ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

この問題の解説・解答を教えていただきたいです。
急いでいます。宜しくお願いします。

「この問題の解説・解答を教えていただきたい」の質問画像
  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (2件)

方べきの定理(△ABPと△CDPの相似)は∠ABPが直角ではなくても成立します(老婆心から念の為)



∠PDCが直角であることからCDが計算できる

弧の長さがAD=2CDであることから計算できる中心角がきれいな数値になって
円の中心をOとすると、△OCDが正三角形なのでAC=2CD
xが計算できる

方べきの定理でyが計算できる
    • good
    • 0

ヒントだけ。

∠ABPが直角と言うことはACは円の直径にあたり、同時に∠CDAも直角になります。つまり∠PDCも直角で△ABPと△CDPは相似ということです。ですからx+12:y+13=13:12になります。方べきの定理の説明はあまり親切ではありませんね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報