7/15日にお店の駐車場で駐車しようとバックしていたら、おばあさんにあたってしまい、おばあさんはそのまま転んで足が痛くて立てないと言うのですぐ警察と救急車を呼んで病院に運んでもらいました。
今のところ、足も打撲程度、頭もCTで異常が無いとのことでほっとしてるのですが、2~3日は様子見と検査の為入院になるそうです。
できれば任意保険は後の保険料が怖いので使いたくないのですが、こういうときはどう対応すればいいのでしょうか。
自賠責保険ってどうやって申請したらいいのか分からないし、相手への保証も普通どの程度するものなのか、見当もつかず困っています。
一応、事故の現場検証が終わってすぐと、今日、主人と謝りに行って日傘(倒れたときに曲がったので)と靴代(破けていたので)としてお見舞いに1万円と果物の詰め合わせを持っていきました。
退院してからかかった費用など(病院代とか)を請求して下さいと伝えて帰ってきたのですがこの先具体的にどうすればいいのかわかりません・・・・・

少しでもアドバイスをいただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

任意保険会社にすぐに連絡をしてください。


まず、誤解されていることがあります。
任意保険会社に連絡をした時点で、割引率が上がることはありません。
対物・車両を使い、相手に補償し、加えて、人身の賠償で自賠責の基準120万円以上の場合に任意保険を使ったことになります。

今回の事故の場合、かさ代・靴代を対物を使わず自己負担をし、治療費や慰謝料等が120万円で収まった場合は、任意保険を使ったことになりませんから、割引は続きます。
また、車両や対物を使っても、示談のときに自己負担をして任意保険を使わなかったことにすることもできます。
交渉ごとは、専門家に任せたほうが、後々間違いが少ないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、本当にありがとうございます。
今日、主人が任意保険会社に問い合わせてくれて、保険の方とも相談して任意を使うことに決めました。
私の入っている保険は割引が19等級あって、もし保険を使っても保険料は変わらないと言われました。
掛け金の事もあったのですが、やっぱり素人が分からないまま対応して相手に迷惑をかけるよりもそういうときのために保険に入っているのだから使った方がいいですもんね・・・

自分が事故を起こすなんて考えたことはあっても、さすがに本当のこととなると何もかもわからないことばかりですごく困りました。丁寧な回答をいただき、本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/07/18 04:23

警察に通報しているのでしたらまず保険会社に連絡する事をお勧めします。


ほとんどの方が任意保険・自賠責とも同じ保険会社に加入している事が多いと思いますが、証券を見てください。

保険屋を仲介にという理由は事故の場合、多くの医療機関で自費の診療になります。
この自費というのが曲者なのです。
通常、医療費は厚生労働省で決めた医療費算定基準に従って算定されます。
この基準を無視して請求しても保険組合は支払ってくれません。
ところが事故や犯罪に巻き込まれて治療を受ける場合、医療機関で保険診療を受けさせてくれません。
その結果、自費負担になるわけですが自費というのは医療費算定基準の100%ではないのです。(社会保険加入者本人の負担額は算定基準の30%)
いくら請求するかは医療機関の裁量にゆだねられます。
言ってみれば病院は好きな金額を請求できるのです(社会常識の範囲内でですが)。

数日の入院にCTの撮影もしているとなれば医療機関からの請求は10万円は下らないと思われます。
たとえ任意保険の料率が上がったとしても年間10万円も上がる事はありません。
被害者には丁重にお詫びもなさっているようですし、後は保険屋さんに任せる方が懸命だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
今日、訊いてみるだけでもしておこうと主人と話して任意保険会社に問い合わせてみたところ、保険の方とも相談して任意を使う事に決めました。
そのときは「自費の診療」のこととか知らなかったのでびっくりしました。教えていただいてすごく助かりました、ありがとうございます。

明日、また病院に様子を見に行って、そのときに被害者の方にも保険を使うことを話しに行こうと思います。

丁寧、迅速な回答、本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/07/18 04:30

>任意保険は後の保険料が怖いので使いたくないのですが


任意保険を使ったからといって割引き率がセロに戻るわけではありません。
事故の被害者が老人の場合、意外な後遺症が出る可能性があります。
素人が適当なことを(良かれと思っても、結果としてそうなってしまう)した結果、治療費すら払えないことになりかねません。
保険料は、今回のことが発生したような場合に使うものです。
おそらく、今後支払う治療費よりも保険料のほうが安いはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。

本当におっしゃられている通りだと思います。
質問をしたときはやっぱり少し気が動転していたのかもしれません。後遺症の事も怖いし、保険はこういうときに使うために掛けているんだから任意を使おうと思います。

他のみなさんからも詳しく回答をいただき、頭の下がる想いです。親切な回答、本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/07/18 04:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険適用外診療に、保険点数が付くのか??

先日 病院に掛かり 保険の明細で疑問が有りました。
顔のイボとかホクロの除去手術を受けましたが、これは美容整形の
部類に入るので、 全額が自腹になりますと言われお金を払いました。
皮膚の再生も含め 2ヶ月通いました。
後日になり、健康保険組合から医療費の案内の葉書が届き、
明細を見ると かなり色々と、受けたことが無い保険点数が
付いており、オカシイと感じて保険組合に、病院から貰った
医療費の請求書をコピーして渡しました。

保険適用外診療(自由診療)に 保険点数が付くのは可笑しくないですかね??  私の無知ですか??
病院が保険診療で ピンハネされたのかな??
保険組合の方は、??みたいで 病院に実際の治療内容の書類を
見て 正当かどうか判断すると言ってました。
 
誰か教えて下さい。

Aベストアンサー

医学的にはほくろと血管腫は別物ですが、ほくろの一種として扱って治療することはあると思います。ほくろは厳密には単純性黒子や母斑細胞母斑のことを言いますが、腫瘤を形成するものをふくめ、色のついたあざのことを含め母斑といいます。母斑のことをわかりやすくほくろと言ったりはする可能性は高いです。また母斑の中に血管腫があります。
私は形成や皮膚科ではなく眼科なので(私は目の周りのほくろを切るときは保険のきく病名で手術してます)細かい点数は残念ながら知りません。しかし、請求書をコピーしてあなたに渡しているのであれば、2重請求などはしていないと思いますよ。リスクが高すぎますし、今後の評判にもかかわります。もしも2重請求しているとしたらえらいことです。ただ、あまり騒ぎ立てて勘違いであった場合は少し恥ずかしいので、回答書をまって、冷静に判断してください。

Q駐車禁止場所に駐車して駐車禁止にならんのは何故?

駐車禁止場所なのに白線の中に止めて1時間だけ駐車出来るコインパーキング(300円)ありますよね?

あれは、なんで駐車違反にならんのでしょうか?

駐車禁止場所でも金を払えば駐車禁止にならない意味が不可解です。

その場所に駐車して300円入れずに1時間放置して

駐車禁止のステッカーを貼られれば300円後払いすると主張すれば異議申し立ては通るのでしょうか?

あと、20時までとか制限ついてるのも意味分かりません。

もし、分かる人がいれば教えてください。

Aベストアンサー

まず原則的に、日本の駐車違反の規制は厳しすぎることを理解してください。ヨーロッパなどは、裏路地に車が数珠繋ぎに止まっていますが、駐車違反ではないところが多いのです。

さて戦後日本も段々モータリゼーションの波が打ち寄せてきて、交通事故が多発するようになりました。昭和30年代の話です。この時代に速度違反の取り締まりとか、駐車違反などの法律の原型が出来ています。
この法律が出来て困ったのは一般ドライバーです。当時は車が走り始めたころですので、駐車場なんか整備されていません。
ですので、今までは路上駐車していたのですが、法律が出来たことにより違反となってしまいました。

このような苦情を受けて、「駐車場が整備されるまで」という制限をつけて、道路に駐車できるようにしたのが、パーキングメーターの始まりです。
ですので、実態として必要悪とされてきたのですが、実際、車を運転する以上どこかに止めなければなりませんから、必要だったわけです。

またお金は先に払わなければなりません。これはその場所を1時間占有するという約束にかかる費用です。
要するに、きちんとお金を払って駐車違反になりたくない人を、お金を払わずに車を止めることで邪魔しているのですから、取り締まりで廻ってきたときに占有権を主張できずに違反となるということです。

時間制限については場所によって二通りの意味に分かれます。
一つ目は、利用できる時間帯は停めたい車が多いので、時間を区切ることによってより多くの人が止められるようにしている場合(この場合は時間が過ぎると無料でも違反にならないところが多いです。地方の繁華街におおいですね)
二つ目は、元々駐車禁止だけども必要悪として、駐車を認めている場合、(この場合は時間が過ぎると駐車違反になります)

つまり公共の利益に合うように実態をあわせようということです。たとえば、東京の築地の前の道は早朝の時間帯だけ駐車禁止が解除されます。お金もかかりません。
これは朝早いため、市場以外の道路の利用が少ないためと市場利用者が円滑に仕入れを出来るようにするためです。しかも車を縦列駐車です。横じゃなくて縦に車を入れるので、2車線道路がふさがります。
日が昇ると、一般人の仕事時間になりますから駐車違反になってしまいます。

で、話戻って現在ですが、民間の100円パーキングなどが充実してきたために、東京都・神奈川県ではコインパーキングをどんどん廃止しています。役目を終えたということですね。

まず原則的に、日本の駐車違反の規制は厳しすぎることを理解してください。ヨーロッパなどは、裏路地に車が数珠繋ぎに止まっていますが、駐車違反ではないところが多いのです。

さて戦後日本も段々モータリゼーションの波が打ち寄せてきて、交通事故が多発するようになりました。昭和30年代の話です。この時代に速度違反の取り締まりとか、駐車違反などの法律の原型が出来ています。
この法律が出来て困ったのは一般ドライバーです。当時は車が走り始めたころですので、駐車場なんか整備されていません。
で...続きを読む

Q「診療情報提供料」について教えてください

診療所から診療所への診療情報提供料のことですが、紹介された診療所の医師が紹介元の診療所の医師に対して、返事を書いてそれを患者に持たせた場合、診療情報提供料は算定できますか。

Aベストアンサー

検査を依頼した紹介状の場合は、検査結果を書き込み患者さんを
紹介元に返す(紹介元に通院してもらう)と
診療情報提供料は算定できるとおもいますが。

Q駐車禁止ではない道路での駐車(駐車禁止除外)

最近引っ越してきた地域での出来事です。

母親が車椅子で車両を運転しているんですが、この度近くの警察署で「駐車禁止除外」の許可も貰いました。申請から発行まで3ヶ月もかかったそうです。

ある日スーパーなどで買い物をして、自宅横の路上で駐車してたときの出来事なのですが、「自分の家の前に止めろ」と書かかれた駐車禁止マークが印刷された縦横30センチ程度の紙を窓ガラスに貼られました。

町内会と近所の警察署の名前も印刷してあり、警察署の名前のところには目立つように赤いマジックで○印もしてあり、しかも車のフロントバンパー付近には工事現場で使うようなコーンまで置いてありました。

この紙を見たわたしは、「○○警察署と印刷された部分に赤いマジックで○印が書かれてあった」ので、○○警察署の交通課へ電話をしたところ、この場所までわざわざ来てくれたのですが、「この張り紙は警察署の物ではないし、道路にコーンを置くなんてとんでもない!」との回答。

当然この道路はセンターラインの引いてある幅の広めの道路で、停め方にも問題はありませんでしたし駐車禁止場所でもありません。ダッシュボードの見える場所にも、公安委員会お墨付きの「駐車禁止除外」も出してあり、車椅子ステッカーも貼ってあります。

自分の駐車場は当然ありますが、段差の関係で母一人で買い物へ行く場合は路上駐車でなければ家に入れません。その為わたしがいるときは買い物へ同行するか、駐車場へ車を入れてくるのですが、出張も多い仕事なのでたまたまこのようなことが起きてしまいます。

その場合は青空駐車の定義(昼夜一定の時間以上停めた場合)該当して切符を切られるということになるのでしょうか。

みなさんはこういう件に関してどう思いますか?

最近引っ越してきた地域での出来事です。

母親が車椅子で車両を運転しているんですが、この度近くの警察署で「駐車禁止除外」の許可も貰いました。申請から発行まで3ヶ月もかかったそうです。

ある日スーパーなどで買い物をして、自宅横の路上で駐車してたときの出来事なのですが、「自分の家の前に止めろ」と書かかれた駐車禁止マークが印刷された縦横30センチ程度の紙を窓ガラスに貼られました。

町内会と近所の警察署の名前も印刷してあり、警察署の名前のところには目立つように赤いマジックで○印...続きを読む

Aベストアンサー

 「除外者証票」を発行している警察(御転居されたのなら今の警察に相談をなさったらと思います。お書きになって居ることが本当なら大変なことです。器物損壊は明らかです。弁償を求めるために写真等の証拠は残しておくようにしてください。
 「昔からこうなんだ」とか「此処の自治会では...」などは自分勝手な言い分です。役所の「障害福祉」等ともご相談下さい。また、府県の「人権擁護委員会」や「障害者団体」にも訴えることです。警察では「地域対策課」などの名称のところが有ったと思います。
 どんな手を使っても改まなければ、法的手段での対応となります。
 「話が通じない相手だから」と放っておく訳にはいきませんね。
 許せないのは具体的に言っている「差別用語」です。絶対退いてはなりません。ただ、感情に流されずに冷静に、しかし、毅然と対峙してください。心より応援します。

Q訪問診療の診療報酬と施設基準、届出について

内科・神経内科を標榜する診療所で訪問診療を検討していますが、在宅療養支援(24時間)診療所ではなく、AM9:00~PM17:00の診療時間内での訪問診療を行う場合に何らかの届出が必要なのでしょうか?また、診療報酬請求について、算定基準となるものはどのようなものになるのでしょうか?

Aベストアンサー

訪問診療を行うだけなら特に届け出の必要はありません。
患家の求めに応じてその都度行く往診に対して、計画を立てて定期的に行くのが訪問診療というだけです。

もし在宅時医学総合管理料を算定するということなら、地方社会保険事務局へ届出をして受理されなければなりません。

在宅時医学総合管理料の算定要件は月2回以上の訪問診療で、投薬、検査などの費用が包括になります。
詳しくは青本等でご確認ください。

参考URL:http://www.oomuchi.jp/data/zaiisoukan.htm

Q先日病院へ行ったのですが、駐車中の車と車の距離が近く、

先日病院へ行ったのですが、駐車中の車と車の距離が近く、
ベビーカーをこすってしまったかもしれません。
こすった感覚はないのですが、
車を見ると、シャープペンの先より細い傷が3センチほどついていました。
10センチくらい近づかないと見えないような薄い傷です。
(古い車で、周りには他にもたくさん同様の傷がありました。)
この3センチの薄い傷が自分のせいなのか、元からあったのか分からない
のですが、そのまま帰ってきてしまいました。
それでよかったのか、もやもやした気持ちが未だに続いています。
車の持ち主が来られるまで待って事情を説明した方がよかったのでしょうか?
皆さんならこんなことが起こった時どうされますか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 うーん・・・「こすった感覚がない」のであれば、そのまま帰ってしまうこともあると思いますよ。

 というのも、車の持ち主が来られるまで待って事情を説明するといっても、「自分ではこすった感覚はないが、ひょっとしたらその傷は自分がこすったことによってできたのかもしれない。もしも自分がこすったことに間違いないのであれば弁償します」というのか、「自分ではこすった感覚はないが、ひょっとしたらその傷は自分がこすったことによってできたのかもしれない。どちらか分からないけれど、自分がこすったことによってできた傷かもしれないからには弁償します」というのか、どちらかになる可能性が高いですよね?

 そして、後者の説明をしないのであれば、車の持ち主にしてみたところで、毎日、車の傷跡の確認をしっかりしている人でもない限り、「そう言われても、自分も、この傷があなたがつけた傷かどうかは分からない」ということになってしまいます。

 車の持ち主が弁償を請求する場合には、車の持ち主において、あなたがつけた傷であることを証明しなければいけませんから、結局、あなたも車の持ち主も両方が「もやもやした状態」になってしまいますよね。

 「ひょっとしたら自分のつけた傷かもしれないから、当て逃げみたいになってしまって気持ちが落ち着かない」というあなたのお気持ちは尊いものだとは思いますが、「こすった感覚がない」のであれば、あまり気になさらなくてもと思います。
 

 うーん・・・「こすった感覚がない」のであれば、そのまま帰ってしまうこともあると思いますよ。

 というのも、車の持ち主が来られるまで待って事情を説明するといっても、「自分ではこすった感覚はないが、ひょっとしたらその傷は自分がこすったことによってできたのかもしれない。もしも自分がこすったことに間違いないのであれば弁償します」というのか、「自分ではこすった感覚はないが、ひょっとしたらその傷は自分がこすったことによってできたのかもしれない。どちらか分からないけれど、自分がこすっ...続きを読む

Q基本診療料と特掲診療料にの違いについて

基本診療料、特掲診療料、このふたつの診療料は具体的にどう違うんでしょうか?
ふたつ一緒に請求できるのでしょうか?
患者が診療を受けた際、基本診療料は必ず請求することは理解していますが
特掲診療料はどうなのでしょうか?
まだ勉強を始めたばかりで専門用語ばかりのテキストではいまいち正確に理解
ができないのでなるべくやわらかい表現で説明していただけるとありがたいです。
医事関係の方or詳しい方、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

あまり難しくお考えにならないで普通にお考えになれば結構です
「基本診療料は必ずどれかを算定」するものですから
特掲診療料は場合によって算定されるものです
つまり、診察料以外で思いつくほとんどのものはその患者さんごとに違いますから特掲診療料となり
診察時の加算に相当する指導料などや、検査、レントゲン、投薬 注射  リハビリテーション 処置 手術 などのことです
    

Qおばあさんの大切なお金取りもどせないですか?

知り合いのおばあさんのことなのですけれど、おばあさんには、息子さんがいて、お嫁さんから、さいさん、お金の催促をされて、今までに、200万以上も払ったそうです。
最近息子さんは、離婚しました。自分の嫁が、母親に、金の催促していることは、まったく知らなかったそうです。
そのお嫁さんは、おばあさんに、借金があるんだと言っては、お金の催促を、お金を渡すまで、何度も電話をかけてきていたそうです。
むろん、借金の話はうそです。
年金でほそぼそ暮らしている、おばあさんなんです。
200万のお金もこつこつためた老後の資金にすぎません。
老後もお金がかかる時代です。
なんとか、すこしでも取り戻してあげる方法ってないんですかね?

Aベストアンサー

どういう趣旨でお金が渡っていたかによって全く結論が異なるので何とも言えません。
息子さんのために息子さんの嫁さんにお金をあげたということに
基本的には返してもらえないことになります。
息子さんに借金があると嘘をついて騙していたということであれば、
詐欺取消又は錯誤無効主張の余地はありますが、嘘をついたことの証明は難しいですね。

逆に、息子さんの嫁さんにお金を貸していたということならば、返してもらう余地はあります。
ただし、お金を貸したことの証明は難しいですし、
お金を貸した相手が息子さんになる可能性も高いです。

とりあえず、おばあさんご自身にできる限り資料を集めてもらって
法律相談に行ってみることをお勧めします。

Q行政機関に届出しなければならない診療科(歯科)

歯科病院で行政機関に届出を出さなければいけない診療科というものがあります。
これらの診療科は何によって規定されているか知りたいのです。
それと、その届出を出さなければいけない診療科とそうでない診療科の違いはなんなのでしょうか。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 医療機関が標榜できる診療科名は,医療法および医療法施行令で定められています。
 これは,届出の義務というより,むしろ広告の制限と言う観点から定められています。

○医療法
第2節 医業、歯科医業又は助産師の業務等の広告
第6条の5 医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関しては、文書その他いかなる方法によるを問わず、何人も次に掲げる事項を除くほか、これを広告してはならない。
1.医師又は歯科医師である旨
2.診療科名
3.病院又は診療所の名称、電話番号及び所在の場所を表示する事項並びに病院又は診療所の管理者の氏名
4.診療日若しくは診療時間又は予約による診療の実施の有無
5.法令の規定に基づき一定の医療を担うものとして指定を受けた病院若しくは診療所又は医師若しくは歯科医師である場合には、その旨
6.入院設備の有無、第7条第2項に規定する病床の種別ごとの数、医師、歯科医師、薬剤師、看護師その他の従業者の員数その他の当該病院又は診療所における施設、設備又は従業者に関する事項
7.当該病院又は診療所において診療に従事する医師、歯科医師、薬剤師、看護師その他の医療従事者の氏名、年齢、性別、役職、略歴その他のこれらの者に関する事項であつて医療を受ける者による医療に関する適切な選択に資するものとして厚生労働大臣が定めるもの
8.患者又はその家族からの医療に関する相談に応ずるための措置、医療の安全を確保するための措置、個人情報の適正な取扱いを確保するための措置その他の当該病院又は診療所の管理又は運営に関する事項
9.紹介をすることができる他の病院若しくは診療所又はその他の保健医療サービス若しくは福祉サービスを提供する者の名称、これらの者と当該病院又は診療所との間における施設、設備又は器具の共同利用の状況その他の当該病院又は診療所と保健医療サービス又は福祉サービスを提供する者との連携に関する事項
10.診療録その他の診療に関する諸記録に係る情報の提供、前条第3項に規定する書面の交付その他の当該病院又は診療所における医療に関する情報の提供に関する事項
11.当該病院又は診療所において提供される医療の内容に関する事項(検査、手術その他の治療の方法については、医療を受ける者による医療に関する適切な選択に資するものとして厚生労働大臣が定めるものに限る。)
12.当該病院又は診療所における患者の平均的な入院日数、平均的な外来患者又は入院患者の数その他の医療の提供の結果に関する事項であつて医療を受ける者による医療に関する適切な選択に資するものとして厚生労働大臣が定めるもの
13.その他前各号に掲げる事項に準ずるものとして厚生労働大臣が定める事項
2 厚生労働大臣は、医療に関する専門的科学的知見に基づいて前項第7号及び第11号から第13号までに掲げる事項の案並びに第4項に規定する基準の案を作成するため、診療に関する学識経験者の団体の意見を聴かなければならない。
3 第1項各号に掲げる事項を広告する場合においても、その内容が虚偽にわたつてはならない。
4 第1項各号に掲げる事項を広告する場合には、その内容及び方法が、医療に関する適切な選択に関し必要な基準として厚生労働省令で定めるものに適合するものでなければならない。
 
第6条の6 前条第1項第2号の規定による診療科名は、医業及び歯科医業につき政令で定める診療科名並びに当該診療科名以外の診療科名であつて当該診療に従事する医師又は歯科医師が厚生労働大臣の許可を受けたものとする。
2 厚生労働大臣は、前項の政令の制定又は改廃の立案をしようとするときは、医学医術に関する学術団体及び医道審議会の意見を聴かなければならない。
3 厚生労働大臣は、第1項の許可をするに当たつては、あらかじめ、医道審議会の意見を聴かなければならない。
4 第1項の規定による許可に係る診療科名を広告するときは、当該診療科名につき許可を受けた医師又は歯科医師の氏名を、併せて広告しなければならない。
http://www.houko.com/00/01/S23/205.HTM#s2

