『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

方法的個人主義と方法的全体主義の違いは何ですか?

A 回答 (1件)

コピペ




方法論的全体主義とはあまり言いません。方法論的集合主義の間違いでしょう。

さて、両者は簡単にいえば社会の本質をどうとらえるかということです。
方法論的個人主義は、社会を個人の集合と考えます。
したがって、社会を理解するために個人の社会的行為を問題にします。

これに対して、方法論的集合主義は、社会を個人の集合以上のものと考えます。
したがって、社会をひとつの有機体として問題にすることになります。

典型的な方法論的個人主義は、マックス=ウェーバーの理解社会学です。
彼は近代資本主義の成立という社会変動を個人の信仰の問題として論じました。

また典型的な方法論的集合主義はデュルケームの社会学主義です。
彼は、自殺という個人的問題を宗派の教義から説明しました。

社会唯名論と社会実在論の社会学バージョンと考えていただいてよいと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング