ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

全くの勉強不足な質問ですいません。
●一般の人が特定の裁判記録を閲覧することは可能なのでしょうか?
どんなものならどこでみれるのか教えてください。
(裁判所のHPでみれるモノは全文なのでしょうか?)
●そしてそれを入手することは可能なのでしょうか?
●上記が難しいのならばどうすればみれるのでしょうか?
弁護士を立てるとか本人なら見れるとかあると思うのですが。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一般の人が閲覧できるのは訴訟、通常訴訟や少額訴訟の記録です。

裁判継続中の事件の記録は,その事件が扱われている裁判所で閲覧することになります。また、裁判記録を閲覧するためには事件番号を申告することが必要になりますので記していかれるとよいでしょう。
    • good
    • 2

専門家紹介

高橋遼太

職業:司法書士

明成法務司法書士法人の高橋と申します。
東京と埼玉に現在事務所を構え、不動産登記、会社設立、相続、債務整理等の相談を幅広く対応させていただいております。

事務所を開設するにあたって、法律的にお困りのことがあった時に気軽に相談ができる場所になればと考えておりました。
当事務所は司法書士業務をサービス業と捉え、お客様に満足して頂けるために日々試行錯誤しながら業務に取り組んでおります。
法律的な問題はそれぞれのお客様ごとに内容が違います。
そのため、お客様との打ち合わせを重視し、個々の相談ごとに最適な解決方法を提案していけたらと考えております。

「お客様と誠実に向き合い、お客様にとって最適なリーガルサービスの提供する」

が当事務所のモットーです!
お悩みのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

詳しくはこちら

専門家

 民事訴訟の訴訟記録に関しては、審理中でも確定した場合でも、裁判所書記官に対して誰でも閲覧を請求することができます。

(民事訴訟法第91条第1項)
 ただし、訴訟記録の謄写などは、当事者及び利害関係を疎明した第三者にしか請求できません。(第91条第3項)ですから、利害関係のない第三者は、閲覧はできますが、筆写することはできません。(一部をメモする程度なら可能です。)もっとも、公開を禁止した口頭弁論に関する記録については、当事者又は利害関係を疎明して第三者しか閲覧できません。(第91条第2項)
 なお、訴訟記録の保存、裁判所の執務に支障がある場合は、閲覧の請求が拒絶されることもありますので注意して下さい。(第91条第5項)
 刑事訴訟の記録に関しては、被告事件の終了後ならば、誰でも訴訟記録を閲覧できますが、訴訟記録の保存、裁判所又は検察庁の事務に支障が生じる場合は、この限りではありません。(刑事訴訟法第53条第1項)
 被告事件終了後の記録は、当該被告事件の第一審の裁判所に対応する検察庁の検察官(保管検察官)が保管していますので(刑事確定訴訟記録法第2条)、閲覧の請求はこの検察官に対してすることになります。ただし、保存記録が弁論を公開を禁止した事件の物であるとき、被告事件が終了して三年を経過している物(終局裁判の裁判書については除く)などは、訴訟関係人や閲覧について正当な理由がある者でないと閲覧ができません。(刑事確定訴訟記録法第4条第2項各号参照)
    • good
    • 10
この回答へのお礼

遅くなってすいません。回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/03 22:27

民事については経験がないので、刑事についてのみ。



刑事の場合は不起訴になったものは非公開になっており、弁護士照会でしか閲覧することが出来ません。
起訴されたものについては閲覧可能ですが、検察に予約が必要です。検察側でプライバシーを保護するために当事者以外の名前を黒塗りしたりするためです。
入手に関しては、原則はコピー不可ですが、コピーさせてくれるところもあります。
謄写は可能ですから、自分で書き写すか、写真撮影は可能です。
写真については安物のカメラでは写しても文字が読めません。接写の機能が優れたもの、または、デジカメであれば300万画素程度のものが必要です。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
参考にさせていただきます。

お礼日時:2004/10/23 00:48

1判決文は原則として閲覧可能です。

ただし、裁判所が非公開法定としたものなど一部制限があります。
2答弁書・準備書面・証拠書類・陳述書等プライバシーに関わるものは利害関係人等に制限が加えられています。
3下記URLに具体的な手続がありますので、ご参考にされると良いでしょう。http://ranhou.hp.infoseek.co.jp/eturan.htm

参考URL:http://ranhou.hp.infoseek.co.jp/eturan.htm
    • good
    • 6
この回答へのお礼

基本的な質問に回答いただきありがとうございます。参考にさせていただきます!

お礼日時:2004/10/23 00:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裁判記録を閲覧したいのですが・・・

ある民事裁判について調べています.何処の裁判所で争われた
裁判かは解らないのですが,関東地方であることは間違いない
と思います.私の予想では横浜・東京・前橋のどれかだと考え
ています.
何処の裁判所で行われたか解らない裁判の裁判記録を閲覧したい
場合には何処へ行けば良いか解る方,教えてください.
国立図書館などで閲覧できるのでしょうか?
そもそも裁判記録というものが閲覧できるか?
できればなるべく詳しく教えていただきたいのです.
その裁判が行われたのは恐らく平成8年~10年の間だと思います.

よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

東京地裁分でしたら裁判所にあるコンピュウター等で被告か原告の名前がわかれば、検索できます。横浜、前橋も同じようだと思います。具体的方法は下のURLを見てください。

参考URL:http://203.174.72.111/ranhou/eturan.htm

Q裁判記録の閲覧を断られました

タイトル通りなのですが、知人の裁判記録を見たかったので東京地検に電話して手続き等を聞いたら、事件内容等も聞かずにプライバシーに関する事だから関係者以外はダメと言われました。
誰でも閲覧出来るんじゃないんですか?
どなたか教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

◎#2です。補足の「判決文と訴訟記録とでは、どの様な違いなんでしょうか?」についてですが・・・・。

◎私は、#1の方の参考URLの内容(民事?判決文・・云々)について認識しておりません。そもそも、地検を「管轄違いですから、詳しいことも言えないし」としている事も、私には解りません。ただ、「自信有り」との回答ですから、、あなたの質問の指す裁判記録閲覧が、#1の方の回答の『判決文』であるのならわたくしには、解りませんが、東京地検に電話との事から『刑事被告事件に係る訴訟の記録』であれば・・・・とアドバイスさせて頂いたのです。

◎あなたの言う、『裁判記録』を当該刑事裁判で採用された、調書・証拠・証言等々の記録とすれば、裁判中は裁判所で使用保管され、この時は「当該の被告人・弁護人」と「被害者」が閲覧を許されます。

◎そして、裁判確定後(訴訟終結後)当該記録は、刑事確定訴訟記録法に基づく、『刑事被告事件に係る訴訟の記録』として管轄検察庁に移管し保管されます。

◎その場合については、#2でアドバイスさせて頂いたとおりです。

◎「知人の裁判記録を見たかったので」と有りますが、知人が被告人で有ったとすれば、その裁判記録は保持している(していた?)はずですから、知人にその旨聞いてみるか。

◎知人(当事者)には、知られずに見たかったのでとなれば、「プライバシーに関する事だから関係者以外はダメと言われました」との、保管検察官(事務官?)の回答も頷かざるを得ないと思慮致します。

◎或いは、知人当人があなたの「知人の裁判記録を見たかったので」を認知しているので有れば、同行しての閲覧は許可の可能性は有るのかも知れません。
また、知人が病気・怪我等の正当な理由であなたに委任した場合も、検察官の判断に因っては許可の可能性も残されると思います。

◎何れにしても、【刑事確定訴訟記録法】を熟読してから、所轄の検察庁に、再度問い合わせる事を勧めます。
 ●http://www.ron.gr.jp/law/law/keij_kir.htm

