MEGA-14というダイエットサプリメントを海外で購入しました。
MEGA-16の説明はホームページで見つける事ができましたが、
14は捜してもさっぱり見つかりません。
16とどのくらい違うのでしょうか?
どういうものなのか どういうふうに使用するのか
ご存知の方 ぜひ 教えてください。
使用したことのある方がいらっしゃいましたら 効果の程も教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

その後、気になって色々と調べてみました。

アイオワ州に住む友達からの回答は、販売許可が元々ないもの=申請されてもいない物と。香港に住む輸出業者の回答は、以前フィリピンなどで製造された類似品で、まだ出回っている可能性があるとの事。
もし、まだ服用していて、この回答を見ていらしたら直ちに服用の中止をお勧めします。

同じようなお薬(食事制限をするもの)を希望でしたら、デクサトリムなどをお勧めします。しかし、やはり、3食きちんと摂取して、脂肪燃焼を目的とするのであれば、システムシックスやゼニカルを服用する方が、危険度が少ないと思います。
    • good
    • 0

おっしゃるとおり、MEGA-14は見当たりませんし、聞いた事がないのが回答です。



MEGA-16は服用していました。

MEGA-16に普通のバージョンと、後から出たバージョン等(カルシウム入りや、グレープフルーツ味など)あります。

ところで、MEGA-16の方は、ホームページで見つけた=用法や副作用についてはご存知ですか?

アメリカ国内では販売中止になっています。日本では女性誌などで通販1箱8000円位で販売してました。使用方法は朝食後約200ccの水と共に1錠飲むだけで24時間食欲を押さえてくれる食事制限型の薬です。

ニュースでは、成分のPPA(塩酸フェニルプロパノールアミン)の副作用が問題になっていました。PPAは日本国内で市販されているカゼ薬にも含まれているものですが、脳出血の副作用が判明したと、FDA(アメリカ食品医薬品局)が発表しました。発生の可能性は低いが、副作用の重大性がありますのでFDAは製薬会社に対して、自主回収と販売中止を命じています。日本の厚生省は、頭痛時の服用を避けるように表示していることと、1日の服用量をアメリカよりも50mg低く設定しているので、直ちに危険性があるとはいえないとのことです。テレビのニュースによると、カゼ薬は短期間の使用であるのに比べて、ダイエット剤は長期使用となるので危険性が高くなるそうです。脳出血の発生率は、ダイエット剤で16倍、カゼ薬で1.2倍(使わない場合と比較した発生率の倍率)。1日の許容摂取量は、アメリカで150mg、日本で100mgとされています。

くれぐれも用法を守って服用してください。

私は用法どおり、3ヶ月だけ服用しました。一ヶ月おいてまた薬でダイエットしてます。現在はMEGAタイプはなかなか手に入らないので、デキサトリムという同じ種類で販売元が異なるサプリを服用しています。

服用を始めてから、約9キロ減量しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい使用法と説明 ありがとうございました。
まがいもの?かもしれませんが、とりあえず MEGA16の用法を守って飲んでみるつもりです。痩せたらお祝してください。

お礼日時:2001/07/17 12:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング