頼んでもいない英会話セットが送られてきたので返品しようとしていたらうっかり開封をしてしまった。すると開封をしたら買ったことになり返品できないといわれました。本当に出来ないのですか?またどうしたらいいのかも教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

消耗品(健康食品、化粧品など)を使ってしまった場合は返品できないのですが、


英会話セットは消耗品ではないので返品できます。下記のURLのサイトに返品
の仕方、書面の書き方などがありますので参考にしてください。不安だったら、
消費者生活センターに相談してみるのも良いと思います。返品できるので安心し
てくださいね。

参考URL:http://www.nn.iij4u.or.jp/~tm-1120/top.shtml
    • good
    • 0

できま~す。

その業者もとんでもないですね(^^;;)。勝手に送っておきながらウソも言うなんて。いつもそうやって法律にうとい人をねらって儲けているんでしょう。

今は消費者を守る法律がきちんとあり、商品を使ったり開封してしまっても、購入してから8日間まで無条件で解約・返品することが可能です。これを「クーリング・オフ」と言います。
(通販などはこのおかげで気軽に購入できるんですよね)

でもassiさんは購入してもいないということなので、請求書などの証拠もないはずですからこの法律以前の問題ですね。こういう悪質な業者はきちんと摘発して取り締まってもらいましょう。

以下に消費者に関するホームページをご紹介しますので、ご覧になってみて下さい。トラブりそうな件でしたら気軽に相談されるのが良いですよ。
(ページの下にあります)

参考URL:http://www.city.ota.tokyo.jp/guide/otmte43.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法的に、「新品未開封」は箱も未開封という意味?

質問させて頂きます。

(1)ヤフオクで付録フィギュアの新品未開封を買いました。
プレミアがついてとても高価でした。届いてガッカリしました。
たしかに中のフィギュアは未開封だったのですが、外箱はカッターでシールを切り、開封してあったのです。
フィギュアもまさにハズレ品。塗装剥げが2箇所もありました。

(1)そこで質問ですが、法的に、「新品未開封」は箱も未開封という意味になりますか?

以上です。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

法的には、「瑕疵」という概念があります。
瑕疵(かし)とは、ある物に対し一般的に備わっていて当然の機能が備わっていないこと。あるべき品質や性能が欠如していることをさします。

この観点から言えば、フィギュアか゜、フィギュアとしての機能が備わっていれば、瑕疵はありません。

むしろ詐欺や錯誤の方が主張としては近いと思います。

Q開封後に商品の返品をすること

先日、某化粧品口コミサイトで、
「気に入らない商品だったので、悪いと知っているが、購入した時点で
商品が開封されていた、と嘘を言って返品した」
という趣旨の書き込みがありました。

ここで疑問なのですが、
●この客側は、詐欺に相当するのか
●店側は法的に、客の返品請求にどこまで応じる必要があるか

具体的な法のソースをご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

#ソースを示すのは困難なので示しません。一応「民法の本を読めば分かる」のですが、そのものずばりのことが書いてあるわけではないので信頼できる「ソース」として示すことは困難というかほぼ不可能なのです。ネット上にそのものずばりの記述があるかもしれませんが、それが信頼できるという保証がないのは、この回答が信頼できるという保証がないのと全く同じなのでそれを示す意味もそれほどあるとは思えません。

まず大前提として、「契約が成立したら履行しなければならない」ということを理解しておいてください。つまり、売買契約を締結した以上、売主は商品を引き渡す義務を負い、買主は代金を支払う義務を負い、双方はそれぞれの義務を果たさなければなりません。この契約関係は、双方の義務(法律的には債務と言います)の履行により消滅します。これが原則です。しかし、一定の場合には、「履行しないで契約がなかったことにする」ということができます。その方法は色々ありますが、本件のような場合は「合意解除」ということになります(*)。合意解除とは、当事者が合意により「既に成立した契約をなかったことにするという契約」です。したがって、合意解除は契約に他ならず、当然、民法の意思表示の規定が適用になります。ここで、「一方当事者が虚偽の事実を告げて相手をだまして解除契約を締結した」というのが本件です。これは、民法96条1項の「詐欺」に該当します。法律上は、相手方は合意解除(正確には、解除契約の承諾の意思表示)を取り消すことができます(実際に問題になることはまずありませんが、法理論上はこうなります)。

(*)本件においては、「もし仮に商品が開封してあったというのが本当だった」としても「買主に法定解除権が直ちに発生するわけではない」ということは要注意です。商品が開封してあったのが本当だとしてもそれは「債務の本旨に従った履行ではない」だけでそれだけでは法定解除権は発生しません。法定解除権が発生しなければ、売主はきちんとした商品を提供する義務を負ったままで、買主は代金支払い義務を負ったままです。普通は、「開封してあったから交換して」と言うでしょう?それは、つまり、あくまでも契約内容を実現するのが原則であって解除は例外であるということなのです。それを特に法定解除権が発生する事由もなく解除するということは、合意解除に他ならないということです。

なお、余談ですが、法律上はこの「詐欺」により損害が生じれば「不法行為」(民法709条)として損害賠償義務を負います。自分で開封しておいて開封してあったなどと言うがごときは、開封した商品は通常の商品としては売れない場合も少なくありません(そうでない単純な返品でも会社によっては改めて販売しないことがあります。返品特約付きの通販商品で不良品ではない単純な客都合の返品商品がリサイクルショップの商品供給源になるくらいには、あります)。ですから、法律的には買主が損害賠償義務を負う可能性があります(実際に問題なることは滅多にありませんが、高額な商品だったりするとないとは言えません)。

次に、客の返品に応じるかどうかは法定の事由がある場合とない場合とがあります。法定の事由であれば「制限能力(民法5条から21条の辺り)、意思の不存在(民法93条から96条の辺り)、法定解除(民法540条から548条の辺り)」などがあります。他にも特別法の規定の適用がある場合があります。いずれにしても成立した契約関係を解消する根拠となる法律上の規定です。
一方、法定外の事由は上で述べた解除契約だけです。そして解除契約は両当事者の合意のみによって成立するので、店が解除契約締結に応じるかどうかは店の自由な判断によります(正確には、最初から売買契約に買主の無理由解除権を認める特約を付けていることもあります。通販ではよくあります。ただしこれも売買契約という「契約」の内容であることに変わりはありませんから、当事者の合意のみにより成立するという法的性質は同じです。)。それ以外の法定の事由があれば、それを相手が主張すれば応じなければなりません(応じないと最悪、訴訟になるわけです)。

ところで、「詐欺」というのは、大雑把に言えば、「民法上の詐欺」と「刑法上の詐欺(正確に言えば、詐欺"罪")」とがあります。質問の趣旨からすれば民法上の詐欺であろうと判断したので上記の通り、「民法96条の詐欺に当たる」としています。ですが、一応「刑法上の詐欺」かどうかも簡単に述べておきます。これは#2の回答が適切で、それ以上のことは特に言わなくてもいいのですが、一応補強の意味で。

一言で言えば、「まず確実に詐欺罪にはならない」ということになります。詐欺罪には二種類あり、「財物を得る」いわゆる1項詐欺と「財産上不法の利益を得る」いわゆる2項詐欺があります。詐欺罪となるには、(1)人をだまして(2)勘違いさせ(3)その勘違いに基づく行為によって(4)財物を交付させる(1項詐欺)または財産上不法の利益を得る(2項詐欺)、という四要件が必要です(これはわざと噛み砕いた表現をしています。なお、その他に詐欺罪の故意が必要です)。しかし、本件が(4)の要件を欠くのは明らかです。売買契約がなかったことになった結果として代金支払い義務を免れたのは確かですが、その代金支払い義務はあくまでも商品を受け取る権利との対価関係にある義務であり、商品を受け取る権利を失っている以上、その対価となる義務を免れることは財産上の利益を得たと考えることはできません。ですから詐欺罪にはなりません。
なお、単純に見れば「人をだました」のは事実なので本件の行為は「詐欺罪においても詐欺行為であるが、財物あるいは財産上の利益を得ないから詐欺罪にならないだけである」と言ってもよさそうに思えるかもしれませんが、そう単純にはいきません。もしそう考えると「詐欺未遂罪」になる可能性が出てきてしまいます。ですから、まさに#2の回答にあるとおり「詐欺罪の詐欺行為は財物の交付あるいは財産上の利益を得ることを目的としている行為である」ので、そうでない行為を「詐欺罪の詐欺行為ではあるが」などと述べるわけにはいきません。従って、そもそも詐欺罪の詐欺行為とは言えないと言うべきことになります。もっとも詐欺行為であるが財物あるいは財産上の利益を売る目的がない以上は「故意がない」という理由で詐欺未遂罪を否定することも理論的には可能ではあります(専門的になりますが、構成要件該当性は形式判断に徹するべしという考え方を徹底すれば後者になることも大いに考えられます)。

#ソースを示すのは困難なので示しません。一応「民法の本を読めば分かる」のですが、そのものずばりのことが書いてあるわけではないので信頼できる「ソース」として示すことは困難というかほぼ不可能なのです。ネット上にそのものずばりの記述があるかもしれませんが、それが信頼できるという保証がないのは、この回答が信頼できるという保証がないのと全く同じなのでそれを示す意味もそれほどあるとは思えません。

まず大前提として、「契約が成立したら履行しなければならない」ということを理解しておいて...続きを読む

Q先生から頼んでもいない書籍が送られてきた!返品したいんだけど・・・

教えて下さい。 

占い教室に通って2年、マン・ツウ・マン方式の教室です。
先日 突然 書籍が送られてきました。
封筒は開封のままだったので、中をみたら、占い方の極意が記されています。
値段も表記されていませんでしたので、ぱらっと見ただけで内容は、深く見ませんでした。

次の日に、先生から電話があり、自分の属する占い研究会の 登録料3万5千円。と 本代 5万5千円を、消費税とともに支払ってくれという内容でした。

登録の話も、書籍の話も事前には何もありませんでした。


そのまま、返しても法律にふれたりしませんか?

また、教室で勉強したので、登録済みになっている。とか、書籍は特別なものだから、見たのであれば返品できないと言われたら どうすればいいのでしょうか?

もう少し勉強したいので、うまく対処する方法を教えて下さい。
よろしく お願いします。

Aベストアンサー

契約を結んでいなければ
支払義務は発生しません。本は返却して
あとは無視しておいていいですよ。

>また、教室で勉強したので、登録済みになっている。とか、
>書籍は特別なものだから、見たのであれば返品できないと言われたら
>どうすればいいのでしょうか?

向こうの思う壺ですね。耳を貸す必要がありません。
本は「受取拒否」で返品します。

Q会社宛に「御中」で届いた配達証明郵便を開封すると「信書開封罪」に問われるか?

こんにちは。
会社宛に「○○株式会社(弊社名)御中」という宛名で届いた「配達証明郵便」を開封したところ、オーナーから「私文書開封で訴える。有罪になる。」と言われました。
私は、会社の正社員で、総務担当者でもあり、文書は弁護士事務所からの通知文でした。
(1)「御中」と書かれた封書が、特定者に宛てた信書にあたるのでしょうか?
(2)「配達証明」ではありましたが、「親展」やオーナー個人の名前は封書に明記されておりませんでした。
(3)開封した責は私に発生するのでしょうか?

以上、ご指南を頂ければ幸いです。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

大変ですね。オーナーさんの発言は、オーバーだし、酷過ぎますね。

ただ、法律的なことは、他の方がお答えの通りですが、それ以前に、会社の総務担当一事務員としてのあり方が「会社側の指導の不備」により、きちんと把握できていないように思い、及ばずながらお返事させてください。

「配達証明郵便」「内容証明郵便」の開封は「親展」以上に「会社生命」に関わる郵便物である場合が殆どなんです。「親展」は一個人のプライベート論争ですが、これらは「会社全体のプライド」・・社員全員の生活に関る場合があります。

「配達証明郵便とは」&「内容証明郵便とは」で検索して、これをいい機会に勉強されてくださいな。

↑特に、内容証明郵便。。などは、オーナーにそういわれたまでのゆえんが理解できるかと思います。それだけ効力がある郵便物です。・・これが、オーナーが理不尽に激怒した理由の引き金だとおもいます。

いつもと違った「何か」があった場合、ささいな違いを察知し、それを回避し、スムーズに処理する為の窓口が「総務」の本領だと思います。また会社には序列があります。総務事務は、何かおかしいと感じた些細な事を、会社の立場に立って序列が上である上司の指示を仰ぎ、私情を殺して会社の指示の通り働く部署です。場合によっては、同僚から「総務は社内においても守秘義務がある」ゆえ、孤立してしまっても仕方が無い部署です。。。同僚からの孤立は、何よりも辛いです。。。

今回の事はその事をちゃんと教えて、教育してくれていない会社側の問題です。法的には会社側の効力は無いでしょう。

でも、何気ナシに受け止めず、上の方の指示を請けずに流したのでは総務事務の意味が無いのです。・・会社は、指導してない事を棚に上げ、ご質問者さんに期待していたのでしょうね。

会社勤め、ましてや総務と言うのは大変です。仕事以上に、一般人以上に社会的(会社的)常識があることを期待されての役職なんですよ。その総務事務に選ばれた事を誇りに思ってくださいね。

ある意味、感情的発言をしてしまう「至らないオーナー」だからこそ、それを助ける「総務事務員」なのだと認識し、磨きを掛けてください。

総務事務。・・・時間は掛かるけど、失敗を積み重ねて。。。・・やりがいもあり、人間としても成長できる部署につけてもらっている自分、、それに答えられなかった自分を真摯に反省し、また、明日から一歩踏み出してください。

法的なことは、心配ないです。

大変ですね。オーナーさんの発言は、オーバーだし、酷過ぎますね。

ただ、法律的なことは、他の方がお答えの通りですが、それ以前に、会社の総務担当一事務員としてのあり方が「会社側の指導の不備」により、きちんと把握できていないように思い、及ばずながらお返事させてください。

「配達証明郵便」「内容証明郵便」の開封は「親展」以上に「会社生命」に関わる郵便物である場合が殆どなんです。「親展」は一個人のプライベート論争ですが、これらは「会社全体のプライド」・・社員全員の生活に関る場合...続きを読む

Qもしも英会話NOVAが営業停止になったらどうしたらいい?

数日前に、英会話のNOVAがクーリングオフなどの問題で捜査されていて、事実が確認されたら営業停止になる可能性があるという内容のニュースをネットで見ました。

私はNOVAの生徒で、その日レッスンがあったときにネイティブ講師にそれとなく聞いてみたのですが、講師はそのようなことは寝耳に水だった様子です。

NOVAのシステムは前もってポイントを購入するシステムなので、もちろん料金はもう払い込んであります。私の場合は使っていないグループレッスンがほとんど丸々と、給付金を使って申し込んだプライベートレッスンがまだ半年分残っています。

まだ私が通っている学校が営業停止している話は聞いていませんが、もし営業停止になったら生徒が購入したポイント分の料金は返還してもらえるのでしょうか?

生徒が取れる措置を教えてください。

Aベストアンサー

>生徒が取れる措置を教えてください。

何もありませんが、正確な情報を元に行動する事です。

全ての営業が停止になるのか、新規契約や勧誘が制限されるのか役所が決める事です。
ユーザーに不利益になるような制限を行う事は少ないかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報