本田の実質的な意思決定者と言われる藤沢武夫について知りたいです。
その経営の特徴や裏話などについてしりたいです。
詳しくご存じの方お願いします。
時間の都合から、書籍等は読まない予定です。

A 回答 (1件)

サーチエンジンで、「藤沢武夫」と検索してはどうですか。



参考URL:http://www.yahoo.co.jp/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホンダの シャトルと ヴェゼル、 みなさんなら、どっちを買いますか? 理由も述べて頂けるとありがたい

ホンダの
シャトルと
ヴェゼル、
みなさんなら、どっちを買いますか?
理由も述べて頂けるとありがたいです!

Aベストアンサー

シャトルです。ヴェゼルはSUVなので燃費・積載量などを考えると日常使うにはシャトルで十分です。

Q設備投資の意思決定の問題で

よろしくお願いします。
簿記1級の設備投資意思決定の問題で教えてください。


たとえば

・4000万円の機械を購入し、売り上げは毎年500万、費用は100万、減価償却は200万
 法人税40%

という問題があり、一年目のキャッシュフローを求めると

(500-100)*(1-0.4)+200*0.4

となりますよね。しかし、0年目(購入した年)のキャッシュフローは
マイナス4000万円

となっています。

なぜ購入した際の4000万には法人税がかからないのでしょうか?4000*(1-0.4)
が現金支出費用となるのではないのでしょうか?

また、もしも、設備の減価償却後の残高が100万とすると、キャッシュフローに+100万されており、
これも法人税がかかっていません。

資産を現金にしただけなので法人税はかからないという解説があったのですがよくわかりません。

教えていただければと思います。

Aベストアンサー

法人税は基本的に所得(税法上の利益)にかかるものです。
設備を購入してもそれは資産に計上するだけでまだ費用にはなりませんよね。
減価償却の部分だけが費用になるだけです。

利益は収益ー費用ですから、資産のままの固定資産の支出はまだ費用になっていないので、税金がかからないのです。
そたがって初年度では資金の流出があっても法人税等には影響が無いということです。

ご質問の式の(500-100)*(1-0.4)
は減価償却費を費用にいれないで計算した現金主義の利益に対して、課税後のキャッシュの増加を計算するものです。
一方PL上の費用には100万円の減価償却費が費用になっていますので、この費用分だけ法人税が少ないということになります。
200*0.4は、減価償却費の分だけ法人税が少なくなるのでそれを資金調達のプラスに加える(資金がキャッシュベースより流出が少ない)ための調整式ですね。




Qホンダのヴェゼルの購入を検討しています!しかし、妻以外、全員180cm越えの大型体型4人家族です…

ホンダのヴェゼルの購入を検討しています!
しかし、妻以外、全員180cm越えの大型体型4人家族です…やっぱ、小さいですかね??

Aベストアンサー

身内で乗っているものがいます。
普通の人には、十分に広くてパッケージ感あるのですが、180超えてる人が3人乗ってみたら、きっと誰かは頭が天井スレスレになると思います。
たぶん、旦那さんとか息子さんとかの男性ですよね。
後部席に座る人がきついでしょう。
一端、座席に収まってしまえば、上半身はいいかもしれませんが、長い脚だと、足元が狭いかも。
後は、乗り降りの時に、頭を下げる量がおおくなります。

個人的な見解では、
ホンダでしたら、ステップワゴンにされた方がいいと思いますよ。
ハイブリッドがよいのでしたら、トヨタにして、ノアのハイブリッドなど。

Q本田技研の財務的特徴をおしえてください。

財務諸表による自動車製造業の特徴としては「投資その他の資産が多い」とか
固定資産が多いとかくらいしか分かりません。一般的な自動車メーカーの
他業種との違いやとくに本田技研の経営における財務的特徴とか知っている方
いましたら是非教えて下さい。ほんとにお願いします!

Aベストアンサー

昔々、その昔、まだホンダの売上が日産の7割くらいだったころ(そんな昔でもない)、
トヨタ、日産、ホンダの3社比較をしてみたことがあります。

財務分析ごときで当時から日産の衰退は目に見えておりました。

他業種との比較はしておりませんが、多少のアドバイスはできるかもしれないと
考えている次第です。

どういったテーマでお調べなのかお教えいただけましたら、
いくらかお手伝いできるかもしれません。

もう少し明確に分析目的をお伝えいただけますでしょうか。
ではまた。

Qフォレスターと連呼して すみませんでした。 自分は、ホンダのヴェゼルを 購入することにしました。 1

フォレスターと連呼して
すみませんでした。

自分は、ホンダのヴェゼルを
購入することにしました。

1.5G 4WDを検討中ですが
オススメできますでしょうか?

