ある外資系の保険会社に手続き書類を送ったのですが、満期日(7月15日)までに書類が到着しなかったため、契約を引き受けられないといわれました。
国内系の損保なら1週間以内なら等級を引き継ぐことが可能かもしれないといわれました。因みに現在は千代田火災(現 あいおい)で6E等級です。
ご存知(ご経験のある)の方がいらしたらお教え下さい。

A 回答 (3件)

 あいおいの代理店ではないので分からないのですが、私の所では3社保険会社扱ってますが、うち2社で1ヶ月以内であれば継続手続きができます。


 あいおい損保に一度聞いてみてはどうでしょう?(というか、あいおいの代理店の方レスお願いします。)
    • good
    • 0

現在6E等級ならば、満期日から7日以内に保険契約を結べば、次回7F等級となり、割引率は上がりますので等級的には問題ありませんが、満期日から8日以上13ヶ月未満までに契約をすると6F等級になります。

会社によって若干割引率は異なるかもしれませんが、割引率が高くならないのでそれがペナルティーにあたるのではないでしょうか。

例)前等級:7等級以上 
  満期日から7日以内→等級引継ぎ可
       8日以上13ヶ月未満→次回6F等級
       13ヶ月以上→6A~E等級

  前等級:5等級以下
  満期日から7日以内→等級引継ぎ可
       8日以上13ヶ月未満→前等級と同一等級
       13ヶ月以上→6A~E等級
  
また一般的な保険会社(国内、外資)のほとんどは等級の引継ぎができますので、ご心配なく。一部の共済などは等級の引継ぎが出来ないので、保険料は安いのですが、注意が必要です。
詳しくは代理店の方か、各保険会社のコールセンターにお問い合わせください。

保険がない状態で車に乗るのは大変危険です。お早めの契約をおすすめします。
    • good
    • 0

満期日から一週間以内なら、等級を引き継ぐ事ができます。


ですから、満期をむかえた証券・保険料と印鑑をもって近くの保険会社の代理店に出向いて契約をしてください。

この回答への補足

早速ご回答くださり有難うございます。

補足の質問として:等級を引き継げることは分かりましたが、何かペナルティーのようなもの(保険料の割増等)があるのでしょうか?
また、同一の保険会社でなければいけないのでしょうか?

補足日時:2001/07/16 23:14
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車保険 三井住友海上かソニー損保どちらが良いか?

自動車保険 三井住友海上からソニー損保に変えようと思うのですが
事故対応能力(サービス)保険金支払い能力(迅速さ)を重視して
選びたいのですが どちらが良いか教えて下ださい

Aベストアンサー

三井住友海上は、金融庁から「保険金不払い処理の不正」で業務停止処分を
受けたいわく付きの会社です。4万5千件ぐらいの未払いがありました。
ソニー損保は、ソニーの信用をバックに、急成長を遂げている、ネット系損保です。
ネット系の欠点であった事故処理も、損保OBを多数採用して強化し、最近では、
事故処理などで、盛んにPRしています。

そこで、どちらを選ぶか?ということですが、両者とも、保険料が安ければ、
補償は、狭いものになりますし、高ければ広いものになります。
ほぼ同じ条件で比較になりますが、条件が同じケースはほとんどなく、比較しにくいものです。
あえて比較すれば、ソニー損保が安い気がします。
従来は、保険会社がつぶれることもあるので、大手が安心傾向でしたが、
現在は安定期に入ったのではないかと思います。
情報を、分析し、加入はあなたの責任で実施ください。
以上

Q自動車保険で後1ヶ月で等級が上がる時に満期を迎えず解約した場合の等級に関して

今月10月31日をもって車検有効期限が切れるため車を売却しようと考えております。
保険加入日が平成19年10月29日です。
現在継続2年目で、平成21年10月29日をもって丸2年継続になります。

今回、自動車を10月中に手放す予定で、保険も解約する事になるのですが、
29日を待たずに保険を解約した場合について質問がございます。

1.現在等級は7等級ですが、現在の状態(後25日で等級アップ)で29日を待たずに解約し、
中断証明書を発行してもらったら、7等級は維持されるが、また1年待たなければ8等級になれない?
(それとも、新たに保険に加入したら、以前加入していた期間が引き継がれ、1ヶ月前後待てば8等級に上がる?)

2.9月29日に保険料を払込したのですが、これは9月中の保険料でしょうか、10月分の保険料でしょうか?

3.例えば、10/29日に保険料を払込み、等級アップしたとします。
10/31に自動車を売却し、11/1に解約の連絡をしたとします。
この場合は、3日分程度の保険料を日割り計算し、残りが戻ってくるという事はあるのでしょうか?それとも払ってしまった保険料は丸々一か月分ムダとなってしまうのでしょうか?

以上、回答頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

今月10月31日をもって車検有効期限が切れるため車を売却しようと考えております。
保険加入日が平成19年10月29日です。
現在継続2年目で、平成21年10月29日をもって丸2年継続になります。

今回、自動車を10月中に手放す予定で、保険も解約する事になるのですが、
29日を待たずに保険を解約した場合について質問がございます。

1.現在等級は7等級ですが、現在の状態(後25日で等級アップ)で29日を待たずに解約し、
中断証明書を発行してもらったら、7等級は維持されるが、また1年待たなければ8等級になれ...続きを読む

Aベストアンサー

NO1の回答通りですね。
わずかな事で8等級の中断証明書が7等級の分しか
発行されないのはもったいないですね。

3のケースで保険の継続を一旦するときには最低の補償の
保険にすれば良いのです。
どうせ乗らないのですから、年齢条件も35歳とか、
賠償のみの加入で最低金額で対物免責金額20万円とかに
して加入すれば、かなり安い保険料になります。

解約で、1か月分取られたとしても大した金額にはなりません。
将来中断証明書を使って再度保険に加入する時には
7等級なら-20%、8等級なら-30%ですから元は取れますよ。

Q東京海上はソニー損保の自動車保険に比べどこがお勧めなのですか

 自動車保険の更新が近づいているものです。現在、東京海上の自動車保険に入っています。現在、16等級で、対人対物賠償共に無制限、搭乗者傷害1000万円、入院保険15000円、通院保険10000円、車両保険なし、人身傷害補償なしで見積もりをしてもらいましたら、東京海上26250円、ソニー損保22960円でした。
 同じサービス内容でしたら、保険料の安いソニー損保に入る人が多いと思いますが、いまだ、東京海上の加入者が一番多いということは、どこか被保険者にとっては有利だと考える人が多いからではないかと考えてしまいます。どこがちがうのでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして
保険料の差については、代理店の介在の差が大きいです。
入院日数については同じです。
一般の商品に例えると適切な比較かどうかわかりませんが、コンビニと通販の差ということになるでしょう。
一番大きな差は代理店の能力の差です。
同じ東京海上で契約しても、専門のプロ代理店と兼業代理店ではトータルで大きな差がでます。
保険会社による差は詳しくはここでは、略しますが、納得のできる支払い方が多いです。
代理店による差は主なもので
1.事前に契約内容の説明
2.事故時の対応のし方を説明(緊急措置義務違反など)
3.事故時の対応(連絡がすぐ取れるか、事故処理のうまさなど)
4.自動車保険以外のトータルでの損害保険のアドバイス
5.生命保険などの見直しのアドバイス
東京海上独自のものとして、
1.商品開発力(人身傷害を開発、来年は「超保険」の発売)
2.全国のサービス体制(拠点数、スタッフ数など)
ちなみに、現在の契約内容であれば、人身傷害補償3000万円にした
方が補償範囲はひろがります。
保険料も大きく上がらないか、場合により、下がります。
人身傷害では本人はもちろん、家族も補償されます。家族が歩いていて自動車事故
でけがをしていても補償されます。
このあたりの話を代理店から、詳しく聞くと良いでしょう。
その他に、お勧めの特約もありますが、代理店を選べば、保険料の差以上のものはあると思います。
生命保険を含め、自分で保険を全て選ぶことができるのであれば、保険料の安い所でも良いでしょう。

はじめまして
保険料の差については、代理店の介在の差が大きいです。
入院日数については同じです。
一般の商品に例えると適切な比較かどうかわかりませんが、コンビニと通販の差ということになるでしょう。
一番大きな差は代理店の能力の差です。
同じ東京海上で契約しても、専門のプロ代理店と兼業代理店ではトータルで大きな差がでます。
保険会社による差は詳しくはここでは、略しますが、納得のできる支払い方が多いです。
代理店による差は主なもので
1.事前に契約内容の説明
2.事故時の対応...続きを読む

