位置情報で子どもの居場所をお知らせ

国際関係・社会学を大学院で専攻したいと思っています。もし文系・社会学系を勉強したい場合はどっちの学校のほうが良いのでしょうか?もちろん知名度からいくと東大のほうが圧倒的に高いでしょうが一橋も文系の大学なので文系が強いのではないでしょうか?日本の大学受験をしたことないので両校の知名度、教育の質、学生・社会からの評価などわかりません。だれかアドバイスをいただけますか?ちなみに早稲田と一橋を選ぶ場合はどっちを選びますか?私立と国立の差はなんですか?教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

大学院の内容は知りませんが単純に社会での評価を見れば


東大、早稲田、一橋の順に高い評価が得られると思います。
大学院進学も悪くはないですが大学教員なんて社会では何のステータスでもありませんよ。就職するなら一橋大学はやめたほうがいいです。
    • good
    • 19

一ツ橋は経済学部や経営学のレベルが高い大学です。

国際関係や社会学も悪いとは言いませんが、特段にレベルが高いとはいえません。

いちばん良いのは、東大の総合文化研究科です。さまざまな地域の専門家と国際関係の専門家がそろっています。

早稲田もまずますです。
    • good
    • 9

話によれば、東大の大学院(文系)はあまりレベルが高くないといわれています。

一橋>早稲田≒東大です。
    • good
    • 57

東大院と一橋大院で迷うならまだしも、早大院と迷うのがちょっと疑問ですが。

早大院は東大・一橋よりかなり教育能力的に下位でしょう。大学そのものも、東大・一橋生が滑り止めとして早稲田を利用しているぐらいですし、大学院になると早大は博士号を甘く乱発するのでオーバードクターの巣窟になっています。

ということで、東大院と一橋大院とで比較することになりますが、東大院も最近は定員増を断行して入りやすく、学生の質の低下が懸念されています。もし、経済学・商学の世界で教育水準を比較するなら、東大院より一橋院でしょう。一橋院のほうが東大よりも数等、院生を鍛えています。
しかし、国際関係・社会学の面ではどうなのでしょう。一橋院の法学研究科なら、かなり高度ですが、社会学研究科は早稲田と同様にオーバードクターの感が否めません。政治学・社会学の関係ならば東大院のほうがいいと思います。ということで、一橋院と東大院なら東大院かもしれません。

いずれにせよ、早大院はこの3者の比較では一番早く切れると思いますが。
    • good
    • 15

さて、あなたが大学院を選ぶ前に、あなたを受け入れてくれそうな研究室があるかどうかがまず先決です。


希望の研究室があったとしても、その研究室の先生が受け入れる気が無いのであれば、入学は厳しいでしょう。
まずは教授に面会していただいて、話をしてみる必要があるでしょう。
受け入れてくれそうな研究室が見つかれば、大学院の入学試験の成績が良ければ受け入れてくれるでしょう。
もちろん、東大、一橋、早稲田となると日本では一流と呼ばれる大学・大学院ですので、試験はそれなりに難しいと思います。

大学院は大学とは違います。
教育を受ける場所ではなく、研究をする場所です。
研究を進める上で必要になる知識や方法論等はもちろん指導教官から指導を受けますが、基本は自主努力です。
多少の講義等はありますが、研究の遂行に必要な知識・経験・考え方等の大部分は、指導教官から指導を受けつつ、自分で努力して習得するのです。

なお、基本的には、各指導教官に指導方法は任されています。
従って、同じ大学院でも指導教官が違えば指導方法は違います。
つまり、一般論として各大学院の教育の質を語ることなど無意味です。

大学院修了後、就職をどうするつもりなのか分かりませんが、少なくとも民間企業なら履歴書に最終学歴を記入すると思います。
ただ、東大、一橋、早稲田ならどの大学院を履歴書に書いても恥ずかしくはないのではないかと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

長い返答ありがとうございました。今日ネットにログオンしたら三つも回答があってびっくりしました。アドバイスに応じてこれからのことを考えていきたいと思っています。ありがとうございました!

お礼日時:2004/10/26 03:37

お金にならないような社会学をやりたいのならば、立命館大学の先端科学研究所(だったと思う)や、一橋の院(詳細は知らないけど、教員は金にならないことをしている人が多いような気がする)がおもしろそうだと思います。



社会的な評価で言えば、やっぱ東大が一番なのかも知れませんが、やりたいことで選ぶ方がいいと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

そうですね。研究内容が一致する先生の下で研究しなければあんまり院の意味がないかもしれませんね。もっと色々リサーチをしてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/26 03:43

大学院を大学名で選ぶというのも意味があるとは思えませんが.


やりたい研究について詳しい指導教官がいるかどうか.これに尽きるんじゃないですか?
やりたい研究がないのなら,大学院に行く意味があるんでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まず教員のことをもっと調べてみます。御返答ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/26 03:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一橋大学大学院HMBAの難易度はどれくらいですか?

一橋大学大学院HMBAの難易度はどれくらいですか?

Aベストアンサー

あなたには不快かも知れませんが、HMBAの売れ行きと、最終ポストを調べた方が良いと思います。私は甘い話しには乗りません。

Q大学院別のTOEICの合格点を教えてください。

大学院入試でTOEICの点数を英語の点数として換算している大学院が多くあると知ったのですが大学院別にどのぐらいが合格点なのでしょうか?
東大の院生の平均点が730というデータはネットでみたのですが他のいろいろな大学院について教授からや友達からの情報でもいいので参考にさせてください。

Aベストアンサー

このサイトに、大学院入試でTOEIC(R)Testを活用する52の大学院が、
国公立、私立別で掲載されており、
ある一定のスコアで、英語の独自試験免除など、詳しい情報が見れます!

参考URL:http://www.toeicclub.net/graduateschool.html

Q早稲田大学の大学院難易度どれくらいですか?

早稲田大学の大学院難易度どれくらいですか?

Aベストアンサー

申し訳ないですが、大学院を受験しようと考えているなら「・・難易度どれくらいですか?」などと安易に考えないでください。
 当然のことながら優秀な学生には易しく、そうでない学生には極めて難しいです。

Q他大学から東大大学院入試の難易度

自分はw稲田大学の文学科に通っているものです。将来哲学の研究をしていきたいと思っています。
自分としては東京大学大学院総合文化研究科に進学したいと考えています。理由は、色々と大学院を検索した結果、指導をしていただきたい現代哲学専攻の教授がそこの研究科にいらっしゃるからです。

自分は院試までにはもうちょっと期間があるのですが、東大院入試は東大受験よりも比較的簡単というのは本当でしょうか。というのは下記のホームページでは他大学受験の倍率は約5倍だからです(大学受験の倍率は約3倍)。数字だけをみると大学受験よりも門は閉ざされているような気がします。
色々と調べてみて(もちろんok web内も)、院の研究室に通って問題傾向を把握することができたら内部生との差も大きく縮まる(もちろんこれは東大院に限らない)ということはわかりました。また東大院は他大学生に対して門戸を開いている大学院である、ということも。
しかしこれだけが難易度が低い理由ではないと(ただの推測ですが)思っています。

私と同じ立場での東大院入学者、またはこれらの数字が示す本当の意味や実際の事情について知っていらっしゃる方がいましたらぜひ教えてください。

参考;http://www.u-tokyo.ac.jp/stu01/e02_01_j.html

自分はw稲田大学の文学科に通っているものです。将来哲学の研究をしていきたいと思っています。
自分としては東京大学大学院総合文化研究科に進学したいと考えています。理由は、色々と大学院を検索した結果、指導をしていただきたい現代哲学専攻の教授がそこの研究科にいらっしゃるからです。

自分は院試までにはもうちょっと期間があるのですが、東大院入試は東大受験よりも比較的簡単というのは本当でしょうか。というのは下記のホームページでは他大学受験の倍率は約5倍だからです(大学受験の倍率は約3倍...続きを読む

Aベストアンサー

東大の院はここ数年でかなりレベルが下がったと聞きます。私もw稲田大ですが、同期の友人が東大の院試を受けて理工研究科に進学しました。彼の話では、大学レベルではやはりかなり差があるものの、院になったら早大との差はほとんどない、むしろ東大の方がレベル低いように感じる、とのこと。

学部や研究科によって違いはあるのでしょうが、以前と比べて東大の院のレベルが落ちてきていることはどうやら間違いなさそうです。

単純な受験倍率だけで見れば上がっているのかもしれませんが、レベルが落ちてきたことで、受験者が増えてきたというだけかもしれませんよ。

Q公共政策大学院について

今悩んでいることがあります。

大学で法律学を専攻していて、修了後は公務員(外交官)を考えているのですが、最近設立された「公共政策大学院」が気になっております。
研究者養成ではなく、いわゆる「専門職大学院」と呼ばれる種類の大学院です。

関東ですと東大・一橋大・中央大・明治大、他に政策研究大学院もあるみたいですね。

この公共政策大学院は、公務員・シンクタンク・NGOなどの人材を念頭に置いているようなのですが、法科大学院と違って修了が資格に直結するわけではなく、専門職ではあるものの、どうしてもその効果が不透明というか、曖昧な気がします。

私は一度にいろいろできる人間ではありませんので、学部で法律学、大学院(専門職でない)では国際政治経済について学んだ上で公務員になりたいと考えているのですが、公共政策大学院に進んだ方が良いのか、迷っています。
民間への就職の点も気になります。

ちなみに、私の志望する大学院(専門職でない)は、国際法・国際政治・国際経済を手広く扱っており、法政策に関する授業も開講されています。修士論文は書いた方が望ましいものの、必須ではありません。

従来の国際関係の大学院と公共政策大学院とでは、大きな違いとして研究者養成か職業人養成かということが挙げられると思うのですが、最近は従来の大学院もそれほどには研究者養成を目指しているとも思えません。

以上のことを考えて、

(1)公務員(外交官)という進路を考える場合の、従来の大学院ではなく公共政策大学院に通うことのメリット・デメリット

(2)民間企業への就職に関する、公共政策大学院に通うことのメリット・デメリット

この点についてご意見頂きたく思います。

特に現在公共政策大学院、または従来の院に通っている方からの生のご意見歓迎致します。

ぜひアドバイスをよろしくお願い致します。

今悩んでいることがあります。

大学で法律学を専攻していて、修了後は公務員(外交官)を考えているのですが、最近設立された「公共政策大学院」が気になっております。
研究者養成ではなく、いわゆる「専門職大学院」と呼ばれる種類の大学院です。

関東ですと東大・一橋大・中央大・明治大、他に政策研究大学院もあるみたいですね。

この公共政策大学院は、公務員・シンクタンク・NGOなどの人材を念頭に置いているようなのですが、法科大学院と違って修了が資格に直結するわけではなく、専門職ではあるも...続きを読む

Aベストアンサー

追記のNo.1274072含めて両方ご質問を見ましたが、こちらが本筋ですのでこちらにアドバイスさせていただきます。

外交官を考えられているのであれば、大学院に進まずして外交官になられるのが、やはりまずはよいのではないか、と思われます。

政治経済をはじめとした外交分野は多岐にわたっており、また理論と実践の乖離も少なくありません。
この乖離は、やはり実践を持ってしか埋められません。ですので、なるべく早いうちから現場に飛び込み、現場での勘なり蓄積なりを高めていくことが必要です。

幸い、外交官は、入省数年後に、2年程度の海外研修の機会を通常与えられます(財政状況厳しき折、今後はどうなるか分かりませんが・・・)。
語学研修と理論研修を兼ねての大学院留学/研究の機会ですので、この時期に改めて理論的なことを学ぶと、それまでの実践での蓄積が整理されて良いかもしれません。


ですので、公共政策大学院に大学卒業後そのまま通うことは、必ずしも外交官へのパスとして適切とはいえません。むしろ、実践での蓄積を遅らせる/遠ざける意味合いを持たせてしまう可能性もあります。
(そこをどううまくマネージするかは、liz_2027さん次第です。
なお、外交官は「一度に複数のことをできる人間」たることが他の仕事以上に求められると思われます。外交は言ってみれば「国家間(もしくは国家間に関連する各アクター)の”利害調整”」の仕事ですので、関係各所と協力しつつ、タイムリーに適切な手を打つことが、パフォーマンスに直結するためです。)

このあたりをよく考えられて、進路をお考えになるのがよいかと思います。


なお、「公共政策大学院」そのものについてですが、依然としてその社会的評価(特に就職との関連に於いて)は固まっているとは言い難い部分があります。

公務員就職であれ、民間就職であれ、「何のために大学院にいくのか、そしてそこでプラスアルファで学んだことを、実際の世界でどう活かしていくのか」というところが明確であれば、きっと院でのプラス2年は大きく意味を持ってくるでしょうが、
そこが曖昧なままですと、就職の際にも思ったほどの評価がなされない可能性があります。


職業人として理論を学ぶには、実践をある程度経てからのほうが、その意味も深く理解しやすいはずです。「なぜ就職する前にあえて、職業人大学院か?」この問いに、自信ある答えをliz_2027さんが見出すことができれば、安心して進んで、勉学に打ち込むのが良いと思います。。。


以上、少しキビシメのことも書かせていただきましたが・・・参考になれば幸いです。

追記のNo.1274072含めて両方ご質問を見ましたが、こちらが本筋ですのでこちらにアドバイスさせていただきます。

外交官を考えられているのであれば、大学院に進まずして外交官になられるのが、やはりまずはよいのではないか、と思われます。

政治経済をはじめとした外交分野は多岐にわたっており、また理論と実践の乖離も少なくありません。
この乖離は、やはり実践を持ってしか埋められません。ですので、なるべく早いうちから現場に飛び込み、現場での勘なり蓄積なりを高めていくことが必要です。

幸...続きを読む

Q大学院の入学式について

大学院の入学式での服装はスーツが一般的なのですか?
また、出席した方がよいのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

ほぼ全員スーツでした。普段着の人が一人いましたが、かなり浮いてました。

自分は前期課程、後期課程共に入学式自体には出席しませんでしたが、その後のガイダンスにはスーツで出席しました。恐らく、式の後には学生証の配布や履修登録等についての事務的な説明があると思うので、学校には行った方が良いと思います。

Q早稲田の大学院は入るのは簡単だけど出るのは難しいのですか?

早稲田の大学院は入るのは簡単だけど出るのは難しいのですか?

北海道職業能力開発大学校の応用課程・生産電子システム技術科から早稲田の大学院に進学している人がいますが早稲田の大学院というのは入るのは簡単だけど出るのは難しいのでしょうか?

どれくらい勉強が大変なのかも併せて教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.waseda.jp/jp/global/guide/databook/2006/number01.html

http://www.waseda.jp/jp/global/guide/databook/2008/number01.html
2006年は理工だけ2007年から理工が分解された
2008年に理工に残っている修士の学生が、二年で出れなかった人数。
一学年1300人のうち、50名くらいがそれに相当する。
4%未満だから、学部段階より留年率は低いんじゃないかな。

Q大学院は留年は影響しますか?

私は大学院(理系)に進学したいと考えている三年(1留年)なんですが大学院入試は留年した人と現役ではやっぱ現役のほうが有利なんですか?現役で大学院に落ちたら就職するってのが多いと思いますが・・(大学院の浪人もあまり聞いたこと無いので)。私の今の学力では(英語とか全然出来ないんで)、大学院の基準には不十分だと思っているのですが、じっくり勉強してでも入りたいと思っています。なにか情報があったら教えてください。

Aベストアンサー

旧帝大の農学系大学院で博士号を取った者です。

まず、大学院入試において、留年のあり・なしは、全く関係ありません。修士の場合、筆記試験がほとんどで、わずかに面接で自分の考え方等を聞かれることがあります(なぜ、大学院へ行きたいのかというのを言えなければ、さすがに印象悪いです。)。

院浪も若干ではありますがいます。その原因は、筆記試験で点数が足らなかった場合と、研究室の定員がすでに達していたときが考えられます。ですので、受験する大学の希望する研究室へ出かけて、あらかじめ入室できるかどうかを聞く必要があります(だいたいは内部進学者優先です)。

学力が足りないというのは、ご自分の努力で何とかしなければなりませんが、大抵の大学院では過去問を公開していますので、研究室へ見学に行ったときに、コピーを入手してください。過去問のある・なしでは、かなり勉強の効率が違います。

なお、運悪く院浪になった場合、ふつうは研究生になります。私は、M0(エムゼロ・修士0年生という意味)と言っていました。研究生になってあらかじめ希望の研究室へ入り、研究の手伝い等をしながらもう一度院試を受け、次の年からM1となる方法です。これなら、一応履歴書に穴が開きません。研究者になるには、絶対に履歴書にとぎれた部分があってはならないのです。

ただし、下の回答者の言うとおり、就職の場合は浪人・留年は絶対的に不利になります(就職面接の最終選考で、複数の人が横一線に並んだ場合、現役生を優先して採用します)。できるだけストレートに行くことを心がけてください。

旧帝大の農学系大学院で博士号を取った者です。

まず、大学院入試において、留年のあり・なしは、全く関係ありません。修士の場合、筆記試験がほとんどで、わずかに面接で自分の考え方等を聞かれることがあります(なぜ、大学院へ行きたいのかというのを言えなければ、さすがに印象悪いです。)。

院浪も若干ではありますがいます。その原因は、筆記試験で点数が足らなかった場合と、研究室の定員がすでに達していたときが考えられます。ですので、受験する大学の希望する研究室へ出かけて、あらかじめ入室...続きを読む

Q文系のシンクタンクとは

シンクタンクって何ですか。僕のイメージでは、大学などではない、民間の研究機関だと思っているのですが(野村総研など)、違いますか。

私は、営業や企画などの商業的な分野に就職するのではなく、学問(○○学というもの)を職業に活かしたいと考えています。

シンクタンクとはどのように就職するものなのですか。院卒でないとまずいですか。
私は某国立大文系のものですが(具体的な校名はいえませんが、レベル的には千葉大・横国大レベルです)、このぐらいのレベルの国立大では厳しいでしょうか。やはり文系なら東大・一橋レベルでないとダメでしょうか。もしそうならば、現在20歳の大2ですが、東大・一橋を再受験するだけの気概はあります。

まったくの初心者なのでシンクタンクがなんなのか分からず、基本的なところからレスをお願いいたします。

Aベストアンサー

シンクタンクと呼ばれるところには大手の野村総研、三菱総研のようなところから、比較的小規模な専門シンクタンクまで色々あります。ご質問の対象は大手総研系と考えてお答えします。

大手のシンクタンクの業務は大きく2つに分けられます。一つは企業/官公庁向けのコンサルティング業務、つまり困っている事や分からない事を一緒に考えて道筋を示してあげる仕事ですね。もう一つはシステム開発/データベース開発系の業務、日ごろの業務で困っている事をシステムを利用して効率的にしたりすることを提案する仕事です。

