最新閲覧日:

今年87歳になる母親が3日程前に入院しました。診断では胃若しくは十二指腸に孔があいている(穿孔)状態で、腹膜炎を起こしているとのことです。
この年齢では手術には耐えられないのではないかおもいますが、自力で回復は望めるものでしょうか?また、他の病気で併発が考えられとすれば、どのようなものがあるのでしょうか?治療法は?急変も有り得るものでしょうか?

A 回答 (3件)

高齢とはいえ、色々な方がいます。

お母様はそれまで元気で歩かれたりしていたのでしょうか?もしそういう方ならば、助かる可能性はあります。
しかし、寝たきりもしくは活動性がほとんどないかたならば、はっきり言って難しいと思います。
胃、十二指腸の穿孔はもちろん怖い状況ですが大腸穿孔に比べたら成績は良いようです。
治療は可能な限り手術ですが、その部分を切除して繋ぎ直し、洗浄する方法と、大網という胃よりぶら下がっている膜をその穿孔部に充填してシールしてお腹の中を洗浄する方法があります。この場合は時間的にとても短時間ですみ、臓器を切除しませんから、患者さんへの侵襲がとても少なくてすみます。
ただ、必ず成功するとは限らないという問題点はあります。患者の体力面で、根治術が出来ない場合の最期の手とお考え下さい。
お腹の中は全く無菌な袋があり、その中に肝臓やら胃やら腸が存在しているわけです。もし消化管のどこかに穴があくと、細菌やら消化液がその空間に漏れる
事になり、袋自体が炎症を起こします。それが腹膜炎です。非常にきれいなところだけにあっと言う間に広がっていき、最終的には敗血症、多臓器不全を起こします。
治療上のキィーポイントは、敗血症、多臓器不全へ何とかして行かないようにする事です。
でも残念ながら計算通りには行くことはあまりありません。穴の大きさにもよります。漏れた量にもよります。
医師が大網充填術、腹腔洗浄をするかどうかを決める基準は、とても年齢の割に元気な方なのかどうか、もともと程度にもよりますが心臓、肝臓、腎臓、肺に問題を抱えていないかどうか、糖尿病の有無などです。
お母様の穿孔前の状態が分かりませんのではっきりとは断言できませんが、89歳の女性が、大腸穿孔でお腹の中は糞便だらけで、まず助からない状況だったのに助かった方もいます。お母さん次第です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変詳しいアドバイスを頂き本当に感謝申し上げます。
昨日連絡があり、今週が山だろうとの事です。
明日、郷里に帰り面会しますが、その際の有効な情報となります。
改めて御礼申し上げます。

お礼日時:2001/07/18 23:12

 胃・十二指腸穿孔から腹膜炎を合併した場合、放置していると最悪の事態になることもあるので、年齢を問わず普通は腹腔内の確認も含めて開腹手術をします。

しかし症状も軽く、血液検査やCT検査で限局した腹膜炎であることが判った場合は数週間の絶食と点滴で治療することもあります。消化管穿孔はほとんどの場合が「腹部外傷」や「消化管潰瘍」に合併します。現在87歳という高齢を考えると十分急変することも念頭に入れておく必要があると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々のご回答を頂き感謝申し上げます。
電話での様子では、CT検査で様子を見つつ、管を入れ腹水(正しいのかどうか素人ですから分かりませんが)を抜いているとのことです。
今後ともよろしくい願い致します。

お礼日時:2001/07/17 11:24

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「腹膜炎-二次性」
この中で特に「原因と危険因子」「症状」「治療」「合併症」と関連リンク先を参考にしてください。

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