旧約聖書とは何か-旧約聖書の諸文書を学問的に正しく分類し、それらの文書の成立(著者、年代)、文体と性格、そして内容について論述してください!

旧約の預言者におけるメシア思想の展開について述べ、特に「主の僕(しもべ)」について、旧約聖書の関係のある箇所を具体的に上げて、論述してください。

A 回答 (1件)

管理者より:


同等の質問があるのでそちらをご参照下さい

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=106105
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【旧約聖書と枕草子に詳しい人教えてください】旧約聖書と枕草子にカキ氷の記載があるそうなのですが、どこ

【旧約聖書と枕草子に詳しい人教えてください】旧約聖書と枕草子にカキ氷の記載があるそうなのですが、どこに記載があるのか教えてください。

旧約聖書のどこですか?

枕草子のどこですか?

Aベストアンサー

枕草子のみですが。

http://blog.goo.ne.jp/orange_no_siori/e/1dd33c1dd20aa7c873a12335019a174e

Q新約聖書と旧約聖書について質問があります

新約聖書と旧約聖書では一神教と多神教の違いがあると思うのですが、具体的に聖書内でその違いを記してあるパートはありますか?
その違いを探さなければいけないのですが、一通り探したのですが正直分からなかったのでどなたか教えてもらえませんか?

プラトンの哲学(洞窟の中の話)と新約聖書または旧約聖書の観点の違いも教えてくれると助かります。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

違いですよね。聖書に違いがあるのか。もちろん、新約にはイエスキリストが出てくるので、それが目印になります。ですが、旧約も新約の一神教なので、多神教ではありません。旧約では神一人、新約では、神とイエスと聖霊。だから多神教という表現がでてきたのでしょう。福音書にはイエスの話がでてくるので、読まれれば、違いがわかるでしょう。まあなんといっても、「汝の敵を愛せよ」につきるでしょう。これは旧約にはありません。新約のが高度です。旧約は敵は殺せです。新しい契約のなので、更新されたと考えてもいいと思います。
プラトンは、知っている範囲内でいえば、イデアでしょう。観念論。理想世界ですね。アリストテレスは現象世界を対象とした。プラトンは形而上の世界。つまり理念ありきです。ですから神がいるとかそういいきっているわけではない。救いがあるとかそういう世界ではありません。

Q新約聖書と旧約聖書の違いを教えて下さい。

新約聖書と旧約聖書の違いを教えて下さい。

こんばんは。
新約聖書と旧約聖書ってありますよね?
あの二つはどこがどう違うのか、
具体的に、簡単に教えて下さい。

Aベストアンサー

旧約聖書はユダヤ教の聖典です。
ざっくり言えば,神とユダヤ教徒との約束事です。これを守ります,と神と約束をします。

しかし,ユダヤ教が長く続いて問題が出てきたために,「このままではダメだ!」と思った神が,神の子イエスを遣わして新たに契約しなおしたのが「新約聖書」です。
(契約・約束なので「旧約」「新約」というわけです。)

しかし,前からユダヤ教を信じてきた人から見れば,「なんか『新しい』とか言っているけど認められない」となります。
ですから,ユダヤ教徒は「旧約聖書」とは言いません。「新約聖書」は信じていないからです。
一方,キリスト教としては,前のものを全部アウトにしたわけではありません。旧約聖書でうまく行かなかったところを改訂した,という立場なので,キリスト教を学ぶ場合には新約だけでなく旧約も読まなければなりません。

ついでなので触れておくと,聞いたことがあると思いますが,イスラムの聖典「コーラン」があります。
これは,さらに後になって「ユダヤ教もキリスト教もダメだ!もう一度契約しなおしだ」と思った神が,ムハンマドに言わせたものです。
「コーラン」では,旧約聖書も新約聖書も,前の預言者たち(当てる「予言」ではなくて,神から預かってきた人なので「預言」と書きます)を通じて神(アッラー)と約束したのに,あいつら守らないじゃないか,だからこれが最後だ,としています。
(キリスト教に対しても,イエスは「神の子」ではなくて預言者の一人だといいます)
こちらも,旧約・新約の改訂版という立場なので,コーランを読むには旧約聖書や新約聖書の知識がある程度必要になります。

さらに余談ながら,ユダヤ教では食べるものに対して非常にやかましい規制がありますが,コーランでは,
「だがユダヤ教の人々には、(回教徒より規定を重くして)爪牙をもつ動物は一切御法度にしておいた。(中略)これは、彼らが不遜だからその報いじゃ」(6章147節,井筒俊彦訳)
と説明しています。前のバージョン(旧約)の変更理由を説明した一例です。

この「改訂」の考え方を,乱暴なたとえで言えば,
旧約:原作のライトノベル
新約:ライトノベルを元にしたコミック
コーラン:アニメ化作品
または
旧約:原作のコミック
新約:コミックのテレビドラマ化
コーラン:ドラマから作られた映画
と考えると分かりやすいかもしれません。
やっぱり最新版(アニメ化作品/映画)をよく知りたいなら,前のもの(ライトノベル/コミック)を読んでみる必要がある,というわけです。

旧約聖書はユダヤ教の聖典です。
ざっくり言えば,神とユダヤ教徒との約束事です。これを守ります,と神と約束をします。

しかし,ユダヤ教が長く続いて問題が出てきたために,「このままではダメだ!」と思った神が,神の子イエスを遣わして新たに契約しなおしたのが「新約聖書」です。
(契約・約束なので「旧約」「新約」というわけです。)

しかし,前からユダヤ教を信じてきた人から見れば,「なんか『新しい』とか言っているけど認められない」となります。
ですから,ユダヤ教徒は「旧約聖書」とは言いませ...続きを読む

Q旧約聖書について

旧約聖書で「主との契約のなかにある生け贄の方法が生きた生命を燃やして天にまします主に捧げる」といったこと「土は土にというくだり」があるそうですが、どこに書いてあるのですか?何章とかいうのがあるのであれば教えて下さい。

Aベストアンサー

創世記第3章19節に
「君は顔に汗してパンを食い、ついに土に帰るであろう。
君はそこから取られたのだから。君は塵だから塵に帰るのだ」
というくだりがあります。(岩波文庫版、関根正雄訳による)

生け贄云々のくだりは第22章のイサクの献供のあたりでしょうか?
こちらはちょっと失念。というか資料が見当たりません。

Q旧約聖書 ヨセフとルベン

創世記の37章で、ヨセフは他の兄弟たちから妬まれ殺されそうになりましたが、
ルベンが血を流すのは止めようと言い、
ヨセフは殺されずに穴にほうり込まれましたよね。

なぜルベンはヨセフを殺すのを止めたんですか?
ただ単に本当に血を流すのが嫌だったからですか?

どなたか教えて下さい!!

Aベストアンサー

聖書は、旧約も新約も、イエスキリストについての物語です「ルカ福音24:44」。旧約ではエホバ、新約ーイエスキリストの初臨から十字架事件までーはキリスト、今の教会時代では聖霊によって、その方を信じる人々を導いて下さいます。                                                                                           創世記37章から終わりの50章まではヨセフという人がイエスキリストの予表として登場します。ヨセフとイエスキリストの似ているところは150箇所以上にも上ります。                                                                                                            聖書は聖書が説明なさって下さいます「イザヤ34:16」。聖書についての質問に自分の考えを述べる人は、偽者であり、目の不自由な案内者なのです「マタイ福音15:14」。                                                                                                           ルベンがヨセフを穴にほうり込もうと提案したのは、ヨセフを彼らの手から救い出し、彼の父に帰すためだったと37:22は答えています。                                                                                               先程、ヨセフはイエスキリストの予表だと言いましたね。イスラエルの人々は12部族で構成されており、ヤコブの12の息子がその起源になります。つまり、イスラエルの全ての人々は12部族のとちらかに含まれます。                                                                                               神様になるイエスキリストがイスラエルに来られた時、イスラエルの人々はイエスキリストを殺そうと模擬します。その時、ルベンがヨセフを庇ったように、新約でもイエスキリストを庇う人がいます。                                                                                                   「私達の律法が先ず本人から聞いてみて彼が行うことを知る前に誰でも審判するものですか?」とニコデモという人がヨハネ福音7:51でイエスキリストを庇うことによって、創世記37:22の場面が再現されます。                                                                                                 ニコデモがルベン部族かまでは、私は分かりません。聖書の中から探せませんでした。後で神様が教えて下さるんでしょう。                                                                                                    ちなみに、イエスキリストが自分の罪に身代わりになられ、十字架に処刑された後、三日後に復活されたことを心から信じる人をキリスト人だと言います。これを信じない人は、たとえ彼が牧師だとしてもキリスト人ではありません。                                                                                      イエスキリストがこの世に来られ、らい病者を治し、死んだ者を蘇らせるなどの様々な奇跡を起こしました。それにも関わらず、その時に救われた人は500人くらいに過ぎませんでした「コリント前書15:6」。                                                                                                そのように、今も救われた人は非常に少ないです。ほぼ全ての人々が偉いさまになり、聖書の上に立ち、聖書を判断しています。                                                                                                    しかしながら、救われた人は救われた人をすぐ分かります。風が何処から来て何処に行くのか知らないように聖霊によって生まれた人も普通の人は分からないけれども、救われた人は救われた人をすぐ分かります「ヨハネ福音3:8」。

聖書は、旧約も新約も、イエスキリストについての物語です「ルカ福音24:44」。旧約ではエホバ、新約ーイエスキリストの初臨から十字架事件までーはキリスト、今の教会時代では聖霊によって、その方を信じる人々を導いて下さいます。                                                                                           創世記37章から終わりの50章まではヨセフという人がイエスキリストの予表と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報