いずれの場合も、仕事の中心はお客様(クライアント)から相談された事を、クライアントの何が問題で何を改善すれば良いのか調べたり提案したりしながら解決する事であり、自分が好きな分野を研究していれば良いというものではありません。
最終的にクライアントからお金を貰わなければいけないので、ある意味営業職であり、ある意味企画職であり、総合的に見てコンサルタント業と言えると思います。

justice725さんはどうしてシンクタンクを目指そうと思ったのでしょうか?
上記の説明は持っていたイメージと一緒でしたか?
もし、人が好きで、他人とのコミュニケーションが得意で、問題発見能力と問題解決能力が人よりも優れていると思われるのであれば、学歴はさほど関係なくシンクタンクの一員として活躍する素地はあると思います。

頑張ってください。

シンクタンクと呼ばれるところには大手の野村総研、三菱総研のようなところから、比較的小規模な専門シンクタンクまで色々あります。ご質問の対象は大手総研系と考えてお答えします。

大手のシンクタンクの業務は大きく2つに分けられます。一つは企業/官公庁向けのコンサルティング業務、つまり困っている事や分からない事を一緒に考えて道筋を示してあげる仕事ですね。もう一つはシステム開発/データベース開発系の業務、日ごろの業務で困っている事をシステムを利用して効率的にしたりすることを提案する仕...続きを読む

Q大学院入試の審査基準ってどうなんでしょう?

大学院入試(文系)に関して質問です。
大学院入試だと、一次の学科試験、二次の面接および論文審査がありますが、その比率や審査基準ってどうなんでしょう? 「一次さえ通ってしまえば2次なんて飾りのようなもの」「T大は論文審査が厳しいので2次でもばんばん落ちる」「2次の外国語はどうでもよく、15点くらいしか取れなくても受かる」などいろんな話を聞くのですが、何が重視されているのでしょう?
大学院受験は大学受験と違い、「点が取れば受かる」というものではないんでしょうか。やはり何か「研究者として光るもの」がないとだめなんでしょうか?
内部は誰でも通るとのウワサもあるので、外部受験の場合でお願いします。

Aベストアンサー

一般論でいえば点数の上位のものから順番に合格になります。
ただし、差のつきやすい科目やそうでない科目はあるでしょうし、どの科目を重視するかは大学院によって異なるでしょう。配点が明示されているのであれば、配点が大きいものが重視されていることになります。
採点は公平に行われるはずですが、内部進学者の方が出題分野について深く学んでいることが多いので、有利と言えるかもしれません。

ただし、別枠として、推薦入学を受け入れているところもあるでしょうし、足切り点を設定しているところもあると思います。
また、研究室ごとに受け入れ人数の上限が決められていることもありますので、点数が良くても、もっと良い点数の人で、その研究室の上限に達していれば不合格になることもあります。
大学院受験の際に、事前に目的の研究室を訪問しておくといったことが多く行われている目的のひとつには、そういった、内部進学者の状況を知ることもあります。

内部は誰でも通るというのは噂にすぎません。通常は、自分の大学難関と言われる大学の大学院を受験するでしょうから、外部からの受験者よりも内部進学者の方が平均的な学力が上であり、合格率が高いのは当然のことだと思います(情報が得やすく、有利だということもあるでしょうし)。

まあ、噂は過信しない方がよいでしょう。事情は大学によって違うでしょうし、同じ大学でも年によって問題が違うわけですから、難易度も変化します。また、記述式の試験では、自己採点と実際の得点に大きな隔たりがあるということもよくあります。そもそも、噂を流した人は、詳細なデータに基づいているわけではく、自分の感想や思いつきを述べているにすぎません。
いえることは点数が上位の人が受かるということです。

一般論でいえば点数の上位のものから順番に合格になります。
ただし、差のつきやすい科目やそうでない科目はあるでしょうし、どの科目を重視するかは大学院によって異なるでしょう。配点が明示されているのであれば、配点が大きいものが重視されていることになります。
採点は公平に行われるはずですが、内部進学者の方が出題分野について深く学んでいることが多いので、有利と言えるかもしれません。

ただし、別枠として、推薦入学を受け入れているところもあるでしょうし、足切り点を設定しているところも...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング