「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

最近TVがつまらないですし、漫才やコントも面白い人はでてきませんし、YouTuberも面白くないですし…………
Cて笑えるのは昔のTVくらいです。(ファニエストとかヘキサゴンとか……)
笑えるものを何か教えて下さい

A 回答 (2件)

落語はどうですか?



なんでもかんでも条件反射のように笑わせたり、芸人が出てくるだけで笑いが起きるような笑いは
アドレナリンも出なければ、だんだん飽きてしまいます。

ちょっとおかしいけど吹き出すほどじゃない笑いを腹に貯めさせて
落ちもあえて読ませて、きれいに落とす。そんな落語は結構楽しいですよ。

あとは昔の番組だとボキャ天とかどうですかね。
歌の空耳のほうとお笑いのほうと両方
今すっかり司会に収まってしまったような芸人さんたちが
コントを真剣勝負していたころのものなので面白いですよ

今やっているのだとアメトークとかどうですか

個人的には「家ついていっていいですか」とマツコ関連が好きです
    • good
    • 0

ネプリーグ


スカッとジャパン
しゃべくり007
激レアさんをつれてきた
月曜から夜更かし
踊る!さんま御殿
ほんまでっか!?TV

これらをいつも楽しく見てます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漫才ってこんなにつまらない?

THE MANZAI 期待してみたのですがどれもつまらない。
 (なかなか漫才本体にならないこと自体もも×)

一方で、漫才と言えるかどうか、
NHK綜合 土曜 昼 の バラエティ笑百科の漫才仕立ての構成ではいつも腹を抱えて笑います。

オール阪神巨人はいつもいい漫才やっていると思います。

30数年ほど前の漫才ブーム もっと面白いものがあったと思います。
(テレビで漫才をやり過ぎ、漫才師が疲弊しましたが。(いつまでも同じネタとなってしまう。)

自分が年をとったから ツボのはまらないのか?と思ったのですが、
年に数回見に行く「花月」のお笑いライブではいつも面白いと感じています。
若手のお笑いも面白いと感じます。

私はなぜこんな風に感じるのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11117994776
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1477588839

THE MANZAI 期待してみたのですがどれもつまらない。
 (なかなか漫才本体にならないこと自体もも×)

一方で、漫才と言えるかどうか、
NHK綜合 土曜 昼 の バラエティ笑百科の漫才仕立ての構成ではいつも腹を抱えて笑います。

オール阪神巨人はいつもいい漫才やっていると思います。

30数年ほど前の漫才ブーム もっと面白いものがあったと思います。
(テレビで漫才をやり過ぎ、漫才師が疲弊しましたが。(いつまでも同じネタとなってしまう。)

自分が年をとったから ツボのはまらないのか?と思っ...続きを読む

Aベストアンサー

 質問者さんは、おいくつなんでしょうか?
 私も THE MANZAI を見ていましたが、大笑いしたコンビもありました。
 
 質問者さんは、「生活笑百科」や「阪神巨人」や「花月」で大笑いするそうですから、大体の傾向がわかるような気もします。
 あなたは、コンビの呼吸や間で笑わせるような漫才や、観客の空気や呼吸を読みながら、時には前後の出演者に配慮して会場全体の雰囲気を作っていくような漫才を求めていらっしゃるんでしょうね。
 
 でも、今のMANZAIは、設定や発想の面白さ・飛躍で笑わせるものが多いですよね。そして、会場の空気も、他の演者とのバランスも考えることなく、とにかく目立ってやろう・自己主張してやろうという笑いになりがちですよね。
 あの番組も、演者は制限時間4分間の中でどんどんたたみかけていくし、客はポンポン繰り出されるギャグに瞬間的に反応して笑っていますよね。
 もちろん、そういう所に来ているお客さんですから、そういう笑いを求めていて、笑わせてくれるのを待っている・笑ってやるぞと待機しているわけです。そして、そのツボにはまった時、爆笑になるわけです。
 そこには、呼吸とか間が存在しないコンビもいるし、客がどう反応しようがおかまいなしに自分たちの用意したネタを機関銃のごとく撃ち続けることが「勝ち」につながるわけですし、4分間では呼吸や間はジャマになることもあるわけで…。
 演者同士の「勝負」ですから、聞く人の心をほぐしてくれるような笑いにはなりにくいですよね。
 
