a,John thinks that stories about himself are interesting.
b,John says that there was a picture of himself in the paper.

上の文は「同一節」の条件に違反しているが再起代名詞himselfはその先行詞John
を指していると解釈され、完全に適格な文である。この問題を「同一節」の概念を破棄せずに説明するには新たにどんな条件が必要か。

A 回答 (1件)

間違っていたらごめんなさい。



私のアイデアを以下に示しますので、お気に召したらこれを難しい言葉で論じ直せばよいかと存じます。

「従属節の名詞節内で、前置詞に導かれていて、主節の主語に呼応する場合は除く」、という条件。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q強調文について(It is[was] + hoge + that ,,,)

お世話になっております。

英検準2級の教材にて、強調の説明があるのですが、そのなかで
教えていただきたいことがございます。

[解説文]
Yasu met Lisa at the aquarium yesterday.
(1)     (2)    (3)      (4)
→訳は書いてなかったのですが下記と解釈しています。
「昨日、水族館でヤスはリサに会いました」

解説の中で、上記(1)~(4)を強調するというものなのですが、

(1)を強調の場合
It was Yasu that[who] met Lisa at the aquarium yesterday.
(解説書訳:昨日水族館でリサが会ったのはヤスです)

※主語が強調される場合には、thatの代わりにwho,whichでも可

(2)を強調の場合
It was Lisa that Yasu met at the aquarium yesterday.
(解説書訳なし→「昨日水族館でヤスがあったのはリサでした」)

(3)を強調の場合
It was at the aquarium that Yasu met Lisa yesterday.
(解説書訳なし)

(4)を強調の場合
It was yesterday that Yasu met Lisa at the aquarium.
(解説書訳なし)

ここで、二つほど疑問がございます。

1、ヤスを強調する場合とリサを強調する場合で、名前を入れ替える
  だけかと思うのですが、文自体が微妙に違います。
  (1)は,,, that[who] met Lisa ,,,
  (2)は,,, that Yasu met ,,,

  (2)のほうも(1)と同じく、名前のところを入れ替えて

  It was Lisa that[who] met Yasu at the aquarium yesterday.

  ではいけないのでしょうか?

2、「※主語が強調される場合には、thatの代わりにwho,whichでも可」
  とあるのですが、これは強調対象が(1)~(4)すべてが対象ということで
  よろしいでしょうか?

It was Yasu that[who] met Lisa at the aquarium yesterday.
は誤植で,,, Lisa met ,,,が正しいのでしょうか?

説明がわかりにくいかもしれませんが、アドバイスをいただけますと
幸いです。
よろしくお願いいたします。

お世話になっております。

英検準2級の教材にて、強調の説明があるのですが、そのなかで
教えていただきたいことがございます。

[解説文]
Yasu met Lisa at the aquarium yesterday.
(1)     (2)    (3)      (4)
→訳は書いてなかったのですが下記と解釈しています。
「昨日、水族館でヤスはリサに会いました」

解説の中で、上記(1)~(4)を強調するというものなのですが、

(1)を強調の場合
It was Yasu that[who] met Lisa at the aquarium yesterday.
(解説書訳:昨日水族館で...続きを読む

Aベストアンサー

まずは1について解答しますね
It was Lisa that[who] met Yasu at the aquarium yesterday.
これですと図書館でヤスに会ったのはリサだったという解釈になってしまいます。
元の分の主体(主語)がヤスなわけですから、主語が変わってしまっては強調文になりません。あくまで与えられた文の主語はヤスなのですから、It was Lisa that Yasu met at the aquarium yesterday.でなければなりません。

2についてですが、主語を強調するので対象はこの文の場合ヤスだけです。
仮に与えられた文が
The earthquake happend suddenly.
でしたら、主語を強調する場合、
It was the earthquake that(which) happend suddenly.
となります。

QAfter that or after it; That or it sounds interesting

皆さん、こんにちわ。
次のような文では after that、after itのどちらが適切だと思われますか、またその理由は?
I saw Tom on my way to school. After that (or it) I ran to school.

