小学6年生です。夏休みにダンゴムシについて詳しく調べ、ダンゴムシ博士になりたいと思っています。図書館に行ってもあまり本がありませんでした。どなたかダンゴムシなら任せて!の人はいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

色々とサイトを紹介してもらっているみたですから、


そちらでもう調べて知っているかな?
ダンゴムシっていうのは甲殻綱の仲間で、
私の手元の虎の巻で調べてみても、
「甲殻綱等脚目のうち、捕らえると体を丸める習性のある
陸生等脚類、オカダンゴムシとハマダンゴムの2種の総称。」
と書いてあります。
虫の本でいらべたりしてみても、なんだかあまりたくさん載って
いなかったのは、この仲間、たった2種類しかいないからなんです。
他の虫達の方が圧倒的に種類も多くて、みんな書かなくちゃいけない
となると、ダンゴムシの事はあまり多く書けないのでしょうね。
でも、ダンゴムシは生物が生きる環境を造る上ではとても重要な
役割を持った生き物です。「もっと詳しい事が知りたい」となれば、
皆さんが教えてくれたサイトを利用したり、あとはお父さんや
お母さんに協力してもらって、大学の、特に農業を専攻している
大学の図書館などで、いい本が手に入るかもしれないです。
このダンゴムシ、そういう分野ではとても重要人(虫)物なんです。
    • good
    • 0
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい所、たくさんのサイトを教えていただきありがとうございました。いまからアクセスしてみます。ダンゴムシ博士になれるようがんばります。また分からないことがあったら教えてくださいね。よろしくお願いします。

お礼日時:2001/07/16 19:55

「日本ダンゴムシ協会」というホームページはどうでしょうか。



参考URL:http://homepage2.nifty.com/e-mon/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

楽しいサイトを教えてくれてありがとうございました。早速アクセスしてみました。とっても参考になりそうです。

お礼日時:2001/07/16 19:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダンゴムシは害虫ですか?駆除した方がよいですか?

ガーデニングをしているときに、ダンゴムシが時々出てきます。
葉を食べる芋虫やナメクジは退治していますが、ダンゴムシが害虫かどうかわからないので駆除したものかどうか決めかねています。
ちょっと調べてみたのですが、「落ち葉などを分解する益虫」という意見もあれば「作物を食べる害虫」という意見もあります。
うちは野菜はほとんど植えておらず、花と木がメインの庭です。
ダンゴムシがよいことをする方が多いならそのままにしておこうと思うのですが、それ以上に害を及ぼすのであれば駆除しようかと思います。
ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%A0%E3%82%B7
数によるのでは
地面で這っているうちはよいですが。
植木鉢などで数が多い時は減らします。
枯葉を貯めて腐葉土を作る方に移し変えたり。

Qダンゴムシがダンゴになる理由

ダンゴムシが何かというと直ぐ丸くなりますが、あれはそれほど彼等の生存に役立っているのでしょうか?鳥などにとっては丸くなるとかえって食べやすいのではないでしょうか?

Aベストアンサー

#4です。
専門的に言えば、
進化の過程で、攻撃する事を捨て、防御する事によって種の保存をする選択をした。

子孫を多く残し、天敵から種を守る方法を選択した。

こうなります。

他に保護色、有毒、消化不能、などあります。
有毒の場合、子孫を多く残せない場合が多いようです。

Qダンゴムシを退治したい!

庭にダンゴムシが大量にいます。
先日、植えたばかりの豆を、よってたかって食べている現場を目撃してしまいました。

駆除したいのですが、食用の作物が多いので、駆除剤などの薬品類はできれば使いたくありません。

自然のモノを利用してヤツらを退治できる方法があれば、ぜひ教えてください。
なければ、なるべく人体や作物に影響のない駆除剤を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ずばり!木作酢をばら撒きましょう!霧吹き等がいいと思います。

Qダンゴムシは木を食べますか?

ダンゴムシ、ワラジムシは木(木材)を食べるのでしょうか?

っというのも以前こちらでご相談させていただいたのですが、我が家にはダンゴムシ、ワラジムシが大量にいて家の中に入ってきてしまいます。
(夏の間は減っていましたが、また最近増加傾向です。)
そして玄関ドアの額と呼ばれる木の柱のような部分に
3~6匹かたまってたかっていることがあるのです。
スプレー式の薬をまくといなくなりますが、
数日するとまた、数匹がかたまってたかっているのです。
そして、心配なのが、木のその部分が黒く変色してきているのです。
もしかしてダンゴムシが柱を食べてしまっているのでしょうか?
それともスプレーの薬品のせいでしょうか?

ちなみに額に使用されている木材は一般的な白木とか称されている木材だと思います。
妨カビ剤などを使用せず、無垢に天然系オイル仕上げとなっています。今のところダンゴムシが群がり、黒くなっているのは片側だけです。
なぜそこだけに集まっているのか理由はわかりません。

Aベストアンサー

ダンゴムシは一般に硬い木材をかじる事はありません。

しかしカビやキノコ菌によって分解(腐らせる)された木材はかじる事があります。

その「黒くなっている」という部分はカビかキノコ菌が分解して腐りかけているのではないでしょうか?

