歯車を使った、木工のおもちゃの制作をもくろんでいます。
どこかに簡単な歯車の決まりごとを書いた入門書のようなものはないでしょうか?
図書館などで見かけたものは難解で、理科系に弱い私には歯がたちません。
基本的には、木材から、糸鋸で切り出すので、あまり精度の高いことは出来ません。動けばいいや位の感覚なのですが、それって歯車に対する冒涜なんでしょうか?
こことここを押さえれば、一応スムーズに動く、なんていう内容を求めているのですが・・・。
もしも御存知の方がいたら、ぜひ助けて下さいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

木工でインボリュート曲線を実現するには、専用の工具を作るしかないでしょうね。

それでも細かい工作はとても難しい。硬い材木を使わないと、きっと加工中に歯が欠けてしまいますよ。潤滑も大変です。

そこで超手抜き。
歯車の一方は単に「コ」の字型のへこみを並べる。
それに噛み合う歯車は、歯車と言うより「棒車」にする。つまり、円盤の縁に、円盤と垂直に竹ひごを立てたものを作ります。円盤の縁に竹ひごの太さの穴を並べて、そこに突き刺し、木工ボンドで固定しては如何でしょう。

・「棒車」(正式名称は知りません)は2つ、軸を直交、あるいは斜交させて噛み合わせることもできます。

・強度の強い「棒車」を作るには、2枚の円盤を使い、竹ひごの両端をそれぞれに突き刺します。ひらべったい円形の虫かごみたいにするんですね。

・潤滑には、ろうを塗ります。

この構造は江戸時代のカラクリにも使われていますよ。netで探してみては?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも回答ありがとうございます。
やっぱり、その手しかないですかね。一応考えてはいたのですが・・。
とりあえずその方向でやってみようと思います。

お礼日時:2001/07/17 18:17

一般教養よりちょっと上のレベルの工学の授業(機構学)で聞きかじった程度の者ですが・・・



歯車の歯形の形状は厳密に数学的に解析されて設計されています。よく使われるのがインボリュート曲線で、スムーズに回るだけでなく、第一の歯車を一定速回した時に第二の歯車も一定速で回る(回転のふらつきがない)のが特徴です。

まあ、そこまで厳密に歯を切らなくても歯車は回ると思いますが、もし多少なりとも精度を上げたければそのための理論は存在する、という程度に理解頂ければよいと思います。
本を探すとすれば「機構学」「機械設計」「機械力学」などの題が手がかりになります。

以下は大学の講議案内ですが、多少なりとも参考になると思います。
http://www.kgn.dendai.ac.jp/~komine/topic/mechan …
http://www.kogakuin.ac.jp/syllabus/daigaku/2001/ …

参考URL:http://www.kgn.dendai.ac.jp/~komine/topic/mechan … http://www.kgn.dendai.ac.jp/~komine/topic/mechan …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご丁寧な回答有り難うございます。
やっぱり難しすぎるのですが、少しづつ取り組んでいきます。

お礼日時:2001/07/17 18:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【科学技術・歯車の進化とは?】歯車は3000年前に発明されて、主に力の増幅に使われた。 歯車の進化

【科学技術・歯車の進化とは?】歯車は3000年前に発明されて、主に力の増幅に使われた。

歯車の進化とは歯車の素材の強度を上げただけでしょうか?

歯車の進化って何がありますか?

Aベストアンサー

誤:主に力の増幅に使われた。
正:主に力の伝達に使われた。

たまには漫画やラノベ以外も読みましょう。
バカってよく「エネルギー」が増幅できるものだと思うよね。
(これが出来るなら、とっくに永久機関どころか、エネルギー問題は解決しているはずなんだけどね)


>歯車の進化とは歯車の素材の強度を上げただけでしょうか?

お前が、自分では全く調べずに他人に丸投げする奴だと言う事はわかった。

それとも↓の全てが3000年前からあったとでもいうのか?

Qインボリュ-ト歯車って普通の歯車と何が違うんですか?

インボリュ-ト歯車って普通の歯車と何が違うんですか?

