親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

L接点、ラップ接点、フライング接点の違いを教えてください。

あと水銀接点リレーはチャタリングを起こさないのは水銀のなんの効果ですか?

A 回答 (2件)

> L接点、ラップ接点、フライング接点の違いを教えてください。



呼び方が違うだけで全部同じものです(シェークとシェーキのような)。切り替え接点で切り替え操作を行ったときに、両方の接点がONになる瞬間がある接点のことです。接点1,2があったとして、接点1がONになっているとき、2に切り替えると普通の接点では1-ON→1,2両方OFF→2-ONという動きをするけど、L接点は1-ON→1,2両方ON→1-OFF(2-ONのまま)という動きになります。

水銀接点でチャタリングの影響を無視できるのは、液体だから接点上で付いたり離れたりしないためです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん有難う御座います

お礼日時:2018/06/03 20:50

水銀は液状の金属で導電性があるだけではなく、「表面張力」が水銀では特に高いんです。

なので、いったんくっ付くと引っ張り合って離れにくく、ふつうのリレー接点のようにはバウンドさせず、チャタリングを起こさせません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q制御盤のスイッチについてご指導下さい。

CS(制御スイッチ)とCOS(切換スイッチ)が電気図面に記載されているのですが違いがわかりません。どのような使い分けをすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

どちらも同じ様な気がします

CSはカムスイッチの略(Cam Switch)
COSは切り替えスイッチの略(Change Over Switch)

どちらの機器も回路を切り替えると言う事では同じです
ただ、COSは回路選択(手動-自動とか、手動-連動)なのに対し
カムスイッチはそれ以外の切り替えも可能です
例えば、電流回路(AS)や電圧回路(VS)はカムスイッチです

もっと厳密に言うと、基本的にCOSは単純な回路の切り変え
(捻ってONかOFFか)出来ないのに対し
CSは様々な接点構成を作成出来ます

また、COSは基本2ノッチか3ノッチですが
カムスイッチは5ノッチとか6ノッチも普通に出来ます


人気Q&Aランキング