教えてください。
今度、私の会社が低圧受電から高圧受電へと切り替えます。そこで会社が三種電気主任技術者の資格をもっている私に名義登録を依頼してきました。それはそれでいいのですが実際どんな点検をどんなサイクルでどんな書式でどこに提出するか全然わかりません。また点検に必要な測定器はどんなものが必要かもわかりません。どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

昔はいろいろあったのですが、最近は、


「経営者の自己責任の元、自主的に事故無く運営する」
というのが、主眼となったようです。

このため、今の試験は自主点検という言い方をされています。
年に1回。絶縁抵抗と接地抵抗の測定。相の確認。
あとは月に一回の目視点検ぐらいでしょう。

官庁からの立ち入り検査の申し入れがあった場合には
立ち会う必要があります。
また、自主点検の資料は、管理に手落ちがあったかどうかを
示す重要な資料となります。

参考URLは困った時のお問い合わせ先です。

それから、事故があれば責任を追及される事に
自分の資格を使われるのですから、
ちゃんと資格手当ての請求をしておきましょう(笑)

参考URL:http://www1.kcn.ne.jp/~tanii/jitukako/kako-3.htm
    • good
    • 0

こんなサイトがあります。


お役に立てるかどうかわかりませんが、参考までに。

参考URL:http://www.shiken.or.jp/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高圧ガス販売主任者のテキストについて

初めまして。
 今年の11月に高圧ガス販売主任者の試験を受けるのですが、テキストを購入しようと思ってKHKのサイトで調べてみました。そうしたら4冊あり、それを全部購入すると1万近くなるのですがこのテキストは全部購入しないとかなり不都合なのでしょうか?後はどのような方法で勉強していけばよいですか?合格した方のアドバイスをいただければ嬉しいです。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は第二種冷凍機械責任者を受験するときに、高圧ガス保安協会で取り扱っている講習用参考書で勉強しました。

参考URL:http://www.khk.or.jp/tosho/ichiran/houtei.htm

Q宅建主任者と管理業務主任者の違い

宅建主任者と管理業務主任者の違いはなんでしょうか?
サイトを見ても宅建主任者を取得できれば、管理業務主者はそんなに大事な資格とは思えないのですが。
双方を比べてここが違う。こちらの方が幅が広いなどあれば、教えていただきたく質問させていただきました。

Aベストアンサー

宅建は不動産取引に必要な資格です。
すなわち土地・建物の売買・交換および売買・交換・賃貸の仲介(媒介)に関する資格です。
主に関係する法律は宅建業法や借地借家法、宅造法、都市計画法です。

管理業務主任は主に分譲マンションの管理業務に必要な資格です。すなわちマンション管理事務や維持管理に関する資格です。
主に関連する法律は区分所有法やマンションの管理の適正化の推進に関する法律です。

共通する法律としては民法や建築基準法などがあります。

QLPガス販売主任者 (第二種販売主任者)試験の参考書について教えてください。

LPガス販売主任者(第二種販売主任者)
の試験用の参考書や、問題集が、まったく
見つかりません。
ご存知の方出版社名や、値段を教えてください。

Aベストアンサー

高圧ガス保安協会(KHK)のサイトへいったらみつかりますよ。

参考URL:http://www.khk.or.jp

Q電気主任技術者はどこに何名設置する必要がある?

例えば宅建主任者なら宅建業を営む事務所に5人に1人は設置しなければならないと
ありますが、電気主任技術者はどのような設置義務が設けられているのでしょうか。
どのような事業所に何名など詳しく教えて頂ければと思います。

ネットでもいろいろ調べてみましたが、今一よくわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般用以外の電気工作物ごとに一名ずつが基本です。
電気工作物ってのは変電所とか、家の電気配線とかそういうもの。
一般用電気工作物っていうのは簡単にいうと一般家庭の電気配線のことで、これは電力会社が定期的に点検して、管理してる。

それ以外のビルとか、発電所、変電所なんかには基本的に一箇所につき一人以上電気主任技術者を選任する必要があります。
ただし、ビルなんかだと電気主任技術者の業務は多くない(月に一度の点検ぐらい)なので、外部委託することがおおいです。

Q第一級陸上無線技術士の取得者は、どんな会社のどんな業務で必要とされているのか?

皆さん初めまして。
私は通信建設業界の末端に身を置く者です。
仕事で第一級陸上無線技術士のことを知りました。
今勤めている会社では、実際の業務において必要がないため、取る必要の無い資格です。
しかし、ちょっと興味が湧いたので調べてみたところ、さまざまな無線技術士の資格のなかでも、かなり難易度の高いものであること、全ての無線局の無線設備の技術操作が行えることが分かりました。

今回皆さんに教えていただきたいことは、この資格の取得者がどんな会社で必要とされているのかということと、またそれらの会社での具体的な仕事内容についてです。
考えに合えば、資格を取得して転職することを考えている次第です。
この資格を取得されていて、各界で活躍されている方からのご回答があれば幸いに存じます。
皆さんどうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

勤務先としてはテレビ局や大手通信会社が主だと思います。
ただし実務が行えるか?は全く別物になりますので具体的には
免許がないと業務的になりたたない会社が必要とするだけだと思います。具体的には送信所や中継局保守が業務です。

資格取得には工業高校、高専卒、理系学部卒など基礎があり
あなたのように通信業界に身を置いているのであれば2~3回受け
ればなんとかなる(最低でも目安はつく)と思います。

通信系が得意な人は無線工学Bでつまづき、無線系が得意な人は
無線工学Aで何度もつまづくなどハマリ度も高いですので長い目で
チャレンジするのも良いと思います。

私の勤務する会社だと1万円手当てがもらえます。役得はそれぐらい
でしょうか?(笑)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報