Aベストアンサー

普通の歯車は、ギアが面や一点で接して噛み合うが、
インボリュート歯車は常にギアの接触点が移動する点で接している。

普通の歯車はギアのエッジに負荷がかかってギアが欠けるなどのトラブルが起きるが、
インボリュート歯車はギアに無駄な負荷がかからないため丈夫な構造にできる。

設計や加工が面倒ではあるが、利点のほうが大きく精密機器ではよく使われる。
googleで画像検索してみると形状の違いを確認できるでしょう。

Q長さの測定精度が時間の測定精度と比べて劣っていた

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB
ウィキペディアのメートルの記事を読んでいたのですが、
普遍的な定義へ の記事で

>長さの測定精度が時間の測定精度と比べて劣っていたことから、1983年の
>第17回国際度量衡総会において、光速度を基準とする現在の定義が採用された。

とあるのですが、長さの測定精度が時間の測定精度と比べて劣っているというのは
具体的にどういう事なのでしょうか?
たとえばここに通常よく使う30cmの定規(1mmまでメモリがふってある)
と、ストップウオッチ(0.1秒ごとにメモリがふってある)があったとすると
どちらが測定精度が良いと言えるのでしょうか?

次元の違う量の精度をどのように比較したのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>長さの測定精度が時間の測定精度と比べて劣っているというのは
具体的にどういう事なのでしょうか?
たとえば,陸上競技で100m競走を思い浮かべてください。
選手が100mを約10秒で走るとします。別々の競技場で別々の時刻に走った選手二人のうちどちらが早いか較べるには,設営されたトラックの長さ(100m)が精確に測って作られていることと,スタートからゴールまでかかった時間(10秒)の測定が,どちらの選手の場合にも同じくらい精確に測れなければなりません。
競技場のトラックの長さで,
もし,長さを(ものさしで)1mm以内の誤差で測定して作ったとすると,100mに対して0.001mの誤差ですから,10万分の1(以内)の誤差(精度)です。
これに対して,時間測定が(ストップウォッチで)100分の1秒以内の精度で測れるとしたら,10秒に対して0.01秒ですから,精度は1000分の1(以内)です。
こういう状態を(ご質問の文とは逆に)「長さの精度に対して時間の精度が劣っている」といいます。
ものさしとストップウォッチという計器に付けられている目盛りの話ではありません。本当にその長さや時間が,精度のバランスよく測られているかどうかが問題とされたのです。

>長さの測定精度が時間の測定精度と比べて劣っているというのは
具体的にどういう事なのでしょうか?
たとえば,陸上競技で100m競走を思い浮かべてください。
選手が100mを約10秒で走るとします。別々の競技場で別々の時刻に走った選手二人のうちどちらが早いか較べるには,設営されたトラックの長さ(100m)が精確に測って作られていることと,スタートからゴールまでかかった時間(10秒)の測定が,どちらの選手の場合にも同じくらい精確に測れなければなりません。
競技場のトラックの長...続きを読む

Qはす歯歯車の作製方法

 はす歯歯車(ヘリカルギア)の粉末成形での作製方法を本やネットで探したのですがなかなか見つからなくてこちらに投稿させていただきました。どのようにして粉末で作製するのかご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

金型の制作方法でしょうか?
ハス歯歯車のメス型はハス歯歯車から放電加工で作る場合が多いようです。

Q遊星歯車の計算

遊星歯車のトルク、回転数の計算にいつも苦労しています。フリーソフトを探していますが、どなたか知りませんか?

Aベストアンサー

申し訳ありませんが、質問者様が何をお知りになりたいのか未だ分かりません。例えば、入出力軸の回転数比は歯数で決まってしまいます。たった一つの算術式です。ソフトなど不要ですね。

色々な仕様の遊星歯車装置を使い分けておられるのですか。
それでも、歯数が分かれば、全て決まってしまいますね。

例を挙げます:入力軸を太陽歯車、出力軸を遊星保持輪。内歯歯車は固定とします。
太陽歯車の歯数を za 、遊星歯車の歯数を zb 、内歯歯車の歯数を zc とした場合、その速比(出力/入力)はza/(za + zc)なります。
トルク x 回転数は一定ですから、出力軸トルクは
Tout = Tin (za + zc)/za
となります。

あるいは、回転数比やトルク比が与えられた時に歯数を決めたいのでしょうか。

あるいは、このように幾何学的なことではなく、強度計算を含む、許容トルクが問題なのでしょうか。

もう少し具体的に悩みを書いていただけませんか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報