『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

車について質問(*´-`)
私は父との思い出や影響でSUBARUの車が大好きで社会人になり私も車を購入しました。
(SUBARU:レガシィワゴンBP5GT)
私が幼き頃に父が乗っていたレガシィワゴンBG5GT-Bと私が乗っているレガシィはどちらが速いですか?また、車そのものに大きな変化とかありますか?
私が知ってる父のレガシィとの違いは
①ツインターボとシングルターボのちがい。
②マフラーが一本出しから等長等爆エキゾースト二本出しになったこと。
③5ナンバーから3ナンバーになったこと
ぐらいです。個人的には父が乗っていたレガシィワゴンBG5はツインターボなので加速感もあり、速く感じます。実際どうなのでしょうか?

A 回答 (2件)

>BG5はツインターボなので加速感もあり、速く感じます



「ツインターボなので」というのは誤認識です。
加速の差は「タービンの種類とセッティング」になります。
「シングルタービン」でも「ツインスクロール」もあればBP5GTの「ツインエントリー」、純粋な「シングルタービン」もある。
「ツインターボ」も「2基振り分け」「2基並列」「2基直列」と接続方が色々。

発売時の上限を280ps(仮)とするだけで、320psがキャパのタービンもあれば、380psがキャパのタービンもある。
それによって低回転で有効なタービン、高回転で有効なタービンなどに住み分けされる。

ちなみにレガシィだとBGよりBPの方がトルク立ち上がりも良いので、加速自体はBPの方が良いはず。
でも燃料制御でいかようにもコントロールできるので、はじめからトルクフル設定の車は加速「感」は感じにくくなる。


ところで2.0RからGTに乗り換えられたのでしょうか?
2.0Rにターボは積まれてないですよね?


>どちらが速いですか?

2.0RならBG5、GTならBP5。
でも技術に大きな差があれば腕のある人が乗る方。


>車そのものに大きな変化

>マフラーが一本出しから等長等爆エキゾースト二本出し

「等長等爆エキゾーストマニホールド」はマフラーの出口の話ではないですよ。
エンジンから出ている排気管が一本に集合するまで(またはタービンに入るまで)の部分。
これが等長になることの恩恵は検索してください。

出口が二本出しなのは排気音量対策(開閉バルブ付きはまた別の目的も含む)
車検時の排気音検査は一つの出口から出る音しか計らないため。
副産物として見た目がカッコいい。

>ツインターボとシングルターボ

前述

>5ナンバーから3ナンバー

4cm弱の差は走行性能の大きな差にはなりえない。


「電子制御式スロットル」が大きな違いといえば違い。スロットルの細かい部分での差が出る。
「後輪サスペンションをストラットからマルチリンクに」は姿勢安定に寄与する。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

以前は2.0R乗ってました❗️でも、2万kmしか走っていない状態が良いBPのGTが合ったのでそちらに乗り換えました(*^^*)

お礼日時:2018/05/12 23:25

BP5GTが速いはずですが。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなんですね(*^^*)まあ、幼き頃の記憶なので父のレガシィが実際より速く感じたのだと思います

お礼日時:2018/05/12 22:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング