『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

私の父方の祖父は芸者の私生子です。
祖父の母の弟が勤務先で大金を横領してしまい、返済のために祖父の母が芸者に身売りされました。
そこで芸者がある客の男性に身請けされて妾契約を結んで祖父が生まれました。祖父は実の父には認知はされませんでした。
客の男性は正式に結婚をしないといけないからといって祖父と芸者を捨てていきました。
所詮もてあそばれただけだったのです。
芸者はその後すぐ死に祖父は孤児になりました。
私は横領をした祖父の叔父と芸者を捨てた客の男を恨んでいます。
どうしたら恨みが晴れるでしょうか?

A 回答 (2件)

昔から華やかな花柳界に身を置いてる方達には「聞くも涙、語るも涙」の物語がおありなんです。

苦節幾星霜生き抜いてきた祖父がいて今の貴方が居るわけですからね。祖父の為にも祖父の母の為にも誰も恨まないでくださいな。
    • good
    • 0

そんな昔の話を蒸し返しても仕方ない



と割り切れば?
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するQ&A


人気Q&Aランキング