○医療法施行令
(広告することができる診療科名)
第3条の2 法第6条の6第1項に規定する政令で定める診療科名は、次のとおりとする。
1.医業については、次に掲げるとおりとする。
イ 内科
ロ 外科
ハ 内科又は外科と次に定める事項とを厚生労働省令で定めるところにより組み合わせた名称(医学的知見及び社会通念に照らし不合理な組み合わせとなるものとして厚生労働省令で定めるものを除く。)
(1) 頭頸部、胸部、腹部、呼吸器、消化器、循環器、気管食道、肛門、血管、心臓血管、腎臓、脳神経、神経、血液、乳腺、内分泌若しくは代謝又はこれらを構成する人体の部位、器官、臓器若しくは組織若しくはこれら人体の器官、臓器若しくは組織の果たす機能の一部であつて、厚生労働省令で定めるもの
(2)男性、女性、小児若しくは老人又は患者の性別若しくは年齢を示す名称であつて、これらに類するものとして厚生労働省令で定めるもの
(3)整形、形成、美容、心療、薬物療法、透析、移植、光学医療、生殖医療若しくは疼痛緩和又はこれらの分野に属する医学的処置のうち、医学的知見及び社会通念に照らし特定の領域を表す用語として厚生労働省令で定めるもの
(4)感染症、腫瘍、糖尿病若しくはアレルギー疾患又はこれらの疾病若しくは病態に分類される特定の疾病若しくは病態であつて、厚生労働省令で定めるもの
ニ イからハまでに掲げる診療科名のほか、次に掲げるもの
(1)精神科、アレルギー科、リウマチ科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、病理診断科、臨床検査科又は救急科
(2)(1)に掲げる診療科名とハ(1)から(4)までに定める事項とを厚生労働省令で定めるところにより組み合わせた名称(医学的知見及び社会通念に照らし不合理な組み合わせとなるものとして厚生労働省令で定めるものを除く。)
2.歯科医業については、次に掲げるとおりとする。
イ 歯科
ロ 歯科と次に定める事項とを厚生労働省令で定めるところにより組み合わせた名称(歯科医学的知見及び社会通念に照らし不合理な組み合わせとなるものとして厚生労働省令で定めるものを除く。)
(1)小児又は患者の年齢を示す名称であつて、これに類するものとして厚生労働省令で定めるもの
(2)矯正若しくは口腔外科又はこれらの分野に属する歯科医学的処置のうち、歯科医学的知見及び社会通念に照らし特定の領域を表す用語として厚生労働省令で定めるもの
2 前項第1号ニ(1)に掲げる診療科名のうち、次の各号に掲げるものについては、それぞれ当該各号に掲げる診療科名に代えることができる。
1.産婦人科 産科又は婦人科
2.放射線科 放射線診断科又は放射線治療科
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_reply.php3?q=4213108

--------------------
>歯科病院で行政機関に届出を出さなければいけない診療科というものがあります。これらの診療科は何によって規定されているか知りたいのです。

・上記のとおり,医療法および医療法施行令で定められていますが,届出の義務というより,むしろ広告の制限と言う観点から定められています。

>その届出を出さなければいけない診療科とそうでない診療科の違いはなんなのでしょうか。

・法令では,「届出を出さなければいけない診療科とそうでない診療科」ではなく,「標榜してもいい診療科名」という考え方です。
 つまり,「勝手な診療科名を作って標榜しちゃだめですよ」という考え方です。

 こんにちは。

 医療機関が標榜できる診療科名は,医療法および医療法施行令で定められています。
 これは,届出の義務というより,むしろ広告の制限と言う観点から定められています。

○医療法
第2節 医業、歯科医業又は助産師の業務等の広告
第6条の5 医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関しては、文書その他いかなる方法によるを問わず、何人も次に掲げる事項を除くほか、これを広告してはならない。
1.医師又は歯科医師である旨
2.診療科名
3.病院又は診療所の名称、電話番...続きを読む

Q住民票の不見当

住所氏名の判っている人の住民票を調べたところ、区役所より「不見当」との返事がありました。このような場合、そこに実際に居住している場合としていない場合で、どのようなことが考えられるでしょうか。本人が外国人で偽名を使っているという可能性はありますか。

Aベストアンサー

1.住民登録をしていない。
2.請求した住所・氏名と住民登録している住所・氏名が完全に一致していない。(第三者請求の場合、1番違い、一文字違いでも発行されないことがある。)
3.外国人である。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報