ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

英語の、過去完了形の完了と過去進行形の違いがわかりません。
教えて下さい。

A 回答 (3件)

ddeanaです。

わーごめんなさい。
過去進行形を自分で「過去完了進行形」と脳内変換しちゃってましたね、私。恥ずかしい!
なので恥を忍んで再度出てきました。

前の回答で、過去完了は別の動作が始まる前に一つの動作が終わっていたことを指すというお話をしました。

過去進行=past continuous =shows that an action that someone was doing at a particular time. In other words, it expresses an unfinished or incomplete action in the past.
「過去進行とは過去のある時点で何かが継続していたということ。言い換えればその時点では終わっていなかったことを表す」
とあります。
つまり、過去進行とは過去完了のようにどこかで終了したことを指すのではなく、過去のある時点で何かが終了してはいないことだけを指します。

例)I was cooking when the phone rang.「電話がなった時私は料理中でした」
これがわかりやすい例です。つまり電話がなる前に料理は終了しておらず、電話がなってる最中の料理は続いていたことを示しているので進行形になります。これが過去完了になった場合は、料理は電話がなる前に終了しているということなのです。
    • good
    • 0

過去完了は英語の辞書に次のように書かれてあります。


・過去完了=past perfect=shows that an action that had already finished when another action happened.
「過去完了とは、別の動作が始まる前にすでにひとつの動作が終わっていたことを指すもの」

・過去完了進行形=past perfect continuous=shows that an action that started in the past continued up until another time in the past.
「過去完了進行形とは、過去のある時点に始まったものが別の時点まで続いていたことを指すもの」

わかりやすくいうと・・
過去完了では、二つの動作のうち、現在に近い動作が始まる前に別の動作が終わっていたことを意味しています。
例1)When I arrived at the airport, the plane had taken off.「空港についた時、飛行機はもう離陸していた」
空港に行くという動作をA,飛行機の離陸をBとすると、Aの前にBがすでに終わっていたので、Bの方が過去完了になります。
この英文を過去完了進行形にはできません。
×)When I arrived at the airport, the plane had been taking off.「空港についた時、飛行機は離陸し続けていた」
離陸という作業はある時点のみで起こることであり、離陸し続けるなんてことはないですよね(笑)
また、
例2)I had lived in U.S. for five years.「私は5年間アメリカに住んでいました」
この過去完了の場合、文に出てくる動作は1つだけですが、「どこかに住む」というのは、数時間単位でコロコロ変化するものではないので、この文章ひとつで今はアメリカに住んでいないことがわかります。よって文章に出ていなくてもこの文章がさす動作は二つある(1つは以前アメリカに住むということ、もうひとつは現在別のところに住むということ)ことがわかります。

一方過去完了進行形では、動作は一つだけで、しかも簡単に変えられる状態のものに対して使われます。つまりその状態が今では違うとすぐ想像がつくものです。

例1)He had been drinking milk out the carton when Mom walked into the kitchen.「母がキッチンに入ってきた時、かれは箱ごとミルクをがぶ飲みしてた」
この文章から、お母さんが入ってくるまでミルクをずっと飲んでいたことはわかりますが、入ってきたことによってミルクを飲むのをやめたとは言えません。あくまで彼がミルクを継続して飲んでいたことを示したいので完了進行になっているのです。
例2)She had been playing the guitar for ten years since she was a child.「彼女は子供のころから10年間ずっとギターを弾いてきた」
彼女が10年間ひとつのことを継続してきたことだけを述べていて、それがいつの時点で終了したかは目的ではないので、完了形ではなく進行形を使っています。

過去完了も過去完了進行形も、どちらも過去に何かが続いていたという意味では同じです。ですが、過去完了は今の時点を出発としてそれより前に終わっている何かの継続を表すときに用いるのに対し、過去完了進行形は、今の時点は除外して、過去のある期間に何かが継続していたことだけを述べるという点で違うのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

過去完了進行形ではなく、過去進行形なのですが…

お礼日時:2018/05/13 08:08

それぞれの時制が過去ではなく現在だったら, つまり


現在完了形の完了と現在進行形の違い
は大丈夫?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それも微妙かもしれません、、、

お礼日時:2018/05/12 23:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過去完了進行形と過去進行形の見分け方についてです。

初歩的な質問ですが、ご回答の方、お願い致します。
今回質問させて頂きたいのは、題にある通りなのですが、
とある問題集の、英訳問題にて


①その時まで彼女は泣いていた。

②私が今朝目覚めた時、雨が降っていました。

という問題があり、


①が
(She had been crying until then.)となり、過去完了進行形に


②は
(It was raining when I woke this morning.)となり、過去進行形という解答でした。

英訳する際に、
①と②の和文を、どのように過去進行形か過去完了進行形かを、判別すればよいのでしょうか?

色々と調べてみたのですが、①②の和文の違いがわからないバカチンなもので…。

先輩方の回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

過去を更に2つの時点に分けられるかどうかですね。
(1)は「その時」という過去の時点があります(例:昨日の19:00)
そして、その時点まで彼女はずっと泣いていた(例:昨日の
 15:00ぐらいから19:00)、ということです。
 間違って1万円札を10枚、シュレッダーにかけてしまった、とか。

 1.ずっと泣いていた時間というのは、15:00-19:00
2.その時点は(19:00)

 その時点、より泣いていたのは明らかに更に過去だからです。
 異なる時点だからです。

 もし、She was crying until then.
としても、恐らく意味は通じると思いますが、正確ではないです。
 日本語でも、「・・・ていた」とは、その時点より、明らかに
 過去だからです。
 until then(その時まで)が、when I saw her(彼女を見かけた時)
 とかすれば、見かけた時、泣いていた、と同時並行ですので、
 同じ時点の話なんです。この場合は、ちょうど(2)の過去進行形です。
 
(2)は今朝目覚めたら(例 今朝の7:00)、「その時に(同じ時点
 で)」、雨が降っていた。
 今朝目覚めた時=雨が降っていた これは同じ時点での話しです。
 ですから、過去進行形となります。
 つまり、目覚めた時点で「(同じ時点で)行われている出来事」
 です。
 
It had been rainingと過去完了進行形にしてはいけません。
 朝起きた(まさに)その時、ですので。
 
 逆に「朝起きるまで雨が降っていた」としましょうか。
 (例えば 3:00-7:00まで、真夜中から朝方まで4時間降り続けです)
 そうすると、以下になります。
  It had been raining until I woke this morning.
「雨が降っていた」は過去完了進行形(It had been raining)です。
 朝起きた時点(7:00)と、雨が降っていた(3:00-7:00)までは、
 明らかに更に過去で、異なる時点だからです。

そのうち慣れますよ。着実に頑張ってください。
同じことを質問しても全然構わないと思いますので、
うざがられるぐらいに周りの英語知ってる人に聞きまくれば
良いと思います。

 
 
 

過去を更に2つの時点に分けられるかどうかですね。
(1)は「その時」という過去の時点があります(例:昨日の19:00)
そして、その時点まで彼女はずっと泣いていた(例:昨日の
 15:00ぐらいから19:00)、ということです。
 間違って1万円札を10枚、シュレッダーにかけてしまった、とか。

 1.ずっと泣いていた時間というのは、15:00-19:00
2.その時点は(19:00)

 その時点、より泣いていたのは明らかに更に過去だからです。
 異なる時点だからです。

 もし、She was crying until ...続きを読む

Q過去進行形と過去完了形

問題で以下のようなものがありました。

【次の各文の( )内の語を適する形になおしなさい。2語になるものもあります。】

My mother (watch) TV when I came home.

答えは was watching でした。
これは had watched では間違いでしょうか?

過去進行形は過去の瞬間を表すので「私が帰宅したとき、母はテレビを見ていた。」で、
過去完了形はこの場合継続で、「私が帰宅したとき、母はずっとテレビを見ていた。」になるような気がして、どちらも大丈夫なのではと思ってしまうのですが…

問題の解説、また過去進行形と過去完了形の違いの解説をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず,watch のような動詞の場合,「ずっと~している」は完了進行形 have been watching となります。

それと,現在完了の継続「ずっと~している」に対して,
過去完了になると,「(その後も続くかもしれないが)それまでずっと~してきていた」
という意味合いで「ずっと~していた」です。

過去完了(進行形)を使うのであれば,私が帰ってきた瞬間という過去と,
さらに,それより前の過去が前提にあって,その古い過去から,新しい過去まで
という時間の幅ができます。