Qあいおい損保の自動車事故での慰謝料について教えて下さい

自動車事故の慰謝料について教えて下さい

去年の1月に自動車に乗ってるところ後ろから追突されました
それから通院をし先月の終わりに示談の話しが出ました

そして先日示談の書類が届きました
これは妥当な金額なのかアドバイスください

治療費=923.756円
総治療期間 199日 通院実日数 135日

交通費=43.120円

休業損害=1246056円
12月15~5月31日 日額7417円
(12月から仕事始めたばかりなので源泉徴収がなく本来の日当の半分しかもらえませんでした)

慰謝料=682.533円
通院に対して:通院期間÷30日・・・6.6月=682.533円

当社任意基準にて算出致しました。
通院日数×3=405日>総治療期間199日
いずれか短い日数を採用=199日
6ヵ月:64,2万+{(7ヵ月:70.6万-6ヵ月:64.2万)×19/30}
=642.000万+40.533円=682.533円

損害額合計2.895.465円
既払額2.169.812円
治療費:923.756円
休業損害:1.246.056円

最終お支払い額:725.653円

↑という内容の書類が届きましたがこれが妥当ですか?
ネットで色々調べたら通院1日あたり4200円と出てましたがこの書類での計算だと1日あたり3429円になります
事故は初めてなので知識がありません,是非アドバイスの方よろしくお願いします
保険会社はあいおい損保です
よろしくお願いします

自動車事故の慰謝料について教えて下さい

去年の1月に自動車に乗ってるところ後ろから追突されました
それから通院をし先月の終わりに示談の話しが出ました

そして先日示談の書類が届きました
これは妥当な金額なのかアドバイスください

治療費=923.756円
総治療期間 199日 通院実日数 135日

交通費=43.120円

休業損害=1246056円
12月15~5月31日 日額7417円
(12月から仕事始めたばかりなので源泉徴収がなく本来の日当の半分しかもらえませんでした)

慰謝料=682.533円
通院に対して:...続きを読む

Aベストアンサー

1日4200円というのは自賠責の基準です。
ご質問者の場合は、自賠責の限度額を超えているので、この基準は使いません。
そこで任意基準となるわけですが、慰謝料というのは年月とともの痛みは和らぐという考えから、逓減されるもので、計算上の日額は月日とともに低くなってきます。

以上のことから、保険会社の提示としては概ね妥当だと思います。

しかし、裁判基準の慰謝料から考えると低いので、あとはご質問者がそこをどう判断するかです。
裁判まで視野にいれて慰謝料UPをめざすのかどうかということです。

Q自動車保険、ソニー損保か富士火災か

自動車保険、ソニー損保にするか富士火災にするか迷っています。
同じ内容で富士火災の方が年間8000円ほど高いです。

通販型のソニー損保か代理店型の富士火災か。
8000円高くても代理店型の方が便利なのか。

富士火災の評判(口コミ)をネットであまり見つけられなかったので、
事故対応等、何かご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけると幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般のコチコミ評価では、ソニー損保はよいほうです。
富士火災はよく分かりません。

通販型が安いのは、代理店を通さないからであって、
事故時の対応は通販型がよくないということはありません。

ただ通販型で申込む時に問題なのは、自分に最適な保険を選ぶ場合に、
代理店の担当者のアドバイスをもらえないことです。

念のために、次のサイトから他の会社の見積りも取ったらどうでしょうか。
http://www.kurumahoken-hikaku.com/

Q事故対応 あいおい ソニー損保 三井ダイレクト

 3月に保険の更新があり、切り替えを考えています。
 以前、車をぶつけられたときの自分の保険の対応に不満をもっているのですが(判例タイムズの判例は動かせないといわれたが、他の保険会社は交渉はするのに、自分の保険会社はしてくれませんでした)、実際の事故対応はどうなのでしょうか?
 経験者で、あいおい・ソニー損保・三井ダイレクトの保険に入っている(いた)方の体験が知りたいです。よろしくお願いします。
 ネットで調べた限り(オリコンチャート)では、ソニー損保は評判がよく、次いで三井ダイレクトが評判が良かったです。
 また、あいおいについては、自分ではなく、相手があいおいだと大変苦労すると聞いたのですが、やはり、通販系は負けてしまうのでしょうか?
 この辺も、事故をした相手があいおいだったという方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。
あいおいと三井ダイレクトに入ってます。
あいおいは担当者によってかなり違います。担当によってはひどすぎて本当に自分の加入している保険会社??見たいな対応されました。
あいおいは対応するサービスセンター・担当者次第ですね。
本社は担当サービスセンター任せ、決まりはあっても対応は個々の事例によってですから担当者次第と言うのはすごい困る事です。
三井ダイレクトは2回ほど対応していただきましたが、完璧でした。電話だけの対応ですが、親身になって色々対応していただきスピードも早かったです。色々なことも教えていただき本当に助かりました。事故の時って親身になってくれるというのは本当にありがたいことで安心感が重要なんです。ほんと安心して対応任せられました。
私なら三井ダイレクトさんをお勧めいたします。お値段も三井ダイレクトさんは安いですからね。
あいおいはお勧めできません。

Qソニー損保の自動車保険に出ている女性

ソニー損保の自動車保険に出ている女性。あれは誰ですか?
女優ですか?一般人ですか?
わかる方がいましたら教えてください。
宜しくお願いします

Aベストアンサー

松田一沙さんの事でしょうか。

http://www.cinemacafe.net/blog/archives/cat_aei.phtml

参考URL:http://www.cinemacafe.net/blog/archives/cat_aei.phtml

Qあいおい損保

旦那が独身時代に、トヨタで車を買って、そのまま「あいおい損保」に薦められるがままに入ってそのままです。
更新の時に、内容を見直したいと伝えたが、ディーラーが更新の手続きとかもしちゃうので、そいつが、「このままで大丈夫ですよ!!」と、何を基準に大丈夫かわからないがおっしゃって。
しぶしぶそのまま更新しました。直接保険会社とかに、問い合わせをしなかった自分が悪いと反省していますが。
で、先日ロードサービスを使うことがありましたが、対応がいまいちでした。なんか町の修理屋さんがやってきて、その人も対応がわからない様子で、面倒でした。
というわけで、あいおい損保って、どうなんでしょう?
事故対応なんかは、いいんでしょうか?
変えたいと思っていますが。アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

そもそも、車屋は車を売るのが本業 保険はそのついでに勧誘してるだけ、保険商品そのものの知識も希薄ですし、契約がとれればポイント加算されて、営業マンの成績に影響があるというだけのために保険を売ってるということです。

自動車保険は車屋でというのは保険屋の契約取るための手段 契約を取って貰うためならなんでもありです。

車屋営業マンは保険契約するための最低限の知識はあっても、保険商品ならびにその色んな周辺知識は皆無です。
加入するあなたも含めて、保険加入してればなんとかなる、という大いなる錯覚があります。また無事故で推移すれば、保険補償の改訂、節目の年齢条件にも無頓着に、高い保険料を支払い続けるケースもままあります。

片手間保険担当者に丸投げしていては埒があきませんよ。
プロ代理店に加入すべきですね。
車は車屋 保険は保険屋専門家 に加入すべきですね。

Qソニー損保の自動車保険の実力

お世話になります
自動車保険の検討中で複数社の比較中です

テレビCMなどでソニー損保がさかんに
「35000円も得した」「顧客満足度95%」
「通販型保険では売上げ1位」「乗るだけお得」
といいことづくめの広告作戦をしています

わたしとしては直感的には、他の保険会社のメニュー
よりもはるかに高い(オプション項目が標準になっているため?)
というような漠然とした不安がするのですが
保険内容、満足度の実体が知りたいので宜しくお願い致します

Aベストアンサー

私も以前、通販型保険でした。
インターネットでの一括見積りを利用すれば、本当に安い所が簡単に見つかりますね。
で、本論に入りますが、保険内容、満足度共に正しいと思います。もし、嘘なら詐欺罪になるからです。
知人から聞いた話ですが、問題は、いざという時の対応らしいです。色々と本人確認等が面倒でスピードが遅いらしいです。
yatoaaさんが、いざという時に面倒がらないで行動力を発揮できれば、通販型保険でも良いと思います。
自動車事故を起こさないのがなによりですが、いくら自分が気をつけていても回避不可能な場合もありますので、慎重にお選びください。
まずは、ご参考まで。

Qあいおい損保、普通傷害保険について

私の仕事がバイクでまわる仕事で、バイクの保険には入っているのですが、もう少し補償をと思ってます。
普通傷害保険には仕事中のケガでも保険が支払われるとパンフレットに書いてあるのですが、バイクでの事故でもこちらからも保険が降りますか?
詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バイクの事故を心配されているのなら「交通事故傷害保険」の加入をお勧めします。
保険料が相当安くなりますからね。

貴方のバイク搭乗中のみならず、歩行中の交通事故、電車、タクシー、バス、飛行機、スキーリフト、エレベーター、エスカレーター、自転車などに搭乗中のすべての交通事故が補償の対象です。


人気Q&Aランキング