Aベストアンサー

同じエンジンを積むフィット15XLの4WD車と比べて150kgほど重い(フィットのFFモデルと比べると200kg以上重い)ので、フォレスターのターボモデルと比較されていたのであればパワーの余裕感や高速道路での追い越し加速性能などはかなり違うと思います。(その分、燃費性能もかなり違うと思いますが…)

また、ヴェゼルのリアルタイムAWDシステムはフリードやステップワゴンなどにも搭載されていて通常時はほぼFF状態で走行して前輪のスリップを検知してからAWDに切り替わるもので、SUV車用と言うよりは乗用車用のAWDシステム(≒発進加速時のトラクションの確保がメイン)です。フォレスターのアクティブトルクスプリットAWD(←常時AWD走行)のXモードのような走破性を高める特殊モードもなく、本格的SUV車のようなデフロック機構もありません。説明書の注意書きにも「砂地やぬかるみなどで前輪が連続してスリップするような運転はしないでください」となっていますので、砂地(砂浜や河川敷など)や滑りやすい路面(ぬかるんだ地面や雪道など)では「SUV車のような見た目」と「4WD車だから大丈夫」などと過信せずにゆっくり安全運転を心がけてください。

同じエンジンを積むフィット15XLの4WD車と比べて150kgほど重い(フィットのFFモデルと比べると200kg以上重い)ので、フォレスターのターボモデルと比較されていたのであればパワーの余裕感や高速道路での追い越し加速性能などはかなり違うと思います。(その分、燃費性能もかなり違うと思いますが…)

また、ヴェゼルのリアルタイムAWDシステムはフリードやステップワゴンなどにも搭載されていて通常時はほぼFF状態で走行して前輪のスリップを検知してからAWDに切り替わるもので、SUV車用と言うよりは乗用車用のAW...続きを読む

Q設備投資意思決定について【管理会計】

設備投資意思決定の評価方法のひとつの「内部利益率法」についてなのですが、
この名称の由来って何なのでしょうか?
NPVをゼロにする率を求めることをなぜ内部利益率法と言うのかよくわからないです↓↓
よろしければご説明お願いいたします。

Aベストアンサー

内部利益率法(内部収益率法)は、「NPVをゼロにする率を求めること」に留まるのではなく、算出された率を比較して意思決定することをも包含します。

算出された率はいわば、調達資金の運用結果として何%の利益を生み出すのかを表しています。社内での運用結果ですから、「内部利益」と表現することが出来ましょう。

Q何度もすみません。 ホンダのヴェゼルってイイ車ですか?

何度もすみません。

ホンダのヴェゼルってイイ車ですか?

Aベストアンサー

>いい車ですか
いい車です。

Q会計学(設備投資意思決定)について

 設備投資意思決定で正味現在価値法(NPV法)と内部利益率法(IRR法)の優劣の検討が取り上げられますが、このうちの再投資率の仮定についていまいちスムーズに理解できません。

ある著書によれば、
≪NPV法では投資プロジェクトのキャッシュインフローは資本コスト率で再投資されることが仮定されている。資本コストは一般に投資案が確保しなければならない必要最低利益率であるため、このような利益率で再投資できると仮定するのは現実的である。≫
とあります。

そもそも≪資本コスト率で再投資をする≫とはどういうことなのでしょうか?

借入金で設備投資をするのならば資本コストは支払利子になるため、元本返済分+利子分は回収しないと損するので資本コストが必要最低利益率であることはわかりますが、どうも既述の部分がうまく飲み込めないでいます。


結果、NPV法は資本コストを用いるのだからIRRを用いるIRR法よりも望ましい。という結論部分を覚えてはいるが、理解しきれていないというモヤモヤした感じです。

どなたかわかりやすく具体的に、また適宜IRR法と絡めてお答えいただけるとありがたいです。

 設備投資意思決定で正味現在価値法(NPV法)と内部利益率法(IRR法)の優劣の検討が取り上げられますが、このうちの再投資率の仮定についていまいちスムーズに理解できません。

ある著書によれば、
≪NPV法では投資プロジェクトのキャッシュインフローは資本コスト率で再投資されることが仮定されている。資本コストは一般に投資案が確保しなければならない必要最低利益率であるため、このような利益率で再投資できると仮定するのは現実的である。≫
とあります。

そもそも≪資本コスト率で再投資を...続きを読む

Aベストアンサー

時間価値というのは、
たとえば、100万円を、年1%の金利の国債に投資すれば、1年後には確実に101万円になるのだから、今日100万円もらうのと、1年後に100万円もらうのとでは、今日もらった方が1万円分得になるはずだ、
という考え方に基づいています。

つまり、今持っているキャッシュは投資するから時間価値が生じるのです。投資しないで金庫に入れてただ持っているだけなら、100万円は100万円のままですから、時間価値は生じません。

1年後に得られるキャッシュフローを現在価値に割り引くのは、そのキャッシュをこの投資案件ではなく他の案件に投資していれば利益が得られて増えているはずだから、その得られるはずの利率で割り引くわけです。
資金を案件Aに投資するか、それとも金庫にしまっておくのか、という選択では時間価値は生じません。時間価値を考えるということは、資金を案件Aに投資するのかそれとも他の案件に投資するのか、という選択を考えるから、ということは『欲しい利率』の案件に投資をすることが前提となっている、というわけです。

以上は、手持ちの資金を投資する場合です。
資金を他から調達する場合にもこの考え方を応用するのですが、資金を調達するためには資金の使用料である利息や配当金を支払わなければなりません。そうすると、『欲しい利率』は資金の使用料である資本コストになるわけです。
そこで、得られるキャッシュフローを資本コストで割り引いた総和から投資価額を引いた残りがプラスかマイナスかで判断しましょう。ということになるわけです。

時間価値というのは、
たとえば、100万円を、年1%の金利の国債に投資すれば、1年後には確実に101万円になるのだから、今日100万円もらうのと、1年後に100万円もらうのとでは、今日もらった方が1万円分得になるはずだ、
という考え方に基づいています。

つまり、今持っているキャッシュは投資するから時間価値が生じるのです。投資しないで金庫に入れてただ持っているだけなら、100万円は100万円のままですから、時間価値は生じません。

1年後に得られるキャッシュフローを現在価値に割...続きを読む

Q車を購入したいと思っています。 マツダのCX3とホンダのヴェゼルで迷ってます。 一長一短があり、自分

車を購入したいと思っています。
マツダのCX3とホンダのヴェゼルで迷ってます。
一長一短があり、自分の判断基準によって決めればいいのでは?
と言うお叱りをうけそうですが、他の人の意見を聞いて判断したいと思いました。
どうぞよろしくお願いします

Aベストアンサー

…使い方にも依るんじゃないかな。

 CX-3に限りませんが、ディーゼルはちょい乗りを苦手としています。逆にハイブリッドは一定速度で走り続ける場合にあまりメリットが出なくなります。

 市街地で比較的短距離の通勤等がメインになるならヴェゼルのハイブリッド、短距離だが郊外を走るのがメインならヴェゼルのガソリン車、1日100km以下走ることはないならCX-3…って感じですかね。

 年間走行距離が10000km以内なら、総費用ではハイブリッドやディーゼルは割に合わない場合が多いです。が、ひどい渋滞路メインならハイブリッドでも気休めにはなるかも。ディーゼルは片道最低でも30kmくらい欲しいですかね。

#2氏の挙げているC-HR(FF)はヴェゼルハイブリッドとキャラが被ります。四駆だといわゆるダウンサイジングターボなので、キャラ的にはCX-3に近い感じになります(チョイ乗りではターボのメリットがあまり出ない)。

Q投資(費用)が収益に結びついてる?。会計意思決定

お世話なっております。
当社は売り上げ180億程度の会社でございます。
2年に1度、3億円と投じた、業界発展のためのイベントを開催するのですが、
現在営業赤字(-2億円)で、こちらを開催すべきか、迷っております。
会計の脆弱性といいますか、イベントに使った費用が、収益に結びついている
のかは、過去のPLを見ても全くわかりません。
こういった場合、こちらを開催すべきかどうかの意思決定をくだす際には
どういった項目を検証していけばよいのでしょうか?
何卒、アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私が以前いた会社では、こういう催しの参加にはかなりシビアでした。
参加する前も慎重ですが、参加後の評価がかなり詳細でした。
来客数や名刺を受け取った数、それから商談になったもの、実際売上につながったものなどを事後的に追いかけて、それがペイするものかを厳密に評価していました。
その結果、次の参加は取りやめということもありました。


この問題は経理的な問題というよりは、会社の営業戦略とか経営管理の問題です。
いくら経理データを分析してもその効果の判定は困難です。

もしあなたが今回問題を感じているのならば、従来の参加の効果がどうであったかを具体的に提示してもらうのがよいのではないでしょうか。
それが具体的数字で出てこないのであれば、とりあえずはやめても大きい影響は無いと思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報