下の語句の説明を、お願いしたいです。
どんな説明でもいいです。

1 多党制
2 無党派層
3 与党
4 行政

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 3や4は辞書に載っていると思いますが・・・。

「行政」については、行政法や行政学の本を見ればくどいほど載っています。平たく言うと、「政策を実施すること」です。政策を立案するのは、本来、議会ですが、行政庁がつくった案を通す機関に成り下がっているところが情けないところです。ついでに言うと、行政では、政策・施策・事務事業という言葉が使われ、施策は政策をより細かく具体的にしたものです。事務事業は施策に対応する、実際に行う事務やサービスです。この単位に予算がつけられます。だから、予算案の提案でもって政策提案みたいになったりするのです。一般の人にはなかなかわかりにくいですよね。
    • good
    • 0

1.多くの政党を認める制度 <->1党制 


2.政党に無関心か、 支持する政党が一つもない人々(層)
3.政府に組する党、政府を預かる党.政府に関与する党
4.政(まつりごと-政治 )を行う
    • good
    • 0

どんな説明でもいい,って言われたってねえ…もう少し,どういうことを知りたいのか,はっきりさせたほうが答えやすいのですけれども。

困り度3ならなおさらです。
それと,3や4が辞書に載っていないとは考えにくいのですが,どういう辞書をお引きになったのでしょうか。

試しに「広辞苑」の説明を借りますと,
よ‐とう【与党】
(1)同じ主張や目的によって組んだ仲間。徒党。同志。
(2)政党政治において、政権を担当している政党。政府党。←→野党

もともとは(1)の意味だったのでしょうが(広辞苑は古い順に説明を書く),現在はほとんど(2)の意味で使われます。
「与」とは,この場合「あたえる」ではなく「くみする」「あずかる(関わること)」といった意味ですね。

行政をきちんと説明するのは難しいですね。広辞苑では
ぎょう‐せい【行政】(administration)
(1)国家作用の一。立法・司法以外の統治または国政作用の総称。すなわち司法(裁判)以外で、法の下において公けの目的を達するためにする作用。
(2)内閣以下の国の機関または公共団体が、法律・政令その他法規の範囲内で行う政務。

小学校で「行政・立法・司法の三権分立」とか習いませんでしたか?

最初に戻って,1の多党制ですが,文脈がないと答えづらいです。もし何かの文章の中に出てきたのなら,その単語を含む前後の文を書いてもらえませんか?
(これに限らず,単語をぽつんと一つだけ書いて,「意味を教えてください」という,不親切な聞き方の質問をよく見かけますが,極端な場合答えようがないこともあります。)
単に多くの政党が国内に存在しているということ(多数政党制)を指すのでしょうか。あるいは,内閣に複数の政党から大臣を出しているということでしょうか(そういう場合,普通は連立内閣と呼びますが)。
たぶん前者のような気がしますが。一党独裁制や二大政党制と対比させて言っているのだろうと思われます。

2は最近のマスコミでよく使われるようになってきた語です。最初は主として世論調査で使われていて,最近ではそれ以外の,選挙や政治関係の一般の記事でも使われるようになりました。
一言でいうと,「特定の支持政党を持たない人々」です。必ずしも政治に無関心というわけではありません。
「無党派層」の「層」は,社会学や世論調査でよく使われる用語で,母集団(調査したいと思っている対象,ここでは有権者のことになりますね)を何らかの基準に基づいて区分けしたときの,それぞれの集団をいいます。
何党を支持しているかによって区分けしたとき,「特に支持している政党はない」と答えた人々の集団が「無党派層」です。
昔(おおまかにいって10年以上前かなあ)は,「支持政党なし」というと,あまり政治に関心がないという傾向がありましたが,最近は必ずしもそうではありません。
数の上では,自民党支持層を抜いて第1位ですので,無党派層がどのような投票行動をするかによって,選挙結果は大きく変わってきますので,選挙の予測などでも注目されています。
    • good
    • 0

1多党制  多くの政党制


2無党派層 いずれの政治的な組織にも属したり支持していない考え
3与党   政権を担当している政党や政権を支持している政党
4行政   立法により形成された公共の意思に基づき、国や公共団体の執行機関が業務を担当する
    • good
    • 0

ものすごく簡単にですが・・・



1、複数の政党で行われる政治
2、政治に感心を持たず、どこの政党にも属していない有権者層
3、政権を持った政党、政党の集まり
4はうまく説明できません・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二党制、多党制について

二党制や多党制についてそれぞれの利点や欠点を教えてください。また、個人的な意見でかまわないので、どちらの制度が国民の意見が広く反映されると思うかも意見があればでいいので教えてください。

Aベストアンサー

 二党になるのは制度ではなく、結果的にそうなるだけですから、基本的には自由主義国家では多党制をとっています。あまりに多党が乱立すると法案を通すためには妥協を繰り返さなければならないため、明確なビジョンに基いた政策の実行が不可能になってしまいます。二大政党が並立するのは一党独裁の腐敗を防ぎ、多党乱立の混乱を避ける意味で望ましい状態だと言えます。戦後の、イタリア、ドゴール大統領が現れるまでのフランス等が多党乱立の悪例だと言えます。
 民意の反映ということですが、民意とは何なのでしょうか。日本ではマスコミが作り出す仮想民意ですよね。安保反対は民意だったと言いますが、岸首相が唱えたようにサイレントマジョリティは意見なしか或いは安保賛成だったんですよね。また、民意は往々にして間違えるからこそ、代議員が必要なのです。少数の卓見を有した議員が政治に関わることの方が正しい政治が行えることで正解に近い政策が実現することが多いから代議員制度が続いているのです。民意尊重なんていいますが、これはそんな必要はないのです。自分または自党が考える政策がいかに勝れていて正しいかを国民に説得できる能力こそが必要なのです。民なんて所詮はいざとなれば結局は自分のことしか考えていない人達ばかりでしょう。私も含め胸に手を当てて考えるべきです。
 ゴミ処理場は作るべきだが我が家の近くはゴメン。自衛は必要を尊重すればいいのでしょうか?

 二党になるのは制度ではなく、結果的にそうなるだけですから、基本的には自由主義国家では多党制をとっています。あまりに多党が乱立すると法案を通すためには妥協を繰り返さなければならないため、明確なビジョンに基いた政策の実行が不可能になってしまいます。二大政党が並立するのは一党独裁の腐敗を防ぎ、多党乱立の混乱を避ける意味で望ましい状態だと言えます。戦後の、イタリア、ドゴール大統領が現れるまでのフランス等が多党乱立の悪例だと言えます。
 民意の反映ということですが、民意とは何なの...続きを読む

Q多党制の国、多党化した議会

多党制になっているあるいは、多党化した議会の国を探しています。
具体的にどこの国が、多党制・多党化になっているのでしょうか。
アジア、ヨーロッパでおしえて下さい。

Aベストアンサー

No4nokurotonboです。補足質問に答えます。
一番手っ取り早いのは、外務省のホームページから「各国・地域との関係や情勢」のページ(下記)を開き、知りたい国をチェックすると連立政権化、どんな政党があるか等分かります。(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/index.html)
また、各国(大使館)が開設しているホームページや、JETROのホームページでも各国の政治状況が分かります。

Q多党制の国おしえてください! 2党制の国教えてください!

多党制の国おしえてください! 2党制の国教えてください!又どうしてそうなったかわかるかたがおられれば教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

二党制の国として知られているのは、アメリカ(民主党・共和党)とイギリス(労働党・保守党)です。
ドイツはいくつかの政党が並立しているようです。
フランスはよくわかりません。
中国は共産党による一党支配です。

また、アメリカ・イギリスにしても、
絶対に二大政党制であるわけではありません。
それ以外の政党も存在する余地があります。
ただし、アメリカの場合は民主党と共和党があまりにも強いので、
第三の党が表れても、消滅するか、どちらかに吸収されるとのことです。
イギリスの場合は実際にいくつかの政党が議席を持っているようです。
「アメリカの政党」「イギリスの政党」…などで
検索してみるといろいろわかると思います。

Q無党派層の政党支持率

前回の衆議院議員選挙にて無党派層と呼ばれる人たちがどの政党を応援したのかを明確(%表示)にしたグラフを探しているのですが、もし知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/an2-2-2.html
http://www.chunichi.co.jp/wtok10/050905T1005001.html

参考にして下さい。

Q多党制になる小選挙区制は?