だから,ただ,「帰ってきた瞬間,していた」というのなら過去進行形。

あとから聞いてわかった,ということで
My mother had been watching TV for three hours when I came home.
私が帰宅したとき,母は(それまで)3時間,ずっとテレビを見ていた。

My mother had just finished watching TV when I came home.
私が帰宅したとき,母はちょうどテレビを見終えた。

こういうふうな過去完了(進行形)は使えます。

ただ,had watched TV はきびしいかと。

この when 過去で「過去の瞬間に~していた」というのは過去完了の典型的パターンとして
中学校で勉強し,高校の問題,大学入試の問題でも出ます。
過去完了やら,いろいろ習った後で考えすぎるのを試す問題ともいえます。

ということで,普通は単純に過去進行形。

まあ,入試問題なら,選択肢があります。
こういう語形変形は入試ではまず出ません。

まず,watch のような動詞の場合,「ずっと~している」は完了進行形 have been watching となります。

それと,現在完了の継続「ずっと~している」に対して,
過去完了になると,「(その後も続くかもしれないが)それまでずっと~してきていた」
という意味合いで「ずっと~していた」です。

過去完了(進行形)を使うのであれば,私が帰ってきた瞬間という過去と,
さらに,それより前の過去が前提にあって,その古い過去から,新しい過去まで
という時間の幅ができます。

だから,ただ,「帰ってきた瞬間...続きを読む

Q過去完了形と過去進行形の違い

(a) We believed that he had lost himself in the wood.

(b) We believed that he was losing himself in the wood.

この二つのどちらかは文法上間違っているのでしょうか?
また、どちらも正しい場合どのような意味の違いになるのでしょうか?

過去完了形の完了・結果の用法と過去進行形の違いがよく分かりません。

Aベストアンサー

No.1です。早速のお返事を有難うございます。補足質問にお答えします。

ご質問:
<a)は、信じた(believed)時点で彼は迷うこと終えている、というような解釈で良いのでしょうか?>

それは、この文だけでは判断できません。それは、この英文が2つの解釈が可能だからです。

1.ご質問文は主節が過去形believedになっていますが、ここの時制を現在形にした文をつくってみると、この謎が解けます。believed→believeにすると、次の2文ができあがるのです。

(1)We believe that he lost himself
「私達は、(あの時)彼が道に迷った、と信じている」

(2)We believe that he has lost himself
「私達は、彼が道に迷ってしまった(現在も迷っている)、と信じている」

(1)は過去時制を使っています。過去時制では、過去のある一点において、「道に迷った」という「過去の事実」を述べており、現在は迷いから脱出できているニュアンスが伝わります。

(2)は現在完了時制を使っています。現在完了では、過去のある一点において「道に迷った」という「過去の事実」が、現在まで続いていること(継続の用法)、現在に影響を及ぼしていること(結果の用法)を示しています。

つまり、(2)は過去において彼が道に迷ってから、今もまだ見つかっていない(無事に家にたどり着かない)ことを意味します。


2.上記の2文は、現在の視点からの英文でしたが、これを過去の視点からの英文にしたのが、ご質問のaの文になります。

つまり、aの英文は、上記の(1)と(2)の両方の解釈が可能、ということなのです。

(1)We believe that he lost himself→We believed that he had lost himselfとなったとみると、上記の(1)の解釈になります。

つまり「信じた」時点では、迷いから脱出できているニュアンスがあります。

(2)We believe that he has lost himself→We believed that he had lost himselfとなったとみると、上記の(2)の解釈になります。

つまり、「信じた」時点では、それよりも前の過去において彼が道に迷ってしまってから、信じた過去の時点でも、まだ見つかっていなかった(無事に家にたどり着いていなかった)ことを意味します。

ご参考までに。

No.1です。早速のお返事を有難うございます。補足質問にお答えします。

ご質問:
<a)は、信じた(believed)時点で彼は迷うこと終えている、というような解釈で良いのでしょうか?>

それは、この文だけでは判断できません。それは、この英文が2つの解釈が可能だからです。

1.ご質問文は主節が過去形believedになっていますが、ここの時制を現在形にした文をつくってみると、この謎が解けます。believed→believeにすると、次の2文ができあがるのです。

(1)We believe that he lost himself
...続きを読む


人気Q&Aランキング