【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

こんばんは!
秦の始皇帝の事績を説明しそれを踏まえて、彼は中国史上にどのような位置づけられるのか
というテーマで私なりに文字の統一や車輪の統一など調べたのですがあまり良く分からなかったので質問させていただきます。、

A 回答 (3件)

始皇帝はファースト・エンペラー、つまり


始めて中国を統一した人物です。

そのため始皇帝は、広い領土を一つにまとめるための制度を施行しました。

全国を36の郡に分け、その下に県をおく「郡県制」です。
この “郡” や “県” に官僚を派遣して、統治を行いました。

また、それまで各地域によってばらばらだった文字や重さの単位、
通貨を統一します。
これにより、効率よく税を集めようとしました。

さらに、各地域の文化や思想を認めず、秦の思想に合わない書物を燃やしました。
焚書坑儒(ふんしょこうじゅ)です。

そして北方の民族、匈奴(きょうど)とも大がかりな戦争を始めました。

始皇帝が中国を統一する前まで、各地域はそれぞれの王が
治める独立国であったといいます。

しかし始皇帝は、人々の心が一つになる前に、北の匈奴との遠征に
人々をかり出したり、性急な政治を行いました。
特に、もともと匈奴と関係のない南の国の人々の反感は強く、
反乱が起こって秦は滅びます。

この秦の反省をもとに、違ったしくみで統治を行う国が現れます。
それが漢帝国です。

秦が滅んだ後、紀元前202年に中国を統一したのは “漢” です。
漢では、始皇帝の急激な統一への反省から、緩やかな統治を行いました。
それは、郡県制と封建制を組み合わせたものでした。

皇帝の影響力が強い都周辺の地域では、郡県制を導入して直接統治します。

一方、独自の文化を持つ離れた地域に対しては、王などを任命して
統治を任せる封建制度を用いました。
こうした統治のしくみを、「郡国制」といいます。

漢帝国は400年も続き、以降、中国人を漢人
と呼ぶようになりました。

つまり、始皇帝は中国を統一し、それを
漢帝国に引き継いだ、という言い方が出来ます。
    • good
    • 0

彼の何が一番すごいかというと、武力による統治から法による統治に変えたと言われるところです。

それを念頭に成した実績を見ていくと、なるほどと思えるところが多くあると思います。
    • good
    • 0

史記、漫画版も出てますから、手に入ればご一読を。


あの広い領土をまとめて、中央集権、官僚による統治の政府を造った。
戸籍制度などは、かなりの完成度で、後に秦を滅ぼした軍のうち、劉邦側の腹心がその書類を確保。それが漢の建国時、ものすごく参考になったと。
万里の長城も、始皇帝の事業とされてますね。
今までの、たくさんの国の集りだった歴史が、始皇帝により統一。後を継いだ漢も、それに倣う。
それから曹操や劉邦の時代のように、3つの国に分かれたりしても、目指すは統一ですし、北方を侵略された時、(宋→北側を取られての南宋時代)も、万里の長城までは自分たちの土地だから、いずれ取り返してやるという気持ちは持ち続けてたみたいです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング