人気雑誌が読み放題♪

見ていてふとした疑問が。
1.脅迫電話の逆探知ですが、現在のデジタル電話網では、
被害者宅への着電前には、発信元が瞬時に判明しますが、なぜ警視庁はあんなに手間取るの?
2.冷凍車は、自動車のエンジンも冷凍機のエンジンも明らかに停止。共にエンジン音全く無しの静音でエンジンによる振動無し。 
なのに、なぜ冷凍庫内に十分な冷気を供給かつ冷気を維持できていたのか?
3.なぜ、不明なスイッチをONにしたのか?
4.スイッチが防爆仕様?のカバーつき押しボタンではなく、トグルスイッチ?
犯人が改造?

ありえない行動ばかりです。

詳しい方、教えて下さい。

A 回答 (1件)

推理ドラマ好きの者ですw



1,携帯電話からの逆探知は難しいようで、
 その辺の地域しかわかりません。 その地域のアンテナの場所って事です。
まあドラマですから演出です・・・

2,冷凍/冷蔵車は、車のメインエンジンの他で、別のエンジン/別コンプレッサで動作するようです。
倉庫に停止する場合は、電源確保できればコンセントでも可能です。
というより、冷凍機を動作させ続ける理由も必要は無いです。

3~4,さあ? 照明のスイッチなんてカバー不要だとは思います。

というか、
ドアの施錠をせずに、開ければ爆発する仕様にすればよかっただけですよね・・・
そうすれば、目的の親が爆死した。
(恨みなら、爆発じゃなくて、火を付けて親に救出させる方が正解かな。爆破はその後とか)
実は、
目的は親ではなく、警察が憎くてそっちを爆発させるのも真の目的だったとか?
(倉庫に運ぶ → 暗いから電気を付ける警察)
だから、解錠ではなくスイッチだったとか?
この回だけを見ると冷静で頭の良い犯人のように見えますが、前回出ていた犯人は単なる前科者のコソドロのおっさんですから・・・

--------
まあ、真犯人(息子の3人が共犯)を捕まえて、
未来/現代が変わる(現代のこの事件は無くなった=爆破で死んでもいない)って話じゃないですか?
(原作は読んでないのでこの先は不明ですが)
日本の原作だと、しっかり取材して矛盾なく辻褄があうように話を作りますが、
原作は、韓国ドラマだそうなので・・・


第1話から矛盾だらけでした。
(兄が犯人:警察に採用されない)
(時効の秒読みとか有り得ないです)
(キャリアでもないイチ警察官がプロファイラーとして海外留学とか有り得ない)
そもそも、
テーマである「過去と通信」ってのが「ありえない」事なので、その他の矛盾を探せば有り得ない事だらけになります・・・ まあフィクションって事で、1話以外の小さな事件は面白くないですが、事件解明の展開❝だけ❞は面白いですw
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング