以下のURLで The Roseという歌の歌詞が見れます。(著作権対策済みらしい)

http://lyrics.astraweb.com:2000/display.cgi?lean …

Q1) 二行目の the tender reed は、なぜ 定冠詞 the が使われているのでしょうか。

Q2) 二行目の the tender reed まで聞いたネイティブスピーカーさんたちは、一般にどのような情景をイメージするのでしょうか。前出の事物でなく、かつ、世界に唯一でもない、そういうものに、定冠詞がついている事実に基づいて、彼らの頭脳にある解釈が自然に発生すると思います。彼らにどのように解釈が自然に沸き起こるのか、そこを重点的に教えてください。(例1:ある川岸に群生する複数の葦。例2:ある川岸にはえる1本の葦 例3:.....等の表現でいうとすれば、どれでしょうか。あるいは全然別でしょうか)

Q3) 仮に作詞者が歌詞を差換えて、the tender reedの代わりに、(Q3-1) a tender reed, (Q3-2)tender reeds, (Q3-3) some tender reeds 等と変更したとします。それぞれの新歌詞において、この歌を頭から聞いているネイティブスピーカーさんたちが、二行目でイメージしてしまう情景を、それぞれの差がわかるように教えてください。ある出典をベースに推論される場合は、論拠として用いられた出典とそのページ等を、同時にお教えて下さると嬉しいのですが。

問いとしては激ムズかも知れません。聞ける方はネイティブさんに聞いていただけると最高に嬉しいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

先日、テレビで鈴木重子さんがこの曲を歌っているのを見て印象に残っていました。



reed を辞書で引いたところ、「弱い人」という意味があるそうです。これを前提に考えると、いろいろと納得できるのではないでしょうか。

この回答への補足

その後に考えた、私の結論を No.4のお礼、に書き、さらに、No.5のお礼、に書きました。

補足日時:2001/07/22 17:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

む! この情報は重要な感じがします。作者がこの語義を想定し、また聞き手にその知識を前提としているなら、非常に、納得の行く話です。また「弱い人」を表現する比喩として reed なる語を用いるのも、この歌詞の全体の雰囲気からして自然です。 定冠詞 the に関して、非常に最近拘っていて、この歌詞の二行目のtheだけは、どうにもひっかかっていたのですが、lovely_day さんの短い情報で、なにか、この問題がなにか開けていくようにも感じます。こういうときに、感じるのですが、辞書ってすごいですね。私も一応辞書は、英英含めて三冊を調べ、文法書も二冊以上を調べていたのですが、lovely_dayさんの辞書はなんという辞書でしょうか?こういうときには、本当に良い辞書ってすごいなと思います。

新しい視点への入り口となるようなご回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/19 21:12

THEしかないと断定したcincinnatiですが、別にa tender reedでもよろしいかと思います。

作者が決めることです。theに単語が付属として付いてきたわけですが、the と来たからには具体的なアシが作者の頭に浮かんでいたと思います。しかし読む方としてはもう少し説明が在ってしかるべきじゃないかという気持ちにはなります。a というのは形があって数えられる場合に「1個の」と言う意味で多くの場合使われますから、この場合1本のか弱なアシ、あるいは1郡のアシということになります。しかしなにも1個と述べることによって数を強調しているのではなくあくまでも他の多くの代わり映えしないアシのなかの1個の代わり映えのしないアシとのべているにすぎません。

この回答への補足

No.5のお礼↓で述べてみた自分の論は、ただ書く場所がなかったのでNo.5のお礼↓の個所を活用しました。No.5の回答↑との関連性/連続性は一切ないです。

補足日時:2001/07/20 17:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。現時点での私の結論は次のようです。

* native speakerでも、この定冠詞theは、ほんの少しひっかかるハズと見ました。
* ところで、作詞者さんは、実は、この引っ掛かり感を、予期していて、英米圏の文化的教養のある人には、そのひっかかり感をを契機に、歌詞の意味を深めてもらう、それが作者の計算の技巧、そしてそれは大成功、であると見ました。