参考URL:http://www.ron.gr.jp/law/law/keij_kir.htm

◎#2です。補足の「判決文と訴訟記録とでは、どの様な違いなんでしょうか?」についてですが・・・・。

◎私は、#1の方の参考URLの内容(民事?判決文・・云々)について認識しておりません。そもそも、地検を「管轄違いですから、詳しいことも言えないし」としている事も、私には解りません。ただ、「自信有り」との回答ですから、、あなたの質問の指す裁判記録閲覧が、#1の方の回答の『判決文』であるのならわたくしには、解りませんが、東京地検に電話との事から『刑事被告事件に係る訴訟の記録』であれば・・...続きを読む

Q過去の裁判の調べ方

全く法律・裁判関係に無知なので教えて頂きたいのですが、過去にあった裁判の調べ方を教えて下さい。

友達がトラブルに巻き込まれていまして、3年前のある事件の裁判の賠償金を払え、みたいな感じになっちゃってるのです。
本当にそのような裁判があったかどうかも嘘くさいので調べたいのです。
裁判所のHPを見てみると、主要な裁判の事例は見ることが出来るのですが今までに起きた全てが見ることができるのか教えて下さい。

Aベストアンサー

過去の裁判の記録は、基本的に誰でも「閲覧」できます。
裁判のあった裁判所に出向いてください。
印鑑と身分を証明するものと印紙150円が必要です。
事件番号は原告や被告の氏名でも検索できます。

利害関係が必要なのはコピーをとる場合や「公開を禁止した口頭弁論に係る訴訟記録」の閲覧をする場合になります。

Q裁判の判例、原告被告の氏名は公開される?

裁判所の公式ホームページでは過去の判例について検索ができます。
下記参照
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010?hanreiSrchKbn=01

ここで検索できる判例についてですが、下記の三件はいずれも地裁レベルの判例ですが、原告被告の名前が出ているものと、原告A原告B訴外Eというように固有名詞を伏せているものとわかれています。
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010.action;jsessionid=9B35C4373C8A1973C3F761FC6AA22903

日本の裁判は一部の少年犯罪などを除き、原則公開です。しかし、それを望まない人も多いでしょう。まあ、最高裁までいった訴えならば世間的な関心も高いでしょうから実名報道や実名記録されるのも止む無し、と思いますが、下級審、それも簡易裁判所レベルでのご近所トラブルとか、わずかな金の貸し借りのトラブルで実名がいつまでも記録、公表されるのは嫌だなあ、と思う人も多いと思います。
(逆に、勝訴判決をいただいた人が、被告に恥辱を与えるために、「いつまでも裁判記録が実名で残りますように」と思っている場合もあるでしょうけど)

この違いは何でしょうか? 原告被告の名前が出る、出ないは、どのようにして決まるのでしょうか?
もっといえば、この過去の判例表示は、それぞれの書式や活字体なども異なっていますが、全国統一の方式ではないのでしょうか?
まさか、裁判の判決文、判例を公開する、しない、は裁判長の裁量に任されていて、ケースバイケースなのでしょうか?

裁判所の公式ホームページでは過去の判例について検索ができます。
下記参照
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010?hanreiSrchKbn=01

ここで検索できる判例についてですが、下記の三件はいずれも地裁レベルの判例ですが、原告被告の名前が出ているものと、原告A原告B訴外Eというように固有名詞を伏せているものとわかれています。
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010.action;jsessionid=9B35C4373C8A1973C3F761FC6AA22903

日本の裁判は一部の少年犯罪などを除き、原則公開です。しかし、それを望まな...続きを読む

Aベストアンサー

サイトにアップする人の気心次第ですね。

そもそも法廷では公開されていますし、それをとやかく言う人もいないでしょう。

Q事件番号の調べ方

お世話になってます。

裁判所の判例検索にも載らないような裁判です。

民事裁判で原告名と被告名、裁判になった年度はわかっています。
内容を調べるとかではなく、ただ事件番号だけ調べたいのです。
膨大な裁判の中から事件番号のみ調べる方法はありますか?

Aベストアンサー

年度だけですか ?
訴えのあった日がわかれば訟廷係の事件簿でわかります。
事件簿の閲覧はできないですが、当事者と年月日がわかれは事件番号は教えてくれます。

Q民事裁判の記録ってどうやって閲覧出来るんでしょうか?

民事裁判の記録って誰でも閲覧出来るんですよね?どこでどうやったら閲覧出来るのでしょうか?また制約制限等はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、過去質問の検索・閲覧をお勧めします。

裁判記録を閲覧したいのですが・・・
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa130304.html
裁判記録の閲覧について(基礎的ですいません)
http://okwave.jp/qa1051360.html
裁判の記録を見ることは可能ですか?
http://okwave.jp/qa653329.html

Q裁判の何が怖いのでしょう?

ちょっとした疑問なのですが教えてください。
 裁判を起こされると、訴えられた方は何が困ることなんでしょうか?

 例えば、自分の配偶者の不倫相手に慰謝料請求をして相手が支払いに応じない時、「裁判します」と言うと、相手が「それだけは勘弁してください」となって支払いに応じる、という話をよくネットとかで見かけます。
 確かに、裁判された、ということが世間に知れてしまったら、外聞が悪いですし、就職や結婚で不利になるかもしれません。でも、少し調べてみたら、たまたま公判当日に傍聴されてしまった、とかでない限り、裁判記録を調べるのはそれなりの情報とキチンとした手続きが必要で、公的な所からは、何かの拍子に裁判の事実を知られてしまう、ということはなさそうです。つまり、関係者が漏らさない限りは周囲に知られることは無いということです。不倫の事実については、裁判しようがしまいが同じなので、ばれる時はばれるし、ばれない時はばれない。
 ということは、言い値(おそらく相手は相場以上の金額を要求するでしょう)で慰謝料を払うより、裁判をして相場の金額の慰謝料を払う方がまし、ということにならないでしょうか。
 または、判決が出てもそのまま支払いの拒否をしつづける。支払わなくても警察につかまるというわけではないですから。
 もちろん、裁判をして判決が出ると、強制執行も可能ですが、資産をうまく隠してしらばっくれることもできるんじゃないか?就職先に差押え、となると色々困るけど、転職したり自営業だったりすると平気なんじゃないか?とも思います。

 あることで裁判を起こそうかと思っているのですが、それに意味があるのかどうか疑問になってしまってきたので質問しました。
 回答よろしくお願いします。

ちょっとした疑問なのですが教えてください。
 裁判を起こされると、訴えられた方は何が困ることなんでしょうか?

 例えば、自分の配偶者の不倫相手に慰謝料請求をして相手が支払いに応じない時、「裁判します」と言うと、相手が「それだけは勘弁してください」となって支払いに応じる、という話をよくネットとかで見かけます。
 確かに、裁判された、ということが世間に知れてしまったら、外聞が悪いですし、就職や結婚で不利になるかもしれません。でも、少し調べてみたら、たまたま公判当日に傍聴され...続きを読む

Aベストアンサー

まず考えられるのは時間と手間とお金でしょうか。

訴えの内容に反論するためには反論を文書化するか出廷しなければなりません。
何もしなければ、相手の言い分をすべて認めたことになります。
本人が対応するのであれば、時間と手間がかかります。

本人では無理、というのであれば弁護士です。
本人は何もする必要はありませんが、弁護士費用が発生します。

次にプライベートな部分が暴かれる、ということでしょう。

訴えられた本人あるいは証人となった人の個人的な部分が表に出てしまいます。

本人あるいは証人となった人には、訴えた側の弁護士から様々な質問がされます。

ここで問題なのは、質問の内容です。
その裁判で争っている内容に関することだけではありません。
訴えられた人間がどのような人物であるのかを明らかにするということで、プライベートな部分まで色々と白日の下にさらされます。
極端に言えば、法廷であれば何を質問しても許されるということですね。
法廷戦術です。
回答を拒否することはできますが、裁判官の心証が悪くなるでしょう。

日常生活では人に話せないような内容もありますし、決めつけのような質問もありますから非常に不愉快です。
冷静になれれば良いのですが、変なことを口走ると、それを捉えて更に質問されます。
丸裸にされるということですね。

たとえ弁護士に依頼していても、本人に対する質疑応答は回避できません。

本人からすれば、時間と手間とお金とそういう思いをしてまで争う意味があるのか、ですね。

まず考えられるのは時間と手間とお金でしょうか。

訴えの内容に反論するためには反論を文書化するか出廷しなければなりません。
何もしなければ、相手の言い分をすべて認めたことになります。
本人が対応するのであれば、時間と手間がかかります。

本人では無理、というのであれば弁護士です。
本人は何もする必要はありませんが、弁護士費用が発生します。

次にプライベートな部分が暴かれる、ということでしょう。

訴えられた本人あるいは証人となった人の個人的な部分が表に出てしまいます。

...続きを読む

Q裁判記録を閲覧したい

まったく法律初心者ですが
窃盗罪で熊本地裁に起訴された人の裁判記録を閲覧したいです。
可能でしょうか?
2001年の事件です。


またその方法としてはその裁判所にいかなければいけないのでしょうか?
ネットなどで見れるのでしょうか?
HPなどで調べてみたのですが分かりませんでした。
教えてください!!

Aベストアンサー

http://courtdomino2.courts.go.jp/kshanrei.nsf/webview/8B3570835244E35F49256CDF0025355D/?OpenDocument

強盗致死ならありましたが、これですか?


判決の検索の無料サイトは
http://courtdomino2.courts.go.jp/kshanrei.nsf/WebView/$SearchForm?SearchView

です。

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/kshanrei.nsf/webview/8B3570835244E35F49256CDF0025355D/?OpenDocument

Q簡易裁判所の裁判記録の閲覧について

友人から受けた相談なのですが・・・。
彼が訴訟を起こされているようで、そのことは彼女(友人)には知らされていません。訴訟をおこした側から彼に送られてきた書類を彼女が偶然見てしまい、具体的な内容が分からず心配しています。その書類にはその裁判の番号がかかれてあったとのことなのですが、例えば私がそれを閲覧することはできますか?またその際に身分証明などが必要だと思いますが、私が閲覧したという情報は友人の彼に知られることはありますか?(裁判の当事者は、記録を閲覧した人の情報を知ることができるのでしょうか?)
教えてください。

Aベストアンサー

補足の記載から、民事執行記録であると
考えられますので、利害関係人に限ります。

つまり、他人に閲覧させるのは、不可能です。

あなた・彼女でも、無理かもしれません。
不動産とかなら、同居者・共有者・地主など
 かなり、範囲が広いですが、給与ですと
 二重差押している者・先取特権により配当要求
 している者・給与に質権設定している者とかしか
 思い浮かびませんので。----

Q裁判結果を知るには?

初めまして。
早速ですが、知人がある事件に関わり、裁判(訴訟)になりました。その後、当方の転勤もあり、疎遠になってしまい連絡も取れなくなってしまいました。民事事件で事件番号も教えてもらっていますが、その裁判自体どうなってしまっているのかを知るには、どうしたらいいのでしょうか。
どなたか、コメントお願いいたします。

Aベストアンサー

>早速、検索システムに照会しましたが、見当たりませんでした。
最高裁判所民事判例集・刑事判例集に登載された判例一覧なので、すべての判例が登録されているわけではありません。

オンラインデータベース無料で利用できるのは他になく、大量の裁判例を検索できるシステムは有料となっています。(会員制)
http://www.lexisnexis.jp/legal/default.htm

判例時報社が発行している「判例時報」は、最高裁判所から簡易裁判所までの裁判例の速報が毎月3回発行されています。
国会図書館にはすべてのバックナンバーがそろっているので、自由に検索し閲覧することも出来ます。
ここ以外で毎号そろえている図書館は都道府県立図書館や法学部を有する大学くらいでしょう。

一番手軽なのは、判決した裁判所に行き閲覧する事です。
 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング