポンジどちらが良いのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

ショアジギング用(ヒラマサに折られ殉職)、シーバス用、渓流用、共にコルクです。
気に入ったロッドのグリップがたまたまコルクだったにすぎませんが、見た感じもすごく気に入ってます。
これからもずっとコルクを買いつづけるでしょう。

コルクとスポンジについて性能的には差は無いと言うか、性能比較できる部分ではないと思います。
触った時のフィット感や見た目は、各自いろんな感想がありますので、どうせなら両方を体感するのが良いでしょう。
例えば、友人にロッドを借りるとかしてみてください。
一番最初に買ったロッドはスポンジで、次に買ったのは今も使っている渓流用ロッド(コルク)ですが、特に違和感無く使っています。

個人的な話をしますが、スポンジは長く使っていると、手に持つ部分は少し柔らかくなっていきますが、コルクはそんな事は無いです。
それと、永く使っていて味が出てくるのはコルクでしょう。
ただ、コルクが黒くなるのは手垢がこびりついているだけなので、定期的に洗って陰干しすれば綺麗なままです。
それに、コルクはスポンジに比べ、滑りやすいと思います。
今でも素手でキャストすると、グリップが弱いので安定しません。
私はどんな釣りでも手袋をしている為、滑りやすいと感じた事は無いし、汚れもそんなに付いてません。
ちなみに、渓流等で川から上がる時などにコルク部分を水洗いして、しっかり拭いて干したりする事があります。
そのついでに手袋も洗って、車内で干したりもします。
なので渓流ロッドは8年ぐらいになるけど、手垢の汚れはありません。

以上をふまえ、コルクを扱う場合(スポンジにも当てはまりますが)は手袋をお奨めします。
滑りにくいし、汚れがつきにくいし、ファッショナブルで格好良いし、より安全になります。
私は帽子、ベスト、手袋等身に付けるものは赤と黒で統一しています。

ショアジギング用(ヒラマサに折られ殉職)、シーバス用、渓流用、共にコルクです。
気に入ったロッドのグリップがたまたまコルクだったにすぎませんが、見た感じもすごく気に入ってます。
これからもずっとコルクを買いつづけるでしょう。

コルクとスポンジについて性能的には差は無いと言うか、性能比較できる部分ではないと思います。
触った時のフィット感や見た目は、各自いろんな感想がありますので、どうせなら両方を体感するのが良いでしょう。
例えば、友人にロッドを借りるとかしてみてください...続きを読む

Qスピニングロッド+ベイトロッド=ULのベイトロッド?!

こんにちは、最近、柔らかいベイトロッドが1本欲しいなぁと思っています。

持っているロッドでもう使わないスピニングロッドとベイトロッドがあります。

1.スピニングロッドの、グリップ、ガイドを外す
2.ベイトロッドのグリップ、ガイドを外す
3.スピニングのブランクにベイトロッドから外したガイドとグリップをつける

ということは可能なのでしょうか?手先は器用な方なので、パーツを買ってきてロッドを作ることはできそうですが、すでにあるロッドからパーツを取ってそれを再利用することは可能なのでしょうか?

グリップはさすがに壊さないと外せないかな?なんとか壊さずに再利用する方法があればいいのですが・・・

Aベストアンサー

やる気になれば、なんでも可能ですよ!

ただ、グリップの抜き方は難しいです
タイプにもよりますが、お湯で煮込んで外れる場合もあります。
あとは、外れそうに無い場合、グリップの直後で切断して、フェルールをつけて、別のロッドと組み合わせる方法もあります。ロッドのバット径が違いすぎるとキツイですが、6~7.5mmくらいの差なら何とかなりますよ
特に ロッド(ブランク)がスピニングで、グリップがベイト用の場合(今回ご質問のパターンです)上手くいくと思います。(ベイトのバットの方が硬いと思うので)
フェルールは、金属性もありますが、カッコ良く仕上げるなら、専門店でスピゴット用のパーツを買うか、
海用の、ソリッドグラスのブランクを買って(1000円くらい)太さの良い場所を使うのも良いです
スピゴットの芯にソリッドグラスを使った時の硬さが心配かと思いますが、せいぜい50mmくらいなので、問題ないです。
がんばってください、作成中問題が出る事があるかもしれませんので、その時は追加質問してください

質問者さんのように、自分で工夫して今あるものを使用する気持ち 個人的に非常に共感するものがあります がんばってください。

以下参考です

最低必要な工具類 
 ハンドドリル or 電動ドライバー(高速)
 エポキシ2液接着剤(30分硬化)
 紙やすり各番手
 金鋸(ブランクを切ます)
 ダイヤモンド平やすり(フェルールの削り)
  ↑ 
  ダイソー商品で充分です
 色を塗るなら、2液ウレタン塗料
 ラッピング用のスレッド
 エポキシ2液コーティング剤(フレックスコート)

 など

やる気になれば、なんでも可能ですよ!

ただ、グリップの抜き方は難しいです
タイプにもよりますが、お湯で煮込んで外れる場合もあります。
あとは、外れそうに無い場合、グリップの直後で切断して、フェルールをつけて、別のロッドと組み合わせる方法もあります。ロッドのバット径が違いすぎるとキツイですが、6~7.5mmくらいの差なら何とかなりますよ
特に ロッド(ブランク)がスピニングで、グリップがベイト用の場合(今回ご質問のパターンです)上手くいくと思います。(ベイトのバットの方が硬い...続きを読む

Qロッドのグリップの交換

渓流用のルアーロッドのグリップがぼろぼろになってしまったので
グリップとリールシートだけを交換したいのですが可能でしょうか?
もし可能なら予算はどのくらいかかるでしょうか。
このことについて詳しく紹介しているサイトなども教えてもらえると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

超簡単っすよ。

富士工業のHPでもPDFファイルで無料配布されている(http://www.fujitackle.com/catalog/imgs/58_73.pdf)し、釣具屋さんで無料配布されている富士工業のパンフレットにもおんなじモノが記載されてますわ。
基本ヒートガンやドライヤーで熱するんっすけど、私の場合は熱湯に漬けてエポキシやウレタンの接着剤を緩めて熱いうちにウリャっと引き抜いちゃいます。

で、富士工業の規格品なら富士工業のHP(http://www.fujitackle.com/index.html)でリールパイプやグリップが販売されているし、プロショップ的なところとかでオリジナルっつって富士工業製品をチョイいじったものとか、いっぱいありますわ。


その辺の予算で考えると…リールシートはアンドリュース製品(http://www.matagi.co.jp/2009pdf/p76.pdf)かアキスコ製品(http://www.angle-japan.com/reelseatssp1.htm)がトラウトロッドのテイストなので¥2.500-程度、トラウトロッドの長さで大きく違ってきますが、コルクグリップで¥2.000-程度っす。
もっともルアー用のコルクグリップって結構眉唾物が多いので良質コルクをセレクトして自分で作っちゃう、とかリールシートもガンプラ的に有りモノをくっつけるじゃ物足りねえよってなったら自分で作っちゃう、っつー簡単なだけに奥深いモンっす。

それで私は総漆塗りのスペーサーを装備したリールシート&正真正銘の5Star(AAAAA)コルクまで付けたミノートィッチ用トラウトロッド(もちろんチタンフレームSiCガイド標準装備)をまさかの2万円っつー狂気の値段で売っちゃってるんっすわ。もちろんオリジナルのブランクっす。

どうも、釣りバカです。

超簡単っすよ。

富士工業のHPでもPDFファイルで無料配布されている(http://www.fujitackle.com/catalog/imgs/58_73.pdf)し、釣具屋さんで無料配布されている富士工業のパンフレットにもおんなじモノが記載されてますわ。
基本ヒートガンやドライヤーで熱するんっすけど、私の場合は熱湯に漬けてエポキシやウレタンの接着剤を緩めて熱いうちにウリャっと引き抜いちゃいます。

で、富士工業の規格品なら富士工業のHP(http://www.fujitackle.com/index.html)でリールパイプやグ...続きを読む

Qバスのロッド 携帯性に優れるロッドのおすすめ

お世話になります。

スピニング対応の、振り出し式や4ピース等の、携帯性に優れるバスのロッドを探しています。

使用するルアーは、ワームやミノーのような軽いルアーばかりです。

おすすめのロッドがありましたら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

そりゃあなんたって
http://fishing.shimano.co.jp/cat/detail.asp?k=11014
↑SHAULA 2600F-4 ですよ。SHIMANOは“アクティブ・フェルール”というフライロッドで偶然作っていた継技術を駆使しているのでマルチピースでも「ワンピースじゃねえの?」なベントカーブ(竿の曲がり)を実現しているのでイチオシです(SHAULAは70cmのバスを掛けても、メガ@スやエ◎ーグ●ーン等では軋む音がするのに、全然軋まないしグイグイ寄せてきますから断然イチオシなんです)。もっとも高いからおいそれと気軽にお勧めはできませんけどね。

単にマルチ・ピースということだけで言えば
http://www.proxinc.co.jp/catalogue/catalogue.cgi?mode=page2&category=category_a&code=PSS260ULT
↑PROXのテレスコは悪くないでしょう…というのも激安チョイ投げロッドはたいてい遊動式ガイドですが、このロッドは固定ですからキャストブレを極力抑えようという企業努力が見えますから。
http://www.proxinc.co.jp/catalogue/catalogue.cgi?mode=page2&category=category_a&code=4I1604MC
↑同じくPROXの 4IN1 はオールSiCガイドでなかなか良さ気です。

ただしSHAULAの性能を知ってしまうと正直「物足りない」竿です。

どうも、釣りバカです。

そりゃあなんたって
http://fishing.shimano.co.jp/cat/detail.asp?k=11014
↑SHAULA 2600F-4 ですよ。SHIMANOは“アクティブ・フェルール”というフライロッドで偶然作っていた継技術を駆使しているのでマルチピースでも「ワンピースじゃねえの?」なベントカーブ(竿の曲がり)を実現しているのでイチオシです(SHAULAは70cmのバスを掛けても、メガ@スやエ◎ーグ●ーン等では軋む音がするのに、全然軋まないしグイグイ寄せてきますから断然イチオシなんです)。...続きを読む

Qロッドのコルクグリップを・・・

ロッドのコルクグリップを洗浄する場合、皆さんはどうしていますか?やはり、市販の専用洗浄剤等を買ってやるしかないんでしょうか?それ以外で洗浄する場合は、どのようにしているのでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

消しゴムでごしごし。
紙やすりで磨く。
汚れを落とすだけならこれで十分だと思います。なので私はいつもこの方法。

Q折れました、私のシーバスロッドが折れました…

添付画像を見て下さい!

残念です、まだ5回くらいしか使っていない
SIMANOトラスティック S710MLのティップが折れてしまいました…。

穂先に絡まった糸をほどこうと曲げていたら、びっくりするほど
あっさり折れました。もともと傷がついていたのかどうかは分かりません。

経済的に厳しいのですが思い切って新しく買いなおすか、
なんとか自力で修復するか、こんな時みなさんならどうしますか?

