ふと思った質問です。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

クリニックの外来レベルでの回答です。


まず、貧血の有無、肝機能、腎機能、栄養状態、コレステロールや中性脂肪のレベル、尿酸値、血糖、炎症反応などです。

そのほか、かなり専門的な項目も二次的な採血で行います。思わぬ情報が得られることもあれば、大まかすぎて何にも引っかかってこないことも多いです。
奥深いものがあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御礼遅れてすみませんです。
場所によって深さが違うのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/17 00:15

検査の目的により、調べる項目が違いますが、全部の項目を調べると相当な数の項目となります・



参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.avis.ne.jp/~kosato/KNOWLEDGE/exam.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼遅れてすみませんです。
参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/17 00:13

いろいろなことがわかりますね。


たとえば、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「血算」
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(血清学的検査)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(末梢血液塗抹検査)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(血液型検査)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(血小板凝集検査)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(肝炎ウイルス関連抗原抗体分析)
これ以外にも感染症の診断に抗原抗体反応を利用して検査可能です。
さらに、癌に関連する「腫瘍マーカー」の診断も可能です。
それから、免疫機能(リンパ球等)を測定することも可能です。
これら以外にも記述できないくらいあります・・・・。

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼遅れてすみませんです。
ここまでわかるとは・・。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/17 00:11

アレルギーの有無、白血球などの数、喘息になりやすいか、血液型(RHまで)、ガンの有無(正確にはガンの物質量か何か)など様々なことが分かります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼遅れてすみませんです。
ガンの有無までわかるとはしりませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/17 00:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報