 審査員の中でも、西川きよし師匠の投票傾向を見ると、ギャップやとまどいを感じておられたようですし、出場者も、千鳥なんかは、いつもと違うTHE MANZAIバージョンの笑いを意識していたようです。
 
 「漫才」と「MANZAI」は別物だと考えられたらどうでしょう。
 そして、ああいう形もアリなんだと、ゆったり受け入れられたら、MANZAIも楽しめるのではないででしょうか。

 質問者さんは、おいくつなんでしょうか?
 私も THE MANZAI を見ていましたが、大笑いしたコンビもありました。
 
 質問者さんは、「生活笑百科」や「阪神巨人」や「花月」で大笑いするそうですから、大体の傾向がわかるような気もします。
 あなたは、コンビの呼吸や間で笑わせるような漫才や、観客の空気や呼吸を読みながら、時には前後の出演者に配慮して会場全体の雰囲気を作っていくような漫才を求めていらっしゃるんでしょうね。
 
 でも、今のMANZAIは、設定や発想の面白さ・飛躍で笑わせるもの...続きを読む

Q若手お笑い芸人のネタがつまらないのは俺だけ?!

おじさんです(笑)

最近の若手芸人のネタを見て、全然笑えなくて、正直「何故ア○ガ○ルズとか、ア○ジャ○ッシュとかの若手芸人ネタを見て、若い人たちが面白いというのか理解できない…」んですよね…何故人気になっているのかさえも正直わかりません。ネタもつまらないし、ルックスもいいとは思えないし。

昔、私が若かった頃、漫才ブームだったのですが、ツービートとか、紳介・竜介とか、やすしきよしとかは凄く笑えたんですがね。

年を取ると笑いのツボが変わってくるんでしょうか?俺が今の話題について行ってないのか、若い方々の笑いのツボが変なのか全く持ってわかりません。

老若男女問わず幅広い方々からの感想をお待ちしています。

Aベストアンサー

私も立派なおじさんです。

>年を取ると笑いのツボが変わってくるんでしょうか?

確かに変わるでしょう。
年齢を重ねると感情は磨耗していきます。人間はそう言う風に出来ているし、そうでないとある意味生きてはいけません。
つまり「慣れ」ですね。お笑いに限って言えば「目が肥えてくる」と言っても良いでしょう。

それとは別な話になりますが、笑いの本質は変わりません。
枝雀師が言うように、「緊張の緩和」ですね。これは真理です。
しかし投げ手がこれを外したり、受け手がそれを理解できなかったりすると、まるで笑えない物になってしまいます。
笑いは同じ教養を必要とします。
若い人が昔の笑いを理解できないのも、私達おじさんが今の笑いをつまらないと思うのも、共有できてないからですね。
例えば落語は昔の風俗が分からないと、まるで理解できません。

勿論若手の勉強不足、経験不足と言うのもあります。
感情の磨耗していない(慣れていない)、甘い客ばかりを相手にしているから、勉強しなくても笑いが取れます。
私達は、まだ熟していないスッパイ果物を食べさせられているような物です。

ついでながら、昔のお笑いが全て面白いかと言えば、そうでもないような気がします。
最近気付いたのですが、昔あんなに面白かったやすきよが、今、改めて見ると面白くも何ともない。
実はこの二人(特にきよし師)は、かなり下手なんじゃないか思い始めています。
今の何にでもすぐ突っ込んでしまうお笑いは、この辺から始まっているような気がします。

もうひとつついでながら、若手で実力No.1の漫才師はティーアップだと思います(もう中堅かもしれませんが)。

私も立派なおじさんです。

>年を取ると笑いのツボが変わってくるんでしょうか?

確かに変わるでしょう。
年齢を重ねると感情は磨耗していきます。人間はそう言う風に出来ているし、そうでないとある意味生きてはいけません。
つまり「慣れ」ですね。お笑いに限って言えば「目が肥えてくる」と言っても良いでしょう。

それとは別な話になりますが、笑いの本質は変わりません。
枝雀師が言うように、「緊張の緩和」ですね。これは真理です。
しかし投げ手がこれを外したり、受け手がそれを理解できなか...続きを読む


人気Q&Aランキング