自力で修復する場合、ブランクのむき出しカーボンを少し削って径を細くし、
ねじ込んだ部分のティップをエポキシ樹脂で補強…という工程になると思うのですが、
それで今後の釣行で使いものになるのかどうか…

Aベストアンサー

>エポキシ樹脂で補強するにあたって、
>糸なんぞなんの補強にもならないと思いますが
>どうなんでしょうか。

 糸を巻いてから
エポキシ樹脂で固めるもは、
カーボン繊維を入手出来ない時の代用です。

 エポキシ樹脂だけに比べ強度は増します。

 別にアナタの竿なので
エポキシ樹脂のみでの補強しても構いませんが
「糸なんぞなんの・・・」て、失礼なお礼ですね


 でも、一応
竿修理のページを参考までに貼っておきます

※ただ、他の方のお礼を読む限り
アナタの技量じゃ参考になりませんね・・・

http://www.fishing.lepre.info/index5.html

http://luckyandlucky.naturum.ne.jp/e1595113.html

Qテネシーグリップのルアーロッドへのリール固定方法

テネシーグリップへのリール固定方法について、
アドバイス願います!

ちなみに、トラウト管釣り(オフトめちゃ2)の6フィート(2ピース)です!

テーピングには何が1番フィットしますか?
ビニルテープですか?
それとも、テニスラケットグリップ用のテープですか?
また、それらのテープは1回使用で使い捨てですか?

それから、そもそもテネシーグリップの利点は、なんですか?
なんとなく面倒くさいだけのような気がしますが?

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私は医療用のテーピングを使っています。
リールフットの両端をきつく2~3回巻きます。
テーピングは伸びないのでかなりしっかり止まりますよ。
値段もさほどではなく何十mもあるので汚れた場合、即交換可能です。

テネシーの利点ですが、ロッドブランクスからグリップまでが一体になっていて
そのブランクスに直接リールが付くのでリールを触っている手からもアタリがとれるほど感度が上がる事でしょう。
またリールシートが無いので、その分軽量化にも一役かっています。

Q皆さんは並継ぎロッド(142cm)を車載時に、ロッドケースに必ず収納していますか?

新しいロッドの7番ガイドが大きく、折り畳み出来ないので、破損しないようにと
事前にロッドケースを購入し、入る事までは確認できたのですが、いざ車に積み込む
時になってから、ロッドケースが車に入らない事が判明しました。釣りは中止出来ない
ので、ロッドをケースから出し、そのまま車に積んで釣りに行く事は出来ましたが、
これから先、ロッドをケース無しで積み込めばいいのか?あるいはロッドを購入した時に
付いてきたケースに入れ、リールは外した状態で積み込むのがいいのか?の選択にとても
悩んでいます。詳しい方からのアドバイスを、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

どんな車なのかわかりませんがケースが入らないというのはセダンタイプでトランクに横に入らないということ?だったらリアシートに置いておくとかできると思うのですが・・・軽自動車でもリアシートに横に置けるはすです)。
プラケースではなく竿袋でも入らないのでしょうか?  リールは外しても付けたままでもどちらでもいいと思いますが。ただ、家から釣り場まではどちらでもいいですが釣り場の移動の際はリールは付けたまま(ラインも通したまま)のほうが次ぎの準備がしやすくなるでしょうね。
ちなみにプラケースは逆に邪魔になるので持っていきません。小屋にしまう時に竿袋に入れてプラケースにいれて保管しています。

私はカーメイトのロッドホルダーを付けてそれにセットしています。リールもつけたままです。
http://www.carmate.co.jp/products/list.php?category_id=173
これだと車内で遊んで傷ついたりせず、竿の場所もとらないので重宝しています。

余談ですが、とてもいい竿を購入しましたね! その竿はAGSガイドのおかげでアタリの感度が今までの竿とは全く違ってくると聞きました。
しかも33号ということはかなり飛ばすのでは?

どんな車なのかわかりませんがケースが入らないというのはセダンタイプでトランクに横に入らないということ?だったらリアシートに置いておくとかできると思うのですが・・・軽自動車でもリアシートに横に置けるはすです)。
プラケースではなく竿袋でも入らないのでしょうか?  リールは外しても付けたままでもどちらでもいいと思いますが。ただ、家から釣り場まではどちらでもいいですが釣り場の移動の際はリールは付けたまま(ラインも通したまま)のほうが次ぎの準備がしやすくなるでしょうね。
ちなみにプ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報