出産前後の痔にはご注意!

仮払金の処理について
仮払金10,000円。
交通費8,000円で戻入2,000円の場合。

現金出納帳

仮払戻入10,000
交通費 8,000

振替伝票

交通費8,000/仮払金10,000
現金 2,000

これでよろしいでしょうか??

A 回答 (3件)

No.2です。

補足回答です。

1万円を仮払いした日と同じ日に仮払金を清算した場合は次のようになります。

振替伝票
〔借方〕交通費8,000/〔貸方〕現 金8,000

現金出納帳
「出金」の欄に「8,000」と記載。「相手勘定」の欄に「交通費」と記載。

〔参考〕この場合は、仮払金10,000円は現金出納帳に記載されません。しかし「交通費」が記載されるので現金出納帳を見れば8000円が何に使われたのかが分かります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

補足までいただいてありがとうございます。
新しい職場で出納帳の記入方法が違っていたため、振替伝票はどうしたら良いのか混乱しましたが、そもそもその出納帳の記入方法が間違ってるようですね(;_;)

お礼日時:2018/05/23 09:26

◇1万円を仮払いした日



振替伝票
〔借方〕仮払金10,000/〔貸方〕現 金10,000

現金出納帳
「出金」の欄に、「10,000」と記載。「相手勘定」の欄に、「仮払金」と記載。


◇仮払金から交通費8,000円を払って、残金を戻し入れた日(=仮払金1万円を清算した日)

振替伝票
〔借方〕交通費8,000/〔貸方〕仮払金10,000
〔借方〕現 金2,000/〔貸方〕…{空白}…

現金出納帳
「入金」の欄に、2,000 と記載。「相手勘定」の欄に、「仮払金」と記載。

〔参考〕現金出納帳には「交通費」は記載されません。だから、現金出納帳を見ても、差額の8,000円が何に使われたのか分かりません。
    • good
    • 1

現金出納帳は、仮払い戻りが2,000円で、交通費8,000円です。


振替伝票の通りです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今までそうやっていたのですが新しい職場で出納帳の記入がこのようになっており、振替伝票はどうするんだ???と混乱してしまいました。
ありがとうございました!

お礼日時:2018/05/23 09:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現金出納帳のつけ方を教えてください。

仮払金で1万円出したとして、5000円使って5000円お釣りを持ってきたときの現金出納帳のつけかたを教えてください。
      収入   支出
仮払金        10000
旅費交通費       5000 
預り金    5000
 
こんな感じで書いたら支出は5000円なのに10000円でたことになりますよね。。

Aベストアンサー

単式簿記ですか。それなら本当に金庫からの出入りだけを記録すればよいのです。

        収入   支出
旅費交通費仮払    10000
仮払戻入 5000

複式簿記なら、
仮払金 10,000円/現金 10,000円
旅費交通費 5,000円/ 仮払金 5,000円
現金 5,000円/ 仮払金 5,000円

Q現金出金分の戻しについて

旅費交通費で現金100000円を一旦出金伝票にて出金しました。
(海外滞在費だったのですが本当は仮払いするべきだったのでしょうか)
その後、使った分から差し引いた残金が戻ってきました。
入金伝票で現金出納帳に戻す方法はありますか?
またそうでない場合、どのようにして現金出納帳に戻せばいいのか
方法を教えて頂けませんか?
上記説明不足でないといいのですが・・・・。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#3の追加です。

精算時(2万円が戻ったとして)
現金 20000 /旅費交通費 20000

この仕訳をもとに現金出納帳に記帳して、現金が金庫にはいれば、出納帳の残高と金庫の中身が一致しますが・・・・。

質問の意図を勘違いしていたら 、再度補足してください。

Q仮払金の仕訳なんですが。。

かなり初歩的な質問かもしれませんがよろしくお願いします。

労災で通院している社員の通院タクシー代に関してです。
当初仮払金100,000円出金し、先日自らの運転に復帰できたとの事でこれまでのタクシー代全額の123,000円を精算しました。
つまり、既に仮払金で渡してある100,000円に加え23,000円を渡した訳です。
この場合、正しい仕訳の切り方はどうなりますか?
当初の仮払金100,000円出金時には、

仮払金100,000/現金100,000

にて仕訳済みです。
尚、まだ費用化せず123,000円全額を仮払金に残したままとします。

単純に追加分のみ、

(1)仮払金23,000/現金23,000

でいいのでしょうか?
それとも、

(2)現金100,000/仮払金100,000
 仮払金123,000/現金123,000

のように、一旦仮払金100,000円を戻入れ(架空の入金処理?をし)、新たに纏めて123,000円の仮払い計上すべきでしょうか?
追加仮払い出金時の現金の動きはあくまで不足分の23,000円のみです。

社内で(1)(2)の意見が対立しておりまして。。
詳しい方いらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

かなり初歩的な質問かもしれませんがよろしくお願いします。

労災で通院している社員の通院タクシー代に関してです。
当初仮払金100,000円出金し、先日自らの運転に復帰できたとの事でこれまでのタクシー代全額の123,000円を精算しました。
つまり、既に仮払金で渡してある100,000円に加え23,000円を渡した訳です。
この場合、正しい仕訳の切り方はどうなりますか?
当初の仮払金100,000円出金時には、

仮払金100,000/現金100,000

にて仕訳済みです。
尚、まだ費用化せず123,000円全額を仮払金に残...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.1でも述べたとおり実際の現金の動きのとおり仕訳を起こせばよろしいです。
実務でも簿記の試験でもそうですが必要ない仕訳は起こさないものなのです。(例外もありますがそれはこの場合には当てはまりません)
この場合は入金になっていない100,000円は起こさないのがルールなのです。
必要ない仕訳があるとかえって紛らわしくなってしましますからね。

ちなみに他の方々が心配されている仮払金は申告の時までに解消すればよろしいです。

Q仮払金精算時の仕訳について

小さな会社の経理をしています。
今まで帳簿はすべて手書きで付けていましたが
この度、簡単な会計ソフトを使う事になりました。

今まで仮払金精算時の仕訳は

交通費 13,000 仮払金  30,000
接待費 20,000 現金    8,000
会議費  5,000

こういう風に振替伝票に起こしていましたが
会計ソフトに入力するとなると
必ず借方貸方の科目ごとに
同じ金額でないと辻褄が合わなくなると思うのです。

なので例えば
一度

現金 30,000 仮払金 30,000

と起こして仮払金を0にした後で

交通費 13,000 現金  13,000
接待費 20,000 現金  20,000
会議費  5,000  現金   5,000

という風にするのでしょうか?
他のやり方が思いつきません。
アドバイス頂ければと思います。
よろしくお願い致します。

 

Aベストアンサー

今までの仕分け法でOKですよ。
バランスも合っているのでエラーにはならないと思います。

もちろん一度、仮払いを0にして、改めて出金伝票で書き直す方法もOKです。
ただしその場合は

交通費 13,000 現金  13,000
接待費 20,000 現金  20,000
会議費  5,000  現金   5,000

でなくても

交通費 13,000 現金  38,000
接待費 20,000
会議費  5,000

で入力は可能だと思われます。
1行ごとバランスをあわせる必要はないでしょう。
(普通のソフトは伝票全体で貸借が合っていればOKなはず)

Q仮払金の一部を返金した時の処理はどのようになるか

経理について教えてください。
仮払金として出金した分を余計に持ち出したから、とそのまま現金として数日経ってから、一部返金したときはどのような勘定科目になるのでしょうか。

Aベストアンサー

(1)仮払金として200,000出金した場合。

仮払金 200,000   現金 200,000


(2)その後一部返金(仮に5万円)した場合は単に逆仕訳です。

現金 50,000  仮払金 50,000

Q仮払金精算について教えてください

先日、社員に交通費として10,000円の仮払いをしました。
出金伝票に
勘定科目 仮払金
摘要   交通費
金額   10,000

その社員が戻ってきたので、交通費精算をしたいのですが。
どの伝票を使用していいのか、又、記入方法を教えてください。
精算金額は 11,500円で仮払金より多く使ってました。

Aベストアンサー

はじめに
  仮払金10,000 / 現金10,000

清算
  交通費11,500 / 仮払金10,000
             現金 1,500

Q仮払金戻りの金額ミスについて

経理初心者です。
先日、社員の出張がありましたので切符代を支払い、仮払金として\10,500処理をしました。

仮払金 10,500 / 現金 10,500

出張から戻った際に私の会社では仮払金を満額戻し、その他の旅費との合計額で出金処理という風に精算をするのですが
(仮にその他の旅費の額が\2,000とします)
仮払額の受入額を誤って\10,000、その他の旅費との合計額もマイナス500円の\12,000として伝票を入力し提出してしまいました。

現金  10,000 /  仮払金 10,000
旅費  12,000 /  現金  12,000

その後に本社へお金を返金してしまったので、未払い金として差額を計上し翌月に差額を出金するようにといわれました…。
仮払の受入額は\10,500に戻して…とのことでそれまでは分かったのですがその先の仕訳の仕方がどうしてもわかりません。

わかりにくい文ですみません。
ご教授お願いします。

Aベストアンサー

実際の現金の動きがどのようになっているのか次第だ。


ひょっとして、次のいずれかかい。出張から帰った社員から10,000円を実際に戻してもらい、12,000円を実際に支払った。または、仮払を超えた分である「その他の旅費の額」2,000円を実際に支払った。あるいは、出張から帰った社員からは10,500円を実際に戻してもらい、12,500円を実際に支払った。

仮にいずれかであれば、その社員に対する精算はきれいに終えている。仮払の受入と旅費とがともに500円ずつ少ない。足りない仕訳を追加で入れるのなら、「旅費 500/仮払金 500」の仕訳で足りる。分かり辛ければ、次のように誤った仕訳の反対仕訳と正しい仕訳とを切るといい。3段目と4段目は、セットの複合仕訳だ。
仮払金  10,000 /  現金 10,000
現金  12,000 /  旅費  12,000
現金  (実際の回収額) /  仮払金 10,500
旅費  12,500 /  現金  (実際の支払額)

そして、本社に返金した金額と、本社と独立した会計処理をおこなっているのかどうか(つまりは本支店会計を採用しているのかどうか)によって、さらに追加の仕訳が必要かどうかが決まる。本社に返金したのが10,000円で、実際に返金すべきだったのが10,500円であり、本社と独立して会計処理をおこなっているのであれば、このような仕訳をさらに追加すればいい。科目は一例だ。
本社  500 / 本社未払金  500
本社と独立して会計処理をおこなってはいないのであれば、未払金は計上しない。


そうでなく、出張から帰った社員からは10,500円を実際に戻してもらい、12,000円を実際に支払った。すなわち、社員への支払額が500円足りていなかった。

仮にこうだったのであれば、仮払の受入とその相手勘定である現金の入金、旅費がそれぞれ500円足りず、その社員に対する未払金500円が発生している。次のように誤った仕訳の反対仕訳と正しい仕訳とを切るといい。4段目と5段目は、セットの複合仕訳だ。
仮払金  10,000 /  現金 10,000
現金  12,000 /  旅費  12,000
現金  10,500 /  仮払金 10,500
旅費  12,500 /  現金  12,000
          / 従業員未払金 500

これに加えて本社に対する未払金を計上するかどうかは、先に述べたのと同じだ。


実際の現金の動きや本社との間の会計処理などにつき、想定したものと異なっているのであれば、その旨補足をするか、いったん質問を締め切って新たに質問するかしてはどうだろう。

実際の現金の動きがどのようになっているのか次第だ。


ひょっとして、次のいずれかかい。出張から帰った社員から10,000円を実際に戻してもらい、12,000円を実際に支払った。または、仮払を超えた分である「その他の旅費の額」2,000円を実際に支払った。あるいは、出張から帰った社員からは10,500円を実際に戻してもらい、12,500円を実際に支払った。

仮にいずれかであれば、その社員に対する精算はきれいに終えている。仮払の受入と旅費とがともに500円ずつ少ない。足りない仕訳を追加で入れるのなら、「旅費 ...続きを読む

Q町内の老人会会計担当です。仮出金と精算後の

処理方法を教えてください。昨年の4月に会計を引継ぎしました。

会には、カラオケクラブやグランドゴルフ、園芸クラブなど5つのクラブがあり、それぞれに責任者がいます。
カラオケクラブを例にとると、昨年は2万円を使いましたので、今年度の予算は、2万円に設定し、4月1日付で、予め、2万円を仮出金伝票を起伝し、カラオケクラブ責任者に渡しました。


出納帳の勘定項目は、4月1日、仮出金、カラオケクラブ○○殿 支出欄に20000円と記帳。


3月末の決算日近くに、責任者が、今年度中に払った領収証、レシート(合計19000円)と余った現金(500円)を私に返します。


この場合の、出納帳の記帳を、3月20日に行うとして、


一旦、仮出金の20000円を、入金伝票を発行して、3月20日「借受金戻し」として、入金欄に、20000円と記帳。
次に、何枚かの領収書の金額(計19500円)を出金欄に記帳。


この方法でよいでしょうか?


又、処理日の日付ですが、領収書、レシートは8月とか11月がありますが、そのままの日付で、3月20日の支出欄に記帳すると不具合はありますか?


よろしくお願いいたします。
経理とか会計等は全く無知なので、この質問が皆様に伝わるか不安です。

処理方法を教えてください。昨年の4月に会計を引継ぎしました。

会には、カラオケクラブやグランドゴルフ、園芸クラブなど5つのクラブがあり、それぞれに責任者がいます。
カラオケクラブを例にとると、昨年は2万円を使いましたので、今年度の予算は、2万円に設定し、4月1日付で、予め、2万円を仮出金伝票を起伝し、カラオケクラブ責任者に渡しました。


出納帳の勘定項目は、4月1日、仮出金、カラオケクラブ○○殿 支出欄に20000円と記帳。


3月末の決算日近くに、責任者が、今年度中に払った領収証、レシート...続きを読む

Aベストアンサー

>済みません、ここが、無知故によく解からないのですが・…

仮定の数字ですが、

・会費収入 100,000円
・市その他から補助金収入 50,000円
・仮払金の戻り 500円

のとき、年間の収入合計は「仮払金の戻り 500円」を含めず、15万円だけだという意味です。

年間の支出合計も同様で、「仮払金 2万円」は含めず、レシート類がある 19,500円のみを決算対象とします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング