以下の画像がフェードインするプログラムで、5秒後にフェードインを実行するように設定するにはどうしたらよいでしょうか? どなたかご教授ください。


<script language="JavaScript">
<!--
function fadein(id) {
app = navigator.appName.charAt(0);
ver = navigator.appVersion.charAt(0);
if ((app == "M") && (ver >= 4)) {
document.all.item(id).style.visibility = "hidden";
document.all.item(id).filters[0].apply();
document.all.item(id).style.visibility = "visible";
document.all.item(id).filters[0].play();

}

}

// -->
</script>
</head>

<body bgcolor="white" text="red" link="blue" vlink="purple" alink="red" class="style"
onload="fadein('img1');">

<p align="right">
<img src="non.jpg"
   id="img1" style="filter:revealTrans(duration=3.0,Transition=12);
visibility=hidden;">
</p>
</body>

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

function init(){


TimeID = setTimeout("fadein()",5000);
}

<body onload="init();">

setTimeout で、
5秒後に function を呼び出したらいいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフェードとドローの違い

よく「フェードよりもドローの方が距離がかせげる」といいますが、これはキャリーではなくランの違いを言っていると解釈しております。
 理由として「ドローは低弾道で、フェードは高弾道だから」ということを聞きました。が、そもそもなぜそのような違いが現れるのでしょうか?
 以下の点につき、どなたか教えてください。

 1.フェードとドローの飛距離の違いの理由は前述の解釈でよいのか?
 2.ドローの方が低弾道というのならば、キャリーだけで言えばフェードの方が
   飛ぶのか?
  (例/ドローは「キャリー:ラン」が7:3だが、フェードは8:1、とか)
 3.弾道の高低・転がり共に「球の回転の方向」が逆であるがゆえの「左右
   対称」の動きをするはずなのに、なぜ差が出るのか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 単なるボールの回転ではなくスイング軌道として分類しますと、フェードとは弱いスライスみたいなモノですが、上級者がドローと呼ぶショットは弱いフックではありません。

 ゴルフクラブのインパクトの衝撃力は、高いスイングスピードだけで出せるモノではありません。人間の骨格的構造上、スイングの加速度自体はインパクトの遥か前で最高値を迎えてしまい、インパクトの瞬間には加速度が低下しています。
 加速度が低下している、とゆぅ事は、ダウンスイングでヘッドの慣性質量によりしなったシャフトが戻り始める事を意味します。つまり、インパクト時のヘッドの移動速度はスイングによるヘッドの速度+シャフトの戻りによるヘッドの速度となります。

 シャフトの戻り速度を上げる為にはテークバックからダウンスイングに切り替わる一瞬でシャフトを強力にしならせる必要があり、その為には(1)トップでタメを作らない(2)可能な限り大きい加速度を出す様にダウンスイングを始める、事が重要です。

 この(2)の加速度を得る為には右手の、特にヒジの使い方が重要になり、右手をメいっぱい使ってダウンスイングを始めると、トップ位置よりシャフトが下がり、ちょうど右ワキ辺りの、テークバック軌道より低い位置からシャフトが出る様になるはずです(=ヘッドが、テークバック軌道よりインサイドからボールに向かいます)。
 この軌道でインパクトを迎えると、クラブは加速されたヘッドの慣性によって飛球線に沿って、或いはやや右方向に出てしまう事になり、結果、ややフック系のヘッド軌道を取る事になります(雑誌などに出るプロの分解写真を御覧下さい。ジャック・ニクラウスや青木功なども、全てテークバック軌道より低い位置からシャフトがボールに向かいます)。

 以上の様にシャフトの反発力を使った強いタマを打とうとすると、ヘッドが自動的に弱いフック系の軌道を通ってしまいます。

 風に負けない強いタマ=弱いフック系のスイング=ドローボールとなり、ドローボールとなるのは強いタマを打った時の結果論であって、弱いフック回転のボール全てが弱いスライス回転のボールより飛ぶ、とゆぅ話ではありません。

 単なるボールの回転ではなくスイング軌道として分類しますと、フェードとは弱いスライスみたいなモノですが、上級者がドローと呼ぶショットは弱いフックではありません。

 ゴルフクラブのインパクトの衝撃力は、高いスイングスピードだけで出せるモノではありません。人間の骨格的構造上、スイングの加速度自体はインパクトの遥か前で最高値を迎えてしまい、インパクトの瞬間には加速度が低下しています。
 加速度が低下している、とゆぅ事は、ダウンスイングでヘッドの慣性質量によりしなったシャフトが...続きを読む