同じように次の場合は that又はitのどちらが適切だと思われますか、またその理由は?
I am going to talk about my grand-grand father in the class.
That (or it) sounds interesting.
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>同じように次の場合は that又はitのどちらが適切だと思われますか、またその理由は?
>I am going to talk about my grand-grand father in the class.
>That (or it) sounds interesting.

どちらも適切です。
理由については http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3821379.html で似た御質問があり回答したので御覧ください。

>次のような文では after that、after itのどちらが適切だと思われますか、またその理由は?
>I saw Tom on my way to school. After that (or it) I ran to school.

thatが正しく、itは誤りです。

itが誤りな理由は次のとおりです。
理由1
(a)itは、通常、名詞またはその相当語句(以下、簡単のため「名詞」と言います)を指し示すので、御質問の英文のitが前文の内容を指し示しているとはとても思えないからです。

(b)別の言い方をすると、afterまで聞いた瞬間に、聞き手は「次に名詞が来るぞ」と期待し、itまで聞いた段階で「itが指し示す名詞は何だ?」と名詞を探すので、このitが名詞でなく前文の内容を指し示しているとはとても思えないからないからです。
なお、「聞き手は」と言いましたが、この心の動きは話し手にとっても同じです。

(c)別の言い方をすると、前置詞の目的語は前置詞を聞いた直後にそれに続けて間髪を入れず聞くことになるため前置詞の目的語まで聞いた段階でそれが何を指し示すかを考える時間的余裕がほとんどないので、上記URLで言った「相手の言ったこと(ここではI saw Tom on my way to school.)を1度自分の心の中に取り込んでその取り込んだものを「1つの塊」にする」ことができないからです。
これは話し手にとっても同じで、afterまで言った時点では話し手の心の中にはI saw Tom on my way to school.という「時の流れに沿って起きた出来事がそのまま時系列に沿って展開した状態」つまり「1つの塊になってない状態」であるので、それはitで指し示すようなものではないと感じられるからです。聞き手の場合と同様に、時間的余裕がないからです。

理由2
上記理由1のような心の動きのため、聞き手は「このitは前文の内容ではなく、何かの名詞を指し示しているに違いない」と考え、その可能性のある名詞を探しますが、御質問の場面ではそれにあたるものとしてはwayとschoolしかありませんが、そのいずれであると考えてもAfter it I ran to school.は意味にならないからです。
これは、話し手にとっても同様です。

>同じように次の場合は that又はitのどちらが適切だと思われますか、またその理由は?
>I am going to talk about my grand-grand father in the class.
>That (or it) sounds interesting.

どちらも適切です。
理由については http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3821379.html で似た御質問があり回答したので御覧ください。

>次のような文では after that、after itのどちらが適切だと思われますか、またその理由は?
>I saw Tom on my way to school. After that (or it) I ran to school.

thatが正しく、...続きを読む

Q文(句、節)を指すItとThat,Thisの違い

(4)前に出た句や節、文の内容をさす [ロイヤル英文法p.176]

・I'd like to go on a trip to Europe, but I cannot afford it. (=to go on a trip to Europe)
・Railroad service was suspended. They told me it was because of a landslide. (itは前文の内容)


(3)this, that が先行する文(の一部)の内容をさす場合 [ロイヤル英文法p.197]

・To be or not to be : that is the question.
・They will surely help Tom. That will please his mother.
・"I've caught a cold."  "That's too bad."
・We see him taking a walk, but this isn't very often.


It,That,Thisはセンテンス全体を指せるようですが、それぞれの違いはなんですか?

(4)前に出た句や節、文の内容をさす [ロイヤル英文法p.176]

・I'd like to go on a trip to Europe, but I cannot afford it. (=to go on a trip to Europe)
・Railroad service was suspended. They told me it was because of a landslide. (itは前文の内容)


(3)this, that が先行する文(の一部)の内容をさす場合 [ロイヤル英文法p.197]

・To be or not to be : that is the question.
・They will surely help Tom. That will please his mother.
・"I've caught a cold."  "That's too bad."
・We s...続きを読む

Aベストアンサー

 はじめまして.

 興味深い御質問ですね….なんとなく感覚的には分るのですが,残念ながら今の私の英語力をもってはお答えできません.そこで「this that it 使い分け」をキーワードにネット上で検索してみるとすぐに見つかりました.以下のサイトにアクセスされてみて下さい.

http://tottocobkhinata.cocolog-nifty.com/bizieizakkicho/2006/01/it_this_that_3789.html

 探してみればもっと分り易い説明をしたサイトが見つかるかも分りません.


 お役に立てば嬉しいです.

Qso ~ that の that節

This book is so difficult that I can't read it.
のthat節は参考書には、結果と書いてあって、程度に訳したほうが自然なときもあるとあります。
2通りあるというのはわかりにくのですが、結果と程度の一体どちらが正しいのでしょうか? むりやりどちらか1つだとすると、どちらになりますか?

Aベストアンサー

Gです。こんにちは!! また私なりに書いてみますね、といいたいところですが、#1さんのいつもながら「使える文法」を詳しく書いてくださっているし、100%私は同意します。

これは「so~thatの結果用法ですからこうです」とその場限りの説明では「教える事になりません」ね。 なぜなら、その表現方法はそういうことになるわけですが、初学者としてはその判断の仕方を教えてくれればこれからはその判断が出来るようになる、つまり、英語力向上の元になるわけです。

しかしその判断方法を教えてくれないのであれば、いつまでも判断できるようになるのは遅いわけです。

#1さんがおっしゃるとおり普通は、~なので~だ、と言う風に、その本の「結果」を示す訳(前から順に訳していく)と、~のほど~だ、と訳す「程度」事が出来ます。 よって、文法擁護として、このthatは結果を示す接続詞で、程度を示す関係副詞だ、と言う学説を作る人もでてくるわけです。

しかし過去形となると、~だったほど~だ(程度)よりも、~なので~だった(結果)の方がフィーリングにあうことになるわけです。

しかし、私はこれらの「石」や「結果」と言うような簡潔に見える二文字漢字表現は初学者にとってかえって難しいものにしているのではないかと思うのですね。 訳し方だけでも十分だと思う私です。 なぜならその訳し方で訳された文章からそれが程度なのか結果と「言える」物なのかが分かるわけですから。

もしThank youとかAppreciate it.と言う表現を見て、これは動詞の原形を使った命令形の挨拶用法です、と説明されるのと、ありがとう野フィーリングを相手に伝えたい表現です、と今までどおりの教え方とどっちが身に付くと思いますか? もちろん後者ですね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

Gです。こんにちは!! また私なりに書いてみますね、といいたいところですが、#1さんのいつもながら「使える文法」を詳しく書いてくださっているし、100%私は同意します。

これは「so~thatの結果用法ですからこうです」とその場限りの説明では「教える事になりません」ね。 なぜなら、その表現方法はそういうことになるわけですが、初学者としてはその判断の仕方を教えてくれればこれからはその判断が出来るようになる、つまり、英語力向上の元になるわけです。

しかしその判断方法を教えてくれない...続きを読む

Qthat 節 のthat の省略について

ABC Inc. mandates its board analyze all aspect of any investment prior to approving funding.

上記英文でmandateとits の間にthat が入って節を導く(that節)と思うのですが、
that は省略できるのですか?
なにか法則があったら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

mandates that its board analyzes
mandates its board to analyze
mandates its board analyze
と3種類の言い方があるように思います。

order などの仲間で、文法書によっては命令文のところに説明があると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報