できれば通風をよくするようにしましょう。

Qダンゴムシのような虫

大きさは1cmぐらいですがダンゴムシのように背中にすじがある虫を家の中で見かけました。ダンゴムシみたいに丸くなくて平べったい感じです。
お風呂場、押入れ、部屋あらゆる所で見かけてとても気持ち悪いです。害虫で検索してもどれも違うみたいで・・。もしこのような虫をご存知の方いらっしゃったら教えて下さい。どのような害があるか、又は駆除の方法など。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ゴキブリの幼虫ではないでしょうか。

ゴキブリの幼虫は羽が無く、皆がよく知っているスタイルとは少し違い、ゴキブリとわからないで見かけてもそのままにしている人がいるようです。

下記サイトにいろいろな種類の写真が載っていますが皆羽が無く団子虫の様にも見えます。

駆除薬はたくさん売っていますのでお店で相談されてはいかがかと思います。
また、ゴキブリで無いにしても、バルサンの様な薬剤なら大抵の害虫は駆除できます。(ゴキブリは意外としぶといですが・・・)

参考URL:http://members.at.infoseek.co.jp/dentan/other/roach_ham.html

Q跳ねる「ダンゴムシ」ご存知ですか?

 こんばんは、昨日、ダンゴムシの仲間と思われる。跳ねる虫を見つけていろいろ調べていますが、見つけきれずにいます。
 この虫ダンゴムシのように地べたを這わずに(這いもしますが)、少し跳びます。時々死骸を見つけていたのですが生きているのを見たのは初めてです(写真は死骸)。
 大きさは生きている時の普通の姿勢で1cmほど。色はダンゴムシよりも薄めの灰色。死んでからエビ色に変色しました。

写真も撮影しました。苦手な方は見ないほうがいいかもしれません。
http://album.nikon-image.com/nk/NK_AlbumPage.asp?key=1049556&un=140870(約200KB)
 よろしくお願いします

Aベストアンサー

ダンゴムシ(等脚目)ではないですな。等脚目は多分飛ばない。とぶってことはトビムシかな?サイズとか生息場所がわかれば多分詳しい人なら返答できるでしょう。

参考URL:http://ss.ffpri.affrc.go.jp/labs/seibut/bcg/bcg00101.html

Qキュウリを食べるダンゴムシ

家の花壇にキュウリを植えています。3本の支柱で上部を束ねて,つたわせるようにしていて,下には乾燥防止にわらを敷いています。5月下旬に植えたので,やっと初めの1本を収穫したところです。毎日成長を楽しみにしているのですが,最近ダンゴムシが増えてきて小さなキュウリを食べているようです。赤ちゃんダンゴムシも多く見られます。
どのように駆除したらいいでしょうか?
木酢液を週1回撒いているのですが,量が少ないのでしょうか?
わらの中に落ち葉が少なからず混ざっているのが良くないのでしょうか?落ち葉を取り除き,わらにするだけでも効果がありますか?
ご示唆下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

デナポンという誘因剤が売られています。
私も使っているのですが粒状の薬です。
これを置いておくと誘われて食べて死んでくれるのです。
かなり効果があります。
ただ、私の家ではダンゴムシが多いので大量死して白くなっているので見た目は悪いです(^.^)。
ただこの薬は雨に弱い欠点があります。
あと、ホウレンソウに薬害があります。
薬を置いた上にプリンの容器などの側面穴をあけた物を乗せるなどの工夫すれば雨や拡散対策になります。
更に紙コップの底面5mmぐらいのところで切り取りその上に薬を乗せそれを土に埋め込みその上にプリン容器などのカバーをすれば薬が地面に入らないのでホウレンソウ対策に効果があります。
この薬は少々離れていても食べに来てくれるので花壇のまわりに置いても効果が得られるでしょう。
ネキリムシにも効果があり、ゲシゲジやヤスデも死んでくれます。
効果には書かれていないのですがムカデもたまにお亡くなりになってます(^.^)

Qダンゴムシの触角を抜くということ

ダンゴムシの触角と空間知覚について調べようと思っています

そこで、ダンゴムシの触角を抜き、挙動を調べる実験もあろうと思われますが、
生きているダンゴムシの触角を引き抜くことに若干抵抗があります・・・
そもそも、触角を抜いてしまうと死んでしまわないのでしょうか?