Qif(document.all && navigator.appVersion.indexOf('Mac')!=-1)returnの意味

よろしくお願いします。
JavaScriptの勉強をしているのですが、参考にしている書籍に以下の構文が出てきまして、それの意味が分からなくて悩んでいます。

//MacIE4,5バグ 回避
if(document.all && navigator.appVersion.indexOf('Mac')!=-1)return

//以降に記してあるとおり、OSがMacintoshだった場合に何らかの処置を行うプログラムなのは分かるのですが・・。
navigator.appVersion.indexOf('Mac')!=-1の部分は、「navigator.appVersion.indexOf('Mac')が1ではなかったら、Macユーザーであるということ、で、falseが返されるのでしょうか?
しかし、そもそもnavigatorオブジェクトはブラウザの種類のことではないのか?と混乱してしまっています。
また、document.allがどのような役割を果たしているのかも分かりません。なぜここでdocument.allが出てくるのでしょうか?

どなたか分かる方いらっしゃいましたら、ご教授宜しくお願いします。

よろしくお願いします。
JavaScriptの勉強をしているのですが、参考にしている書籍に以下の構文が出てきまして、それの意味が分からなくて悩んでいます。

//MacIE4,5バグ 回避
if(document.all && navigator.appVersion.indexOf('Mac')!=-1)return

//以降に記してあるとおり、OSがMacintoshだった場合に何らかの処置を行うプログラムなのは分かるのですが・・。
navigator.appVersion.indexOf('Mac')!=-1の部分は、「navigator.appVersion.indexOf('Mac')が1ではなかったら、Macユーザーであるということ...続きを読む

Aベストアンサー

「document.all」は昔はIEにだけ存在するオブジェクトだったのでIEであるかどうかの判定に使われました。

今ではOperaやNetscape等でもIEへの互換の為に存在するのでIEかどうかの判定に使われる事は減ってきています。
IEであるかどうかの判定ではなく、純粋にdocument.allが在る(使える)かという判定にはもちろん使用されますが。

「navigator.appVersion」は確かにブラウザの種類なんですが、実際にはOS名も含まれていたりすのでOSの判定にも使われたりします。

また、 != -1 というのは indexOf関数の結果が 0~なら文字列が見つかったという意味(真偽ではなく、見つかった位置を返す関数)になるのでこういう比較式を使用しています。
(1でなかったらMacユーザという解釈はちょっと違います。)

参考URL:http://www.openspc2.org/JavaScript/ref/

Qドローとフェードはどちらが飛ぶ?

ドローもフェードも飛距離がでると聞きますが、飛距離はどちらのほうがでやすいでしょうか?

私のイメージとしてはドローのほうが距離はでるが方向性が定まらない。フェードは若干距離は劣るが方向性は合わせやすいと思っています。

Aベストアンサー

同じヘッドスピードなら確実にドローのほうが飛びます。
そのことは力学的にも説明できると聞いたことがあります。
ドローがコントロールしにくいイメージがあるのは、ランが多いからだと思います。
私もフェードのほうがコントロールしやすいですが、ドローのほうがコントロールしやすい人もいるとおもいますよ。

Qstyle.visibility="hidden";

下記は画面にJavaScriptで碁盤の目に区切り
左上の一区切りの下地を表示するコードです
<html>
<head>
<title>タイル</title>
<script language="JavaScript">
<!--
var block = [0];
function setTile() {
num = 100;
w = Math.floor(document.body.clientWidth / num);
h = Math.floor(document.body.clientHeight/ num);
wTag = "";
n = 1;
for (j=0; j<=h; j++) {
for (i=0; i<=w; i++) {
wTag += "<span id='abc" + n +"' style='position:absolute;top:" + j*num + "px;left:" + i*num + "px;width:" + (num-1) + "px;height:" + (num-1) + "px;background-color:blue;'>" + "</span>";
block[n] ='abc' + n;
n++;
}
}
document.all["tile"].innerHTML = wTag;
document.body.style.visibility = "visible";
abc1.style.visibility="hidden";
}
// -->
</script>
</head>
<body onLoad="setTile()" style="visibility:hidden">
<div id="tile" style="position:absolute;top:0px;left:0px;"></div>
</body>
</html>
下地を表示する
abc1.style.visibility="hidden";
を下記に直すと動かなくなります
block[1].style.visibility="hidden";
よろしくお願いします。

下記は画面にJavaScriptで碁盤の目に区切り
左上の一区切りの下地を表示するコードです
<html>
<head>
<title>タイル</title>
<script language="JavaScript">
<!--
var block = [0];
function setTile() {
num = 100;
w = Math.floor(document.body.clientWidth / num);
h = Math.floor(document.body.clientHeight/ num);
wTag = "";
n = 1;
for (j=0; j<=h; j++) {
for (i=0; i<=w; i++) {
wTag += "<span id='abc" + n +"' style='position:absolute;top:" ...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。やりたい事がちょっと分からないんですが、
↓こんな感じでしょうか?(順番にhidden化していく)

<html>
<head>
<title>タイル</title>
<script language="JavaScript">
<!--
var block = new Array();
var n = 0;
var a = 1;
function setTile() {
num = 100;
w = Math.floor(document.body.clientWidth / num);
h = Math.floor(document.body.clientHeight/ num);
wTag = "";
n = 1;
for (j=0; j<=h; j++) {
for (i=0; i<=w; i++) {
wTag += "<span id='abc" + n +"' style='position:absolute;top:" + j*num + "px;left:" + i*num + "px;width:" + (num-1) + "px;height:" + (num-1) + "px;background-color:blue;'>" + "</span>";
block[n] ='abc' + n;
n++;
}
}
document.all["tile"].innerHTML = wTag;
document.body.style.visibility = "visible";
setBlock();
}
function setBlock() {
if (a <= 20) {
eval(block[a] + ".style.visibility='hidden'");
a++;
setTimeout("setBlock()", 1000);
}
}
// -->
</script>
</head>
<body onLoad="setTile();" style="visibility:hidden">
<div id="tile" style="position:absolute;top:0px;left:0px;"></div>
</body>
</html>

#2です。やりたい事がちょっと分からないんですが、
↓こんな感じでしょうか?(順番にhidden化していく)

<html>
<head>
<title>タイル</title>
<script language="JavaScript">
<!--
var block = new Array();
var n = 0;
var a = 1;
function setTile() {
num = 100;
w = Math.floor(document.body.clientWidth / num);
h = Math.floor(document.body.clientHeight/ num);
wTag = "";
n = 1;
for (j=0; j<=h; j++) {
for (i=0; i<=w; i++) {
wTag += "<span id='abc" + n ...続きを読む

Q球筋を決めようと思います。ドローかフェードどちらが合いますか?

ゴルフを始めて1年になり、そろそろ自分の球筋を決めようと思うのですが、私の場合、ドローかフェード打ちのどちらが良いでしょうか?

普通に打つとダウンスイングでシャフトがスイングプレーンよりアウトからはいってしまいます。それでもボールはつかまっている感じです。
ドローを意図的に打とうとすればあまり成功しません。

無理にドローにするより今のスイングからフェードで安定させたほうがよいでしょうか?

Aベストアンサー

>ゴルフを始めて1年になり、そろそろ自分の球筋を決めようと思うのですが
>ドローかフェード打ちのどちらが良いでしょうか?

ストレートがちゃんと打ててませんよね。ドロー、フェードの打ち分けは、ストレートが打てればそんなに難しいことではありません。
上達するに従がっていろいろな経験をしますし、欲も出ますし、考え方もどんどん変わってきます。

>無理にドローにするより今のスイングからフェードで安定させたほうがよいでしょうか?

あなたは、ドロー系のほうが良いと決め手かかっていませんか。
ドローボールは、距離が出ますがランも出ます。グリーで止まりにくい欠点もあります。欠点を克服するには、より強いバックスピンをかけるため、しっかりとした打ち込みが必要となってきます。

>普通に打つとダウンスイングでシャフトがスイングプレーンよりアウトからはいってしまいます

まず、ストレートをマスターし、インテンショナルフック、インテンショナルスライスを打ち分けれるようになってから、決めたければ決めれば良いのであって、自分のスイングプレーンをコントロールできないうちに、ドローが打てないからという理由のみで、今の時点で決める必要はないと考えます。

>スイングプレーンよりアウトからはいってしまいます。それでもボールはつかまっている感じです。

今後のために、イン・アンド・アウトの練習もしましょう。誰しも、打ち方を変えれば、しばらくの間スコアは悪くなります。これを恐れて(にぎっている所為か)いては、これ以上の上達は見込めません。

色々な打ち方を勉強するのも、今のうちです。先になったら苦労が倍増します。

>ゴルフを始めて1年になり、そろそろ自分の球筋を決めようと思うのですが
>ドローかフェード打ちのどちらが良いでしょうか?

ストレートがちゃんと打ててませんよね。ドロー、フェードの打ち分けは、ストレートが打てればそんなに難しいことではありません。
上達するに従がっていろいろな経験をしますし、欲も出ますし、考え方もどんどん変わってきます。

>無理にドローにするより今のスイングからフェードで安定させたほうがよいでしょうか?

あなたは、ドロー系のほうが良いと決め手かかっていませ...続きを読む

Q
勘でいれたら・・・

はじめまして。JavaScript初めてです。
わからないことがあるので、教えてください。

画面を左右にフレームで分割して、左フレームのリストボックスから要素を選択すると、その要素に該当した表が右フレームに表示される、というものを作成しました。
左フレーム:name = index
右フレーム:name = main
こんな感じ(左フレーム)↓
<HTML>
<HEAD>
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
function disp(obj){
右フレームの表のHTML作成をしている

parent.main.document.open();
parent.main.document.write
(desc.innerHtml = 上で作成したHTML);
parent.main.document.close();
}
-->
</SCRIPT>
</HEAD>
<BODY onload="disp(form)">
※<DIV id="desc"></DIV>
<FORM name="form">
<SELECT name="MListBox" onchange="disp(form)">
<xsl: apply-templates select="~"/>
</SELECT>
</FORM>
*<DIV id="desc"></DIV>
</BODY>
</HTML>
  ・
  ・ <xsl文章>
  ・

初めは、※←のところがなく、右と左のフレーム両方に表が出力されてしまっていました。でも※←のところに<DIV id="desc"></DIV>を勘で入れたとたん、右フレームだけに表が出力されるようになりました。(期待の結果)
自分の予想では、*←のところのみで期待の結果が得られる予定で、(disp()でHTMLの出力を右フレームに指定しているから)何故※のところを追加したことで期待通りの動きをしたのかが謎です。

わかりづらい説明で申し訳ないですが、教えてくださる方がいらっしゃいましたら、どうぞお願いします。

はじめまして。JavaScript初めてです。
わからないことがあるので、教えてください。

画面を左右にフレームで分割して、左フレームのリストボックスから要素を選択すると、その要素に該当した表が右フレームに表示される、というものを作成しました。
左フレーム:name = index
右フレーム:name = main
こんな感じ(左フレーム)↓
<HTML>
<HEAD>
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
function disp(obj){
右フレームの表のHTML作成をしている

parent.main.document.open();
parent....続きを読む

Aベストアンサー

質問文にあるソースで目指しているものがいまいち掴み切れていないかも知れないので、見当違いなことを書くかもしれませんが…

<DIV id="desc"></DIV>

を複数記述する事で意図した結果になったということですが、それはおそらく記述エラーが元でそうなっているのだと思います。
id名は、各HTML文書内で固有の名前を与える属性として扱われます。 平たく言えば、一つのHTMLファイル内で、一つの要素に与えたid名はその一回しか使えません。 ですので、特定の要素で既に使われているid名を、それとは別の要素に対して与える事が許されていません。
ご質問文のソースの場合、一つのHTML文書内で同じid名が複数の要素に与えられる事になり、一つの特定の要素を絞り込むことができなくなっています。 おそらくは、JavaScriptが特定のid名を持つ一つの要素を取り出そうとし、同じid名を持つ要素が複数あるために特定の要素を識別するのに失敗したせいで、左のフレームに表示されるはずのスクリプトで生成したHTMLソースが、表示先を見失って表示されなくなっているだけだと思われます。(なぜエラーメッセージが出ないのかについては、IEの動作上の問題と言う事になるのではないでしょうか)
試しに、※の部分の<DIV id="desc"></DIV>を残して、*の部分の<DIV id="desc"></DIV>を消し、動作させてみてください。 それで元のように右フレームにだけ表示させたかったHTMLが左フレームにも表示されるようでしたら、一見期待通りの動きになった原因は、上記のように同じid名を複数の要素に与えたという記述ミスと、それから生じたスクリプトの動作不良と言う事になると思います。

ソース的にスマートに目的の動作を確保するのであれば、<DIV id="desc"></DIV>を複数記述するのではなく、スクリプト内の

parent.main.document.open();
parent.main.document.write(desc.innerHtml = 上で作成したHTML);
parent.main.document.close();

この部分の記述を

parent.main.document.open();
parent.main.document.write(上で作成したHTML);
parent.main.document.close();

に直すのが良いと思います。
フレームmainにだけ、スクリプトで生成したHTMLを表示するということが狙いだったのであれば、それまで意図通りの動作をしなかったのは、parent.main.document.write()の中で、「desc.innerHTML =」という記述をしているために、「上で生成したHTML」を、右フレーム内に書き出すのと同時に、descというidを持つ要素(*の<DIV id="desc"></DIV>)の中のHTMLソースとして再定義していたためと思われます。
スクリプトを上のように修正すれば、HTMLソースの書式違反による動作不良ではなく、スクリプトの正常な動作で、右フレームにだけスクリプトで生成したHTMLソースを表示させるという結果を得られると思います。

参考になれば。 見当違いでしたら、ごめんなさい。

質問文にあるソースで目指しているものがいまいち掴み切れていないかも知れないので、見当違いなことを書くかもしれませんが…

<DIV id="desc"></DIV>

を複数記述する事で意図した結果になったということですが、それはおそらく記述エラーが元でそうなっているのだと思います。
id名は、各HTML文書内で固有の名前を与える属性として扱われます。 平たく言えば、一つのHTMLファイル内で、一つの要素に与えたid名はその一回しか使えません。 ですので、特定の要素で既に使われているid名を、それとは別の要素...続きを読む

Qフェードとドロー

最近極端なスライスはあまり出なくなったのですが、出だしは真っ直ぐに飛び出して
着地点近くになると 右に落ちていく いわゆるフェード系になりました。
フェードにするつもりは無いのですが、何故 フェードのボールになってしまうのでしょうか?
また、ドロー系のボールはどうしたら打つことが出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

現在の感じを拝見させて頂いた感じでは、良い感じになって来ている見たいですね、スライスからストレートフェードに変わると言う事はより理想に近いスイングとインパクトに近づいていると思います。ドロー・フェードはこう打て!とは長年ゴルフをやっていても人それぞれの原因があるので書きづらいです、球筋とクラブ軌道及びフェースの向きの相対関係について書かせて頂きますので参考にして頂ければと思います、インパクトで自分が如何したのか?って見える訳では無いし飛んだ球筋でスイングの良し悪しを分析しないと修正を間違ってスイングがボロボロになるので覚えておくと納得して練習出来るでしょう。

◎球の飛び出す方向
クラブフェース振った方向、シャンク等は別にして飛び出した方向にクラブを振りぬいたと考えて良いでしょう。ストレートに球が出るならターゲットに対して真っ直ぐ振れていると言う事になります。

◎ボールの曲がる方向
振ったラインを中心にフェースが大きく右に向いていればスライス、やや右だとフェード、逆がフック・ドローとなります。

インパクトの強さ(球の捕まり度合い)で球の直進力が決まりフェースの向きで横スピンが決まります。ストレートで飛び出し落ち際でやや右に曲がると言う事は直進力が強いストレートで直進力が落ちた落ち際に右回転でやや曲がるフェードボールと言う事でしょう。そのままの打ち方でやや左に振り抜くと理想的なフェードボールと言う事になります。今まで打っていたスライスは直進力より横スピン量が多い場合に起こりますので段々フェースを閉じてインパクト出来る状態に近づいていると思います。

スライサーは右手の返りが色々な原因、腰が引ける・振り遅れる・インパクトで体を止めてしまう等でフェースが開いて打ってしまう事が多いのです、ストレートにインパクトしても球が当たった衝撃で若干フェースが若干開くためそれが原因でフェードとなる場合もあります。