この国の選挙制度が小選挙区制になったおかげで、全国民の支持を掴むことを最初から放棄した、族議員・万年野党がすっかり泡沫政党になり、全ての国民からの支持を目指す"catch-all party"(包括政党)が成立しようとしています。

しかし、その包括政党が、たった二つしか出来ていません。

おかげで、「年金制度は慎重に扱うべきだし、イラク戦争に参加しするのはよい。」と思う人など、2つ以上の政治課題について考えている人などは悲惨な目に遭います。

だからといって、族議員・万年野党の復活は避けねば成らないので、包括政党でなければ当選できない、小選挙区制は維持しなければ成りません。

候補が乱立しても、包括政党なら幾党でも、泡沫政党にならずに済む小選挙区制はあるのでしょうか?


※ここでは「小選挙区制」とは「選挙区の定数が一人の制度」とします。

"catch-all party"についての検索結果の抜粋
http://www.valdes.titech.ac.jp/~tanaka/ronsetu/newparty.html
http://www.jri.co.jp/JRR/1995/11/op-policy.html
http://www.rieti.go.jp/jp/papers/journal/0401/bs01.html

この国の選挙制度が小選挙区制になったおかげで、全国民の支持を掴むことを最初から放棄した、族議員・万年野党がすっかり泡沫政党になり、全ての国民からの支持を目指す"catch-all party"(包括政党)が成立しようとしています。

しかし、その包括政党が、たった二つしか出来ていません。

おかげで、「年金制度は慎重に扱うべきだし、イラク戦争に参加しするのはよい。」と思う人など、2つ以上の政治課題について考えている人などは悲惨な目に遭います。

だからといって、族議員・万年野党の復活は避け...続きを読む

Aベストアンサー

 選挙制度として相対的に最高得票獲得者を当選者とするのではなく50%を獲得しない場合は上位二者で第2回目の決選投票を実施するようになれば可能ではないかと思います。実際の政党上京は把握していませんがフランスやロシアがこの制度を採っています。

 どんな制度にしろ2つ以上の包括政党が育つかどうかは2つの要因がからんできます。
・1つは有権者が粘り強く育てていこうとするかどうかです。
・2つは政党自信の問題で自己のアイデンティティを確立して地道に有権者に訴えていくかどうかです。

 多くの場合政策的に余り違いがなければ安易に合流に走ります。(旧自由党や旧保守党)。単独で小選挙区で多数を占めようとすればそれなりの候補者や資金が必要になります。
 今も過去も小選挙区で単独で多数を占めるべく候補者をたてているのは自民党、民主党、共産党だけです。あとの政党は最初から政権をとる気はなく、批判政党かキャスティングボードを握ることを目的としているのかもしれません。

 “包括政党”の意味がよくわかりませんでしたが、WEBでしらべると「一つの階級やグループを代表するのではなく、国民全体を代表する政党である。」のようですね。
 日本の政党では自民党と民主党が包括政党なのですか?
公明党、共産党、社民党は包括政党ではないのですか?
これら政党は決して一つの階級を代表しているとは思えませんが。 自民党のように族議員の集合体のような政党でも包括政党と言うのでしょうか?

 選挙制度として相対的に最高得票獲得者を当選者とするのではなく50%を獲得しない場合は上位二者で第2回目の決選投票を実施するようになれば可能ではないかと思います。実際の政党上京は把握していませんがフランスやロシアがこの制度を採っています。

 どんな制度にしろ2つ以上の包括政党が育つかどうかは2つの要因がからんできます。
・1つは有権者が粘り強く育てていこうとするかどうかです。
・2つは政党自信の問題で自己のアイデンティティを確立して地道に有権者に訴えていくかどうかです。

 多...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報