http://protection.okweb.jp/kotaeru.php3?q=1046806
前回コンクリート住宅の雨漏れについて質問させて頂いたものです。親切な回答、有難うございました。

今回の台風でも新たに数箇所雨漏れがありました。打ち継ぎ部分で層になっている部分やPコーン部分からの雨漏れがひどく、近日中に点検・補修をして頂く予定になりました。今後の補修方法について予めどんな方法がベストなのかを教えて頂きたいと思います。

打ち継ぎ部分の層になっている部分の補修方法としては「V字カットして防水処理をやり直す」というアドバイスを以前頂戴しましたが、その他にも方法があるのでしょうか?Pコーンからも雨漏れが発生しましたので防水を強する必要があると思うのですが、どんな方法、また、良い塗料があるのでしょうか?また、クロスを貼っている部分の雨漏れは確認できないのですが、クロスを剥がす等してコンクリートの状況を確認した方がよいでしょうか?

部分的な回答でも結構です。(お礼は必ずします。)
アドバイス頂戴できれば幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

コンクリートはセメントと水と砂と砂利(石)とでできています(空気も混入している)。


セメントは水と化学反応をして硬化します。
コンクリート中に砂と砂利と空気均等に配置されるのがもっともよいコンクリートです。

打設の際にこれらが分離しないように注意して施工しますが、一箇所に固まると欠陥となります。

空気が固まると空隙が開きます。
砂利が固まったものを豆板(ジャンカ)
砂が固まったものを砂すじといいます

コンクリートは硬化するのに必要な水分だけではうまく流れ込みませんので、硬化に必要以上の大量の水分を使用します。このため、打設して固まるまでの間に水が移動します(生コンから表面に流出する)。型枠に沿って流れた水分に砂だけが分離して、水の流れに沿って表面に砂が現れるので帯筋状になっているのでこう呼びます。
ちなみに豆板は砂利=豆が平面的=板状に並んでいるのでこう呼びます。

縦に長い帯状に砂が流れたような感じで表面にあれば、砂筋である可能性が高いです(カラー写真があればわかりやすいのですが、見つかりませんでした)。

豆板や砂すじは接着剤であるセメントペーストがきちんと回り込んでいないために生じています。このためこの部分は強度が低くなっており、ひどい場合はたたくと崩れますので、日常生活に支障がないのなら、屋内といえども補修をしておいた方がよいと思います。

クロスをはがした状態でなら、多少表面にちょこっとしたへこみができてしまうのですが、基本的にコンクリートを壊さず、コンクリートの強度を判定するシュミットハンマー装置がありますので(コンクリート専門業者なら用意できます)、これで正常なコンクリート部分と比較してみてから、削り取って補修するかどうかの判断をしてみるのも1つの方法です。
但しこれは熟練者がやらないと、正しい測定ができませんので、専門の業者にお願いする必要があります。
対策の一案としてお考えください。

参考URL:http://www.soc.co.jp/cement/gijutsu/pdf/toban.pdf
    • good
    • 0
この回答へのお礼

semi-zzzさま、再度の回答有難うございます。
私事でここまで親切に回答頂き本当に感謝しきれません。前回・今回で回答頂いた内容をよく復習して今後の補修の際に役立てたいと思います。本当にsemi-zzzさまに回答頂いてよかったです。また、問題が浮上しましたら、その時は是非お力をお貸しください。(甘えてばかりで申し訳ありあません)

お礼日時:2004/10/23 01:02

現状を見ていないので一般的なひび割れ補修、防水処理について記述します。



1)表面塗布工法
 一般に0.2mm以下のひび割れなどの上に、ひび割れ追従性のよい表面被覆材や目地材などを塗布する工法
 部分的に行う場合と全面に行う場合がある。


2)注入工法
 最も多くされる工法。バネなどを使用して一定の圧力で、防水剤を注入する。
 材料管理、施工技術による差が少ない、0.05mm以下のひび割れ幅に対しても確実に注入できる。
 材料としては、エポキシ樹脂、アクリル樹脂、セメント、ポリマーセメントなど 

3)充填工法
 質問文にあるのもこの工法の1種です。
 0.5mm以上の大きなひび割れに適していて、ひび割れに沿ってコンクリートをカットし、その部分に補修材料を充填する工法。鉄筋が腐食した場合などに用いらる。
 材料としては、ウレタン樹脂、シリコーン樹脂、可倒とう性エポキシ樹脂など。
 コンクリートにこれ以上のひび割れ進行のおそれがない場合については、ポリマーセメントを用いることもある。

4)含浸材塗布工法
 コンクリートに浸透する吸水材料を塗布する工法

5)ひび割れをPC鋼棒で締め付ける工法
 あまり建築では採用されないです。

1~3が一般的です。
漏水していることからかなり大きなひび割れと思いますので、3になる可能性が大きいと思います。
もっとも打ち継ぎ部というとV字(U字の場合もあり)カットよりももっと大きく削ることになるかもしれません。
1)の塗布工法をする場合も、打ち継ぎ部を補修してから行う必要があると思います。
なお、Pコン部からも漏水とありますが、通常その部分はモルタルなどで埋めておくものですが、それをきちんとしてありましたでしょうか?
もししていないようでしたら、あまり程度のよい業者ではないと思いますので、補修についても要注意です。


次に打ち継ぎ部の補修ですが、これはコールドジョイントによる瑕疵と思われますので、それの補修方法を記述します。

1)軽微な場合(色違いが明確だが、縁が切れていない場合)
 ポリマーセメントをはけ塗りする。

2)ひどい場合(縁が切れている場合、質問者のケースはこちらと思う)
 U字カットなどにより、ひび割れ補修の3と同様の処理


また、クロスについてはできれば、はずして状況確認した方が望ましいと思います。

また前の質問のお礼欄に書いてありましたが、内部の壁に砂があるということは、「砂筋」という欠陥の可能性があります。
これの補修方法は、ワイヤーブラシなどで砂筋部分を削りおとし、さらに健全なコンクリートが現れるまで削り、その後ポリマーセメントなどを均一に塗ります。

美観上の問題になることが多い砂筋ですが、耐久性などを考えるとこの際一緒に補修しておいた方がよいと思います(内部なので生活に影響しますのでそのあたりは十分検討してください)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

semi-zzzさま、前回に引き続き詳細な回答本当に感謝申し上げます。補修方法にも色々あるのですね。教えて頂いた方法を頭に入れて工務店と話を行いたいと思います。Pコン部からの漏水については、一応モルタルで塞いでいたのですが、この有様です。打ち継ぎ部の補修については、状況からU字カットがよいかもしれませんね。クロスも張替え覚悟で臨みたいと思います。あと「砂筋」については、どのような状態のものを指すかわかりませんが、打ち継ぎ部分の層(横)の上部に縦に30cm位の薄い砂の層があるのですがそれをいうのでしょうか。それも合わせて補修をお願いしたいと思います。

お礼日時:2004/10/22 19:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基礎の打ち継ぎ部分なのですが、こんな感じが普通なのでしょうか?

基礎の打ち継ぎ部分なのですが、こんな感じが普通なのでしょうか?

もし、補修を必要とするのならば、どうしたらよいのでしょうか?

全く解りません教えてください!!

Aベストアンサー

A写真からのべた基礎の施工順序、推測

1.基礎の構造はべた基礎でしょうか。べた基礎のように推測します。

2.写真の下から、黒い部分は、べたコンクリート部分を打ち込み、その後若干、埋め戻しをしたように見受けられますがどうでしょうか。
何故なら、べた部分の見える厚さが薄いように見えますね。べたコンの厚さ全体は土に隠れてしまっているとと推測しますが。?

3.以上から、型枠設置1回目~鉄筋~べた基礎コン打ち込み~型枠1回目解体~埋め戻し~型枠設置2回目~鉄筋~べた基礎立ち上がり打コン~養生~型枠2回目解体(添付写真撮影)の順序であると推測されますね。

4.写真から見ますと、べた基礎コンと立ち上がりコンの打継ぎに段差が出来ていいるように見えますね。
2回目の立ち上がりコンクリートが出っ張っているように見えますね。
原因は、通常は型枠を一度に組みますがなぜか、2回に組んだと思えますね。なぜか?

5.断面方向の写真があれば、段違いの大きさが推測できますが正面からでは見えませんね。最大で1cmくらいでしょうか。もっと大筋のでしょうか。

B.基礎の打ち継ぎ部分回答

6.問題は打ち継ぎでのジャンカ、などは見えないようですね。立ち上がりも水あばた、気泡の跡も見えないですね。但し、べた基礎コンの色がちょっと違いますね。何故でしょうか。

7.べた基礎コンと立ち上がり基礎が段違いになっている場合、はどちらかが設計寸法と実施平面寸法が違っていると考えられます。
基礎の立ち上がりが正しい場合は、べた基礎コンの幅が無かったのか。(段差の寸法)そのため規定の立ち上がり幅を取るため(事例150)1回目の型枠をはずし、新たに二回目の型枠を組んだことが想定されますね。

8.正確な全体幅、基礎立ち上がり幅を測定等を、第三者管理者立会いの上、請負業者、主任技術者立会いのうえ、測量して、設計図との差異を測定、記録し、許容誤差内であるかどうかを判定してもらうことです。

9.写真から、べたコンの幅が違い、立ち上がり外面が正しい場合は、べた基礎コンの不足部分のコンクリート増打ちをすることなどを検討しなければなりません。

10.段差の部分の拡大写真、断面方向があればもっと確定する答えが出来ますね。至急に実施寸法の設計との対比、確認をして、最終判断をされる(第三者管理者、業者の主任管理者など)べきですね。

11.べた基礎部分の色が違うのが気になります。同時にチェックしてもらってください。

A写真からのべた基礎の施工順序、推測

1.基礎の構造はべた基礎でしょうか。べた基礎のように推測します。

2.写真の下から、黒い部分は、べたコンクリート部分を打ち込み、その後若干、埋め戻しをしたように見受けられますがどうでしょうか。
何故なら、べた部分の見える厚さが薄いように見えますね。べたコンの厚さ全体は土に隠れてしまっているとと推測しますが。?

3.以上から、型枠設置1回目~鉄筋~べた基礎コン打ち込み~型枠1回目解体~埋め戻し~型枠設置2回目~鉄筋~べた基礎立ち上がり打コ...続きを読む

Qコンクリートの雨漏れ

こんにちは。初めて質問させて頂きます。

現在新築のコンクリート打ち放し住宅に住んでいます。側面の壁の一部にガラスブロックをはめ込んでいる部分があります。横なぐりの雨が強い時にガラスとコンクリの接着面から雨漏れがしたことがありました。そのときは接着剤とコンクリの間に隙間を処理して頂き修理は済みました。

ただ、前回の大型台風の際にガラスブロック部分ではないコンクリの部分から雨が染み込んで内壁に雨染みが生じました。工務店を呼んで原因を尋ねるとコンクリ打ち放しだとどうしてもヘアークラック部分から雨が漏れるので良くある事だという話でした(一応対処はしますとのことでしたが)。その場では納得したのですが、コンクリの外壁には一応撥水材を吹付けていますし、コンクリの厚さを考えると雨染みが生じるのは普通ではないことと思うのですがどうなのでしょうか?コンクリ打ち放しだとよくあることなのでしょうか?

今のところその部分だけなのですが、クロスを貼っている部分は見ることができませんし、コンクリの劣化が早まるのではないかと心配です。

どなたかアドバイス頂けると幸いです。

こんにちは。初めて質問させて頂きます。

現在新築のコンクリート打ち放し住宅に住んでいます。側面の壁の一部にガラスブロックをはめ込んでいる部分があります。横なぐりの雨が強い時にガラスとコンクリの接着面から雨漏れがしたことがありました。そのときは接着剤とコンクリの間に隙間を処理して頂き修理は済みました。

ただ、前回の大型台風の際にガラスブロック部分ではないコンクリの部分から雨が染み込んで内壁に雨染みが生じました。工務店を呼んで原因を尋ねるとコンクリ打ち放しだとどうしてもヘ...続きを読む

Aベストアンサー

実のところ、私もお客さんに「打ち放し」はあまり勧めたくありません。
なぜなら「雨漏り」が問題になるに決まってるからです。

撥水材が云々ではなく、コンクリートのような固体はそれ自体が収縮や膨張により、クラックが入るのは宿命なんです。もちろん、特殊な無収縮コンクリートもありますが、それは例外として。

打ち放しでは各所をモルタルで補充、上塗りしてあると思いますが、それらの層にはクラックは入るものと思って間違いありません。
ですから、「目地」「接合部」にその力を逃がし、壁面にクラックが入らないようしている訳ですが、これも人間の予想通りになってくれる事の方が珍しいです。まして、壁面の開口部はどう手段を講じても、塗装があっても、雨漏り原因の常連ですから・・。

コンクリートの厚さは殆ど無意味です、住宅程度のコンクリート組成では防水層がない限り、水分は骨材の間を染みて、ムラの部分(もちろん、ムラが出来ないよう振動てん圧しますが、人間は神様じゃないので・・。)を通って容易にでてきます。壁面ならなおさら上から下へとジワジワ広がっていきます。
もちろん、それによりコンクリ自体、鉄筋も酸化劣化するなど症状がいずれ出てきます。

常識から言っても、上からの水に対しては防水しますが、普通の設計では壁面は防水層なんて作って無いと思いますよ。
むろん、地下室などは別の話。

そのために・・・、塗装が重要なんですよ。
弾性塗料など、少しばかりのクラックは塗料自体が伸張して水の浸入を止めていてくれるのです。
単に色を付けてるだけではないのですよ。

コーキングなど対処療法ではいつ再発するかも分かりません、根本的治療を望むのなら、迷わず全棟塗装のし直しの検討をお奨めします。
どうしても「打ち放し」がよければ・・、そんな色や効果の塗装ではいかがでしょう。

実のところ、私もお客さんに「打ち放し」はあまり勧めたくありません。
なぜなら「雨漏り」が問題になるに決まってるからです。

撥水材が云々ではなく、コンクリートのような固体はそれ自体が収縮や膨張により、クラックが入るのは宿命なんです。もちろん、特殊な無収縮コンクリートもありますが、それは例外として。

打ち放しでは各所をモルタルで補充、上塗りしてあると思いますが、それらの層にはクラックは入るものと思って間違いありません。
ですから、「目地」「接合部」にその力を逃がし、壁面に...続きを読む

Qベタ基礎の継ぎ打ち部について

現在新築中の者です。
ベタ基礎なので継ぎ打ちを行いましたが、長い鋼鉄枠を使わなかった為、ベース部と立ち上がり部の接合面に段差が出来ているところがあります。
ベース部の方が出ているところで3センチ位出ているのですが、GL近辺の為、ベース部の方をノミのようなもので削っていました。
枠を別々にした為、ベース部打設の際、力が掛かり膨らんだと思われますが、このような場合、出ている方を簡単に削っておしまいというパターンが
多いのでしょうか?
確かにちょうど地面下で見えなくなるところではありますが、気分的にはいいものではありませんでした。
このような場合、他の基礎屋さんはどのような処理をしているのでしょうか?

Aベストアンサー

ベースがふくらんでということであれば問題ありません。
立ち上げが内側に入ってということだと、鉄筋の位置からかぶりがとれているかどうかが問題になりますが。

基本的に重要なのは必要な厚みが施行されているのか、鉄筋の位置を考えてコンクリートのかぶり厚さが確保されているかが問題です。
それがOKならばあとはどうでも良い話です。

Qコンクリートの打ち継ぎについて

自分の家の工事ではなく、たまたま見かけた現場の光景です。

基礎立ち上がり部が数メートルおきに色違いなので、横方向に
打ち継ぎしてあるのかと思ったのですが、裏側は同じ色で縦線が
なかったのでパネルによる変色でここまで変わるものでしょうか。

一つ質問があるのですが、もし鉄筋がしっかり入っていれば
横方向にコンクリートの打ち継ぎをしても強度的には問題はない
ものでしょうか。それとも横方向の打ち継ぎは止めた方が良いで
しょうか。(自分で広い範囲の基礎コンクリートを打ちたい場合
打ち継ぎが可能なら少しづつ工事できるのかなと思ったもので)

Aベストアンサー

(1)変色のことでご在いますが
 写真を見る限りですと、これは一度にコンクリートが打たれた跡がご在いますのでご質問者様が書かれておられる『横方向に打ち継ぎ』はございません。
また、変色でございますが、推測しますにこれはコンクリートを打ってまだあまり日を経ていないように見受けられます。おそらくこれから幾年と経年するに至りあまり目立たなくなってくるものと考えます。

(2)次に『横方向にコンクリートを打ち継ぎする』ですが、残念ですがこれはお勧めしかねます。
絶対にしてはいけないかと云うと決してそうではございませんが、打ち継ぎは出来るだけお避けになられた方が良いと云うほかございません
その理由ははっきりとございますが、製品の単一度、施工精度、などにもよることでございますのでご説明させていただきたく存じますけれども、今直ぐには簡単で適切な言葉が思い浮かびません。
一時期良くメデイアなどで騒がれた『コールドジョイント』とか『ドライアウト現象』などのこともご座いますので鉄筋が入っているから大丈夫とは一概に言うことができません。

それともうひとつ、ご自分でなされるとしましても、コンクリートは自家製では無くて、ミキサー車で運んでくるコンクリートプラントのものをお使いください。
これは、お近くの建材屋さんにご依頼されればコンクリートミキサー車の手配は出来ます。
その方がかなりお安くなりますよ。

(1)変色のことでご在いますが
 写真を見る限りですと、これは一度にコンクリートが打たれた跡がご在いますのでご質問者様が書かれておられる『横方向に打ち継ぎ』はございません。
また、変色でございますが、推測しますにこれはコンクリートを打ってまだあまり日を経ていないように見受けられます。おそらくこれから幾年と経年するに至りあまり目立たなくなってくるものと考えます。

(2)次に『横方向にコンクリートを打ち継ぎする』ですが、残念ですがこれはお勧めしかねます。
絶対にしてはいけないかと...続きを読む

Q基礎コンクリートの打ち継ぎ

みなさんこんにちは。このサイトのお力を借りて無事我が家も竣工となりました。ありがとうございました。

いろいろな質問/回答を読んだ上で未だに疑問に思うことがあるのですが、例えば布基礎を、底盤→立ち上がり部の2段階で作る場合、最初に打設する底盤コンクリートの養生期間は十分確保するのが理想なのでしょうか。打設直後に立ち上がり部型枠設置作業を開始すると何だか立ち上がり配筋の根元あたりと底盤コンクリートの間に隙間ができそうな気もしますし、逆に底盤コンクリート打設後のんびりと3-4日の養生期間をおいてから型枠を外して立ち上がり部の作業に移ると、時間があきすぎて底盤と立ち上がり部との打ち継ぎ部の接着不良が生じやすい、と理解できる回答も見受けられました。

理想的にはどうするべきと思われますか?底盤コンクリート打設後は型枠を外さないままコンクリートがある程度硬化したらすぐに立ち上がり部の作業を開始すべきでしょうか?

Aベストアンサー

masatobbさんの説明に誤りがあり専門家意見と思えませんので書き込ませていただきます。

コールドジョイントとは簡単に説明しますと計画していない打継ぎ目の事で、「コンクリートが硬化してから立ち上がり部のコンクリートを打設するとコールドジョイントという問題が発生します。」は誤りです。
「1回の打設中、生コンが前に打ち込まれたコンクリートの上に後から重ねて打ち込まれた時にコンクリートが一体化せず打ち継いだ部分に不連続な面が生じることをいいます。」

> 例えば布基礎を、底盤→立ち上がり部の2段階で作る場合、最初に打設する底盤コンクリートの養生期間は十分確保するのが理想なのでしょうか。

十分とは28日強度でしょうか?
必要な強度発現や型枠の解体時期は季節により違いますが1週間程度でいいと思います。

> 底盤コンクリート打設後のんびりと3-4日の養生期間をおいてから型枠を外して立ち上がり部の作業に移ると、時間があきすぎて底盤と立ち上がり部との打ち継ぎ部の接着不良が生じやすい、と理解できる回答も見受けられました。

chappy31さん回答のとおり、打ち継は処理を施せば大丈夫です。
建築工事は化粧を施す事が多く(打ち放しは少ない)民間工事が多い為に誤った知識が横行しているように思えます。
コンクリの仕上げや強度等から言えば次の日に脱枠、立上り型枠組立などありえません。
コンクリートは性質上ゆっくりと硬化がすすみます。
硬化初期に荷重や衝撃を掛ける事は後のクラック誘発の要因となります。

> 理想的にはどうするべきと思われますか?底盤コンクリート打設後は型枠を外さないままコンクリートがある程度硬化したらすぐに立ち上がり部の作業を開始すべきでしょうか?

底盤コンクリート打設後は型枠を外さないまま1週間ほど養生をして立ち上がり部の作業に入ってもらえばよいと思います。

生コンクリートですが(水セメント比55%以下)混和剤等を使用して極力小さい数値の使用をしてもらうのがベストです。
これは基礎巾を増すのと同等の効果があるためです。
建築基準法では、かぶり厚の規定は設けられていますが、水セメント比の規定はありません。(品質を左右するのにおかしいですよね)
また品質の規定には土木と建築では違いがありますのでご注意ください。

masatobbさんの説明に誤りがあり専門家意見と思えませんので書き込ませていただきます。

コールドジョイントとは簡単に説明しますと計画していない打継ぎ目の事で、「コンクリートが硬化してから立ち上がり部のコンクリートを打設するとコールドジョイントという問題が発生します。」は誤りです。
「1回の打設中、生コンが前に打ち込まれたコンクリートの上に後から重ねて打ち込まれた時にコンクリートが一体化せず打ち継いだ部分に不連続な面が生じることをいいます。」

> 例えば布基礎を、底盤→立ち上が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報