【作者の文章技巧の分析】
reedの持つ(次に述べる)「イメージの多層性」および「宗教的・歴史的文化背景」への入り口として、「冠詞theに対する聞き手のひっかかり感」を利用する作者の技巧と見ました。つまり聖書とか歴史上の文学における、reedの多重的意味(植物の葦&弱い人間という語義の複数性)に聞き手が強く思いを馳せさせる明快な契機としてtheを作用させていると。同時に、宗教的・文化的背景をも、この歌が前提としている事実を聞き手に想起させていると。loveについて論じる唄であるから、これまで飽きることなくどこまでもloveを論じてきたともいえる宗教的(キリスト教)・文化的(英米文学,哲学)歴史を話者と聞き手がまず共有することは歌の奥行きを増すので有利だと。構造的にも、この歌は、some say... とloveに関する既存の複数解釈を述べたあとで、一転して、I say...と自分の個としての解釈を、それも包括的とも言えるような視点の転換を伴うような解釈を、決然として述べる、ある意味で思い切った、歌なのだから、その見解提示の前に、伝統的な宗教的・文化的背景をまず話者と聞き手の共通部分として確実に想起させておくことには大きな意義があるとも思えます。

【theの用法面の分析】
まず、いくつかの可能性を否定します。否定の意味を示すため、"-" で箇条書き項目を示します。

-「a riverに関連するものとしてのthe」(mayapapaさん, cincinatiさん)
という用法では無いと見ます。理由は、そう見ると構造上および意味上の問題が生じると思うからです。まず構造上の問題は、もしこの用法( a riverに関連するものとしてのthe)なら、a river->river bank->reeds のように、複数形であることが当然の帰結として強く期待されるでしょう。しかし、聞き手の自然な期待に反して単数形が登場してしまう。そこで、聞き手は「唯一としてのthe」でもある(用法を兼ねている)と判断せざるを得ず、theに関してあまり一般的でない(私はきいたことも見たことも無い)兼用用法(?)の解釈をせざるを得ないところに聞き手は追い込まれてしまう。この感覚は、まず自然な英語ではないとの感覚に繋がってしまう。少なくとも聞き手が歌にのめりこむことに困難を感じさせてしまうという不利を生じるでしょう。これが構造上の問題と私が考えるとものである。書きたいことを書いた子供の作文ではなく、いやしくも職業上の作詞者がある程度はヒットを狙って、書く歌詞であれば、あればあえてそこまでの無理やり感を聞き手に引き起こさせることを狙うはずがないと見る。このような困難を聞き手に与えるような強引さを、冒頭部におくことは歌全体の聞き手にとっての受け入れ感を損なうことに繋がるから、作詞者としてはとるはずのない戦略でありと思う。結果、この意図ではないと私は思います。次に、意味上の問題というのも感じます。この歌はlove一般に関して論じているので、「特定のあなた…」、的な酔いしれた感じの語が文脈上入り込む余地が無く、あったらおかしい。some say love...に後続する名詞節であることからも、このtheをつけたのは、someという「不特定の主語」であり、その面からも、the tender reedで、特定の人(目的語)のことを言っている感じがしない。そこで、「a river に関連するものとしてのthe」と見たら、単数であるから行きがかり上、「唯一のthe」とも取らざるをえないのに、しかしそう取ると、全体の歌詞から、意味上ここだけ浮いてしまう、という意味上の問題が発生すると思います。以上、「 a riverに関連するものとしてのthe」という用法と見ると、構造上も、意味上も、無理が発生すると感じられることを説明しました。

- 「唯一のthe」(cincinatiさん)
これでもないと見ます。いきなり「唯一のthe」の用法と見る(上記の「関連のthe」の用法を経ずに)ことも、可能ではありますが、意味上の無理がより強くなるでしょう。極めて強引な独り善がりの思春期の人の作文というか、そういう英語の感じになるのではないでしょうか。思春期の人の作文ならありうるが、ヒットを目指すプロの手による流行り歌としては冒頭で共感よりも反発を引き起こすような強引さを置くことはちょっと考え難い。これが、reedでなくて、人をあらわす一般の呼称としての、oneであれば逆に自然な共感を呼べるぎりぎりの線だと思うが、そうでもないし。またそれならそれで歌の感じが損なわれるでしょう。

-「前に出た名詞を指すthe」(誰も主張せず)
ということは冒頭歌詞だから全くありえないですし。

ここまでで不可能なtheの用法をその理由とともに指摘しました。次に、可能な用法を検討します。+で示します。

+「その場の状況からわかるものを指すthe」(lovely_dayさん、finetoothcomb)
という用法である見ます。その場というのは、ある意味では、"前奏の雰囲気がかもし出す場"であるし、"歌い手と聴衆という場"であるし、"一方は演奏し、他方は受け止める、という芸術的やりとりをしますよという場"であろうし、また またこれは聞き手はイスラム教でも仏教でもなく"キリスト教圏の人から構成される場"という意味でもありましょう。よって、聖書の比喩や、芸術文学の比喩は、まあ「その場の状況からわかるもの」とみることができる、と見ます。the tender reedを聞いた聞き手は、0.2秒ぐらいのごくわずか思慮の後、聞き手の中で、ああ、あれね、と、この用法である事実に、脳の中でヒットすると見ます。だから、このtheだけ私にヒットしなかったのも、"私がキリスト教文化圏という(作詞家が前提とした)場"にいなかった事実から、了解され、すべてのことがうまく収まりました。

+「総称用法」(georgebushさん)
同時に、そうであれば、もうそれは個別性ではなくて、一般に人間というものは弱いものだ、とか、一般に葦というものは揺らめき弱いものだ、というような一般の「総称用法」に用法も、自然につながるものとと見ます。こうなってくると、イメージの単数性、複数性は聞き手に委ねられます。葦が単数か複数かということよりも、弱い人と多量の水、揺らめく葦と多量の水、という「イメージの多層性」の方が意味が深く聞き手の心を捉えるでしょう。この「イメージの多層性」をもたらす際には、「総称的用法」が、最も聞き手の自由な発想を妨げないと言う意味で最も効果的でしょう。「その場の状況からわかるものを指すthe」と「総称的用法のthe」は、「イメージの多層性」の自由さに貢献するという意味で、共通の利害を持ち、相乗効果的に相互に有効に作用するでしょう。この作者が、うまい英語の使い手だ、冠詞一つで、相乗効果を齎した、プロのプロたる所以と、私が見たのはそういうわけです。


またいろいろ考えて、今回は、私にもいろいろ勉強になりました。

お礼日時:2001/07/20 11:28

この文脈での reed ですが、川辺に群生したアシなどを表す集合名詞でしょうから、複数形はないだろうと思います。



それと、話す方にとってのその reed は、「先に挙げた a river に生えている reed 」ということで意識の対象として定まっているんでしょうから、
定冠詞の the が付くのは自然だと思います。いずれにしても、the が付くかどうかはその時点で決まると思います。

で、後は、それを聞く方に対して、どこまで触れるのかという問題だと思います。
確かに「前出の事物でなく、かつ、世界に唯一でもない、そういうものに、定冠詞がついている」
という形は、場合によっては聞く方にとって、「いったい、何を指しているの!?」といういらいらを感じさせたりしがちで、
今回のケースでも、論理的にはあるいはより親切には、reed のあとに関係代名詞構文なりで「その川の岸辺に生えている」のような
説明が付いてもいいのかも知れませんが、
この文脈であれば、そこまで触れなくても自明でしょうし、逆にそれではくどい表現になるようにも思いますが。

この回答への補足

回答ありがとうございます。頂いた回答をもとにした自分の考えを↓に書きました。

補足日時:2001/07/19 22:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の理解では定冠詞の用法としては、以下の[I],[II],[III]程度に大別できて、それぞれの回答を当てはめて考えていって、なるほど、という感じになってきました。それをまとめて見ます。

[I]定冠詞の基本用法(英文法解説、江川、§81)
1)前に出た名詞を指す場合
2)前に出た名詞や事柄に関連するものを指す場合 ---- mayapapaさんのご回答の趣旨(前に出た名詞とは、この場合もちろん a riverで、それに関連するものとして 岸辺、そしてさらに関連するものとして、reedがある、という趣旨。これも考えられると思うし、私も質問前はこれかなと思ってはいたが、川→岸辺→植物と、岸辺というワンクッションある関連連想が、別に良いといえばよいが、英語圏の人でもこの三段跳びのような多少無理ある連想を前提として、強いられるのは、不全感のこると思う。英米で超有名な歌が、こんな不全感が残る感じの解釈でよいのだろうか、そんなはずはなく、英米人はもっと違うしっくりいく情景を思い浮かべているのではないか、というのが質問の背景。)
3)その場の状況からわかるものを指す場合 ----- lovery_dayさんのご回答の趣旨(reed=弱い人という語義知識を作者と鑑賞者間が共有を前提としているとして、-もちろん分類し難いが-あえて分類すればこの範疇ではないか、という程度でこの範疇に入れました。これで英米人が思い浮かべる情景としては、弱い人が多量の水(loveの比喩)におぼれる情景と、植物の葦が川に飲まれる情景をセットで情景する。これなら、定冠詞theの理由(弱い人という語義へのポインタとしての明確な役目がある)がはっきりする。植物の葦の感じもだぶり非常に印象的になる。定冠詞theでなければ、この感じはでないと思う。逆に「ものすごく上手い--芸術的な--定冠詞の使い方」ではないか?さすがに作詞家!芸術家だね!と言う感じすらする。)
4)常識的に考えて「唯一のもの」を指す場合