ドローの打ち方ですが最初は体が動きを覚えないとなかなか打ちにくいです、どうしてもインパクトで終わり!って感覚を持って打ってしまうためインパクト時で体が固まったり、止まったりするため良くてストレート、遅れるとフェードかスライスになりやすいのが最初のゴルフですのでフォローまでキッチリ振り切る事が大切です。ドロー回転を体に覚えさせる練習として手始めに最初からフェースをやや左に向けてストレートに打って見て下さい、ドロー回転になるはずです。この打ち方はインテンショナルフックと言ってプロなどもトラブル時などで使う手法なので邪道では無いです。

正式なドローの打ち方では無いですがトラブル時の脱出などには便利ですよ^^; この感覚を覚えるだけで体かドローの動きを体が理解してくれますので体に覚えさすつもりでやって頂ければ感覚を理解し易いです。私がゴルフを教えて頂いたプロから学んだ事で大切だと感じた事は人間の体には安全装置が付いていると言う事です、アイアンで打ち込もうと思っても打ち込めない振り切ろうと思っても振り切れ無いなどは体の安全装置が無意識に働いて体が壊れるのを防止していると言うことです、これはスポーツにとってある意味邪魔になる場合がありますが体が理解するまで自分で自分に教える事が上達の上で非常に大切です、「体に覚えさそう」と考えて練習するだけで上達のスピードは上がります。

何れにしろスライスを克服してフェードまで来たのであれば考え方を変えると以前よりドロー系の打ち方に近づいているので、焦ってドローを打とうとしなくても何れ振り切れる様になりドローの球も打てるステップに来ると思います^^

現在の感じを拝見させて頂いた感じでは、良い感じになって来ている見たいですね、スライスからストレートフェードに変わると言う事はより理想に近いスイングとインパクトに近づいていると思います。ドロー・フェードはこう打て!とは長年ゴルフをやっていても人それぞれの原因があるので書きづらいです、球筋とクラブ軌道及びフェースの向きの相対関係について書かせて頂きますので参考にして頂ければと思います、インパクトで自分が如何したのか?って見える訳では無いし飛んだ球筋でスイングの良し悪しを分析し...続きを読む

Qdocument.all.id1.innerText="ok";

・・・・・・・・・・
</head>
<body>
<div id="id1"></div>
</body>
</html>

はネットスケープではどう書けばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

そのdivにテキストがあるとか、他に要素があるとかで変わってくるかと思いますが、
質問文のように、中身が何もないdivにテキストを書き込むには次のようにします。
document.getElementById("id1").appendChild(document.createTextNode("ok"));

NNで試してはいないですが、多分うまくいくはず

Qドローとフェード

こんにちは 普通右に曲がるのはスライス、左に曲がるのはフックと言うと思っていましたが、、
ドロー、フェード、という言葉が
最近よく出てきます、意味がわかりません
どう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

再び登場の「papillon」です。m(__)m

> 要は 狙ったかミスしたかの解釈でいいんでしょうか?

いいですヨッ!

ドロー・フェード系の球筋はある程度、自分で球筋の曲りが計算できます。
(風やスタンス等の詳細なことは除く)

スライス・フックの曲りは、自分では計算できないです。
小さく曲がる時もあれば、かなり手前から曲がりだす時もあります。
すなわち「ミスショット」と言うことになります。


ではでは☆~☆~☆

Q&= ~0x0c; &= ~0x03; |=1;

JavaScriptで分からないコードがあるので教えてください。


■変数設定
var hoge = 0;


■変数格納
・キーを押した時の条件分岐
  ~なら hoge |= 1;
  または hoge |= 2;
  または hoge |= 3;
  または hoge |= 8;

・キーを離した時の条件分岐
  ~なら hoge &= ~0x0c;
  または hoge &= ~0x03;


■変数使用
・swithch文の条件分岐に利用
  (hoge&0x03)
  (hoge&0x0c)


■質問
・どういう意味でしょうか?
・文字コード?
・ビット演算?

Aベストアンサー

ビット演算してるわね

x = x + a

x += a
って書くことができるの

つまり
hoge |= 1

hoge = hoge | 1
のことね

~はNOTのこと

0x
はアスキーコードの16進数表記ねきっと

0x0c は改ページを意味していて
0x03 は文章の最後を意味している
と思われるわ
全文がないので推測だけど


人気Q&Aランキング