わたしの姉は身長155センチ、体重150キロほどあります。
以前、美容外科に行ったところ、脂肪吸引でとれるのは限度があって、太りすぎの場合は無理だと断られたそうです。
そんなことはあるのでしょうか?
もはや病気であると思うのですが、そのような場合、どうしたらいいのでしょう。
食事制限、とかそういった問題ではないように思えます。
医学的に、回答をお願いします。

A 回答 (6件)

こんにちは。

たびたびすいません。やり取りを見てると何やら勘違いをされている向きがあるので、ちょっとだけ補足に参りました。

原因がホルモン分泌の異常であれなんであれ、肥満状態を修復する方法は、食事制限を主にしたダイエットです。

脂肪摘出手術は、心臓や呼吸への負担が非常に大きい場合など以外にはまず行われません。

また、病院では緊急を要する場合でも脂肪吸引は行いません。吸引で取れる量ではお話にならないからであり、危険が大きすぎるからです。

ホルモン分泌異常だった時、関連するホルモン分泌臓器を半分切ったり(多するぎる時)などという手術はありますが、これ自体は肥満対策ではありません。

ホルモンが異常かどうかは血液検査で判ることで、ホルモンが正常なのに、ホルモンを使った治療は行われません。これは無理にホルモンでやせようとすると、そのホルモンを作る臓器が機能が低下したりして、一生薬漬けになってしまうからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。
なるほど、危険性がよくわかりました。

お礼日時:2001/07/19 00:52

> 一応、姉は病院からの紹介で行ったのですが。


 そうでしたか。
 お医者さんとの間でどんなやりとりがあったかは分かりませんが、どうも関係者の間で意見の食い違いがあるような気がしないでもないですね(^_^;
 どのみち、そのお医者さんが、エステのダイエット法を誤解していたり、ダイエットに関する知識がなかったり、といったケースも充分に考えられます。

>deagleさんは以前に脂肪吸引をやられたことがあるのですか?
 俺自身は脂肪吸引機はやったことないです。と書くと、「やったこともないのに」という反論が予想されますが(笑)
 先にそのさらに反論をしておくと、「脂肪吸引機」と言われる機械の原理では、「物理的に脂肪を排斥することができない」か、あるいは、「極端な苦痛を伴いかつ、皮膚の傷跡が残る」かどっちかです。
 脂肪細胞の内部にある脂肪分を、皮膚、皮下組織、細胞壁の3つの壁を通り越して切除するということは、これらを破壊することに等しいのです。
 やったことなくても、「壁の向こうの物を手に取ることは出来ない」ことくらいは分かります(笑)
 そうでも考えなきゃ、「掃除機ダイエット」が正道としてまかり通っていない理由が説明できませんって(笑)

> そういう可能性はないか
 残念ですがありません。
 たしかに、脂肪細胞を死滅させるホルモン剤が実在してはいますが、これが人間に使用された例は見たことないです(未確認)。
 myeyesonlyさんのおっしゃる脂肪摘出手術も、もしやるとしても、たかだか150キロの体重で行うにはあまりにも大きな経済的/身体的な犠牲を払わなければならないんじゃないかと思います。


 こちらの勝手な判断ですが、どうも、「普通の方法」でのダイエットをあきらめてらっしゃる雰囲気がありますね。
 150キロでそんなこと考えるのは早すぎます。
 この体重は「人間として異常なほど太っている」とはまだまだ言えません。普通の方法で充分対応できるはずです。
 もちろん、本人に努力する意思があれば、ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説、どうもありがとうございました。

わたし本人ではないので、結局は姉の責任、やる気に関係してくるので、ご意見を生かすことができずに、残念なのですが。
ただ、deagleさんは普通のダイエットで努力することが正しくて、脂肪吸引で楽してやせようなんてとんでもない、と考えているようですが、世の中には自分で努力しようとしてもできない、という人がいるということも知ってください。
楽にやせたいから、とかではなく物理的にそれが不可能な人もいるのです。
また、だからこそわたしはそのような人がやせるためにはどうしたらいいか、ということについて知りたかったために質問をしたのです。

お礼日時:2001/07/19 00:47

こんにちは。

補足?をいただいたようなのでまた来ました。m(__)m

>ホルモン~

ですが、そういう場合の治療法はあります。

ケースによって、ホルモンを補充したり、手術したり色々ですが検査を続けながら治療する必要があるのでやっぱり病院です。

また、ホルモンじゃなくても、脂肪を蓄える細胞があるんですが、これが肥大化している場合があります。
この場合は、主に薬を併用したダイエット的治療になります。

あと心臓に負担がかかりすぎてる様な場合は脂肪摘出手術を行う場合があります。

このどれでも大きな病院か専門医じゃないと無理ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ごめんなさい。
お礼と補足の位置付けが曖昧だったので適当に使っていたのです。
お礼でも充分でしたよ。
わざわざありがとうございます。

>この場合は、主に薬を併用したダイエット的治療になります
薬を併用、というのはたとえばどういった薬を使うのでしょう??

お礼日時:2001/07/19 00:40

他の人と同じような回答ですが、単純なダイエットでは無理そうですね。


そこまで太るには何か別の理由があるのではないでしょうか?
診療内科や肥満専門の医師にかかるべきではないですか。
「食事制限とかそういう問題ではない」というのは、あなたもそう思っているのではないのですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>「食事制限とかそういう問題ではない」というのは、あなたもそう思っているのではないのですか。

ちょっと質問の意図がわからないのです。
すみません。。。
どういった意味でしょう??

>診療内科や肥満専門の医師にかかるべきではないですか。

どこか、いい病院などご存知ではないですか?

お礼日時:2001/07/18 10:36

 太りすぎでなくても無理です(笑)



 その脂肪吸引装置がどんなものなのか分かりませんが、通常、外部から脂肪を吸い出して痩せることは不可能です。
 マッサージと同じで、気休めなんです(マッサージは一時的に肩を楽にする効果しかなく、すぐ元に戻ってしまう。これは磁石シールも同じ)。
 ですので、「これは騙せない」と思われたのでしょう。ああいうところは、ちゃんと食事や運動の指導をしているところは別として、たいがいは形だけのダイエット療法を行い、「痩せましたよ」といってお客を満足させるだけのところばかりです。

 太りすぎや痩せすぎはたしかに病気の要因になりますが、病気そのものではありません。それが証拠に、太古においては太っていることが必要だったんです。
 ちゃんと運動をして、適量食べて筋肉を付けるといった正規の方法で痩せるのが一番です。
 運動補助用のサプリメントを今実際に使ってますが、「ないよりマシ」といった程度には効くようです。

 雑誌に載っているような「嘘ダイエット」ではなく、病院の先生が推薦してくれるようなちゃんとしたやつをやる必要があります。

この回答への補足

お返事ありがとうございました。

>雑誌に載っているような「嘘ダイエット」ではなく、病院の先生が推薦してくれるようなちゃんとしたやつをやる必要があります。

一応、姉は病院からの紹介で行ったのですが。
ただ、食事療法でやせる、とか筋肉をつける、とかそういった次元の話ではないのです。
それが可能であったならここまで来る前になんとかなっていたはずですから。
確かに、甘えのように聞こえるかもしれませんが、妹から見て心配なのです。
もしも可能であるなら、手術などで一気に違う体を手に入れることができるのならば、それに越したことはないので、そういう可能性はないか、と質問をしたのです。

deagleさんは以前に脂肪吸引をやられたことがあるのですか?

補足日時:2001/07/18 10:33
    • good
    • 0

こんにちは。

ちょっとびっくりしてますが、>体重150キロ~間違いないですよね?そのつもりでお答えします。

吸引には限度があります。以前、無理やり7Kg程吸引して死亡した人の事がマスコミをにぎわした事がありますが、吸引法では何度も刺さなければいけなくなるので、感染症を起こしやすくなります。また、吸引時に分離した脂肪が血液中に入り込むと血管が詰まる事があります。(特に超音波を使用した時など)脳で詰まれば脳梗塞ですね。脂肪による閉塞は一時的なものですが、脳などのちょっとでも血流停止が許されないところだと結構ダメージを受ける場合があります。

また、脂肪が内臓に貯まってる内臓脂肪は吸引できません。

以上より150Kgを吸引でというのは危険きわまりないと思います。

また、そこまで太るのは、何かホルモンに異常をきたしている場合が結構あります。

ですから、おっしゃる様に美容外科ではなく、内科でちゃんと治療を受ける必要があると思います。

なお、その治療の過程で食事制限はありえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事、ありがとうございます。

わたしも、おそらくホルモン異常の関係であるとはにらんでいるのですが。
そういった場合、それを治すような治療もあるのでしょうか?
ご存知の方、いませんか?

お礼日時:2001/07/18 10:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