ここは実験と割りきって、実験の犠牲になっても構わないという姿勢で臨むべきなのでしょうが、
皆さんのご意見お聞かせください

Aベストアンサー

ゴキブリやフナムシの触角を切断した限りでは、いずれも動作が鈍くなるだけで直ちに死ぬことはなかったです。触角を抜くと接続している神経なども引き抜かれることがなければ、死なないとは思いますが、触角を切断するのではダメなのでしょうか。

Q引越し予定の賃貸物件に大量のダンゴムシの死骸

はじめまして。よろしくお願いします。

今回引っ越しをすることになりまして、物件が決まったのですが、内覧の際に家の中にダンゴムシの死骸がたくさんありました(40匹くらいはいたような)。
築40年の戸建を大幅リフォームした物件です。

そのときあった死骸は、不動産会社の方が処理してくれました。
生きているものはいなかったのですが、もうほぼ借りることが決定していたため、不動産会社の方の許可を得て、バルサンを焚きました。

その後私は遠方の自宅に戻り、不動産会社の方がバルサンを撤去に行ってくれたのですが、さらに10数匹のダンゴムシの死骸と、ゴキブリの死骸2、3匹が出てきたそうです。

もう審査も通って借りることは決まってしまったのですが、これは住み始めてからも家の中に大量のダンゴムシが侵入してしまうということなのでしょうか?
もしそうであれば、よい駆除方法など教えていただけないでしょうか。

引越しを間近に控え、本当に困っています。どなたかお知恵をお貸しください!

Aベストアンサー

ダンゴムシは湿気のあるところを好みます。多分、庭に発生したダンゴムシが家に侵入してきたものと思われます。
まず、庭にダンゴムシが発生しているか確認してください。ダンゴムシは庭では夏場しか繁殖しませんが、暖かい部屋であれば年中生息します。一刻も早く退冶する必要があります。ダンゴムシの退冶には一般の園芸用の殺虫剤でもいいですが、私は「マラソン」という殺虫液が安く、水で500倍~1000倍程度に薄めて直接噴霧器で散布しますと殆ど死滅します。同時にダンゴムシが侵入してくる通路があるはずです。多分床下からと思われますが、出来ればその通り道にも散布しておけば自然にいなくなると考えます。要するに建物の周りの排水をよくして、湿気を取り除くことが必須です。また、建物内に水漏れがないか、確認してください。ゴキブリも同様に侵入口をふさぎ、窓枠の隙間を閉鎖すれば入ってこない。

Qダンゴムシは、どうやって石の下に行くのでしょうか?

こんばんは。
ダンゴムシについて、質問させてください。

ダンゴムシってよく、石の下や葉っぱの下にいますよね?
小学1年の娘から、「ダンゴムシは、どうやって重い石の下に行くの?」と聞かれました。

わからないのでネットで調べたのですが、ダンゴムシの画像が怖くて
詳細まで調べられず・・・。

ダンゴムシは、石のそばまで行って「この石の下に行こ~♪」って土の中を潜って行くんですか?
それとも、普段は土の中にいて、「ここらへんに石があるな~♪」って石の下まで上ってくるんですか?

すみませんが、この情けない私に教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>重たくないのか?
いわゆる物理学で言う所の「分散」による効果と。人間の視点では小さ過ぎて見えないだけで、実際には重たい石の下にもかなりの隙間空間が存在します。ダンゴムシはその隙間に潜り込んでいるだけなので、彼らに直に石の重さがのし掛かっている訳では無いので潰れないのです。

>石の下に行く理由
主な目的は天敵から逃れるためですね。カマキリ、クモ、ヒキガエル、トカゲ、それにアシナガバチなんかも時たまダンゴムシを襲いますね。これらの天敵から逃れるため、彼らが主に活動している明るい昼間は、落ち葉や石の下に隠れてやり過ごしているのです。

ただしヒキガエルだけは夜行性なので、夜の最大の敵はカエルです。ヒキガエルは夜の時間は正に帝王です。体の大小に関係無く、とにかく目に着いた動くモノは片っ端から食べられてしまいます。ダンゴムシに限らず、ナメクジやカタツムリ、クモやトカゲも見付かれば即餌食とされます。

>石の下かどうかの判断基準
ダンゴムシは目が悪いので周囲の状況はほとんど見えていません。ダンゴムシの目は主に「明るさ」を判断するために使われています。

ダンゴムシの行動本能はシンプルで。とりあえず歩いて壁にぶつかったら、左右どちらかに曲がり。その後は壁にぶつかる度に、直前の行動とは逆の方向に曲がるというプログラムになっています。これは結構有名な話なので、良く小学生なのどの自由研究の題材などにも使われています(「ダンゴムシと迷路」みたいな)。

で、そうやってとにかく右に左にウロウロしているうちに、偶然暗い場所に辿り着いたら、そこが隠れ家となる訳です。そこが落ち葉の下だったり、石の下だったりする訳です。その前にトカゲやカエルに出会したらアウトです…。

>重たくないのか?
いわゆる物理学で言う所の「分散」による効果と。人間の視点では小さ過ぎて見えないだけで、実際には重たい石の下にもかなりの隙間空間が存在します。ダンゴムシはその隙間に潜り込んでいるだけなので、彼らに直に石の重さがのし掛かっている訳では無いので潰れないのです。

>石の下に行く理由
主な目的は天敵から逃れるためですね。カマキリ、クモ、ヒキガエル、トカゲ、それにアシナガバチなんかも時たまダンゴムシを襲いますね。これらの天敵から逃れるため、彼らが主に活動している明る...続きを読む


人気Q&Aランキング