[II]定冠詞の特殊用法(同書、§86)
A)総称的用法 ----- geogebushさんのご回答の趣旨。
B)抽象的用法
C)総括的用法

[III]定冠詞を含む慣用構文(同書、§85)
省略

自分では、ある程度なるほどと思えてきました。これは、語法と、語義(この場合、reed=弱い人)の見事な連繋プレーの一例に見えてきたし、この作詞家さんは、ものすごい、うまい、手だれに見えてきました。よく考えたら、日本語の作詞家さんも日本語の使い方すごく上手いですよね。the tender reedの定冠詞theが、もし、不定冠詞aや、無冠詞などなんらかの複数形だったら、弱い人、という語義へ詩的なイメージを保ちつつ飛ぶ力が圧倒的に弱くなり、イメージとしては貧困な歌になるのではないかというのが今の私の感じです。

お礼日時:2001/07/19 21:59

You can use 'the' before a singular noun to refer to all the things or people represented by that


noun.
The panda is becoming an increasingly rare animal.
The car is responsible for causing a lot of damage to our environment.
Exercise is good for the circulation.
下記のサイト、下から1/3ぐらいのところから引用しました。

よって、the tender reed は、「reed一般」を指します。

次のフレーズの"Some・・・razor・・・bleed"とで明らかに韻を踏んでますから、
歌としての音を重視し、歌詞としてはそれほど「厳密な」意味はないのでは?
Q3-1、Q3-3では「一本」か「数本」に限定されるし、Q3-2は韻が合わなくなるので。

この曲を聴いたことがないので何とも言えませんが、歌詞では、音としてリズムに乗せやすいので、
"a"や"an"に替わって"the"が使われる場合も多いですよね。
ラップだと意図的に単語の前に入れたり・・・。

参考URL:http://dictionary.cambridge.org/define.asp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。わかります。総称的用法ですね。ただ、次の断定は、いまいち論理性を欠いているので … 勇み足ですよネ? (ご自分でも投稿後に気づかれたかナ)

原文>よって、the tender reed は、「reed一般」を指します。

ではなくて、正確には

new >よって、the tender reed は、「reed一般」を指すとの解釈「も」可能です。

ということですよね。理由は、No.2の回答の1行目は、"You can …"で、canですから。the+単数名詞なら常に、総称的用法というわけでは「なく」、総称的用法「にも」使える、書いてありますので。

…その分析を踏まえた後に、総称的用法と主張するならその根拠が知りたい、その推論の基礎が知りたい、というのが冒頭の質問の趣旨です。

いずれにせよ、基本的なご指摘を有難うございました。

あと、今後解釈を下さる方に<歌詞という特殊な条件からくる必然性の議論は、この際はないものとしてださると幸いです。論の焦点がはずれるのを嫌うためです。ただの英作文---一般に広く長く受け入れられている英作文--として、字句の変更による意味の変化に関して、できれば上記の質問文のQ1,Q2,Q3にそって皆様のご意見を頂けたら、幸いです。

お礼日時:2001/07/18 17:14

愛とは川のようなもので、そこに生えている弱いあるいは優しいでもよいのですが「あし」をおぼれさせるとでも意訳できるでしょうか。

そこに生えていると言うからにはTHEしかないとおもいますが。作者がTHEと言いたかったのはとりもなおさず彼にとって唯一のあしをおもいうかべていたのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。質問があります。

【NewQuestionNo.1】
>そこに生えていると言うからにはTHEしかないとおもいますが。
THEしかない、というご意見ですね…すると a tender reed との新歌詞は不可能ということでしょうか? そうでなくて、「いや、それはそれで別の意味になるが、可能です」というご意見の場合、次の NewQuestionNo.2 を答えてくださると幸いです。

【NewQuestionNo.2】
the tender reedという原歌詞と、a tender reedという新歌詞は、情景はどう異なりますか?何が異なりますか?

どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/07/18 15:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定冠詞 the の謎(the Passion of the Christ)

この the の意味は何ですか?(普通 Christには the はつけないのでは)

Aベストアンサー

キリスト教にあまり馴染みのない日本人にとって、Christはなんとなくイエスの姓のように思えるしもしれません。
Christは、そもそも旧約聖書において、「救世主」を意味しました。
その場合は、つねにtheを伴います。
普通名詞ではあるけれど、ひとりの救世主、ふたりの救世主ではなく、まだ誰かはわからないけれども、予言された唯一の救世主であったからです。

そしてイエスが登場し、救世主となりました。
ですからそもそもの最初は、「救世主であるイエス」という意味で、theがつきました。Jesus the Christですね。
一種の尊称と考えていいでしょう。
それがいつのまにか、イエス・キリストとして、フルネームのように使われるようになりました。
そしてtheなしのChristでも、イエス個人を示すようになったのです。

ですから、Christにtheがつくのは、べつにおかしなことでもないのです。
この映画の場合、イエスの「救世主」としての側面を強調したいのでしょう。

QA rose is a rose is a rose.

タイトルの英文は短いし、単語も中1レベルで簡単なようですが、構文がつかめません。どれが主語になってどれが述語になるんでしょうか?そして、どういう意味になるんでしょうか?

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは!! 私なりに書かせてくださいね。

どうしても文法と言う作りもので解釈しようとすれば、That a rose is a rose is a rose.と言う事になるかもしれませんね。 つまり、バラがバラであることがバラである(バラと言うものを作る)と解釈する、と言う事になりますね。

よって、決して文法違反と言うことではないですね。 文法違反としたくないと言う学者さんがいれば、That a rose is a rose is a roseのThatは省略できる、として100万部くらいの本にして配り、インターネットでも誰もがこれは文法的であると言わせるように誘導すればいいわけです。

この誘導作戦が「文法解釈がひとつであった」昔と違い「学説・異説」を簡単に唱えられる時代になってきているのがインターネットの解説サイトでいろいろな文法解釈、文法拡張作業がされて、いまでは、多くの人が「こういう文法解釈もあるしこういうのもある」と数多くの文法解釈を知る(昔ならではのひとつの文法を奥深く、ではなく)事が文法をよく知っていると言うレッテルの条件にもなってきてしまいましたね。 なんか、文法が多すぎてあたかも英語自体が文法の変化によって変わってきているというような錯覚をしてしまう時代になってきてしまった感があると感じるのは私だけではないと思います。

省略されていると考える、というのが文法的説明であれば、thatが省力されている、と言う説明ではいかがでしょうか。

それとも、etc etc etcとI, me and myself will go.そして私がたまに使う、「等などなど」など三つをもってきて強調と言う部分を引き出しているのか、その三つとも同じことじゃん、何を例に持ってきたって同じ、と言うフィーリングをもってきているのか、これまた受け取る人の考えなくてはならない時に考え込む課題でしかないですね。

つまり、バラは/バラであればどんなバラでもバラだ、と言うフィーリングがあるときに使う表現で、バラでなくてもどんな名詞を持ってきても使える表現ですね。

最後にmyrtille55さんのご質問だから追加として書かせてもらいますが、この表現を使うとき本当の主語はなんなんでしょう。そして本当の動詞は。 I believe/think/have no doubt "a rose is a rose is a rose"is what I'm talking about.みたいなフィーリングをA rose is a rose is a roseだけで表現しているわけで、フィーリング英語としての本当の主語はa roseでもa rose is a roseでもないはずなのです。 真の主語を出さなくても分かるから出さない、Thank youの主語は分かりきっているから出さない、Love youのIなんてなくたって分かるからいわない、とひとつの「省略可能」と言う文法項目が今まで言われてこなかったことに関しても言えるのではないか、もっともっと文法的解釈に融通性を持たせて利用できる解釈道具だと私は感じています。

個人主張に基づいて今日は書かせてもらいました。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

Gです。 こんにちは!! 私なりに書かせてくださいね。

どうしても文法と言う作りもので解釈しようとすれば、That a rose is a rose is a rose.と言う事になるかもしれませんね。 つまり、バラがバラであることがバラである(バラと言うものを作る)と解釈する、と言う事になりますね。

よって、決して文法違反と言うことではないですね。 文法違反としたくないと言う学者さんがいれば、That a rose is a rose is a roseのThatは省略できる、として100万部くらいの本にして配り、インターネットでも誰もがこ...続きを読む

QIf the sun rose in the west, I wouldn't change my mind. ---(1)と書いてもいいのか

仮定法の文でIf the sun were to rise in the west, I wouldn't change my mind. というのがあります。この文を If the sun rose in the west, I wouldn't change my mind. ---(1)と書いてもいいのかという質問を生徒から受けました。自分にはわからないから調べておくと言ったまま、1ヶ月が過ぎ、ついに春休みになってしまいました。どなたか教えて頂けるとありがたいです。

 ちなみに、グーグルでIf the sun rose in the west every morning, I would get younger day by day. というのがありました。この文が正しいのは納得できます。仮定的な状況を設定して、そうした状況にどういうことが起きるかということを言おうとしているわけですから、問題はないと思います。
 又、こう言うのもありました。What if the sun rose in the west? この文も上の文と同様に問題はないと思います。
ところが、(1)の文では太陽が西から上ることは最初からあり得ないこととして、いわば、議論のための飾りのようなものとして使われています。それでも(1)の文は正しいのでしょうか。

仮定法の文でIf the sun were to rise in the west, I wouldn't change my mind. というのがあります。この文を If the sun rose in the west, I wouldn't change my mind. ---(1)と書いてもいいのかという質問を生徒から受けました。自分にはわからないから調べておくと言ったまま、1ヶ月が過ぎ、ついに春休みになってしまいました。どなたか教えて頂けるとありがたいです。

 ちなみに、グーグルでIf the sun rose in the west every morning, I would get younger day by day. というのがありました。この...続きを読む

Aベストアンサー

feedersさんへ
~~~論理関係については触れないことにします。~~~
~~~私自身はもうこの問題は考えないことにします。文法書に詳しく触れられていないからには、区別の必要がないということだと思います。~~~

そうですね。それがベストだと思います。

~~~又、上のEven if the sun were to rise in the west.が決まり文句のような働きをしていることは明らかですから、その場合、学校英語においてはとっておきの手があります。これは熟語だ、あるいは慣用表現だと言ってしまえば納得してもらえるという習わしのようなものがあるのです。どうしてもと言う時にはこの手を使います。~~~
~~~恐らく、太陽が西から上ることがないのと同じように、私の決心が揺らぐこともない-という意味なのだと思います。
I never change my mind any more than the sun rises rise in the west.(あまり良い文ではありません)くらいの文を添えて説明すれば、多少、教育的効果があるかなと考えているところです。~~~

wakkarahenさん(おそらくseegrammarも)の回答は、「(Even)if the sun ROSE ~」もOKだということだったと思います。もう一度、原質問に戻ると、その生徒さんの「(1)はOK?」という問いに対しては、私は「Yes」が正解だと思っていたました。

あと、そのいわゆる鯨公式は生徒さんを混乱させるように思います。それはNO13あたりで出た議論に関係しているのではないでしょうか?もしそうなら、これは「“因果関係”の有無による区別は、それほど重要ではない」という説明に使う方便だと思います。

ですから、「論理関係」について、生徒さんがそもそも疑問に思っていない以上、必要ない説明になるのでは?

ただ、これはfeedersさんの判断が優先されるべきだと思います(当然ですが)。また、私の勘違いかもしれません。

あえて言えば、「太陽が西から昇っても、決心は変わらない」ということですから、「同じように~ない」ではなく「I'll change my mind less than the sun'll change its direction to rise in.」ではないでしょうか。
(すいません、冗談です)。

★以下は、「(Even)if the sun ROSE in the west, ~」に対する私の考えです。参考になれば幸いですが、もうお腹一杯の場合は無視してください。
では、頑張ってください。

==============
これは【現在】についての仮定だと思います。ただし、この【現在】は「One and one IS two.」における【現在形】のようなものではないでしょうか。つまり、「1+1=2」というのはいわば、時間を超越した「真実」です。それを現在形で表しているわけです。

したがって、「ROSE」も同様に考えれば、「時間を超越した」という意味で「WERE TO RISE」の「未来永劫」的なニュアンスは出るのだと思います。

If I WERE a bird, I could fly to him.

この文が【現在】のことを意味しているからといって、「将来、私は鳥になるかもしれない」ということを含意しているわけではないのと同じです。「One and one ISN'T three.」であるように、「時間に関係なく」私は鳥ではないということだと思います。
===========

feedersさんへ
~~~論理関係については触れないことにします。~~~
~~~私自身はもうこの問題は考えないことにします。文法書に詳しく触れられていないからには、区別の必要がないということだと思います。~~~

そうですね。それがベストだと思います。

~~~又、上のEven if the sun were to rise in the west.が決まり文句のような働きをしていることは明らかですから、その場合、学校英語においてはとっておきの手があります。これは熟語だ、あるいは慣用表現だと言ってしまえば納得してもら...続きを読む

Qon the train なぜ定冠詞the?

Now I am on the train.  「今電車に乗ってます」

なぜ定冠詞the が付くのですか?

電車は他にもいっぱい走っているので特定できないんじゃないでしょうか?

Now I am on a train. だと間違いなんですよね?

Aベストアンサー

考えてみるとよく分かりません。
一つ思ったのが、「Now I am on a train.」だとまだ言葉が続くように感じます。
「on a train.」とだけ言われたら、「はあ、それで?」と返したくなります。
「on the train」だと、「ほら"電車"ってあるよね、アレに乗ってんの今」というイメージです。
書いていて思ったのですがplay the pianoのtheもこれと似た印象を受けます。
電車が特定されているからtheというのは違うと思います。
その意味で使うなら訳は「私は今あの電車に乗っています。」とでもなるでしょう。
"前々から乗ろうと思っていた電車についに乗ったことを報告している"ようなシチュエーションであれば別ですが、多分このようなことを質問しているのではないでしょう。

QI am the Master over thee.「意外と難しいMasterの訳語」と冠詞the

Obi-Wanと、Vaderの師弟対決の火ぶたが切って落とされます。 その時の二人の対話です。

Vader: A student was I when I left thee last.
But now I am the Master over thee.

Obi-Wan: Thou art a Master, Darth, I know 'tis true,
But only evil hast thou Master'd yet.
(William Shakespeare's Star Wars)

タイトルのように意外とマスターの訳が難しいです。 また、theの理解があっているか教えてください。

試訳:
ダースヴェーダー:弟子としてそなたとは別れたきりであったが、今は私がそなたに教えることができようぞ。

オビ・ワン:然り、たしかにそなたは極めし者。
だがそなたが極めしは、悪の道のみ。

質問(1):ダースベーダ—のセリフの the Master の訳が難しくて、上記のように何となくニュアンスは分かりますが、訳となるとよく分からない感じです。 おしえていただけますか?


冠詞についての考察:
Vaderのセリフで、the Masterとtheだったのは、オビ・ワンに教えるのは「自分一人」という考えから唯一一つのものにつけるthe。

一方オビ・ワンが、a Masterとaを使ったのは、「一人の達人」のという一般呼称としてのMaster(達人)を使ったから。

質問(2):冠詞に関して僕の理解で正しいですか?

よろしくお願い致します。

*趣味の勉強で質問しています。 翻訳の仕事はしていません。 何故か回答がつかないのですが、、、。

Obi-Wanと、Vaderの師弟対決の火ぶたが切って落とされます。 その時の二人の対話です。

Vader: A student was I when I left thee last.
But now I am the Master over thee.

Obi-Wan: Thou art a Master, Darth, I know 'tis true,
But only evil hast thou Master'd yet.
(William Shakespeare's Star Wars)

タイトルのように意外とマスターの訳が難しいです。 また、theの理解があっているか教えてください。

試訳:
ダースヴェーダー:弟子としてそなたとは別れたきりであったが、今は私が...続きを読む

Aベストアンサー

最初の a student の段階ではそうではないですが、
次の the Master については、この二者間のことを言っているからです。

片方が教える側なら、もう片方が教えられる側。

この前別れた時は生徒だったが、
今は私の方が先生(とりあえずこう訳しておきます)だ。

ありきたりですが、「師匠」でいいかと。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報