今住んでいる土地の名義が父2/3私1/3で、建物が父と私で別々に登記(完全二世帯住宅)しているのですが、その土地と建物を父が売りたいと言い出しました。(自分の持分だけです。)
私としては、もちろん売らないよう父を説得しますし判も絶対に押すつもりはないのですが、最悪の場合、父の分だけ売られてしまって知らない人と同じ敷地の中で暮らす・・・などということがあり得るのでしょうか?

こんなことになるのは少々複雑な原因があるのですが、客観的な事象だけ書かせていただきました。
不明な点があれば補足させていただきますので、どうかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

不動産の場合、常に最悪の場合を念頭に入れて対応なさるのは賢明なことです。

何しろ、大きなお金が動きます。買受希望者も、相当な注意を払って調査し、建物の使用収益に関して、それなりの制約があることを承知したうえで購入の意思決定をする訳です。当然に、制約相当分プラスα円の減価になります。逆に、制約がなくなれば市場性は回復し、つまりは通常の価格に戻るのです。

問題は、積極的に(仕入)価格の低下を目論む連中の存在です。判例等でも認めている通り、マンションの居室が暴力団事務所として使用されたりすると、価格は低下します。他の区分所有者は、安心して生活できなくなります。では、その持分を売却しよう、といっても、これは安くしないと売れない。まともな人は買わない、そこが狙い目なのです。もう一方の区分所有者の持分さえ安く入手できれば、転売による儲けも大きくなります。

要は、誰も手を出せないようにして物件を買い叩いたり、または安売りしてでも早期売却したくなるように仕向ける。あとは内装をして、リフォーム済二世帯住宅として売り出す。これは想定される最悪のシナリオのほんの一端です。実はその二世帯住宅が立体的に展開しているのか平面的に展開しているのかで、ストーリーは少し異なるのです。それは兎も角、次善の策として土地建物の同時一括処分をお勧めする次第です。
    • good
    • 0

>私たちまでも追い出されるような可能性はあるでしょうか?



それはありません。
どうやら区分所有法に基づく建物のようですから、それが大きくなけばマンションですから、マンションの一室が他人になった、と思えばよいかと思います。
    • good
    • 0

「まともでない人に買われた場合、我々まで追い出されるようなこと」


***ありうるでしょう.いわゆる地上屋----
お父さんが売って住むとこがあるのでしょうか. あなたの家や土地を買っても.嫌がらせの人を雇って、法に触れることをしてまでもの値打ちのある土地であれば可能性がありりますね.その土地にそれだけの値打ちがない限りしないでしょう.ドのような事情か知れませんが、単なるお父さんの不満の嫌がらせではないのですか.そんな気持ちも感じるのですが、(--財産も金のないのに似たようなことをいう親がいるので)、できれば
土地を買取ることです.それとも宗教に凝って寄付でも考えているのでしょうか.いるのでしょうか.--気をつけてください. 
    • good
    • 0

 私が買主ならば、建物は完全に私のものですから、そのまま住みます。

また、土地が共有のままだと不便なので、土地の分割の手続きを要求して、応じていただけなければ裁判所に分割の請求をします。土地は2対1に分けて、もし、あなたの建物の敷地が収まらないのでしたら、その分は賃料を払ってもらうか、買い取っていただきます。また、外見的に別の所有であることを示すため、敷地の境界には、お互いの費用でブロック塀を築かさせてもらいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/17 09:34

その建物は(完全二世帯住宅)と云いますが、玄関や台所、便所など別々で、それぞれが独立して生活ができるようになっていますか? そしてなにより家の中で行き来できないような構造ですか? 一カ所でも家の中でで父親の居住部分とあなたの居住部分がつながっていなければ、区分所有法の適用は受けますがそうでなければ区分所有法の適用を受けないことになり、この違いで法律的に大きく変わってきます。


まず、区分所有法の適用を受ける建物としてお話しします。
そうであれば、あなたに何らの承諾がなくても他に売却することができます。勿論、土地と建物は同時に売却する必要があります。土地と建物は一体として考えられており、その集合がマンションです。当然ながら1つの土地の上にあなたと新規に買い受けた者が一緒に住むわけですが、中で行き来できないから一向に差し支えないことになります。
そうではない場合、つまり、その建物は独立二世帯住宅と云っても、家の中で自由に行き来できるような構造であれば、父親は土地だけでも建物だけでも、また、両方同時に他に売却できます。あなたの承諾は必要ありません。結局どちらであっても売却するためにあなたの承諾は必要ありませんが、この場合、買い受けた者は、あなたの承諾がなければ居住することができません。その場合、その買い主は裁判所に訴え、その土地全部と建物全部を競売にするよう求めることができます。二人のあいだで「持分を買う」「売る」の協議がととのわないときには裁判所は競売して代金を持分に応じて配当するよう命じます。

この回答への補足

ご返答、ありがとうございます。
居住部分は繋がっておりません。登記も別々です。
建物は建てて5年ですのであと20年くらいは建物を変更するつもりもありません。
普通の人なら買わないことはよくわかりましたが、普通でない人の手に渡ってしまい、私たちまでも追い出されるような可能性はあるでしょうか?

補足日時:2001/07/17 09:30
    • good
    • 0

あなたの父の所有部分の売買は可能です。


しかし、あなたが他人と同じ敷地で暮らすのが嫌なように
買う側だって嫌ですよね。
仮に売りに出しても普通の人なら買わないはずです。

でも普通じゃない人だったら・・・
怖くてこれ以上いえません。

どうしても売るつもりなら、あなたが買い取ってしまうか、
きれいさっぱり2世帯住宅として売却するしかないのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/17 09:29

共有ですので、全部処分は共有者全員の合意がなければ処分できません.


持分だけは売れますが、実際に売れるかどうか. 儲けることばかりで悪徳に引っかかると、全員泣くことになりますよ. 子供が売るという事を親が止めるのが普通と思うのですが.よく似た事情かなと推察します.
売ってどこに住むところがあるのでしょうかね.金さえあれば、誰でも面倒見てくれるとでも思っておられるように察します.
土地は共有、建物は個別登記で家は1個建ではない(1個建てならば、土地がからみ面倒ですね.)。としますと建物は土地を借地と考えれば売れますが.土地のの分割がからんできますね. 若し建物と土地の持分が売れたら、 土地は今度は新しい人との関係になりますので、相手も困るでしょうね.おなたが土地だけ買い取れば、建物はあなたの借地の上になりますので、借地料を取れるのですが.
まあ普通の人は買わないで、まともな人でがない方が買うかもしれません、値段もややこしい分だけ安くなるとと思います.思っている値段では売れないでしょう.
区分所有は土地と建物が一緒に売買されることになっているはずです.でないと建物の管理や処分の決議権が土地と建物で1個であるものが土地1/2個建物1/2個の議決権になりますのでそれはないと思います.区分所有については新しい法律は知らないので、当てにはなりませんが、違うよにも思いましたので.間違っていましたら、お教ください.

参考URL:http://realestate.yahoo.co.jp/realestate/docs/wo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事、ありがとうございます。
おっしゃるとおり、まともでない人に買われた場合を最も心配しています。それが元で、我々まで追い出されるようなことがあり得るのでしょうか?

お礼日時:2001/07/17 09:29

質問者のお住まいは、法律的には「建物の区分所有等に関する法律」と「マンションの管理の適正化の推進に関する法律(平成13年8月1日施行)」の適用を受けます。

平たく言えば「分譲マンション」なのです。従って、父上がその持分と専有部分を独立した不動産として売却することは、何ら制約はありません。

但し、父上の売却が市場に受け入れられるかどうかは別だと思いますよ。今後、建物の共有部分を変更する際には、必ず共有者(この場合は質問者)の同意が必要になりますから、相当程度市場性が減価し、売却は不可能ではないが、それなりに困難があるでしょうね。ケンカすると建物管理ができなくなる訳です。

二世帯住宅は、親子・兄弟等の良好な人間関係を、将来にわたり見通した結果、建築するものです。それが期待できない場合、建物を維持していくのは容易ではありません。次善の策ですが、むしろ建物の同時売却をご提案しますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返答、ありがとうございます。
私としては、今の自己所有の建物に住み続けるつもりであり、建てて5年ですのであと20年くらいは建物を変更するつもりも無いのです。
そこでもう少し聞きたいのですが、普通の人なら買わないことはよくわかりましたが、普通でない人の手に渡ってしまい、私たちまでも追い出されるような可能性はあるでしょうか?あくまでも最悪を仮定してでの話ですが。。

お礼日時:2001/07/17 09:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q競売で土地の持分を取得した場合は建物の明け渡しは?

 Aが所有する土地建物の内、土地のみの持分1/3を不動産競売で取得した場合につき教えてください。なおこの持分に対して法定地上権は設定されないと裁判所の見解が記入されていました。
 (1) 建物所有者Aに対して建物の収去明け渡し要求を行うためには、 土地の持分がどれだけ以上あればAの同意無しに申し立てられるので しょうか?または持分の多寡に関わらず明け渡し要求はできないもの なのでしょうか?
 (2) 土地の共有物分割をする場合に土地の共有者Aと合意できず裁判  にて土地を不動産競売にて売却し、金銭にて共有分割を解消する場  合は、その場合建物には件外建物として法定地上権は付くのでしょ  うか?
   よろしくお願いします。

Aベストアンサー

競売で土地の3分の1だけ買ったわけですね。
それで、その土地の上にある建物収去を考えているのですか。
それはできないです。(全部の持分でないと。)
競売で買った者は、建物所有者に地代相当額の3分の1が損害金として請求できます。
他の3分の2の所有者と分割請求が決裂すれば、全部の競売、代償による分割の2つしかないです。
競売ならば法定地上権は認められないです。

Q土地名義と建物名義が別人の土地を売りたい

土地と建物名義が別の土地を売りたいと考えております。
知識のある方にご助言を頂ければ助かります。

・土地名義…………私です。
・土地固定資産税…生前は父、現在は私が払ってます。
・建物名義…………義兄(婿養子)です。
・建物固定資産税…義兄(会社かも?)が払ってます。
*現在、住んで居るのは私・妻・子供の3人です。
*私は別の場所に土地と家を持ってます。

問題の建物は築40年を超えます。
私と長女は母親が違い年齢も20歳以上離れています。
この家を建てた当時、私は赤ん坊で記憶は無いのですが別の姉達の
話から、おおよそ下記の様に聞きました。

義兄を婿養子に迎えるに辺り父が土地を購入し家を建てました。
父は会社も義兄に与え父は権限の無い会長職になりました。
姉夫婦は2年程この家に住みましたが、当時私達が住んでいた家を
立て直す事を知り家の交換を望み、希望通りにしました。
されど、建物名義は義兄のままにしておきました。
その後、父母と私たち兄弟はこの家で生活を続け現在、
父母は亡くなり相続で土地の名義人は私となりました。

私も結婚後、別に家を建て独立したのですが7年前に父母が高齢となり
別の姉達からの要請で父母の面倒を見る為に越して来ました。
其のまま現在まで住んで居りますが、そろそろこの家を処分し私が建てた家へ
帰ろうかと考えております。

そこで、土地の処分を義兄の承諾を得ずに売る事は違法でしょうか?
父母の生前時より色々なトラブルが有り、義兄と私は不仲です。

以上の件、お教え頂けますと助かります。

土地と建物名義が別の土地を売りたいと考えております。
知識のある方にご助言を頂ければ助かります。

・土地名義…………私です。
・土地固定資産税…生前は父、現在は私が払ってます。
・建物名義…………義兄(婿養子)です。
・建物固定資産税…義兄(会社かも?)が払ってます。
*現在、住んで居るのは私・妻・子供の3人です。
*私は別の場所に土地と家を持ってます。

問題の建物は築40年を超えます。
私と長女は母親が違い年齢も20歳以上離れています。
この家を建てた当時、私は赤ん坊で記憶は無いので...続きを読む

Aベストアンサー

#6です。
>当時は結局、父の財産も会社の財産もごちゃ混ぜの時代でした。

とおっしゃる事情からして、義兄さんの主張がどのようになってくるかすら予測が難しいと思います。

>リフォームや立替を私の承諾無しに行った場合はどの様に対処を
する事が望ましいのでしょうか?

 使用貸借であるから撤去せよと裁判で主張することになると思いますが、所有権はご質問者にあると主張する方が有効的である可能性もあります。当然、こんな方向性の違う主張を同時にするわけにはいきませんから慎重な確認が欠かせません。もしかすると会社に貸与してあり、会社に賃貸料を支払っていたなどという主張が出てくれば、旧借地法が適用されて、「朽廃」なのかどうかという争いの種が飛び出すかもしれません。そういった意味でぜひ弁護士さんにご相談ください。

Q建物つき土地で、「土地」の一部だけを相続しちゃったら?

土地と建物だけが唯一の財産であるAさんがいたとします。Aさんの死後、唯一の相続人であるBさんがその土地と建物を相続するわけですが、Aさんは、「碁の仲間のCさんが、『土地』の権利の3分の1を相続する」旨の遺言を残していたとします。

この遺言および相続が有効だったという前提で、Cさんとしては、その3分の1の土地の登記をする以外に、Bさんに対して何か請求できるようなことはないのでしょうか(相続放棄とか以外で)。

Aベストアンサー

その土地の上に建物があるのですか。
建物は、その土地全部を利用しているのですか。
そうだとして、土地だけの持分3分の1をCさんが取得したわけですよね。
Bさんは、土地の3分の2と建物全部を持っているのですね。
そこで、ご質問はCさんはBさんに何らかの請求権があるかどうか、でいいですか。
それでしたら、2つあります。
1つは、地代相当額の3分の1の損害賠償請求ができます。これは、土地を貸しているわけではないですが、同等の所有権の侵害とみなされています。
あと1つは、共有物分割請求が認められています。
それには、3つあり、対価で分ける方法、現物で分ける方法、全部を競売する方法です。

Q土地が自分名義で建物が元夫名義です 土地はローンが無く建物はローンです

土地が自分名義で建物が元夫名義です 土地はローンが無く建物はローンです 建物だけが競売にかけられます 買い主が現れたら 土地を持ってる私の権利はどうなるのでしょうか?住んでほしくないのでどうしたら良いでしょうか?そうゆう物件は競売では売れるのでしょうか?教えて下さい

Aベストアンサー

 田舎で安い競売物件を買ってる素人ですが、建物だけの競売物件はたまに出ます。安いので売れます。 ただし、ted2010さんのいう法定地上権が認められる、簡単に言えばその建物がそこに建ってることのお墨付きがある建物でないとせっかく落札してもシュウキョしろ、と言われるので、普通の人は法定地上権が成立する建物しか買いません。
 法定地上権が成立するかどうかは裁判所の三点セットに書かれるので、ted2010さんのような高度な知識の無い私ら素人でも入札できるのです。

Q土地建物の共有名義の人が死亡した場合、土地建物を処分したいのだがどのようにしたら良いのでしょう?

私の伯母は独身で現在70歳代です。同じ独身の女性と50:50の共有で土地建物を購入して住んでいたのですが、最近相手の女性が死亡してしまいました。
そこで伯母の持分を売却したいのですが、自分の持分のみ売却できるものでしょうか?
自分の持分のみの売却が無理な場合は、共同で売却することとなるのでしょうが、その場合は相手の相続人全員の意思確認が必要ですよね。
相手の女性のご両親は既に死亡しており、独身でしたから子どもはいません。兄弟も全員死亡しているようですが、確認は取れていません。兄弟のうちの1人の子どもが何人かいるようですが、実際の相続人の数は現在は不明です。
この場合、相続人はその兄弟の子どもが代襲相続するのではないかと思われますが、相続人の確定の方法はどのようにしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>伯母の持分を売却したいのですが、自分の持分のみ売却できるものでしょうか?

売却は可能ですが、購入する人がいないでしようね。
共有名義の物件は、二束三文で不動産としての価値が低いです。

>相手の相続人全員の意思確認が必要ですよね。

その通りです。

>相続人の確定の方法はどのようにしたら良いのでしょうか?

1.死亡した女性の「戸籍謄本」を取り、彼女の親族を確定します。
2.彼女の両親の「戸籍謄本」を取り、彼女の両親の生存を確認します。
3.彼女の兄弟・姉妹の「戸籍謄本」を取り、彼女の兄弟姉妹を確定します。
4.彼女の兄弟・姉妹の子供達の「戸籍謄本」を取り、彼女の甥姪を確認します。
と、順番に戸籍を下っていけば相続人は確認できます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報